FC2ブログ
2013-08-08 00:28 | カテゴリ:ザルツカンマーグート

ちょっとしばらく、ミュージカルの話題を離れて、避暑に行っていたザルツカンマーグートの話題を写真入りでお届けします。

 

今回は、滞在中にバートイシュル、サンクト・ヴォルフガング、モンドゼーの三つの町を訪ねましたが、それぞれ全く表情が異なり、いい写真もたくさん撮れました。

 

今日はそんな中、モンド湖上で見かけた、不思議な人物についてご紹介します。

 

この後姿のお兄さん、水面に座ってます。どうやってここまで辿り着いて、どうやって座ってるんでしょう?

 

DSC05670

 

ちなみに、湖全景と比較すると、こんな感じ。なんか雄大な自然の中で、ちょこっと座っている兄ちゃんがシュールです。

 

DSC05673

 

ビール飲んじゃってますw

 

DSC05669

 

いつの間にかこっち側を向いてました。漂っているようです。

 

DSC05675

 

 

しばらくすると、おもむろに水上で立ち上がり、オールを取り出して、漕ぎ出しました。

 

DSC05684

 

DSC05660

 

 

これでお分かりでしょうか?このお兄さんは、サーフボードの上に立って、オールを使って進んできて、湖の真ん中までやってきて、ボードの上に胡坐をかいて座り、のんびり雄大な景色を眺めてまったりして、気がすんだらまた立ち上がって水面を滑るように帰って行ったんです。

 

この、「サーフボート立ち漕ぎ」、なんだか妙な感じもしますが、実は「スタンドアップ・パドリング」というトレンドスポーツなんです。

 

最近湖ではよく見かけるようになりましたが、サーフボードの上に立ってオールで漕ぐ、というのは、簡単そうに見えて、バランスや筋力も必要で、子供から大人まで楽しめる反面、結構いいエクササイズになるそうです。

 

こうやって気ままにふらっと湖上に出て、雄大な景色を独り占めできるなんて、なんだかこのスポーツ、やってみたくなりました。

 

これからしばらく、モンド湖と湖畔の町モンドゼーについてのご紹介です。

 

(参考記事)

「ザルツカンマーグート」カテゴリ

 

阪急交通社ブログ(こっちの方がよくまとまっています

オーストリア/クリムト生誕150周年に縁の地アッター湖畔を訪れて

オーストリア/バート・イシュル ザルツカンマーグートの皇帝の避暑地

オーストリア/ザルツカンマーグートの魅力が詰まった町サンクト・ヴォルフガング

オーストリア/ザルツカンマーグートを一望!シャーフベルク登山鉄道

 

エリザベート ウィーン2012年新キャスト版 全曲ライブCD<2枚組>

 

サウンド・オブ・ミュージック ザルツブルク版CD

 

サウンド・オブ・ミュージック オーストリア初演フォルクスオーパー版CD

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1480-67c5b0a0