2014-01-27 23:50 | カテゴリ:コンサート

Dirigent Riccardo Chailly

Orchester Wiener Philharmoniker

Violine Leonidas Kavakos

 

Jean Sibelius
Finlandia, op. 26
Konzert für Violine und Orchester in d-Moll, op. 47

-- Pause --

Anton Bruckner
Symphonie Nr. 6 in A-Dur, WAB 106

 

ウィーンフィル日曜定期公演。今日は客席に知人が多過ぎて、挨拶で休憩時間足りない!(笑)いつもの友人夫婦(旦那さんは病気)、夫の同僚夫婦(なんとあの大会社と同じ苗字で親族らしい。奥さんは新党の国会議員。私と同世代で子供二人)、それにあのはっぱさん!再会できてよかったー!

 

ウィーンフィル定期公演。シベリウスのフィンランディアはとっても好みな感じだったのに、短くてもう終わり?ってなった。もっと聞きたかったのにー(笑)フィンランドってこんな感じだったわー、この芯がアツイ感じ。って思いつつ、いやまて、こんなに壮大だったかな?と思ったり(爆)

 

同じくシベリウスのバイオリンコンチェルトは、ソリストが物凄くて、一生忘れられない感じ。泣くように歌うようで、震えるようで、ものすごく引き込まれる。魔法にかけられたように音に身を任せると、体の半分が緊張して、残り半分がとろけるような感覚になる。こんな体験ができることはそうないよね。

 

拍手がすごくて、もう一曲ソロで短いのを弾いてくれたんだけと、立って見ながら聴くより、目を閉じて音と残響に身を任せると、至福の時間。音が紡ぎだされて降ってくる!可愛い小曲だったけど、一人で弾いてるように聴こえず、どうしたらあんな三人くらいで弾いてるように聴こえるんだろう。

 

前も思ったけど、シベリウスは好みっぽい。後半のブルックナーは、やや長く感じた。私のブルックナーのイメージは、欲求不満の頑固ジジイなんだが(←ルドルフ原作本よりw)、ブルックナー聞く度に「この箇所は爆音にして欲求不満をぶつけてストレス発散してるだろー」とか思ってします(笑)

 

ブルックナーって、優しいちょうちょヒラヒラお花畑系と、爆音じゃんじゃかじゃーんが、唐突に繰り返される印象なんだけど(←酷い言いようww)、ストレス発散のための爆音と、わしはホントは繊細なんじゃよって言いたいお花畑が、本人の脳内で揺れ動いてるのかなって勝手に思ってる(笑)

 

ほかの作曲家でここまで作曲家の性格を考えたことがなかったけど、なぜかブルックナーは、欲求不満の頑固ジジイの脳内に閉じ込められた気分で聞いてしまう。曲が終わるまで脳内から抜け出せない(笑)

 


エリザベート ウィーン版2012年新キャストCD


エリザベートウィーン版2枚組CD


エリザベートウィーン版DVD

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1590-1f0fb885