2013-02-01 10:50 | カテゴリ:ザルツカンマーグート
長かったバートイシュルの日記も今日が最後です。長らくお付き合いいただき、ありがとうございましたー!

さて、最後の今日は、駆け込みで行ったバートイシュルのクリスマスマーケットの民族衣装やさんのエピソードです。

DSC00887.jpg
この、バートイシュルに本店のある高級民族衣装やさんの出店。本店はツァウナーのお隣だったか向かいだったか。

もう閉店間際だったのですが、その分店じまいしかけのおじさんおばさんとおしゃべりしたり、普段とはちょっと違う経験ができました。

入り口近くに民族衣装やさんがあったのですが、そこのおじさんと話し込んでしまい、今まで聞きたかった民族衣装のことなども教えてもらいました。

どうやらこのおじさん、民族衣装を手作りしている職人らしく、店番しながら手刺繍していたのを見せてもらいました。婦人用バッグを作るローデン生地にGams(ヤギの一種)の刺繍が施してあります。

DSC00895.jpg

「今日はこれを30個刺繍したよ」って。なんという緻密な作業。。

DSC00894.jpg

他にも、作りかけの衣装が色々と置いてあったので見せてもらってたんですが、不思議なボタンを見つけました。

DSC00896.jpg

この緑のジャケットの胸元の、茶色でくちゃくちゃっとしたボタンです。

民族衣装のボタンは、鹿の角を使うのは良くあるんですが、こんな形のボタン見たことない!

DSC00897.jpg

聞いてみたらば、これは、角が頭に刺さっているその埋まっているところから切り出したものらしいです。そういえば、ちょうど頭と角の境目ってこんな感じになってるかも。。

素敵な民族衣装が沢山あったんですが、スカーフ一枚40ユーロとか、ちょっと私には高級すぎて手が出ませんでした。。民族調のスカーフは、上手くすれば10ユーロくらいで見つかることもあるし、私としてはそのレベルで十分なのです。手作りの高級品はまた全然違うんでしょうねー。

民族衣装って奥が深いですねー。


[新商品]エリザベート ウィーン版2012年新キャストCD



エリザベートウィーン版2枚組CD



エリザベートウィーン版DVD


応援クリック ありがとうございます!
オーストリア人気ブログランキングへ
ヨーロッパFC2ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へにほんブログ村
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1377-d10280b4