2014-06-19 00:12 | カテゴリ:WMW ウィーン・ミュージカル・ワールド

ウィーンミュージカル専門店、「ウィーン・ミュージカル・ワールド」からのお知らせです。

 

 

2月から6月末までRonacher劇場で上演している、「老貴婦人の訪問 Der Besuch der alten Dame」の商品が入荷しました!

 

この作品は、ウーヴェ・クレーガー(Uwe Kroeger)とピア・ダウエス(Pia Douwes)のエリザベート初演コンビが主演した、鳴り物入り豪華キャストの作品です。おまけに初演版ルキーニのイーサン・フリーマン(Ethan Freeman)まで出演していて、初演版エリザファンにはたまらない作品です。

 

老貴婦人の訪問 全曲ライブCD<2枚組み>

 

ウィーンでの上演期間は4か月ととても短かったのですが(夏以降ドイツに移動して継続上演されます)、この豪華キャストを全曲ライブCDで出してくれたので、ぜひ、ぜひ皆さんにも聞いていただきたくて、入荷しました!

 

何と言っても、女大富豪役のピア・ダウエスの気品と存在感!思わずぞくっとする美声!ぜひ、ぜひ、このCDで堪能してほしいです♪

 

そして、元祖トート、ウーヴェ・クレーガーはとっても演技派なんですが、女大富豪に追い詰められていく男を怪演します。ピアとのデュエットも、ソロも、聞きごたえあります!!

 

脇役陣も、初演ルキーニのイーサン・フリーマン(先生役)だけでなく、ウィーン版レミゼラブルでジャン・バルジャンを演じたNobert Lamla(警官役)の歌声がとっても素敵です。

 

また、この作品は「4重唱ミュージカル」として書かれたということで、いたるところで美しい4人組の歌声を聞くことができます。ウーヴェ、ピアの熟年ペアに、若かりし頃の二人を演じる若手役者を加えた4重唱はとても美しく、一聴の価値あり。

 

そして、耳に残ってしまう、甘いウーヴェとピアのデュエットLiebe endet nie(愛は終わらない)は、以下でスタジオ版が聞けますが、ライブ盤もまた演技が増して迫力です。

 

 

 

CDの他に、公演プログラムミュージカル専門誌の「老貴婦人の訪問」特集号もお取り扱いしております。

 

舞台は見逃してしまったけれど、ウーヴェやピアの舞台姿を一目見たい方は、ぜひどうぞ!!(ピアの女大富豪衣装がどれもすごいです!)

 

老貴婦人の訪問 ウィーン版プログラム

 

老貴婦人の訪問 特集号

 

正直、舞台作品としては後世や脚本の粗さが気になった「老貴婦人」ですが、役者の素晴らしさが際立っていたので、CDをじっくり聞きこむ方が、舞台を見るよりもこの作品を楽しめる気がします。

 

プレビューレポもお楽しみに!

 

応援クリック ありがとうございます!

 

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1623-82237a5d