2014-07-13 00:08 | カテゴリ:ミュージカル映画レポ

前回の記事で、ウィーン・ミュージカル専門店ウィーン・ミュージカル・ワールド「アナと雪の女王」各国語版CDとDVDが入荷したお話を書きましたが、その準備中に知った色々なトリビアをご紹介します。

 

 

当ショップでは、全キャストアルバムに配役と役者名を並べて明記すること、全収録曲名を明記することを心がけています。

 

特に前者の役名と出演者情報の併記は、世界中どこのミュージカルCDショップやデータベースを探しても見つからない情報で、当ショップ独自でまとめたものです。(出演者名を並べただけの情報は簡単に見つかりますが、役名と対応するように表記されたデータベースは、自称ミュージカルCDマニアの私が調べたところでも、他にありません。)

 

こんな情報誰が必要なの?って思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、私自身があればいいなあ、と思っていたデータベースなので、ミュージカルCDマニアの方で、「こんな情報が欲しかった!」っていう方もいらっしゃるかもしれません。

 

というわけで、今回も各国語版の出演者情報をそれぞれの言語で掘り出して併記するのに苦労しましたが、CD紹介もこれで充実しました!

 

 

特に「アナ雪」は、国によってはセリフと歌の役者が異なることもあり、調べるのは結構大変でした。。日本語版や英語版、フランス語版、イタリア語版、オランダ語版は、セリフと歌が同じ役者ですが、ドイツ語版とスペイン語版は、セリフと歌の役者が異なります

 

 

<ドイツ語版とフランス語版出演者ご紹介>

 

では、声の出演者の過去の出演作品ご紹介します。どこかで聞いたことがある声かもしれませんよ!

 

英語版のエルサのイディナ・メンゼルは、レントのモリーンやウィキッドのエルファバなどの役で出演していたことは、今回の映画で初めて知った方もいらっしゃるかもしれません。

 

ドイツ語版のエルサ(歌)はもエルファバ役者だったり、エリザベートでシシィを演じたこともあるWillemijn Verkaikで、ドイツ語圏ミュージカルに詳しい方は、名前を見たことがあるかもしれませんね。。

 

また上記の、ドイツ語版エルサの歌を担当するWillemijn Verkaikは元々オランダ人ですので、オランダ語版「アナ雪」では、歌とセリフどちらも担当しています。一人で二ヶ国語で演じているなんて素敵ですね。

 

 

こちらの25国語版レット・イット・ゴーでは、英語版、フランス語版に続いてドイツ語、オランダ語となっていますが、、このドイツ語とオランダ語が同一人物の声です。

 

「アナと雪の女王」ドイツ語版サウンドトラックCD Die Eiskönigin - Völlig Unverfroren

 

「アナと雪の女王」オランダ語版サウンドトラックCD

 

「アナと雪の女王」ドイツ語&英語&トルコ語版DVD Die Eiskönigin - Völlig Unverfroren

 

フランス語版のエルサは、ロミオ&ジュリエットでジュリエット役をやっていたこともありますが、残念ながら彼女の歌声はロミオ&ジュリエットのCD等には収録されていないようです。フランス版のドラキュラ(ワイルドホーン作品ではなくDracula: L'Amour Plus Fort Que La Mortという別作品)のCDでは、彼女の声を聞くことができます。

 

「アナと雪の女王」フランス語版サウンドトラックCD La Reine des Neiges

 

「アナと雪の女王」フランス語&英語版DVD La Reine des Neiges

 

「アナと雪の女王」各国語版聴き比べには、「アナと雪の女王」カテゴリへどうぞ!

 

応援クリック ありがとうございます!

 

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1635-3a7a152f