FC2ブログ
2014-01-15 10:08 | カテゴリ:ミュージカル・コンサート

表題のレポですー。つぶやきまとめです。

 

ゲストはFelix Martin(笑)。色々とカオスな感じもあり、最後はトーマスの凄さにやっぱり持って行かれる、とってもアットホームで楽しいコンサートでした。

 

トーマス・ボルヒャートのソロコンBorchert besinnlichに来てます。劇場に入ると、全席に鈴のついたサンタ帽子がおいてあってビックリ。これから何が始まるの?

 

DSC00864

 

そんなすごいファンでもないのに、トーマスのコンサート二回も来てどうしたんだ私wwしかし、彼のトークのメチャクチャ感はハマる。。なんであんなにぶっ飛んでるんだあの人wwそしてお茶目wwアドリブで言うことがもう、破天荒過ぎて爆笑ww

 

今日なんて、クロロックには名前があるべきだ!ウルリヒ?アーデルバート?いや違う!グンター・フォン・クロロックだ!!グンターかい!wwwおまけに、TdVは噛んで噛んで噛みまくるだけだ!ワイルドホーンのドラキュラは愛がある!って。いや、どっちもどっちだと。。(爆)

 

ゲストがFelix Martinだったのがもう可笑し過ぎて、Felixが舞台上にいる間は笑いが止まらなかったよ。。彼は同じボックス席で観劇した仲だけど、やっぱりあの河村隆一声は笑ってしまう。。それにトーマスの悪ふざけについていけてない真面目なFelix www 微妙な空気ww

 

トーマスコンはいつも後半にとんでもないことが起きて、全部持っていってしまうのだが、今回もラスト1/4が色々すごかった!ほんとにこの人はどんだけの才能を持ってるんだ!なんていうかもう、場の空気を惹きつける力がすごいよね。。

 

トーマスには私の知る限り美声、場を支配するカリスマ、作曲/編曲、しゃべりのセンスの四つの尋常じゃない才能があると思うんだけど、そのうち前の二つは何を歌わせても楽しめる。後の二つはコンサートの醍醐味。彼の曲やユーモアは全部ではないけど、時々思いっきりツボにハマって記憶に残る。

 

今回のコンサートは、前半と後半をさらに二つに分けて、クリスマスソング(トーマス演奏&編曲)とミューソン(演奏は別の人)を交互に聞かせてくれた。間にはゲストの歌とクリスマスの詩やお話しの朗読(トーマスだからまた面白すぎw)が挟まる構成。ミューソンも存分に聞けて大満足!

 

ミューソンは、Next to normal, ドラキュラ、ジジ、This is the moment(JH),Music of the night(PotO),The impossible dream,the man i used to be(モンテクリスト)。

 

ジキハイと怪人を生で聴けて大感動!ジキハイはなんていうか、あのワクワク感の表情が素敵!最後も顔真っ赤になるまで伸ばしてくれるし!なにより、ソロコンの時のトーマスの顔から、役に入りきる切り替えが凄い!

 

今回全てを持っていったのは、アクシデント連発な怪人!最初の2フレーズは、この曲が聞ける嬉しさと、彼の怪人の演技を記憶に留めるので恍惚となって聞いていたんだが、急にピアノが止まり、トーマスが「あーここで歌詞忘れたー♪」と歌うwww思いっきり怪人の顔だったので、突然でびっくり。

 

で、なんかまだ歌詞が怪しそうだったけど、すぐにピアニストと呼吸を合わせて、怪人の表情に一瞬で戻り(この切替がすごい!)、続きを歌うが、またすぐに歌詞が「まーたー歌詞わーすれたー♪」ってww仕込みかと思うほど堂々とした忘れっぷりww でも真顔でピアニストに合図してるww

 

二回も忘れたのに、すぐに再開した時にはもう怪人の顔!こんなアクシデントなのに、気持ちがそのまま乗って、まるで無かったのように続きが聞けてる自分にビックリ。トーマスの場の空気を作る才能に完全に持っていかれた!!結局あんなに度忘れ連発だったのに、それでも完璧な歌だったことに驚いた!

 

ちなみに、初見のトーマス怪人はシャイ。クリスに語りかけるように話す様子が、教師として丁寧に教えてるのと、そんな自分を認めて欲しいの両面がある感じ。Music of the nightってもっと尊大に歌うと思ってたから意外で新鮮で、かわいい怪人だったわ。

 

歌い終わって、ピアニストや客席のプロデューサーに「練習でも間違ったとこだよね?」って確認wwプロデューサーは客席からgenau richtig!って声かけ。トーマスは単なる肯定と取ったけど、「間違っても完璧だった」って意味に取れたよ。度忘れが歌を際立たせたほど素晴らしかった!

 

今回ワイルドホーンの歌が多かったけど、トーマスはワイルドホーン様様みたい。そりゃ出演作見てたらわかるけど、モンテクリストはトーマスのために書かれた役だったんだって!ワイルドホーンの歌は、自然に気持ちが乗るので、簡単と言ってもいいほど歌うのが楽なんだそう(←褒めてると思うw)

 

クリスマスソングは合わせて12曲くらい歌ったかな。どれもトーマスのオリジナルアレンジで、やっぱりあの尖ったピアノの音が懐かしい。全部ドイツ語圏の歌なので、こっちに住んでから知った歌が多かったけど、アレンジがまたトーマス流で新鮮!楽しそうに歌ってる!

 

こういうクリスマスコンは、クリスマスの詩やお話を朗読するのが定番なんだけど、前半はVanillenkipferl(オーストリアのクリスマスクッキー)の爆笑薀蓄を、後半はクリスマス電飾の近所づきあい競争を面白おかしく読んでくれました。さすが役者!!

 

さて、そしてFelix Martin www 登場するなり、さっきまでいたずらでおちゃめな雰囲気だったのが、なんだか真面目で気取った感じに。You Walk with meをソロで、その後トーマスとのデュエットでホワイトクリスマスを、2幕も知らないソロを歌ってた。

 

ルキーニ&トートで共演してるけど、性格も見た目も歌声も正反対な二人w。コンサート中に会話がないので、ほんとに仲いいの?ッて思ってたけど、カテコの時にめっちゃふざけ合ってるしwしかしFelixはゲイネタ多すぎwトーマスと踊ってイチャイチャするし(トーマスがw)。

 

Felixはトーマスと身長は変わらないけど、顔の大きさが半分くらいwさらっとトーマスに「今度カツラをプレゼントしたげるよ」とか言うし!仲いいな!wwしかしハモったら致命的に声の質が違う二人。。デュエットのないトートとルキーニでよかったねw

 

カテコはほんとにトーマスとFelixのイチャつきwがおもしろかったw。三曲も歌ってくれたし、最後のきよしこの夜は、客席も交互に大合唱!!この二人と一緒に歌えたとか嬉しいしネタとしても面白いwFelixいいやつなんだけど、河村隆一すぎるんだよ、君ww

 

そういえば、客席に置いてあった鈴付きサンタ帽。これは1幕と2幕に一回ずつかぶって、トーマスの指示に従ってクリスマスソングで鈴を鳴らすっていうのがあったんだけど、鈴とハー♪って歌うところが交互で、ハー♪がアホっぽくて笑えたwwこういう盛り上げはトーマスうまいよね!

 

全員がサンタ帽かぶった様子があまりに迫力だったらしく、お客さんの携帯を借りて客席の写真を撮るトーマス。「後でFB載せるね」ってwwそして、来年クリスマスCDを出すつもりなんだとか。レポ終了!

 

トーマス・ボルヒャート If I Sing

 

トーマス・ボルヒャート Borchert DeLuxe

 

トーマス・ボルヒャート Strictly Musical Live

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1582-3d080122