2013-05-05 04:57 | カテゴリ:WMW ウィーン・ミュージカル・ワールド
ウィーン・ミュージカル・コンサート2で来日が決定した、イングヴェ・ガーソイ・ロムダール(Yngve Gasoy-Romdal)ですが、ウィーンミュージカル専門CDショップ「ウィーン・ミュージカル・ワールド」では、彼が出演しているCDのお取り扱いを増やしましたので、お知らせいたします。

このCDで彼の声を知っている人が一番多いのではないでしょうか?ウィーン版モーツァルト!のCDは、ウィーンミュージカルファンは必携です。


モーツァルト!
ウィーン版キャストアルバムCD

もちろん、イングヴェ以外のキャストも超豪華!今思いなおすと、本当にすごいプロダクションだったんですね。。。

■キャスト
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト: Yngve Gasoy-Romdal
レオポルド・モーツァルト: Thomas Borchert←ダンス・オブ・ヴァンパイヤのクロロックなど、有名作品に出演しまくりです。
ヒエロニムス・コロレド: Uwe Kröger←エリザベート初演版トート、レベッカのマキシム等。言わずと知れた、ウィーンミュージカルで一番有名な人です。
コンスタンツェ・ウェーバー: Ruth Brauer-Kvam←今はVBW系の舞台には出ていませんが、Kammeroperなどで主役を張っています。
ナンネール・モーツァルト: Caroline Vasicek←美女と野獣のベルやJCSコンサートのマリアなど。ウィーンミュージカルには欠かせない存在です。
セシリア・ウェーバー: Eva Maria Marold←ウィーンでは今でも沢山の作品に出演しています。
ヴァルドシュテッテン男爵夫人: Lenneke Willemsen←ウィーン再演版エリザベートでゾフィーのセカンドやってました
エマヌエル・シカネーダー: Boris Eder←時々フォルクスオーパーのミュージカルに出ています。
アルコ男爵: Dennis Kozeluh←初演と再演のエリザベートでマックスパパをやっています。日本でもお馴染み。


次は、イングヴェの、ファーストソロアルバム、Listen to my Songです。


イングヴェ・ガーソイ・ロムダール
Listen to My Song


イングヴェの代表作として一番に思い浮かべるのが、Mozart!ですが、それ以外にも代表作が多く、ジーザス・クライスト・スーパースターや美女と野獣など、出演作も多数あります。

このソロアルバムは、イングヴェのお気に入りのミュージカル曲を11曲集め、現ウィーン劇場協会音楽監督のKoen Schootsの監修の元で収録されました。発売は2007年。

モーツァルト!やジキル&ハイドからの曲が多いですが、絶品と名高い彼のJCSのゲッセマネも収録されています。


次は、彼がジーザス役で出演した、Had Harsfeld音楽祭のジーザスクライストスーパースターのライブ2枚組CDです。


ジーザス・クライスト・スーパースター 
ドイツBad Hersfelder音楽祭キャストライブCD<2枚組>

特に、ゲッセマネの迫力に定評のあるイングヴェがジーザスを演じた、ミュージカルファン必聴の一枚です。


最後に、イングヴェがパートナーのレア・デロス・サントス(Leah Delos Santos)とミュージカル「ボニファティウス」の名曲を歌った、シングルCDです。


ミュージカル「ボニファティウス」より
WENN DAS WIRKLICH LIEBE IST「それが本当に愛であるならば」
シングルCD


レア・デロス・サントスもドイツ語圏ミュージカルでは名の知れた歌手で、美女と野獣、ジーザスクライストスーパースター、ジキル&ハイドなどに出演しています。

このシングルCDは、ドイツ産ミュージカル「ボニファティウス」から3曲を歌ったもので、イングヴェとレアのカップルの美声が楽しめる一枚となっています。



この他にもイングヴェの歌声が収録された、ドイツ語圏ミュージカルのコンピレーションCDがいくつかありますが、こちらも徐々に品揃えに加えていく予定です。

ご質問や、お問い合わせは、WienMusical@gmail.comまでお気軽にどうぞ!
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1458-edd47b5f