2013-05-12 22:36 | カテゴリ:その他ウィーンミュージカルレポ
2月に見た新作「キューティーブロンド」のレポをこんなに遅くになって上げるなんて。。それも、あらすじとかはまだなくて、とりあえずつぶやきまとめだけですが、取り急ぎ、雰囲気だけでも感じてください!(笑)

新装開店Ronacher劇場の写真。豪華でピンクな感じになってます。

DSC01542_20130405224926.jpg

DSC01545_20130405224949.jpg



==

キューティーブロンドのプレビュー見た!!!!!すごすぎーーーー!!!もう、ウィーンミューの質が高すぎて、もうどれだけ期待値超えてくるんだーー!こんな作品見せてもらえて幸せすぎる。。それもロングランなんて贅沢すぎるよ!またすぐにでもまた観たい!!

なんと言っても派手で楽しい作品だし、脇役のキャラがすごい立ってて、見所多い!そして脇役のキャストが超豪華!!!!脇役の全てが主役張れるレベルで、贅沢すぎる!あとはこれでもかと押し寄せる迫力の波に飲まれて、恍惚とするのみ!!幸せだ。。

まず、主役エルのBarbara Obermeier。ウィーンに新スター誕生の瞬間を見た!レベッカでWietskeがIchに大抜擢されて見事に期待に応えたのをまざまざと思い出したわ。シスターアクトで見てたから相当期待してたけど、その期待を軽く超えてきた!!!声がすごすぎる!

二番目の主役が誰か迷うけど、美容師のポーレットがやっぱりインパクトあったわー。シスターアクトでデロイスだったAnna Maria Gomesは、スターのオーラ万点でしっかり笑わせてくれて、歌ももちろん迫力!ムキムキにメロメロになる役なんて、なんて親近感(笑)

教授のGoebel様は、ウィーン版ファントムの貫禄で、スターのオーラが凄かった。登場したら場が締まるし、なんか動きに艶や色っぽさ?がある。声も魅力的!しかし、ゲイなだけにセクハラシーンはぎこちない(笑)

あと、エメット役がはまり役!ダサい大学講師的位置付けなんだけど、ダサさがまさにそういう人、大学にいそう!って感じ。で、ダサいからなめてたら歌が上手くてびっくり!こんな上手い人今まで知らなかったなんて。。

エルの友達三人娘がキャラ立ってて面白かった!人種もちゃんと分けてあるっぽかったし。アフリカ系のSidnie Smithはシスターアクトのデロイスのセカンドでよく見てたけど、今日も激しく目立ってた!アジア系のBirgit WankaってNYでメチャ面白かった老人ホームのおばちゃん!

あと、一瞬の登場のくせにものすごい拍手喝さいだったのが、ムキムキ郵便配達人!!!もう面白すぎる!!ムキムキ万歳!!脱がないのに誰が見てもムキムキってわかるってすごいよね!それに、見せ方がまた程よくセクシー!!演出家と私のムキムキ好みが似てるのか?(笑)実はウォーナー(エルの元彼)もムキムキだしw。

NY以来ちょっとゲイゲイしさに飢えてた(笑)から、キューティーブロンドはちょうどよかったわw。ラスとゲイゲイしいし、筋肉見れるシーン結構あるし。しかし、「ゲイじゃなかったらフランス人」って!元歌のヨーロピアンがフランス人に変わってるwww大爆笑ww

あと、犬は2匹出てきます!チワワとブルドック。どちらも芸達者だけど、有名なチワワよりブルドックのほうがなんか不器用でかわいかったwwムキムキになついてる様子がまた愛着がわくわ(爆)

しかし、ほんとに脇役のそれぞれがすごいキャラ立ってて、忘れられない強烈さだったわ(エルのパパママとか、被告人のセレブフィットネスねえちゃんとか、国を負われた天才王子とかw)。それも、1曲1シーンのソロなのにものすごい歌上手いの!!贅沢だよなあ。。

あと、派手なダンスシーンがこれでもか!と言うくらい出てきて、とにかくぱーっといい気分になりたい人にはピッタリ!シスターアクトも相当派手だったけど、キューティーブロンドの方がダンスシーン自体は多かったような。まあ、ラストのギンギラはシスターアクトのほうがすごかったけどw。

明日が初日なので、幕が下りたあと客席で総監督Struppeck氏やSwingの皆さんが普通に相談してた。アンサンブルのProhazkaさんいた!けどAndreはいなかった。。

あと、帰りしに劇場前の角の服やさんのショーウィーンドーが思いっきりキューティーブロンド意識した服で(まさに舞台で着てたのそのままとかw)、犬の人形まで置いてあって、かなりそのセンスに笑ったww

DSC01554.jpg



しかし、シスターアクトに続いて最高に楽しい作品で、私も嬉しいよ!エリザだけじゃ暗い気分になるもんね。。ウィーンに来てエリザ見るだけじゃ絶対もったいないと思う!一晩は是非Ronacherにも足を運んで、この楽しい世界を味わってみて欲しいなあ。。


2月20日、Parkett18, Links1
17.40ユーロ(40%引き)

Die Besetzung:

Elle Woods: Barbara Obermeier
Emmett Forrest: Jörg Neubauer
Professor Callahan: Alexander Goebel
Paulette Buonufonté: Ana Milva Gomes
Warner Huntington III: Hendrik Schall
Vivienne Kensington: Sanne Mieloo
Brooke Wyndham: Linda Geider
Serena: Birgit Wanka
Margot: Anja Haeseli
Pilar: Sidonie Smith
Großmeister Chad/Dewey/Kyle: Dániel Rákász
Gabby/Gerichtsschreiberin: Anna Carina Buchegger
Kate/Chutney: Jennifer Siemann
Pforzheimer: Peter Kratochvil
Lowell: Benjamin Sommerfeld
Courtney/Mum/Whitney: Katja Berg
Carlo: Maximilian Mann (Cover Kyle, Warner Huntington III)
Kiki: Paul Knights
Richterin/Verkäuferin: Adrianna Hicks
Dad/Winthrop: Armin Kahl
Enid: Anouk Roolker
Aaron: Björn Klein
Padamadan/Niko: Jurriaan Bles
Cece/Staatsanwältin: Myrthes Monteiro
Leilani: Marie Lumpp
Kristine: Amelie Dobler
Brutus: Breezie oder Brutus
Rufus: Lola oder Monty

Walk-in Cover:

Warner Huntington III: Jörn-Felix Alt
Dad/Winthrop/Professor Callahan: André Bauer

Swings:

Janine Buck, Maria Graciano, Anne-Mette Riis, Gabriela Ryffel, Jerôme Knols, Jan-Eike Majert, Georg Prohazka


[新商品]エリザベート ウィーン版2012年新キャストCD



エリザベートウィーン版2枚組CD



エリザベートウィーン版DVD


応援クリック ありがとうございます!
オーストリア人気ブログランキングへ
ヨーロッパFC2ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へにほんブログ村
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1432-7386eaf6