2014-07-17 00:07 | カテゴリ:ミュージカル映画レポ

「アナと雪の女王」各国語版をウィーン・ミュージカル専門店ウィーン・ミュージカル・ワールドにで取り扱うために色々調べているうちに、やたら各国語版タイトルに詳しくなってしまいました。今日はトリビア第三段です。

 

それぞれの国の言葉で、「アナと雪の女王」ってなんていうか知っていますか?アンデルセンの「雪の女王」を元にしたお話ということを踏まえて、考えてみてください。

 

まず英語版はFrozen。「凍ってしまって」といった感じのニュアンスでしょうか。

 

ドイツ語版はDie Eiskönigin - Völlig Unverfroren となります。直訳すると「氷の女王」で「完全凍解」という副題が付きますが、この副題がダブルミーニングで曲者です。

 

「完全にVoellig」と「溶けてしまった状態Unverfrohen」と単純に訳せそうですが、Unverfrorenという単語には、Verfroren(完全に凍ってしまった状態)の否定形(Un)という意味だけでなく、「大胆な、臆面もない」といった意味があり、そうなると、副題は「とっても大胆な」といった意味がダブルミーニングになるわけです。

 

副題に雪や氷から連想させる「完全凍解」とストーリーのワクワク感を想像させる「とっても大胆な」ダブルミーニングを持たせるなんて、なかなか奥が深いですね。

 

ちなみに、前作「塔の上のラプンツェル」も英題がTangled(もつれて)で、ドイツ語題がRapunzel – Neu verföhntと、似たような構成になっています。

 

ラプンツェルの副題、Neu verföhntっていうのも実はダブルミーニングで、verföhntはそれ自体で英語のTangled(もつれてしまった)という意味がありますが、Neu (Newly) が付くことで、本来のföhnen(ドライヤーで乾かす)の意味が浮き出してきて、「髪を乾かしたばかりの」という意味にもなります。

 

つまり、ラプンツェルの副題は、Tangled(英題と同じ「もつれてしまった」という意味)と、「髪を乾かしたばかりのラプンツッェル」というのダブルミーニングになっているわけですね。

 

こんな副題の凝った言葉遊びは、ドイツ語版だけに見られる特徴です。英語版も過去分詞一単語で、ぱっと見では原作タイトルが分からないという仕掛けはありますが、そこまで複雑ではないですよね。

 

「アナと雪の女王」ドイツ語版サウンドトラックCD Die Eiskönigin - Völlig Unverfroren

 

「アナと雪の女王」ドイツ語&英語&トルコ語版DVD Die Eiskönigin - Völlig Unverfroren

 

かなりドイツ語のダブルミーニングで脱線しましたが、残りの言語のタイトルを一気にご紹介します。

 

フランス語では、結構そのままLa Reine des Neiges (雪の女王)となっています。

 

「アナと雪の女王」フランス語版サウンドトラックCD La Reine des Neiges

 

イタリア語はIl Regno di Ghiaccio 。氷の王国、という意味です。

 

「アナと雪の女王」イタリア語版サウンドトラックCD Il Regno di Ghiaccio

 

オランダ語版は、Frozenのままで、オランダでのタイトルは作っていません。

 

「アナと雪の女王」オランダ語版サウンドトラックCD

 

スペイン語、ポルトガル語は、ヨーロッパのスペイン、ポルトガル版と、南米のスペイン語圏、ブラジルとの二種類ずつあるのが興味深いです。

 

スペインのスペイン語:El reino del hielo

ラテンアメリカのスペイン語:Frozen: Una aventura congelada

 

ポルトガルのポルトガル語:Frozen - O Reino do Gelo

ブラジルのポルトガル語:Frozen - Uma Aventura Congelante

 

「アナと雪の女王」スペイン語(ラテンアメリカ)版サウンドトラックCD Frozen: Una aventura congelada

 

「アナと雪の女王」スペイン語&ポルトガル語&英語版DVD El reino del hielo

 

スペイン語とポルトガル語で言語は違うとはいえ、ヨーロッパの2国はよく似ていますね。日本語に直すとどちらも「氷の王国」です。一方、ラテンアメリカでは、スペイン語もポルトガル語も「凍った冒険」となっています。

 

こうやって見ていると、前半は「雪」より「氷」派の訳題が優勢で、後半は「女王」派と「王国」派どちらもあるといった感じですね。

 

というわけで、いろいろ調べているうちに少し賢くなってしまった気がします(笑)

 

 

「アナと雪の女王」各国語版聴き比べには、「アナと雪の女王」カテゴリへどうぞ!

 

応援クリック ありがとうございます!

 

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1637-0bb01b03