2013-03-27 07:21 | カテゴリ:ウィーン生活
今回のインフルエンザで気管支炎も併発したらしく、蒸気吸入(Inhalation)を医者に勧められました。日本でも蒸気吸入って知られているのかは分からないのですが(少なくとも実家では聞いたこともなかったかな)、こちらではかなりメジャーな民間療法で、特に鼻や喉の問題はとりあえず蒸気吸入!と言われます。

洗面器サイズの入れ物に熱湯を2リットルくらい入れて、そこに塩を小さじ1入れ、頭からタオルをかぶって蒸気を逃がさないようにして、10分ほど熱い蒸気を吸入します。

蒸気を吸入することで、気管や肺に溜まっている悪いものが溶かされて体外に出てくる、というイメージで塩は殺菌効果のためらしいです。

民間療法らしく、塩以外にも、カモミールティーを入れたり、ミントのオイルをたらしたり、症状ごとに色々と追加で入れると効果的らしいです。風邪の他に、花粉症などのアレルギーの症状も和らげるそうです。

私は正直半信半疑なんですが、こちらは日本よりも乾燥している気候と言うこともあり、蒸気吸入で気持ちよくなった気がすることもあるので、とりあえずやってみることが多いです。

で、今回医者に行くと、従来の熱湯を使った蒸気吸入だと、第一顔が熱いし(笑)、効果的な蒸気を吸入できる時間が短いという指摘をされ、処方箋を書いてもらって、蒸気吸入器をゲットしました。機械までゲットしてしまうなんて、なんか蒸気吸入ファンみたいでいやだ。。(笑)

一応、ネプライザー(喘息などの薬品吸入用)とは違い、純粋に蒸気吸入用の機械です。(違いはWikipediaより)


機械の外観はこんな感じ。

この機械を使うと、マウスピースみたいなのを口に当てて5分くらいで十分。それも、蒸気が熱くないので、ぼーっとテレビを見ながらでもいいし、とても楽に吸入ができます。液体自体は、生理食塩水のカートリッジを別に購入してセットするだけ。なにより、熱湯を使った吸入は子供に危険なのが、この機械を使うと子供用のマウスピースを口に当てるだけで、抵抗なく使ってもらえるのが便利。それも、治りが早い!

しかし、機械購入するのも。。と思ってたら、処方箋があったので、なんとタダで買えてしまった!Amazonで見たら、170ユーロするシロモノらしい!!これはなんかオーストリアのいいところかもしれない。。

bstaendigという、医療器具ショップが結構至る所にあるんですが、ここに処方箋を持っていけば、無料で新品をゲットできます。電動搾乳機が必要だった時に、同じく処方箋で無料レンタル(3ヶ月、延長可)できてとても助かったんですが、今回はタダでもらえてしまうとは!

それだけ、蒸気吸入が療法として定着しているのもあるとは思うんですが、病気がちな我が家では、これからも結構使うことがあるかもしれません。

今回のインフルエンザ騒動で、唯一得したことかなー(笑)。


[新商品]エリザベート ウィーン版2012年新キャストCD



エリザベートウィーン版2枚組CD



エリザベートウィーン版DVD


応援クリック ありがとうございます!
オーストリア人気ブログランキングへ
ヨーロッパFC2ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へにほんブログ村
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1406-d95692df