2014-09-03 04:56 | カテゴリ:温泉

さて、お金を払って(私は今年はニーダーエーストライヒ州のカードで無料でした)中に入ると、こんな景色が広がっています。

 

IMG_4169

 

え?どこの時代に来ちゃったの?と一瞬戸惑いました。

 

 

IMG_4167

なんかプールなのに彫像が建ってますよ!それにこじゃれたバルコニーや階段まで。。それもなんだか宮殿っぽいけど、よく見たら古い感じも。。

 

IMG_4157

 

で、さっきの入り口建物を振り返るとこちら。

 

IMG_4161

 

やっぱり宮殿じゃないですかー!これはプール付き宮殿?しかしよく見ると、建物の両翼の白い扉は、全て着替え用の個室!やっぱりもともとプールのために作られた建物なんですね。。

 

IMG_4173

別アングルから。

 

この建物、設計はリンク大通りを設計したTheophil Hansenで、作られたのはフランツ・ヨーゼフ時代の19世紀後半。そりゃあ豪勢になりますとも。

 

ちなみに、19世紀の前半に、ベートーベンの医者をしていたマルファティ医師が、この温泉の効用を研究したりとかしていて、当時かなり注目されていた温泉(天然水)だったようです。

 

19世紀後半、まさにフランツヨーゼフ時代には、このプールで初めての水泳レッスンが行われていたらしく、数々の著名人がここで初めて泳いだという記録が残っています。

 

フランツ・ヨーゼフと同時代の劇作家、アルトゥール・シュニッツラーも、ここで初めて泳いだと書き留めています。また、1896年にアテネで開かれた、初めてのオリンピック大会で水泳で金メダルを獲得した、パウル・ノイマン選手もここで初めての水泳レッスンを受けました。

 

フランツ・ヨーゼフ時代から、みんなこぞって水遊びに通っていたんだと思うと、時代に迷い込んだ気分になりますね。

 

(次の記事で、更にこのプールの広大な敷地を探検してみます)

 

サウンド・オブ・ミュージック オーストリア初演フォルクスオーパー版CD

 

サウンド・オブ・ミュージック ザルツブルク版CD

応援クリック ありがとうございます!

 

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1656-268ca697