2014-02-26 20:26 | カテゴリ:エリザベート Elisabeth

ウィーン版エリザベート再々演千秋楽のレポ第9段です!これでラストです!今回は出待ちしたようなしなかったような感じですが、終演後の出演者の様子をレポしますー。

 

●出待ち編

 

前回の楽日の時に、楽日はキャストは劇場内でパーティーがあるので、楽屋口に出てこれないことを知っていたので、この日は元から出待ちの予定はなし(前楽はものすごい人だったそうです)。

 

で、舞台の余韻に浸って客席でうろうろしたり、ゆったりすいたクロークからコートを取ったり、ショップを眺めたりしてるうちに、気が付いたら、もう劇場内のパーティーが始まってましたww

 

パーティーは下の階なので、下に降りる階段の手前で招待状のチェックがあります。その階段の手すり周辺でおしゃべりしてると、客席にいた有名人たちが階段を下りていくのが見えます。まあ、その辺を冷やかしながら普通におしゃべりしてたわけです。

 

キャストは、下のパーティー会場に直接つながる地下の楽屋口からの扉から会場入りすると思ってたので、まさか出演者が直接見れると思ってなかったんですが、そうこうしてるうちに、あれ、ルカス?

 

なんだか、出演者は地下ではなく地上階の出口から出てきて、私がいるこの階段からパーティー会場に降りていきます。ここ特等席じゃないですかーー!!!

 

ルカスは髪をさらに切って、ヒゲも全くなくてつるっとした顔で、少しやせた感じ?顎もとがってて、更に若く見える。。30台には見えなすぎるよ。。。普通に25歳くらいで通るのではw

 

ルカスの私服は、白いシャツ。前を適当にはだけてるので、中に来てる下着のシャツが見えてる。。「ルカス、シャツ、見えてるよ」って一緒にいた人に話しかけたんですが、よく考えたらルカス日本語理解できてたんじゃww

 

他にも、ゾフィーのDanielaさんがなぜかものすごい素敵スマイルをくれたり、マークがどしどし降りて行ったり、Rory Sixがその辺うろうろしてたり、よれよれの黒シャツでトトロみたいなKoen Schoots氏(指揮者)が何度も通ったり、子供ルドルフ4人がファンに作ってもらった感じの自分たちの写真入りバッグを持ってつるんで歩き回ってたり、Oliが黒地に白ストライプのスーツで共演者のMartin Parschingとこそこそしゃべってたり、なんだかその辺に皆さんがフツーにカジュアルにいるわけですよ。

 

何となく周りは関係者のみ?けど、ファンっぽい人たちもまだ普通にいるけど?これなんなの?もう見分けがつかないよ?って感じで、不思議な空間。下の階のパーティーにいた皆さんも多分こみすぎてて、やっぱり上のフォアイエでおしゃべりしたがって上がってきたり、そうこうしてるうちにまた着替え終わったキャストが楽屋から出てきたり。

 

で、もうそろそろ関係者のほうが多いし、どうしよっかなー、と思ってたら、歌の先生が来たーー!!!会えると思ってなかったけど、今日は直接伝えたい!楽日に来るって前もって言ってたし。

 

で、遠くから先生に手を振ったら、向こうもニコニコやってきた。Servus!とキスして挨拶。今日はすごかったね!!!ラウシャーやってるのは初めて見た!って言ったら「もう何回かやってるよー」って。「楽日ってやっぱり特別ねー。濃さが違うよねー」って言ったら、先生も「とっても感動した。とても特別は経験をした日だった、やっぱりあの白ティッシュがバッサバッサなった時は、感動したよー」って。

 

再演楽日でもあったでしょ?って聞いたら「けど、今回のほうがOrganizedだったからか、とても印象に残った」って。そうなんだー。舞台からもそんなに見えてて、そう思ってたんだー。って面白った。

 

で、「奥さんと開演前に合ってしゃべったんだー」って言ったあとで、先生と写真撮ってもらってたら、その奥さんが横から私たちを見つけてやってきた!で、奥さんも合わせて三人で写真♪タイミングよかったわー。しかし、先生と写真撮るとか、なんかファンに戻った気分で不思議♪肩の辺りをギュってしてくれた!

 

そして、奥さんと再会した先生は、ものすごいハグ&キス!!!!結構クールであまり感情を表に出さないタイプかと思ったら、奥さんとは人前でもものすごいラブラブにするのねー。(レッスンのために家に行くと、お互い結構無関心っぽい感じに見えるのにーw)その後もずっと奥さんと手をつないでて、やっぱり奥さんも役者として、楽日が終わった感動やらほっとした感じやら、色んな複雑な感情を共有してるんだなーと思った。

 

で、そろそろもう関係者以外残ってなさそうな感じになってきたので、行くかなーと思ったら、クロシュまで!そして、アンネミーケと彼氏!この三人の間をすり抜けつつ、コートを着て劇場を後にしました。

 

いやー、寒い思いせずに、出待ちっぽいことがで来てしまい、とってもラッキー♪。それも、先生がいたので、終演後にダラダラしてても「知り合い出てくるの待ってるんです」って言い訳で来たからよかったわー。

 

そうそう、駅に行く前に、ふらっと楽屋口を偵察に行ったんですが、外の出待ちファンは70人くらいはいたかなー。すっごい寒いのに!!(前楽はその倍くらいいたそうです)

 

再演楽日の私はあそこに交じって待ってたんだわー。たくさん友達できたんだわー。12月だったから今ほど寒くなかったわー。しかし前回炊き出しで出てたグリューワインはなかったです♪

 

まだ興奮冷めやらず、10分くらい外でおしゃべりしてました。一応その辺にいたオーストリア人のおばちゃんに「みんな中でパーティーしてるから出てこないよー」って言ったんですが、みんなそれでも待ってた模様。あのパーティー見ちゃったら、無理っぽい気もするけど、前の楽日で私も長いこと待ってたし、気持ちはわかるんだよね。。

 

というわけで、あまりに興奮が冷めないので、出待ちを二か所でしながら、徐々にクールダウンして、やっと寒くなってきたので、帰路につきました。

 

駅に向かう道で、ちょうどパーティーを後にした先生の奥さんMartinaさんにまた会ったりして、もう最後までエリザ三昧!何とも夢のような一夜でした。

 

DSC01844

==

 

というわけで、9回の長編になってしまいましたが、ウィーン版エリザベート再々演千秋楽のレポ、お楽しみいただけましたでしょうか?

 

最近あまりゆっくり座ってレポを書く時間が取れないんですが、この観劇は伝説になる!と思い、ちょっと寝不足気味ですが頑張って書き上げました!まあ何と言っても、自分があとで読み返すのが目的なんですが。。(笑)

 

再演の楽日のレポって、まだこちらのブログでは掲載していなかったようなので、この機会に、みなさんが読めるようにしますね。

 

それでは、エリザベート、お疲れ様でした!!また戻って来てねーーー!!!!

 


エリザベート ウィーン版2012年新キャストCD


エリザベートウィーン版2枚組CD


エリザベートウィーン版DVD

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1607-94970699