2010-08-05 18:23 | カテゴリ:ウィーンを舞台にした映画
ジャンル:海外情報 テーマ:ヨーロッパ
(なんだか調べながら書いたので、とりとめがないですが、最後のほうにちゃんとまとめてますー。)

ロケ地に行ったブログまとめ。

僕が覗いた、恋人までの距離(ディスタンス)
http://you16kafka.exblog.jp/12529755/

ほとんど定番の場所ですが、最後の写真(翌朝に二人がふらふらと歩いてくる路地)が!よくこんなところ見つけたなあ!

ウィーンで「BEFORE SUNRISE」のロケ地巡りしてみたよ?☆
http://go.travel.mag2.com/e/mag2/traveler/le-fabuleux-destin/album/10436006/

これまたほとんど定番ですが、教会の入り口が写っている!公園はStadtparkなのかなあ。背景にギリシャ神殿みたいなのが見えたので、ブルクガーテンだと思ったのだが。。

無名墓地レポ
http://blogs.yahoo.co.jp/wienergasse/21702547.html

日本人で行った人いるんだー。すごいなあ。あまりあの地域は環境よくないのだが。。(苦笑)

しかし、やっぱり、木枠の路地と電話をするカフェはどこかわからないなあ。日本語以外のソースも当たってみよう。


はい。次は英語やドイツ語のソース。

ここがさすがに結構ちゃんとしてる。

Before Sunrise filming locations
http://www.travbuddy.com/travel-blogs/41395/Before-Sunrise-filming-locations-2

やっぱり、教会はMaria am Gestadeでキマリだね。この写真では内部の写真もあるわけですが、映画のままかどうかこの写真じゃよくわからないね。。

Moelker Bastionというのは、二人がぶらぶら散歩してたところですが、ちょうど写真の右端にシューベルトの絵が写ってるでしょ?これが私のよく行くレストラン。

いい写真が多いけど、新しい発見はあまりないかな。

Before Sunrise - Wien für Verliebte im Freizeitstress
http://tylers-kneipe.de/archive/2005/12/17/before_sunrise__wien_fuer_verl

おおーー!!!ここは新しい発見が!レコード屋が!そうそう、Alt & Neuという名前だったわ。Plattenladen "Teuchtler - Alt & Neu"というのが正式名称らしい。写真もなかなかいい。


そして!!!!やっと真打発見!!!それも、以外私が日参しているミュージカルサイトに情報が。なんという灯台下暗し。。(っていうか、何でミュージカル情報サイトに映画のロケ地情報が。。(苦笑))

ここ(http://www.kultur-channel.at/die-before-sunrise-tour-auf-den-spuren-von-ethan-hawke-julie-delpy/)をスタート地点に、Before Sunriseツアーのオフィシャルサイト(http://www.afterimage.at/index.php?option=com_content&task=view&id=143&Itemid=254)を発見。

そして、こちらがロケ地まとめ(http://www.afterimage.at/index.php?option=com_content&task=view&id=145&Itemid=267)。PDF版は地図もあって便利!
http://www.afterimage.at/index.php?option=com_content&task=view&id=152&Itemid=266

というわけで、わかったことー。

・西駅はプラットフォーム7(今工事中だからどうなったのかな)
・これはもう有名な話だけど、演劇青年に出会ったのはZollamtsteg
・レコード屋Plattenladen "Teuchtler - Alt & Neu"の住所はWindmühlgasse 10, 1060
・教会はMaria am Gestade。住所はSalvatorgasse 12, 1010
・詩人に会ったドナウカナルは、アウガルテンとSalztorbrückeの間。
・最初に入ったバーはArenaの近くだった!!っていうか、映画見たときに「お、Arena映った」って思ったんだった!!
・私がよく行くレストラン、シューベルト何たらは、Mölkersteigにある。
・やっぱりSpittelbergだ!
・電話してたカフェはなんと、Cafe Sperl。有名どころじゃんー。
・Club Roxyが赤ワインをもらったところ。場所はなんとOperngasse。すごいど真ん中だねえ。
・最後にねっころがってたところがHotel im Palais Schwarzenbergってなってるんですが、ここに芝生があるの?ううむ。。住所はSchwarzenbergplatz 9。

このサイトでほとんどの疑問が解決した気がするー。しかし、未解決の疑問がまだいくつか。。

・最後にねっころがってた所だけは現地を見に行って見ないと何ともいえないねえ。。
・上の日本人のレポにあった、翌朝ぶらぶら手をつないで歩いていた路地の場所もわからない。
・木枠の路地はやっぱり一番難しいか。。ここは誰も見つけた人がいなさげだぞ。。

しかし、このツアー、今年の6月に実際行われてたらしい。そして、写真が上がっている。かなり面白い。。

http://www.flickr.com/photos/kinountersternen/page3/

その他トリビア(http://www.duncanjdsmith.com/uploads/phjpri/viennabeforesunrise.pdf

・上記のMölkersteigにあるレストラン、シューベルト何たらの名前はDreimäderlhaus(三人の女の子の家)。シューベルトが三人の女の子を同時に口説いたんだとか(笑)
・クライネスカフェーはウィーンで一番小さいカフェ。オーナーHanno Pöschlは俳優でもあり、最初の電車のシーンで喧嘩する夫婦を演じている。
・クライネスカフェーのある広場はFranziskanerplatz。ここにはフランシスコ派の教会がある。また、修道院も隣接している(だから映画ではあんなところで修道士が出てきたのね)。また、中央にあるモーゼ像のオリジナルはナチスに溶かされた。
・Zollamtstegの橋はウィーン川にかかっている。設計はオットー・ワーグナー。
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/127-6a540e52