2013-11-01 08:42 | カテゴリ:ラブ・ネバー・ダイズ Love Never Dies

コンサート形式で10回限定で上演された、ラブ・ネバー・ダイズを見てきました!!!

 

あのアンドリュー・ロイド・ウェーバーの曲に、「世界一のミュージカルオーケストラ」と称されるウィーン劇場協会のオケの重厚さ、迫力と細やかさ!それに、ドイツ語圏から最高の人材を掻き集めた、あのキャストを掛け合わせたら、こんなとんでもない想像を絶する作品が生まれるんです!!!

 

音楽的には、これ以上実現できないのではと思うほどの、最高レベルのオケとキャスト。オペラ的で厚みのあるALWの音楽を、たっぷりと、存分に響かせてくれて、音楽的に至福な時間でした。

 

本当に、こんな素晴らしい演奏と歌をたっぷり堪能させてもらえるなんて、ウィーンの音楽レベルの高さに感動しつつ、この場にいることができて、この音楽を聴くことができて、幸せだなあ、としみじみ思いました。

 

おまけに初日のチケットを頂いてしまい、2回目は作曲家アンドリュー・ロイド・ウェーバー本人が登場とか!なんだか、コンサート以外の部分でも盛りだくさんで大感動な公演でした。

 

1390611_673159729370490_1922386261_n

公式サイトより。全キャストとALWも。

 

今回のレポは、1回目(初日)と2回目の二回の観劇をまとめてお送りしますが、所々1回目と2回目分けてるところもあります。2回分まとめてることもあり、全部で9回連載(!)のレポですので、ごゆっくりどうぞ。

 

1回目と2回目比較

 

1回目は、初日1018日のチケットをツイッター経由頂いての観劇。あの初日のスペシャル感はやっぱり格別ですね!有名人が沢山いるし、何より役者の緊張感が違います。

 

場所は頂いた50ユーロのチケットで、3階席最後列。ここは本当に音が良くて、オペラグラスさえあれば見晴らしもとても良い上、スタオベしても迷惑じゃないし、個人的には好きな席です(一番上の階の最後列が好きなんです。)それにRonacherだから一番遠いとは言ってもそれほど遠くはないし。

 

やっぱり一回目は、予習していたとはいえ、ストーリーを追いつつ、演出もチェックして、キャストの歌や演技のレベルも手探りだったので、注目する点が沢山あり、おまけに初日のテンションとあの曲の美しさ!なんだかもう、圧倒されまくって茫然としてました。

 

 

2回目は元々持っていた30ユーロのチケットで、1023日。普通の公演日かと思ったら、なんと、客席にアンドリュー・ロイド・ウェーバーが!!!!!信じられない!!!!生ALW!!!!ミュージカル界の神様みたいな人だよ!!!!それも、出入りは私のすぐそばの扉(座席は平土間後方右端)からなので、最初見た時にはしばらく興奮が収まらなかった。。

 

おまけに、カテコでは、キャストも知らなかったサプライズで、ALWが舞台上に上がって挨拶!翌日のキャストのツイートとか見てたら、みんな大興奮!業界の人でも興奮するんだから、客席の興奮がものすごかった!それもあの美しいイギリス英語で、キャストや桶を絶賛するし!

 

観劇的には、一回目よりもストーリーや演出に慣れたので、余裕をもって音楽や演技を楽しむことができました。1回目にすべてを見ようとしていたのに対して、2回目は自分が重点的に集中して楽しみたいところ(主に音楽)を主眼に据えて、なるべく目より耳で楽しむようにしたと思う。

 

 

●ストーリーとジャンル

 

まあ、ストーリー的には、ツッコミどころ多すぎて、オペラ座の怪人の続編と思って見ると、オペラ座ファンの方にはちょっと混乱するところがあるかも。けど、もう途中から、これは完全に別作品!っていうか、これはミュージカルですらないオペラだ!って思って見ると、結構吹っ切れて(爆)、この作品をそれ自体として楽しめるようになってきます。

 

実際、2回見てみると、ALWはこの作品をミュージカルとして作った気が全くしない。音楽もストーリーも構成もオペラだよ!私はミュージカルとオペラは見方が全く違うので、途中からオペラモードで見たら、そりゃあもう、この作品の見えなかった素晴らしさが見えてくる見えてくる。

 

もう最後は号泣号泣で、ミュージカル的にはどうも納得できないエンディングなのに、もう音楽に完全に翻弄されて、涙腺崩壊。完全にストーリーより音楽重視の作品で、そういう作品は苦手なはずの私が、完全に持っていかれてしまった。。やられた。。。(笑)

 

(次回は1回目観劇のつぶやきまとめです。こちらがレポダイジェスト的扱いです)

 

 

オペラ座の怪人 ウィーン版キャストアルバム<2枚組>

 

映画「オペラ座の怪人」 ドイツ語吹替版サウンドトラックCD(Uwe Kroeger)

 

ジーザス・クライスト・スーパースター ウィーンコンサート2011年版ライブCD<2枚組>

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1539-2db253f0