2013-07-05 08:27 | カテゴリ:WMW ウィーン・ミュージカル・ワールド

さて、ウィーン・ミュージカル・コンサート2の初日まであと一日となりましたが、今日はマヤ・ハクフォートの出演作品とソロCDのご紹介です。

 

ほかの出演者の出演作品&ソロCDは当ブログで詳しくまとめてあります。

マーク・ザイベルト 出演作品&ソロCD

ルカス・ぺルマン 出演作品&ソロCD

イングヴェ・ガーソイ・ロムダール 出演作品&ソロCD

 

さて、それでは、マヤさんのソロCDからご紹介します。

 

まずは、マヤさんファンなら必携!最初のソロCD、Maya Goes Soloです!

 

エリザベート ウィーン1996年版全曲ライブCD <2枚組>

 

エリザベート、サンセット大通り、ジキル&ハイド、モーツァルト、レント、 ウィキッドなどのミュージカルから名曲を美しいソロアレンジで歌い上げます。

私もマヤさんのソロコンサートは、ウィーンで4,5回行っていますが、何度見ても素晴らしい歌声と選曲とエンターテイナーっぷり!このCDはそんなソロコンサートを、ライブでお楽しみいただけます。

 

私がこの中でも一番好きなのは、11曲目Song For A New WorldのStars And The Moon です。このCDで初めて聞いて、大好きな曲になりました。そのほかにも、Makin' Whoopiやジキル&ハイドのSchafft die Männer 'ran など、明るく元気な曲からモーツァルト!の「星から降る金」、ジャズやボサノバアレンジの有名ミュージカルの曲など、マヤさんの魅力を十二分に楽しめます。

 

 

次にご紹介するのは、マヤさんのソロCD第二弾、In My Lifeです。

 

マヤ・ハクフォート In My Life<2枚組>

 

ソロコンサートでたくさん経験を積んだマヤさんが出した、二つ目のCDは、二枚組のライブCDです。こちらは、マヤさんの人生にちなんだ、ミュージカルではない曲を中心に構成されています。ざっと曲目を見ても、知っている曲は少ないですが、マヤさんの人柄が伺われる、マヤさんらしい選曲となっています。

 

 

さて、次は出演作品のご紹介です。

 

まずは、言わずと知れたエリザベート。しかし、あまり知られていないのは、1996年に発売された、初演プロダクションの全曲ライブ2枚組CDです。

 

エリザベート ウィーン1996年版全曲ライブCD <2枚組>

 

急遽ライブ録音が決定されたため、シシィ、トート共にファーストキャストではなく、当時のセカンドキャストだったマヤさんとAddo Kruizinga が出演しています。ルキーニ役はBruno Grassini 。

 

既に廃盤になってしまっており、新品での入手は非常に難しいですが、中古ではお取り扱いできることもございますので、お問い合わせください。

 

次に、エリザベート全キャストを集めて収録された、エリザベート10周年記念CDをご紹介します。

 

エリザベート ウィーン10周年記念ガラコンサートライブCD

 

お次は、皆様ご存じ、再演版エリザベートのCDやDVDです。

 

エリザベート ウィーン再演2004年版キャストアルバムCD 

 

エリザベート ウィーン再演2005年版 全曲ライブCD <2枚組>

 

エリザベート ウィーン2005年版DVD <2枚組DVD>

 

 

エリザベート以外の出演作品として、ウィーン版ジキル&ハイドをご紹介します。

 

ジキル&ハイド ウィーン版2002年キャストアルバムCD

 

このCD、今思えば信じられないくらいの良キャストです。ジキル&ハイド役が、ウィーン再演版ダンス・オブ・ヴァンパイヤのトーマス・ボルヒャート!若き日のマヤさんは、Lisa役です。

 

また、最後になりましたが、豪華キャストのウィーンミュージカルコンサートMusical Foreverの2枚組CDで、マヤさんのソロが何曲かありますので、ご紹介します。

 

ミュージカル・フォーエバー コンサートライブCD<2枚組>

 

マヤさんは、「蜘蛛女のキス」と「Nichts Nichts Gar Nichts」のソロのほか、ピア・ダウエスとのマキャヴィティ(キャッツ)という、夢のような共演もあります。

 

マヤさん以外の出演者も、もちろん超豪華!!初代エリザベートのピア・ダウエス、をはじめ、トーマス・ボルヒャート、ルカス・ペルマンとマジャーン・シャキ、ウィーンの人気者パワフルなカリン・フィリプチッチやレベッカのダンヴァース夫人が迫力だった、スーザン・リグヴァヴァ・デュマスなど、聞きどころも盛りだくさんです。

 

これで、マヤさんの出演作で、現在入手可能なものはすべて網羅しました!

 

なお、アンネミーケ・ファン・ダムの出演作は、エリザベート ウィーン2012年新キャスト版 全曲ライブCD<2枚組>エリザベート ウィーン10周年記念ガラコンサートライブCDの二つのみとなっており、ソロCDはございません。

 

ケヴィン・タートにつきましては、出演作品(ウィーン版美女と野獣など)のCDは
廃盤となっており、ソロCDはございません。ドイツ語圏ミュージカル曲コンピレーションCD,Musical Highlightsで一曲だけダンス・オブ・ヴァンパイヤからの収録曲がございますので、お問い合わせください。

 

日本の皆さん、ウィーンミュージカルコンサート、楽しんできてくださいね!陰ながら応援しています♪

関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1461-14b410bd