2014-02-16 08:33 | カテゴリ:貴婦人の訪問 The Visit

スイスで初演されていたからか、普段よりも宣伝用の映像が早くから出ているこの作品。色々と映像を見ていると、結構期待が膨らんできました。

 

今日は、主演のウーヴェ・クレーガーとピア・ダウエスの歌声が聞ける映像を2つご紹介します。

ビデオのタイトルをここに入力します

 

こちらは、UweとPiaの録音スタジオ映像でPVっぽいのを作った感じの映像です。曲はLiebe endet nie(愛は終わらない)。歌はゆったりした感じで、微妙に不安になる曲調。

 

UweもPiaもとってもいい声で、スタジオ録音CDとして聞いている分には、とっても酔いしれる感じでとっても素敵。歌っている時の二人の表情がすごくいい感じなので、これはかなり貴重な映像かも。ただ、こんなにゆっくりした曲だと、劇場で聞いてて飽きないかしら。。とは思いますが。

 

最後、PiaからUweに焦点が移っていく映像がとってもきれい!Uweの呼吸をうかがってるPiaさんが素敵だわー!

 

最後一言、Servus Wien!(ウィーン弁で「やあ!ウィーン!」って感じ)って二人で言ってくれてるww

 

次は、2013年10月3日の製作発表の映像です。主要な歌が何曲か聞けますが、この二人というだけでも聞く価値ありです!途中で、Uwe&Piaが役の解釈についてインタビューを受けている映像が映ります。

 

 

1曲目「世界は私のもの」というPia様のソロ。
素晴らしい!すごいパワフル!!これは実際に舞台で聞いたら吹っ飛びそうにすごいでしょうねー!

 

Piaのインタビュー「大富豪の老婦人クレアは、アルフレートが過去に自分にしたことがトラウマになっていて、村に戻ってきたのは、彼に同じトラウマを体験させるため。」

 

2曲目Uweのソロ。正式なタイトルはわかりませんが、Ich tues nicht(私はそれをしない)とかそんな感じだと思います。相変わらず顔の表情が凄いです。

 

UweのAlfred役の解釈。「自分が変わりたいわけではないのに、状況によって変わらざるを得ない男を演じることがワクワクする」、とのことです。

 

ラストに、二人のデュエットLiebe endet nie(愛は終わらない)の一フレーズが入ります。

 

 

んー。この二つの映像を見て、かなりPia様の歌とUweの演技を見に行きたくなってきました。

 

次回は、スイスで上演された時の舞台映像などをお届けします。

 


エリザベート ウィーン版2012年新キャストCD


エリザベートウィーン版2枚組CD


エリザベートウィーン版DVD

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1596-ef5b27f4