2012-06-21 01:26 | カテゴリ:公演情報
なんか、なんでエリザベートじゃないの?って感じなんですが、とりあえずウィーン劇場協会のニュースレターで発表があったので、速報でお伝えします。

「オペラ座の怪人」の1988年のドイツ語初演から24周年。記念ガラコンサートが11-12月にRonacher劇場で上演されます。(24年って微妙ですが、一応25周年という名目のようです)

27カ国で上演され、1.3億人の観客を動員したこの作品。ロンドンのロイヤルアルバートホールでの2011年の記念コンサートが記憶に新しい人もいることでしょう。

ウィーンでの初演は1988年12月20日アン・デア・ウィーン劇場にて。キャストはあの伝説のAlexander Goebel氏のファントムでした。

オーケストラは45人で音楽監督はKoen Schoots。演出はザルツブルク州立劇場監督のAndreas Gergenとなっています。

ドイツ語で10公演が予定されています。日程は以下の通り。

2012年11/29,30, 12/1,2,3,4,6,7,8,9,12

詳しくはこちら。
http://www.musicalvienna.at/index.php/de/spielplan/production/110826

キャストはまだ発表されていません。続報が入り次第お伝えしますね!

(ひとりごと)
ほんと、何でエリザベートの歴代全キャストコンサートとかやらないで、オペラ座の怪人とかやってるのー!意味が分からないんですけどー!

こんな唐突にガラコンするなんて、本当に意味不明だー!もしかしてウィーンでオペラ座の怪人再演するの?それか、Love Never Diesを上演するつもりなの?いや、Love Never Dies上演は別にいいけど、エリザと重ねないでねー。二つとも暗い作品っていうのはなんかやだなー。

それも、Goebel様が出演するんだったら、この妙なタイミングでも見てみたいなあ。

ああ、なんだか色々かんぐってしまうわけですが。。


ウィーン版オペラ座の怪人。Goebelさまのファントムはセクシーで聴き応えあり!



ドイツ語吹き替え「オペラ座の怪人」映画。あのUweがオペラ座の怪人を歌っています!



ドイツ語吹き替え「オペラ座の怪人」サウンドトラック


オーストリア人気ブログランキングへ
ヨーロッパFC2ブログランキングへ
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1190-d666cee9