2014-11-11 04:23 | カテゴリ:記事紹介

しばらく通常のブログ更新ができないので、過去記事紹介が続きます。その間に、阪急交通社の現地情報ブログに隔週で執筆している記事を、随時紹介していきますね。

 

阪急交通社ブログの方は、ウィーン紹介、オーストリア紹介の記事が多いので、日ごろミュージカル記事ばかりでちょっと食傷気味(?)の方にも楽しんでいただけるかと思います。

 

今日紹介する記事は2013年3月前半に載った、ウィーン最古の3つの教会についての記事です。個人的にはとっても気に入っている記事の一つで、書いていてとても楽しかったです。

 

=====

 



 

日中の気温がマイナスの日は減ったものの、通りにはまだ雪が積もったままのウィーンです。 カトリックの国オーストリアの首都ウィーンの旧市街には、街のシンボルシュテファン大聖堂以外にも、20個以上の教会があります。1万7千人近くの住民に対し多すぎる気もするのですが、教会ごとに機能や宗派が異なり、上手く棲み分けができているようです。今日はそんな中からウィーン最古の教会を三つ、歴史を交えてご紹介し... (続きはリンク先記事にて)

 

=====

 

AT_20130301_1.jpg

ルプレヒト教会は文句なしに最古の教会

 

AT_20130301_6.jpg

マリア・アム・ゲシュターデ教会はもっといいアングルで撮ればよかったかも。。

 

AT_20130301_8.jpg

聖ペーター教会はグラーベンから一筋入ったところ。土台を調べたら、ルプレヒト教会よりも古く、ウィーン最古の可能性も。

 

=====

 



 

=====

 

最新記事の更新は月2回「阪急交通社ブログ現地情報オーストリア」記事にて。2014年8月以前のバックナンバー旧ブログの「オーストリア」記事へどうぞ。

 

関連記事:

 

 


エリザベート ウィーン版2012年新キャストCD



エリザベートウィーン版2枚組CD


エリザベートウィーン版DVD

 

応援クリック ありがとうございます!

 

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1672-24d6fc5c