2012-08-18 07:30 | カテゴリ:その他ウィーンミュージカルレポ

それでは、曲目編2幕行きますー。

◎Tanz der Vampire
1. Finale (Ensemble)

いきなりTdVのフィナーレからスタート。衣装がみんなめちゃくちゃかっこいい!舞台よりもかっこいいのも!黒と赤を貴重にしたセクシーでかっこいい衣装。

そして、途中足拍子手拍子するところが懐かしいーーー!無意識に手拍子やっちゃってたら、回りもみんなやってたー!リピーターはやってて、一般のお客さんはやってなかったから、わかりやすかったw。しかし、こうやって当時のノリって体が覚えてるよね。。ああ、懐かしい。。そして、ここまでノリノリのさせてくれるバンドとアンサンブルの再現度高いよ。。

MC
Marikaおばちゃん、まちがってOliすっ飛ばしてJanとMayaさんのTotale Finsternis紹介しちゃうし!舞台にOliがでてきてびっくりしたってw

2. Fuer Sarah (Oliver Arno)

OliのFuer Sarahも貴重!!!嬉しいーー!この曲なんて、演技によっていくらでも化けるから、Oliだったら聞き甲斐あるわー。

Oliのアルフレートは、アホでかわいいーーー!空中に向かってテレテレの演技が笑えるww。がんばれーーーって応援したくなっちゃう感じ。

LukasのFuer Sarahも結構好きだけどOliはやっぱりまた違ってよかったわー。Lukasのは途中までは「僕は強くなる」とか行ってるのが口先だったのが、途中から急に目覚めて生まれ変わる、って感じだったよね。Oliのは、前半もっと自信なさげ。ほんと、口だけで「Sarahのためには何でもやる」とか行ってる感じで、弱弱しすぎでそんなの絶対できなさそう。それが、後半はまだ腰抜けてるけど、僕は勇気を奮い起こしてやるぞ!って感じに変わってた。Lukasとはまたずいぶん違うねー。

3. Totale Finsternis (Maya Hakvoort & Jan Ammann)

再びMayaVSJanの戦いですw。Marjanのサラ見慣れてたから、Mayaさんがやたらオトナに見える。。声もドスがwwなんだか、すごい年上のTotale Finsternisになっちゃったよ。。それでもすごかったけど。

最後は、Mayaさんがverliere Verstaaaaandって言ってる間、一瞬後ろを向くJan.こっちを向いたら牙入れてたwww.さすが上演中wwもちろんしっかり噛んでましたw

552162_10150987519947960_43591160_n.jpg
MayaさんとJan。(MayaさんFBより)

4. Unstillbare Gier (Jan Ammann)

ああーーーーーーーー!!!!!もうすばらしかったの一言!!!パワーー!迫力!!!Janの魅力を思い知らされた一曲でした。もう、圧倒された。。。

前半は、Thomasっぽいな、って感じ。低音がとても美しい。女ったらしの雰囲気は郷ひろみ似w。しかし、辛さを耐えて苦しむ男、って言う雰囲気が似合うので、前半の好きになった女が先に死んでいった話をしている時はほんと辛そうで、なんか労わってあげたくなる感じ。

それが、後半どんどん怒りとかずんずん上がってきて、目が離せない迫力になってきた!!!多分ものすごい体力があると思うんだけど、最後の方の声量、オセオセのテンポ、伸ばしまくり、大声で歌いまくりの迫力がすごかったー!これは、本当に、大きな男のパワーと迫力で客席を揺さぶりつくすって感じで圧倒されました。スタオベスタオベ!!!!

しかし、この曲ほんと名曲やねえ。特にJanは辛い曲にあってるんだと思う。この曲は歌いこまれてたし、雰囲気に合ってたし、本当にすばらしいものを聞かせてもらいました。この曲だけでJanのイメージ急上昇!

MC
実はお金がなくてプログラムを擦れなかったらしい。来年がんばってー!

あと美女と野獣でタンス夫人で出演した時の裏話。Mobのシーンで火事になって、タンスごと焼けそうになったんだとか。人一倍火事に気をつけてるウィーンなのに、BBで火事になったことがあったのねー。


◎Romeo & Julia
5. Verona (Oliver Arno)

なんというレアキャスト!OliがVerona!若者が少ない今回の出演者(爆)で若者だらけのRJをどうやって歌うのかと思ったら、思いっきり予想外の選曲&キャスト。こういうの嬉しいねー。

それも、Oliはかわいらしく照れつつ、アンサンブルの皆さんに囲まれてまんざらでもなさそう。一応アンサンブルも赤組と青組に別れて、ダンスもいい感じ!(一人男性アンサンブルが妙な動きしてて目立ってたけどw)

一箇所歌詞忘れた以外は、歌はしっかりで、アンサンブルのコーラスをバックにかっこよく歌ってました。ただ、ヴェローナ大公というにはかわいすぎて、みんな言うこと聞かないんじゃ。。って感じ。かわいいからアンサンブルに埋もれてたしw

全体的には、持ち歌じゃない分なんとなく照れくさかったけど、新鮮でかわいらしいVeronaでした♪

◎Beauty and the Beast
6. If I cannot love her愛せぬならば(Jan Ammann)

これもJan調子いいーー!!もう絶好調!!!こういう深い低い声で苦しんでる歌、Janにピッタリだよ!!(笑)

Nein-----!!っていうところが絶叫!Frei!!もすごい!!!ラストは果てしなく伸ばして、ものすごいパワー。やっぱりJanは優男の見た目に反して、かなり体力とパワーがあるわ。。前半から飛ばしてても、後半さらに迫力アップだからすごいよね。。

7. Beauty and the Beast(Oli&Marika)

前の「愛せぬならば」ば息もつかせないすばらしさだったのに対して、この曲は軽い調子。まあ、ポット夫人版じゃなくて、デュエット版だったしね。

最初はMarikaおばちゃん一人で歌うのかと思ってたら、途中からOli登場で笑ったwwwMarikaおばちゃんと若者Oliのデュエットかいなwww

しかし、おばちゃん相手なのにOliなぜかノリノリ!!!魅力満開!!!EngelなんとかってとこでOli思いっきり裏声!凄いな、この裏声!

そして、メモを読み返すと「Oliいい人!いい人!」って書いてあるwww随分年上のおばちゃん相手に、紳士的かつノリノリにラブソングの相手を努めて、曲が終わっても軽くほっぺにキスとか、いい人すぎる!!

MC
ここで、司会のMarikaおばちゃん「さて、そろそろこのコンサートの演目もおしまいねー。」なんて言い出す。もちろん、客席からのツッコミも折り込み済みw.「え?なんか足りないって?何が足りないっていうのよ?」と聞くと、客席から口々に「エリザベーーート!」の声が。もちろん私もシャウト。そしたら、客席後方から野太い声で「えええりざべええええとおおおお!!」ってさっきの「木曜日」のおっちゃんがwww。客席大爆笑ww

で、おばちゃんはもちろん「そうねー、みんながそんなに言うなら、エリザベートも歌っちゃおうかしら」みたいな感じで作品紹介。Marikaおばちゃんはルドヴィカ/マダム・ヴォルフの初演キャストで、662回も出演した。初日の批評はボロクソで、みんなで半泣きだったんだとか。こういう初演エピソードっておもしろいよねー。

◎Elisabeth
8. Prologue (Ensemble)

ソロの歌だけかと思ったら、いきなりプロローグからとか!!!!ヒャーーーーヒューーーーーヒョーーーーー♪って聞こえてきたら、もう鳥肌が!!!!アカン、やっぱりこの作品は特別!好き過ぎて自分がやばい。。。

それも、こんなちっちゃな舞台で、学校卒業した手のアンサンブルがやってるのに、再現度高すぎ!!!もう、舞台でわざわざ見なくてもいいくらいのリアルさ!!!

衣装もオリジナルで、女性キャストは黒いドレスに頭もボサボサな黒い布で覆って、手には傘と黒い扇子。振り付けも舞台とは違うけどかなりいい!!!歌の迫力もすばらしい!!!ほんとうに、再現度高すぎてビビるわ。。

それぞれの皆さんの証言(ルドルフとかFJとか)もちゃんとソロが入ってるし。ショートバージョンなのに、大満足!!

最後のエリザベート合戦も、ちゃんとアンサンブルからトートとルキーニが出てきてやってるんだけど、これがまたすばらしいーーー!!ほんと、再々演エリザ、これ以上にちゃんとやってくれるのか?(キャストがアレだけに。。)

9. Der letzte Tanz (Jan Ammann)

これはJan持ち歌じゃなかったのかな?今までに比べたら多少微妙w.Uwe風というか、特に自分らしい歌いこみはなかった気が。唯一の特徴は、レーーーーツテン・タンツのレーーーーの時にいつも手をヒュッテ横に出すのがちょっと笑えたw.

ラストはmit dir-------ってやつ。まあ、私の最後のダンス歴にもう一人加わったって感じか。

10. Nur kein Genieren (Marika Lichter)

うおーーーー!!!!これは地味に今日のハイライト!!!!!!!Marikaおばちゃんのマダム・ヴォルフ!!!オリジナルだよーーーーー!!嬉しすぎるーー!!あの何百回と聞いたオリジナルキャストCDのあのの声だよーー!!

ウィーンに来てから、オリキャスがもち歌うを歌うのを全員聞きたい!と思ってたけど、まさか最後はMarikaおばちゃんで完結するとは。。。しかし、いろんな細かいところも全部もうあのままで、至福の時だったよ。。

11. Ich gehoer nur mir (Maya Hakvoort)

はぁぁぁぁ。。。。(幸せのため息)

もうMayaさん何度聞いてもいいよーーー!!それも、前回聞いたのはMayaさんコンで子供たち合唱団を背景に歌って何故か号泣したんだけど、今回はまともにソロだからね!それも、他の曲もあってのことだから、かなり役に入って、コンサートバージョンというより舞台バージョンに近い形だったと思う。ああ。。。。これがしょっちゅう聞ける境遇に居るなんて幸せだ。。。

12. Wenn ich tanzen will (Maya Hakvoort & Jan Ammann)

これはまたレア!!!パワーのぶつかり合い!!!迫力!!!!もう、凄い、この二人二人とも全く譲らないし!!!JanはMayaさんみたいな強い女には余計押しが強くなるタイプらしく、もう火花バチバチすぎ!!!なんとなく、私が今までMayaさんの相手役で見てきたトートはみんなもうちょっと優し目というか、Mayaさんに対して少し遠慮があったっぽいけど、Janは容赦無い!!いやあ、いいもの見せてもらいました!!

13. Die Schatten werden laenger (Jan Ammann & Oliver Arno)

なんとまあ、豪華な選曲!私だけにがトリかとおもいきや、そこからまだ二曲も!!!それもOliのルドルフ見たかったから超うれしいーー!!!

ルドは美形でヤラレっぱなしのLukasや、チビちゃんだけど抵抗系のSerbiや、そのどちらでもない(爆)キノコやら、色々見たけど、日本で見たOliルドは、私の中では唯一、美形抵抗ルドで理想だったの!そのOliルドがまた見れる!それも、超押しの強いJanが相手とは、これはまた面白い!!

もう、超対決ムードでおしくらまんじゅう押されて泣くな!状態wwwJanもものすごい押してるし、Oliはストーリー上押されながらも、必死で抵抗してるし!けど、そこでJanはさらに圧力かけてくるし!もう、抵抗しても抵抗してもその上から押してくるって感じで、なんとも贅沢な闇広。こりゃJanすごいわ。。。そしてOliもすごいわ。。

もう、バチバチなる火花に目が話せなくて、至福の時に浸ってるうちに曲が終わってしまい、最後はもうOliやられかけ(涙)。なのに、曲が終わって礼しながら両側にはけていく時に、JanはOliの方に手を差し伸べてるのに、Oliは笑顔で、「今は演技でちょっと負けてやったけど、覚えてろ!」って喧嘩売るみたいに人差し指でさしながら威嚇してるの!!!きゃーーかわいいーーーー!!それを見て苦笑するJan。。。

いやあ、なんだか、男の戦いと友情を見た感じで、かなり新鮮な闇広でした。Janトート悪くないかもしれないなあ。。(っていうか、Markが何かで途中降板したら、Jan出てもらってもいいかもね。。いきなりJanがウィーンに休暇とってきたりしたのも、遊びじゃなくて何かの営業かもしれないしね。。)

14. Die Schatten werden laenger (Ensemble)

そして、再び全キャストが舞台上に出てきて、Marikaおばちゃんが、また来年もやるから来てね!と最後のあいさつ。いやあ、素晴らしいコンサートだったーー!と思ってたら、更に最後もう一度闇が広がるがかかって、アンサンブルも含めて全員で大合唱。

おまけに、4歳くらい?の男の子が花束を持って舞台に登場。Mayaさんに抱きかかえられ、そのままMayaさんは歌い続けます。おー!これはもしかして息子が!と思ってたら、Marikaおばちゃんの手招きで上の息子(10歳くらい?)が舞台上に走って出てきた。Mayaさんは息子たちに囲まれて超楽しそうに歌ってる。ああーーー!!!いいなあーーーー!!!

DSC01789.jpg
カテコの様子

IMG_8035.jpg
終わってからJanとMayaさんが取り囲まれてサインしてました。


●まとめ

というわけで、あまりに素晴らしいコンサートだったのでレポも長文になってしまいましたが、ほんとに最初から最後までめちゃくちゃ楽しいコンサートでした。

出演者も絶妙だったし、何より選曲がすばらしすぎる!!!ウィーンミュー三昧で、特に久々に聞くおなじみの曲が多かったから更に大感動。ああーー!!エリザ再々演だけじゃなくて、レベッカもRJもモーツァルトもまたウィーンでやってほしいよーーー!!!

Mayaさん以外はあまりソロを聞く機会のないキャストに、迫力のアンサンブル。聞きにこれてよかったよー!

これから毎年夏はこのコンサートやるつもりらしいので、応援したいと思います。来年も素敵なゲストと懐かしの選曲で、ミューファンを感動させてれるのを楽しみに待ってるよ!!


エリザベートウィーン版2枚組CD



モーツァルトウィーン版


ウィーン版レベッカ全曲ライブ2枚組



オーストリア人気ブログランキングへ
ヨーロッパFC2ブログランキングへ
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1251-87e845ab