2013-03-07 08:27 | カテゴリ:公演情報
皇帝の避暑地だったザルツカンマーグートのバートイシュルでは、毎年夏にオペレッタ作曲家として有名なフランツ・レアールにちなんだ、レアール音楽祭が開かれています。普段はオペレッタを上演するんですが、今年は演目にミュージカルが混じっています!それも、超良キャスト!!!

上演される作品は、ハロー・ドーリー!ミュージカルの古典で、ウィーンではフォルクスオーパーのレパートリーになっています。

会場はバートイシュルのKongress&Theaterhaus。行かれた方は分かると思いますが、広大な敷地に立つ立派な会議場兼劇場です。

日程は以下の通り。

2013年7月13日初日。7/21,24,26,28,31, 8/1,2,4,6,9,11,13,17,23,24,29,30, 9/1

開演時間は15:30, 19:30,20:00と色々あるので、詳しくは以下参照。

Juli 2013
13. (Premiere, inkl. Eröffnungsfeier) um 19:30 und 26. um 20:00 Uhr,
21., 24., 28. und 31. jeweils 15:30 Uhr

August 2013
01., 03., 06., 07., 09., 13., 17., 23., 24., 29. und 30. jeweils 20:00 Uhr,
04. und 11. jeweils 15:30 Uhr

September 2013
01. um 15:30 Uhr

Dauer der Aufführung: 2 3/4 Stunden inkl. Pause.


そして、お待ちかねのキャスト情報です!!!

Musikalische Leitung
Michael Zehetner

Regie
Leonard Prinsloo

Choreographie
Leonard Prinsloo

Bühnenbild und Kostüme
Monika Biegler

Choreinstudierung
Georg Smola


Dolly Gallagher Levi, eine junge Witwe
Ann Mandrella
Horace Vandergelder, Ladenbesitzer in Yonkers
Kurt Schreibmayer
Cornelius Hackl, sein Angestellter
Boris Pfeifer
Barnaby Tucker, Lehrling bei Vandergelder
Benjamin Plautz
Irene Molloy, Besitzerin eines Hutladens
Caroline Vasicek
Minnie Fay, ihre Angestellte
Iva Mihanovic
Ermengarde, Vandergelders Nichte
Helena Sturm
Ambrose Kemper, ein junger Maler
Jan C.J. Liefhold
Ernestina Money
Mandy Garbrecht
Ein Richter
Walter Witzany
Rudolph, Oberkellner
Karl Herbst

Franz Lehár – Orchester
Chor und Ballett des Lehár Festivals Bad Ischl

なんとまあ、ウィーンミュージカルファンにはたまらないキャストですよ!!!Drew Sarichの奥さんで、Ich war noch niemals in NYでかっこいいキャリアウーマンを演じた実力派Ann Mandrellaがドーリー!!!!!!私のイメージでは、ドーリーは街のおせっかいおばちゃんって感じなので、Annさんは美人過ぎ&スタイルよ過ぎかもしれませんが、Volksoperで見たSigrid Hauserとは全く違う雰囲気のドーリーになりそうで、歌声も演技も超楽しみです。

0d6915f25e.jpg


そして、Cornelius役がBoris Pfeifer!!!!!!!R&Jのヴェローナ大公ですよ!!!それも、奥さんのCaroline Vasicekが恋人役!!!Caroはウィーン版美女と野獣のベルや、モーツァルト!のナンネールが有名かな。

050623185441.jpg
BorisとCaro

ほんと、Borisの最近の出演作がほんと面白くて、元々顔と美声で応援を始めたけど、彼の演技の幅の広さで更にハマリそう。ヴェローナ大公の直後にMayaさんのエビータでチェやってたのがほんとかっこよかったんだけど、そのあとしばらく見ないなあ(奥さんの出演作の客席や楽屋裏では見たけどw)と思ってたら、Volksoperのローマで起こった不思議な出来事で、思いっきりかっこわるい、ゲイでヒステリなw女装おやじ役をやって、これがまた大爆笑!!あのイケメン美声がここまで崩れるか!と思ったけど、あえて顔で勝負しなくてもここまで楽しませれるってほんとすごい!!!で、今回はまたコメディー役。あー、楽しみー。

これこれ!これがBorisのVerona!!!!こんな映像があるとは!



こんなに良キャストなのにウィーンでの公演じゃないので残念がってたんですが、7月はバートイシュルから遠くないところに長期滞在するかも!!!これなら、もしかしてチャンスあるかも?!


ウィーン版ロミオ&ジュリエット2枚組



Ich war noch niemals in NY ニューヨークに行きたい!! ウィーン版CD



モーツァルトウィーン版

応援クリック ありがとうございます!
オーストリア人気ブログランキングへ
ヨーロッパFC2ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へにほんブログ村
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1402-fcca214a