2013-07-09 08:37 | カテゴリ:ミュージカル系雑談

いま日本は、ウィーン・ミュージカル・コンサート2でにぎわっているころだと思います。みなさん楽しんでいらっしゃるでしょうか?皆さんのレポを読みながら、観劇したくてしたくてたまらなくなってきてはいますが、シーズンオフのウィーン。夏の演劇祭が始まるにはまだ早く、ちょうどぽかっと観劇予定が空いてしまっています。

 

というわけで、WMC2にちなんで、みなさんが話題にしているマーク・ザイベルトの筋肉についてまとめてみますね。(←いったいどんな方向のブログなんだww)

 

みなさん、胸筋がすごいすごいという話ですが、私の記憶ではR&J時代は胸は普通で、きれいな腹筋だなあ、というイメージがあった気がします。

 

というわけで、マークの筋肉写真を集めて比較してみることにしました。

 

まずは、RJ時代2005年のティボルト役のマーク(ちなみにTybaltはドイツ語ではテュバルトと呼びます。マキューシオはメルキューツィオ)

 

 

引き締まってるのはわかりますが、胸もおなかもあまり見えない写真ですね。実際RJ見てたらもっと前がはだけて、相当体が見えていたんですが。。

 

しかし!RJ出演時代になぜか撮影された、オーストリアのテルメ(スパ)の宣伝写真が出てきました。これは体がよく見えます。

 

 

 

ちなみに、このスパはRJ出演者の慰安旅行だったらしく、ルカスとマジャーンも一緒にお風呂に入ってます。

 

 

で、このころのマークの体は、当時の私の印象通り、腹筋がきれいで、バランスが取れていて、重量感は感じさせない、舞台映えするきれいな鍛え方をしていますねー。(そして、ポーズが超楽しそう。。w)

 

そして、RJの翌年2006年に出演したアイーダのラダメス役。

 

これは脱ぐ役ですね!(笑)

 

そして、その翌年に出演した、Amstettenで上演されたヘアーにクロード役で出演したマーク。主演のバーガー役がRob Folwerだったこともあり、わざわざ見に行ったんですが、大好きな演出家の演出が素晴らしく、キャストの魅力満載の迫力の舞台でした。

 

カテコでは、ものすごい後ろの席だったのに、アンサンブルの人に引っ張られて舞台上まで連れていかれ、マークやSteven SealeのすぐそばでLet the sunshine inを踊りくるったのをよく覚えています。

 

ちょっと当時のレポを見つけたので、カテコの部分を一部引用。。

 

===

 

一度カテコででてきたバンドがバンドスペースに戻ったかと思ったら、もう一曲始まった!もちろん今度は有名なLet the sunshine in♪盛り上がる!!!!


もちろんスタオベで、後ろから二列目の通路側だったので、後ろの人の邪魔にならないように通路に立って、サビのLet the sunshine in♪のところを大音量に体揺らして恍惚として一緒に歌ってたわけですよ。で、ふと目を開けると、目の前に顔に大きな星のマークをつけたアンサンブルの役者さんが!どうやら客席に下りてきたらしく、そのまま彼が私と肩を組んで一緒に歌いだすので、一緒に歌ってると、どこかに連れて行かれる!!あまり気にせず、ほいほいと付いていってしまった私。


あまり何も考えず、楽しいなーとか思いながら、劇場の一番後ろから舞台近くまで歌いながら肩組んで歩いていく私たち。気が付くと、そのまま階段をとととっと上がって、舞台に引っ張り上げられてました。まず最初に見えたのはStevenが手を差し出して迎えてくれた姿。えーーーー!!!!Stevenが目の前に!!!!!!かっこよすぎる!そのムチムチとした太ももが私にもゲイに大人気!!!!もうSteven大好きだーーー!!!!

なんか、Stevenに興奮しすぎて自分が今舞台に立ってるっていまいち現実感がない。例の拉致してくれたアンサンブルさんとは大声でLet the sunshine in♪と歌って肩を組んだまま舞台を横切る。楽しすぎるーーーー!!!!!明るいし、音響がいいので超気持ちがいい!!!!

 

永遠に曲が終わって欲しくなかったんだけど、とうとう長いLet the sunshine in♪のエンディングも終わり、最後はアンサンブルさんに手にキスをしてもらって、私も「最高の舞台でした!ありがとう!」と御礼を言ってから、舞台を横切って客席に戻る。もう大興奮すぎる!!!!

 

おまけに、舞台横切ってる時に、ふとMarkが目の前にいたので、背中をつんつんってして、同じように「最高の舞台だったよ!」って言いざま通り過ぎると、Markは振り返って私を見つけて、「ありがとう!」とすごい親切に言ってくれました。Markの生ムキムキ背中にタッチしたぞーー!!

===

 

え。。。Markの生背中にタッチして、会話までかわしてたのか。。私。。自分のことながら信じられない。。

 

ちょっと話題がずれましたが、こちらがそのマーク写真。

 

 

んー。すっきりしているようには見えますが、このころから胸は発達してきてますねー。しかしよく脱ぐ役でした。Youtubeにも映像が上がっています。(最初すぐに死にますが、そのあとに長いソロがあります)

 

Hair Amstetten, Mark Seibert

 

 

ヘアー出演の後は、だんだんマークが売れてきて、ドイツでウィキッドや「マニトゥの靴」に出演し、エリザベートに出るようになったので、脱ぐ役はめっきり減ってしまいました。今回のWMC2が久々の筋肉披露なのではないでしょうか。

 

ウィッキッドやマニトゥの靴の写真はこちらからどうぞー。

 

WMW:マーク・ザイベルト特集! (最後のほうに写真があります。

 

と、RJ以降今までのマークの筋肉を拾ってみましたが、実はRJ以前はもっとすごいものがあるんですが、なんだかマークの筋肉でおなか一杯になってきたので、次回に続きますねー。(こんな記事シリーズ化してどうするんだ。。(笑))

 

ロミオ&ジュリエット ウィーン版 
スタジオ収録全曲CD<2枚組>

 


マーク・ザイベルト Musicalballads – Unplugged

 

マーク・ザイベルト Live in Concert

 

マーク・ザイベルト 
With you - Musicalhits the Unusual Way

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1462-bf4833dc