2012-10-15 07:28 | カテゴリ:美術館・博物館
●ベルヴェデーレ宮殿のエリザベート舞台衣装着付け&写真イベント

さて、18時15分頃のベルヴェデーレに到着。ここでは舞台衣装写真とクリムト臨時展が目的(夜にエリザ野外コンもあったけど、こちらはパス)。

IMG_9701.jpg
ベルヴェデーレ宮殿

IMG_9704.jpg
ベルヴェデーレ上宮からウィーンを見下ろして


普通にチケット買って早く舞台衣装にお目にかかりたかったんだが、なんと、長い夜チケット買うのに長蛇の列!うひゃー!いつもは超マイナー博物館の入り口で、並ぶことなんてせずにフラット買って入ってるのに、こんな大きな美術館でスタートしたのは初めてかも。

待ってる間に、エリザベートの宣伝要員がやってきて、割引券とチョコをくれた!このチョコって、ルキーニが配ってるやつだよ!!ちょっと、貴重すぎるよーーーー!!!と大興奮。その横で知らずに食べる同行者ww。一日5個限定で偶然もらえるかもらえないかっていうチョコなんだよ!と力説してしまったw.

IMG_9828.jpg

15分ほど並んでやっとチケットゲット。私は学割で11ユーロ。ウィーンで並ぶことって殆ど無いから、それだけで消耗したわw。

チケットゲットすると即効建物に入り、1階の真ん中の広間(通称Staatsvertragssaal。オーストリアの独立文書が署名された部屋)へ。舞台衣装写真会場はこちら!行ってみたら前には10人も並んでないので、ラッキー♪と列についてみる。

こんな豪華な広間。普段は撮影禁止。
IMG_9737.jpg

IMG_9739.jpg


まさかこの時点では、40分近くも待つことになろうとは知らなかったのだ。。着付けスタッフもカメラマンもあまりに非効率で、アホみたいに無駄な時間が過ぎていく。一人の兄ちゃんなんて、どうでもいい貴族のジャケット着てカメラマンを15分くらい独占。撮っても撮っても気に入らないらしく、何度も撮り直しを要求して周りもイライラ。

次の子たちは、4人一緒に着て写りたいとのこと。そのうち二人は、どう頑張っても衣装が入らない(後ろのジッパーが閉まらないとかそういう次元ではないw).入らないサイズなら諦めればいいのに、無理やり体を詰め込もうとするから、並んでる人たちからも白い目。。

こうやって長い待ち時間を過ごしてる間に、衣装とポーズをシミュレーション。まず、衣装は男女あわせて10種類くらいしかない。見覚えがあるのは、3,4枚で、聞かなくても確実にシシィの衣装が1枚。もうこれで私は早くから決まり。

IMG_9720.jpg
近すぎて上手く撮れてないけど、この白地に縞々のがポッセンホーフェンの衣装。その横の青いのがFJ、その横の黒いのがルドルフ葬式シーンのシシィの衣装だとか。

着付けのお姉ちゃんに聞いてみると、「エリザ舞台衣装着付け」と謳ってはいるが、いろんなプロダクション(前回、今回、ドイツ版)からかき集め、エリザベートと関係ない衣装もあるんだとか。来日コンサートでも新衣装来てる写真があったけど、あの準備をした時に在庫かき回して、適当に見つかったのを持ってきたんだろうね。

今回あったドレスリスト
・白地にチェックのドレス。今回のプロダクションのポッセンホーフェンの衣装。
・真っ黒にレースの重厚なドレス。シシィの喪服。着付けのお姉ちゃんによると、前のプロダクションらしいが、唐草模様はない。ルドルフの葬式の衣装。
・ワインレッドのドレス。これはエリザベートと関係ないんだとか。
・濃いワインレッドに黒の透かしの模様が入ったもの。今回のプロダクションの衣装。ルドヴィカかな?
・白のつるっとした細身のロングドレス。今回のプロダクションのゾフィーの衣装。
・大臣の衣装。今回のプロダクションでグリュンネとか2,3人が着てる、金の模様のガウン。
・大臣の衣装2.今回のプロダクションで別の大事が着てるガウン。
・ハンガリー貴族のガウン。片方の肩から書けるようになってる。毛皮付き。
・フランツ・ヨーゼフの青字に金の太い線の入ったガウン。今回のプロダクションより。

私が選んだのは、ポッセンホーフェンの衣装。ルドルフ葬式の黒ドレスも捨てがたかったが(特に前のプロダクションなら)、色も華やかな方がいいし、パパみたいに♪はボイトレでやってる歌だからやっぱり思い入れが。

さっさと着替えて、写真用の舞台上へ。背景にはベルヴェデーレの書割もあって、雰囲気出るー!同行者の準備が出来るまで、プロのカメラマンさんに好きなポーズで撮ってもらったw.

同行者はFJの衣装が入らず、ハンガリー貴族の衣装で登場。打ち合わせ通り、ワルツのポジションとハンドクスの2ポーズで無事に撮影完了。着付けも撮影も早く済んだので、スタッフさんには感謝されたよ。

IMG_9736.jpg
別のカップルの写真。男性が青いFJの衣装を着ている。女性が着ているのは実はゾフィーの衣装。

しかし、終わってみたらもう、興奮が収まらず!!!だって、舞台衣装だよ!舞台衣装着せてもらえるなんて、前代未聞!!!ウィーンに住んでて今まで一度もそんな機会なかったんだよ!どれだけ並んでもこれはやる価値ありだよ!!!

それも、シシィの衣装がちゃんと合ったのが嬉しい。それも自分で一番着たい衣装だったし(見返りは宝塚変身写真館でもう撮ったので(笑))。ポッセンホーフェンの服とか最高じゃない!まあ、欲を言えば前のプロダクションのが良かったけど。。そして、同行者がマックスパパの役やってくれたらもっとよかったけどw.

ちなみに、舞台衣装を間近に見た感想。ツッルツル!!!なんかね、布に重厚者や高級感がなくて、ビニールっぽくてつるつるなの!このビニールっぽさが、実際の舞台ではテカテカな新品衣装感を出していたのね。。しかし、正直、ツルツルテカテカで安っぽい。。

前のプロダクションと言われているルドルフの葬式衣装は、これだけはなんか布もしっとりしていてビロードで高級感あり。けど、それ以外はもう、色は派手で作りも豪華でも、触ってみたら全部洗濯機にポイとほり込んで洗える感じなの。男性衣装のガウンとかも、触ったらじゃりじゃりで、肌触りがほんと人工的。ああ。。。

今回のプロダクションで一番気に入ってないのが衣装なんですが、間近で見て更に、「こりゃイマイチ・・」って思ったよ。ほんと、衣装全部やり直して欲しいくらいだよ。。

まあ、それでも、舞台衣装を触れるくらいまで間近にこれたことだけでも感動かも。タグには役者名や役名が手書きで書いてある物もあり、実際使ってるんだなあ、って実感しました。

IMG_9752.jpg

夜のベルヴェデーレ宮殿下宮


エリザベート ウィーン版2012年新キャストCD<予約販売始めました>



クリムト オーストリア初演版CD アンドレ・バウアー主演!




クリムト オーストリア初演版DVD


応援クリック ありがとうございます!
オーストリア人気ブログランキングへ
ヨーロッパFC2ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へにほんブログ村
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1311-cc5eb642