2014-11-17 04:27 | カテゴリ:記事紹介

しばらく通常のブログ更新ができないので、過去記事紹介が続きます。その間に、阪急交通社の現地情報ブログに隔週で執筆している記事を、随時紹介していきますね。

 

今日紹介する記事は2013年3月後半に掲載された、オーストリアのイースターの習慣についての記事です。春の到来のお祭りみたいなもんですね。

 

=====

 






















 
日本では一足早く春が来たようですが、ウィーンでは4月前半だと言うのに、まだ雪が降っています。今年は30年に一度の長い冬だそうで、普段は3月末まで雪が残ることはあっても、新しく雪が降って更にそれが何日も積もってしまう、なんてことはあまりありません。 春はもうすぐそこ。。だといいのですが。。 イースターやサマータイムへの切り替えが終わっても、まだ夜は氷点下に落ちる真冬の... (続きはリンク先記事で)

 
=====

 

AT_20130402_2.jpg

ウサギに鳥の巣に棕櫚の枝。イースターのシンボルです。

 

AT_20130402_4.jpg

シュテファン大聖堂が手描きで描かれた大きめのイースターエッグも。 

=====

 


















 

=====

 

最新記事の更新は月2回「阪急交通社ブログ現地情報オーストリア」記事にて。2014年8月以前のバックナンバー旧ブログの「オーストリア」記事へどうぞ。

 

関連記事:

 

 


エリザベート ウィーン版2012年新キャストCD



エリザベートウィーン版2枚組CD


エリザベートウィーン版DVD

 

応援クリック ありがとうございます!

 

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1676-b0a444dd