FC2ブログ
2013-04-07 03:40 | カテゴリ:WMW ウィーン・ミュージカル・ワールド
前回、新しく入荷した商品のご紹介でちらっと説明した、ルカス&マジャーンが歌うドイツ語童謡CDブックについて、ちょっと語らせてください!(ちょっと前の紹介じゃ語り足りなかった(笑))

ルカス&マジャーンのドイツ語童謡CDブック
「Das grosse Annette Betz Kinderliederbuch」


これ、ほんと、ショップのためにとりあえず一部だけ取り寄せて、自分で試しに聞いてみたんですが、あまりにお気に入りで最近毎日ヘビロテです(笑)。基本的には家での育児は、息子に日本語を触れさせるために、童謡CDもDVDも日本語のを使ってるんですが、私の教養としてドイツ語の童謡も一通り知っておくと便利かなー、と自分の勉強のために聞いてみたのね。楽譜と歌詞付きだし、絵本もなんかかわいい感じだったし。

で、届いてみたら、なんと立派な装丁!!!!A4より一回り大きいくらいのサイズで、立派なハードカバーに上質はカラーページ!!!これ、印刷代だけで相当してるよ。。掘り出し物過ぎるよ。。おまけに、絵本だけじゃなくてCD付属!ミューファン的には、このCDがメインだと思うんだが、CD聞き始める前に、もう絵本のかわいさと豪華さにノックアウト。。。

見てみて!この絵のかわいさ。。

DSC01274.jpg

DSC01271.jpg

WS000004_20130325035737.jpg



で、楽譜はこんな感じ。これが、51曲分全部あるの!

WS000003_20130325035734.jpg

見開きにするとこんな感じです。

DSC01269.jpg

DSC01268.jpg

あー!!見開きパートの絵もかわいいよーーー!!!なんか、ファンタジーっぽくて、子供の想像力を程よく刺激する感じ!!


で、童謡が51曲も収録されているので、基本的なドイツ語圏の童謡はほぼ網羅。教養として聞くにもちょうどいいし、BGMとして流してるだけでもドイツ語の勉強になるかも。で、歌詞を知りたかったら絵本をあけて楽譜をチェック♪メロディも歌詞も簡単だから、ほんとドイツ語のお勉強にピッタリ!


WS000002_20130325035718.jpg

で、この絵本の付属のCD。もう。素敵すぎるー。まず、シンプルなピアノの伴奏がとても耳に心地よい。なんだか、私の持ってる日本の童謡CDって、がやがやうるさかったり、演奏がごちゃごちゃしてたりして、大音量と派手さで子供の注目を集めてどっかーん!って感じなのが、ちょっと聞いててうっとうしいこともあるんだけど、このCDはほんと演奏がシンプルで、BMGとしてかけててもちょうどいい感じ。

そして、ミューファン的に気になる、ルカスとマジャーンの歌声。私は別にルカスのすごいファンと言うわけでもないけど(面白いから色々注目はしてるけど)、このCDはほんと聞けば聞くほどいい感じー。ファンじゃない私がここまで気に入るんだから、ファンの人はきっとすごく気に入ると思う!

シンプルなピアノの演奏に、2人のかわいい歌声がとてもよく似合う!それも、2人のソロの歌があるかと思えば、デュエットだったり二重唱まであって、童謡ならではのバリエーション!ほんと、聞いててほほえましい気持ちになるよ。ミュージカル曲のように感情を乗せてどかーんと歌ってない分新鮮で、演奏と歌声のシンプルさが本当に聴いていて心地よい。BGMとして一日中リピートしていたいくらい。

51曲の収録曲の中には、日本でも知られている曲もあって、なんかよく知ってる童謡をドイツ語で、それもこの二人が歌うなんてちょっと不思議な感じ(笑)。私が元々メロディーを知っていたのは、「ブンブンブン」、「こぎつねこんこん」、「ブラームスの子守唄」、「カッコー」、「ちょうちょ」の5曲かな。ドイツ語版もとてもかわいいです♪


DSC01270.jpg

ほんと、このCDブックは、ルカスファン、マジャーンファンの方だけではなく、育児中で観劇を休憩しているミュージカルファンのママさんたちにお勧めです!ちょっと育児中にミュージカルの曲って集中して聞けないこともあると思いますが、このCDなら、育児や家事のBGMとしてかけてるだけで、子供もほっこり楽しい気分になるし、自分もなんとなくでドイツ語の勉強までできてしまう!それに、ほんと良質な演奏と歌声を、子供が小さい頃から聞かせるのって、いい知育になると思う。

うちの子は、まず絵本の表紙を見て「ギターギター」って教えてくれるし、絵本の中で気がついたものの名前を指差して教えてくれたり、名前を聞くので私が逆に教えてあげて、指差し絵本代わりに使ってます。とにかく絵が大きくてかわいいので、1歳児からでも十分楽しめますよー。

そして、CDはひたすらBGMとしてかけていると、最初は聞きなれなかったドイツ語の童謡が、自然に自分のものになっているー!歌詞が簡単で聞き取りやすいので、一緒に歌ったりするのも楽々!うちの子も楽しんで聞いています。日本語童謡CDでも、このくらいシンプルで、全曲網羅できている良質なCDがあったら絶対買うのにー!(お勧めの日本語童謡CDあったら教えて欲しいくらい。。)



あと、このCDが気に入ったら、同じような趣向でクリスマスCDを収録したものもありますー。こちらは、絵本は童謡版ほどかわいくないんだけど、ドイツ語圏の必須のクリスマスソングが上手いこと網羅されていて(それも、ちゃんとアドヴェント、ニコロ、クリスマス、一年の終わりまで順番に)、ドイツ語クリスマスソングを一気に知りたい方にはお勧め。オーストリアが発祥の「きよしこのよる」ももちろん収録。


ルカス&マジャーンのクリスマスCDブック
「Als der Weihnachtsmann beinahe verschlafen hätte
(サンタクロースがほとんど寝過ごしてしまいそうになったので)」


ほんとうに、シンプルなピアノ演奏と、ルカスとマジャーンの澄んだ歌声に癒されます。。ミュージカルファンじゃなくても、曲の質の高さと絵本のかわいさに惚れ込んでしまう人もいるかも?出産祝いや、プレゼント用にも、お勧めですよ♪


関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1412-a39b80c4