2015-05-11 05:02 | カテゴリ:未分類

2008年にウィーンで上演され、その何年かあとに日本でも上演された、Jason Robert Brownの二人ミュージカルThe Last 5 Years。

 

ウィーンでは英語版が上演され、エリザベートのトート役Alternierendが素晴らしかったRob Fowlerがジェイミー役で主演しました。大のRobファンだった私ももちろん大喜びで見に行きました♪

 

日本では山本耕史主演で上演され、こちらも山本耕史大ファンの友人が見に行って大満足していました。私も山本耕史はレントで何度か見ただけですが好きな俳優ですので、いつか映像ででも見てみたかったんです。

 

そんな矢先、山本耕史版The Last 5 Yearsの映像がYoutubeにあると知って、見てみました!

 

 

A Miracle Would Happen/When You Come Home to Me んー!演技がおもしろい!歌も素敵!

 

で、Rob Fowler版The Last 5 Years(英語)で、同じ曲を聴き比べてみた。

 

こちらもまた素晴らしい!生で見ておいてよかったですが、映像が残っててほんとに嬉しい。

 

Rob演技が超自然w 結構地なのかも?(笑) 歌も懐かしいRobだー!これが6年前とはね。。(最近のRobを見ていると、やはり6年前はもっと若くて素敵だったなあ。。と思います。。)

 

●聴き比べ感想&分析

 

どっちも好きな役者&歌手なので、この聴き比べは至福。別個に見ていてもどちらにも全く文句のつけようがないし、おお!そう来たか!と何度も驚きがあります。

 

特に面白いと思ったのが演出。この曲は3つの場面から成ってるんだけど、それぞれ状況設定が全く違う!まず耕史君版見てRob版見た方が楽しいかも。

 

最初は「誘惑」。耕史君は魅力的な女性(おっ○いw)を想像して欲求不満を語ってるのに対し、Rob版はバーで一人飲み中にセクシーな女性が入ってくるという映像演出。(ウィーン版は白黒の映像演出を多用していますが、非常にスマートで効果的。)

 

2回目の「テンプテーション」の歌い方が、耕史君はテェェェェェーション♪なのがRobはテテテテテ!ってw どっちもいい表情!

 

場面は変わってキャシーのソロ。日本版は家でジェイミーを思って歌っている場面だが、Rob版は彼女は明らかに楽譜を持って歌の練習をしてる。急に単純で場違いなソロを持ってくるのに、この演出は上手い。(日本版も歌の前には楽譜らしきものを見てるけど、歌ってる時は本人の気持ち?)

 

で、それを受けてのジェイミーソロ。耕史君版は、書斎で原稿を書いて、「早く終わらさなきゃ!」って感じだけど、Rob版はバーでもう一杯頼んで、「原稿書いたら帰るから」って電話で嘘言ってる。

 

耕史君は焦燥感や閉塞感、Robは諦めや皮肉と言った感じで、見比べの醍醐味が味わえますね♪

 

もう一曲聴き比べができるので、また今度やってみよーっと♪

 

●当時を思い出して。。

 

ウィーンでRob版を見ていた時のエピソード。

 

立ち見(舞台の斜め上)で一人で立って見てたら、カテコで思いっきりRobが私を見つけて「後で楽屋裏に来て!」って身振りしたのでビビったw で、楽屋裏で久しぶりー!ってハグされて、関係者チケットもらったんだったw

 

あれも6年前か。。半年前くらいの気がするわ。。Last 5 Yearsという作品なだけに(男女が出会って結婚して離婚する話w)、この5年のことを考えるとなんだか、私は結婚して出産して、Robは離婚してドイツ行ったんだー、なんて、色々考えてしまいます。。

 

今のところ、ウィーンミュージカルで一番ハマった役者さんなんですよね。。ドイツに行ってしまってからは、舞台で見る機会が激減したのが残念です。。(離婚していなければウィーンで出演していたんだろうなーと思ってみたり。。ちなみに元奥さんはR&Jとかに出演していたウィーン在住ダンサーです。)

 

しかし、せっかくRobの記事だし、Robの声の聞けるCDを紹介しようと思ったんですが、つくづくCD化に縁のない人で。。エリザもトート役はマテと半々で出てたのに、CDやDVDには残ってないし、その後も主演作品もあるのに(ドラキュラ、RHSなど)、CD化されてないし。。

 

というわけで、以下の2つのウィーン版JCSコンサートCDのシモンはRobです。けど、個人的には、Drewジーザスで2枚出すんだったら、Robがジーザスやってた年もCD化して欲しかったと切に思いますが。。

 

ジーザス・クライスト・スーパースター ウィーンコンサート2011年版ライブCD<2枚組>

 

ジーザス・クライスト・スーパースター ウィーンコンサート2005年版ライブCD

 

あ!!ありましたこれが!このコンサートでは、Robがトート役を歌ってくれてます!最後のダンス!闇が広がる!(それもルカスと!)

 

おまけに、レ・ミゼラブルの「対決」をトーマス・ボルヒャートと!!!おまけにR&Jの世界の王までw そして極めつけはゲッセマネ!!

 

このCD、Robファン(昔より増えているようで心強いですw)は必聴ですね!!

 

ミュージカル・フォーエバー2 カスパー・リヒター氏記念コンサートライブCD

 

応援クリック ありがとうございます!

 

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1628-27493746