前回、キャッチミーウィーン版の1回目のレポを載せましたが、今回は2回目つぶやきまとめです。この辺りは観劇が立て込んでいて、ゆっくり座ってレポが書けなかったので、つぶやきが多少詳し目です。

 

catchmeifyoucan

 

1回めから3ヶ月後の2回目ですが、座席は前と同じ見切れ席。。しかし2幕はなんと前列の空席に座らせてもらえ、やっと満足に堪能することができた、ラッキーな回でした。しかし、これで更にハマってしまうという。。(笑)

 

キャストは前回と同じ、全員ファーストキャストでした。ロングランではないので、セカンドに当たることはめったにありません(一応、事故や病気のため、何度かセカンドが歌う日が合ったようですが、すぐに通常運転に戻ったそうです)

 

===2回目観劇==

 

(開演前つぶやき)


前と同じ見切れ席!舞台の半分しか見えない上、前と同じ角度。。しかし、チケット売れすぎて、この席が正真正銘最後の一席。チケットあっただけでもラッキーと思うべきか。。せめて前と反対の見切れ席が良かったなぁ。。パパ見たいよー。というわけで、キャッチミー二回目。

 

追加公演もこの売れ行き。恐ろしや。。この劇場で一番安くていい席が、改装で潰れちゃったのが痛いなぁ。あの席なら最高だったのに!前見てから、さらに原作と映画で予習したのに、この見切れ具合。。えーんえーん。

 

見切れ席はリピーター席といいつつ、二回とも同じ見切れ方は流石にね。。しかしまあ、6ユーロで舞台の半分見て、12ユーロ払った人より楽しめばいいので、そう考えたら安上がりか(笑)椅子があるだけ立ち見よりましか、見切れない立ち見の方がましか。

 

反対側のボックス席にいるのは、レベッカでファヴェルやってたRamin Dastdarではないですか?マンマに出演決まってるし、こないだインタビュー映像見たとこだぞ。せめてあっちのボックス席に行けば、見切れてるところが見えるのにー。

 

(幕間つぶやき)

 

キャッチミー素晴らしすぎる。。最高だわ。。。今んとこ今年一番の作品!(まだ一月だぞw)曲がいいし、振り付けも演出も文句なし!!おまけにRasmusがかわいすぎる!パパがかっこよすぎる。。二人が仲良すぎる!文句のつけ用のない最高の舞台!そりゃ売り切れるわ。。

 

しかし、こんなに売り切れるんだから、Ronacher位のキャパの劇場で上演して欲しいぞ!このキャストとスタッフで半年は劇場いっぱいにできる!まあ、この演出家と振付家はVBWと仕事しないから無理な話だが。。ロングランして欲しいー!見たい時に見たい!出来るなら五回リピートしたいよー!

 

(観劇後つぶやき)

 

一幕はなんとかひどい見切れ席(舞台の左1/3見切れだが、そこでいつも重要な場面)で耐えて、二幕はスタッフに聞いて、3列目左端の空席に座らせてもらった。なぜか同じボックス席で仲良くなったおばさん達と、スタッフさんが友達だったから、交渉がスムーズに行った!

 

はぁ。。幸せすぎる。。最高。。キャッチミー最高。。もうシャウトしすぎてフラフラ。。満足しすぎて溜息しか出ないけど、できるものならまた見たい。。最後シャウトしすぎて、パパとRasmusこっち見てくれた!三列目万歳!


なんか頭が沸騰して、何から書けば良いのやら。ラスムスの可愛さと表情の芸達者っぷりに何度身悶えしたことか!なにあのカワイさ!!マキュ時代よりまだ若く見えるとか、どんな魔法なの!もっとウィーンの舞台に立ってくれー!RJの時はキレキレマキュwwって感じで見てたけど、ほんとすごい人だよ!

 

CAC_W_02-1024x680

 

おまけにパパのカッコ良さとあのシビれる美声!!やっぱりAxel Herrigは私の中でおじさんを超越したおじさんだわ!!Falcoの再来、Falcoが生きてたらこんな感じなんだもん!もう、なにもかもがかっこいい。。ベロベロに酔ってもあの歌声。。はぁ。。

 

刑事のMartin Bergerもこの二人のカリスマを相手にいい味出してる!長い脇役人生が報われたね!お腹出た冴えないおっちゃんでも、舞台の第一線に立てるのだ!歌は元から上手いとして、あの味のある冴えない演技、汗かきながらドタドタ踊る頑張ってる様子!めちゃハマり役だよ!

 

catchmeifyoucan_szenenfoto_08_c_ritanewman~max700x700@90

 

この三人だけでも五回リピートする価値あるのに、あの楽しい音楽と演出と振り付けと衣装!もう全部好きすぎる!演出と振付は私のお気に入りコンビで、この二人が組んだら必ず見るようにしてる。楽しく賢い工夫に何度もビックリさせられる。音楽も好き過ぎて、いつもスマホに入れて聞いてる♪

 

バンドはたった5人!それであの迫力!ギターはマヤさんのバンドリーダーのオレンジの髪のオランダ人。ラブソング7 Wondersで、大きなオケは要らない。少人数のキャストでいいんだ、って言うセリフが、このプロダクションそのまま!


原作と映画で予習したので、前回よりもセリフの含蓄が深くわかるようになった。フランクと刑事の共通点が、「家族のいない孤独」以外にも沢山あった(ホテルの遺留品で、コミック、ジャンクフード、ピンナップ、ヤンキーズ)ので、あの結末が更に納得。

 

あと、パパは脱税で追いかけられてたので、国家権力を憎んでた。それが最終的には郵便配達という公務員になってしまい、情けなさに酒に溺れていた。フランクは警察という国家権力をもてあそぶ詐欺師。パパは内心フランクをかっこいいと思ってたのね。(それが最後はFBIだけどw)

 

新旧父親の交代がテーマだけど、刑事がパパにバーで「息子さんがどこで何をやってるのか知ってますか?」と聞くと、パパが「知らんよ」って。刑事がさらに「父親なら知っておくべきでは?」っていうのは、まさに刑事のほうがフランクをよく知ってるってことかな。けどパパは知ってて隠しただけかも。

 

あと、ブレンダ。もうあのソロのFlyがうますぎて泣ける。傷ついているけれど疑うことを知らない演技が素晴らしすぎる。「彼は傷ついていた私を苦しみから自由にしてくれた。だから私は彼を今自由にする。私が彼のアリバイになる、ベイビー」結局彼は帰ってこないけど、またそれも泣けるよ!

 

今回泣いたのは、最初のLive living in colorsでブレンダが紹介されたところと、1幕最後の電話(外を見て!で手を振るフランク!!!めっちゃかわいい!!)と、もちろん一番最後の、パパ天国からフランクにイェーイ!刑事に任せた敬礼ピュッ。パパ。。あれだけなのに号泣だよ。。

 

前回は、2幕の左側の重要シーン(パパと刑事のバーでの会話、酔いつぶれパパとフランクの会話)のパパが全然見えなかったけど、今回は2幕から3列目に移動して、念願のシーンが見れた!パパの表情が細かすぎてもう、見れて幸せだ。。特に酔っぱらいのシーンが哀しい。。

 

映画と原作にあって、舞台になかったのは、逮捕後の飛行機トイレの脱走と、フランスの酷い監獄時代ね。トイレ脱走は好きなエピソードだけに、なくて残念だけど、その分パパとの関係が深くなってて、やっぱり舞台版が映画よりずっと好き。実話に一番近い原作もリアルで凄かったなー。

 

映画はクリスマス電話が毎年でちょっとくどかったけど、舞台は効果的に一回だけだったのがまたイイ!ホテルでのニアミスでシークレットサービスに化けたのは、舞台ではクラーク・ケントと更にアメコミ好きがわかりやすくなってたw一番焦る所で、グラスがガチャガチャいう焦りっぷりが絶妙。

 

ママの美魔女っぷりがもうすごかった。仏語アクセントが超セクシー(なのにフランス語しゃべらすと微妙w)。あのダンスの身のこなし。刑事訪問での、若い3人のダンサーを従えてのナンバーは、美魔女の魅力たっぷり。あのドアだけのシンプルなセットもいいし、ママの衣装はどれも上品でセクシーで絶妙。

 

ラスムスの何がかわいかったって、「医者です!」「弁護士です!」って言った後、「え?言っちゃった?」って顔で客席見る、あの表情!あと、乗務員や看護婦に囲まれた時の、ヘロヘローっとした幸せ笑顔!!そして、電話ソングなどでのシリアス孤独顔に、守ってあげたくなる!!

 

最後のGood Byeは、名曲揃いのこの作品でも、もっともフランクの実力が表れる所。1回目はブレンダが来るからやり直せる!って元気いっぱい。それがダメになり、2回目はまだパパがいるから!って少し元気。それがパパの顛末を聞いて完全に打ちのめされる。最後の悲痛なグッバイ熱唱!すげー!

 

女性ダンサーが、乗務員でも看護婦でもヤンキースTシャツでも、めちゃくちゃセクシーで、特に3列目で看護婦ダンス見た時にはもう、美胸と美脚に目が釘づけww衣装が最高すぎる。。Flyの時はなぜかドリガパロw最初の曲は60年代のカラフル奇抜衣装で、これもいい!

 

Catch-me-Krankenschwestern-x


最初の曲がLive living in colorsで分かる通り、白黒(刑事の世界)VSカラー(詐欺師の世界)というテーマもある。演出では、壁が四角い白黒パネルになってて、カラーのシーンではパネルの後ろからカラフルな照明が当たる。書き割り上部は建物や空などの映写が効果的。

 

catchmeifyoucan1_c_ritanewman

 

前レポでも書いたけど、「別人の肌をまとう」というキーワードも随所に。職業を替えるたび、アンサンブルが衣装を持って来て、舞台上で羽織って着替える。どの衣装も似合っててかわいいよ、ラスムス!種類は、雪模様の緑のダサいカーディガン(これ、クリスマス電話のシーンで着てくるのが泣けるー)、私立高校の制服(ブレザー)、パイロット、医者、弁護士、作業服くらいかな。

 

1幕はずっとパイロットなので、舞台上の階段(両脇と真ん中)をタラップに見立てた演出や、機内のカートが出てくるのが上手い。幕開き前は空港の掲示板に役者名が映写されてるし。病院ではストレッチャーで寝たりして、これも最小限でいい効果。

 

teaserbild_catchme_slideshow_01

 

大量つぶやきすみません。。やっと気持ちが落ち着きました(爆)。あまりに素晴らしかったし、2回見たので、ちゃんと観劇メモ見ながら記事にしたいんですが、それ以外にやることが多すぎて。。けどこれは書かなかったら後悔する!がんばる!

 

(当記事の舞台写真は、公式写真か新聞記事より)

 

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン ブロードウェー版CD

 

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(ミュージカル版) 楽譜

 

ロミオ&ジュリエット ウィーン版 スタジオ収録全曲CD<2枚組>

 

応援クリック ありがとうございます!

 

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1639-eadd11fa