前回のJCS解釈日記よりさらに奥深くなるので、よっぽど掘り下げたい人専用です。。ほんと、ものすごい濃いです。。。それに、私の解釈全開!異論とかはあると思いますが、まあ、ファンの一解釈と思って、興味ある方は読んでみてくださいな。。

 

あと、ですます調とである調が混じってるのは、書き込み引用部分と後から書いた日記用解説が入り乱れてるからです。読みにくくてすみません。

 

前回までは、とある友人からの6つの疑問に答える形で解説をしてきましたが、今回からは、その他の方からの質問に答えてみたものを、疑問形式でまとめてみました。

 

ここからは、以下の7つの疑問に答えていきます。

 

【疑問7】なんで「自分で治せ!」なんて冷たいこと言うの?
【疑問8】太宰治の「駆込み訴え」についてどう思う?
【疑問9】「神の子」って何?
【疑問10】聖書、JCS、四季版JCSそれぞれのジーザス、ユダ、マリアの立場
【疑問11】ユダがどの時点で自分の役目を理解したか?
【疑問12】聖書ではユダの裏切りのタイミングはいつ?
【疑問13】映画版のユダの裏切りの心境は?

 

 

【疑問7】なんで「自分で治せ!」なんて冷たいこと言うの?

 

<背景>
(歌詞など一部引用してます)

 

ライ病患者に囲まれるシーンで、ジーザスが「私は無力だ。自分で治せ!」と叫ぶシーンがあります。「自分で治せ」って。。ジーザスともあろう人がそんな冷たい。。。

 

ところで、これはBW版はこんな感じ。

There's too many of you...Don't push me.
There's too little of me...Don't crowd me.
Heal yourselves!←「自分で治せ!」

 

で、映画版はこんな感じ。

There's too many of you. Don't push me.
There's not enough of me.
Stop. Don't crowd me.
LEAVE ME ALONE.

 

訳は「力は尽きた、何も求めるな」なんだそうです。つまり、「自分で治せ!」って言うところは、映画版では外されてるんだねー。

 

というわけで、なんで、ジーザスが「自分で治せ!」なんて冷たいことを言ったかに関する考察です。

 

<考察>

 

「自分で治せ!」の件、映画では削られているというのは意味深です。。私の個人的解釈では、「自分で治す」と言うのは、物理的に治療されるのではなく、教えを自分のものにして、「自分で救われろ!」と言うことではないかな、と思います。

 

キリスト教では、神の国に入ることが救いになるという点では、物理的に治療されても、精神は救われません。(どちらにしてもライ病患者だから自力では治れない。)それなら、神の教えを自分のものにして、死んでから救われるように努力しろ!という解釈は可能です。

 

しかし、あの、大人数に囲まれて身動きが取れない状態で「自分で治せ!」ってシャウトした時に、そこまで深い意味を持たせることが出来るのかが難しいところですね。。やはり、(逆切れと誤解されがちな)無力感なのかもしれません。

 

【疑問8】太宰治の「駆込み訴え」についてどう思う?

 

太宰治の「駆込み訴え」はこちらで読めます。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000035/files/277.html

 

JCSといい、「駆込み訴え」といい、ダヴィンチコードといい、ユダやマグダラのマリアの斬新解釈の方が日本人に根付かないだろうかと、少し心配になります。。やはり常識の範囲内で、キリスト教の基礎知識は必要ですしね。。基礎がなくて応用だけの知識だと、片手落ちになってしまう気がします。かといって、聖書の基礎知識を語りだすと、布教のような目で見られるのも困ったものです。。

 

私は個人的には「駆込み」はJCSとは全然別物だと思うので、あまりバイブルと思うのは危険な気がします。。なんだか、「賭け込み」ではユダの愛→冷たくされて逆恨み→駆け込み、という流れですが、JCSではジーザスもユダを愛していたと思うんですよね。。

 

けど、神の命令で愛する親友に裏切らせなければならなかった。You're far too keen on where and howって言ってるって事は、ユダに裏切らせる件も神からの指令だったのかもしれません。。ジーザスもユダを愛していて辛かったというところが、「駆け込み」には描かれていないので、一方的なんですよね。。

 

それに、「駆け込み」ではジーザス=人間ですが、JCSはジーザス=神の子ですしね。。そもそも、「ユダ視点の斬新な聖書解釈」という共通点はあるものの、それ以外の解釈はぜんぜん違いますね。。

 

しかし、「駆け込み」ってヨーロッパの人が読んだらどう思うんでしょうね。。奇跡がトリックだったらやっぱりがっかりかもしれません。でも、お金のやりくりで苦労しているユダにはちょっと親近感がもてます。

 

(次は「神の子」論争です!どんどん濃くなります。。)

 

 

ジーザス・クライスト・スーパースター ウィーンコンサート2011年版ライブCD<2枚組>

 

ジーザス・クライスト・スーパースター ウィーンコンサート2005年版ライブCD

 

ジーザス・クライスト・スーパースター UKアリーナツアーライブDVD

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1569-0822b22c