FC2ブログ
2012-06-15 06:09 | カテゴリ:ミュージカルCD紹介
3月にLuft und Liebe(空気と愛)というオリジナルアルバムを発売した、Marjan ShakiとLukas Perman。プロモーション用のインタビュー映像の書き起こし第二弾です。


Marjan & Lukas - Luft und Liebe


auf Einsのインタビュー



・CDは愛について、愛の様々なフェーズ(付き合い始め、遠距離など)にテーマを当ててみた。

・音楽的には、色々な種類。ポップシュラーガー、古典的シュラーガーなどがメイン。

・好きなジャンルは?

M:10年ミュージカルをやってきた。プライベートではポップをよく聞く。ミュージカルとシュラーガーは似ていると思う。

・今回のCDの発売の思惑は?

L:特にいつもと違うことをやろうとしているわけではない。自然のままに生まれたCDだよ。僕らはもう30歳だ。色々とやって試してみたいんだ。
M:Lukasはレーダーホーゼンがよく似合うのよ。

・ドリームカップルと言われることについては?

L:ずっと一緒に仕事してきて、仕事もプライベートもよく知っている。
M:私たちは普通のカップル。色々問題もあったし、クライシスもあった。人生は色々辛いこともあるが、いいこともいっぱいあるとみんなに言いたい。
L:オーストリアではミュージカルスターもよくメディアに登場するが、そうするとよくドリームカップルと言われる事が多い。もうメディア露出もドリームカップルもたくさんだと思ったこともあったが、今はもう慣れて、うまく行っていると思う。

・ライブで歌うことと、テレビ等の出演については?

M:ライブで歌うことに慣れてしまっているので、テレビだと不思議に思うことがある。舞台だと表情を大きく作るが、テレビだとかなり違う。舞台やライブで直接リアクションを受けることが好き。
L:舞台にまた立ちたいな、と思う。スタジオやメディアの仕事もあるが、舞台でのお客さんとの交流、自分で歌を解釈して歌うのがとても好きだ。

・舞台のキャリアとそれ以外のキャリア

L:10年間いつも同じ役を演じていると、自分を見失うかけることもある。役で歌うために歌うのではなく、自分のために歌うのは難しくなることも。だから、舞台から一旦遠ざかって、自分たちのやりたいようにやってみようと思った。

・舞台上でも、プライベートでも恋人であることについて

L:オフの時、プライベートでも恋人であることが多少面倒なこともあるのは確か。
M:キッチュな言い方かもしれないが、愛があれば、困難なこともあるが、結局はうまく行くと思う。時々お互いから離れることも必要だと思う。同じ事に関して、二人が違う感覚を持つこともある。
L:それは二人が男と女だからかな。


(ひとりごと)
たしかにオーストリアは、ミュージカルスターのメディア露出が結構ありますねー。テレビや新聞でもしょっちゅう見かけますし。
日本ではあまりないですが、ドイツでも少ないのかもしれませんねー。
あと、二人が喧嘩したり、もめたり、やっぱりあるんですねー。(笑)

もう一つ続きますー。


Marjan & Lukas - Luft und Liebe



ウィーン版ロミオ&ジュリエット2枚組


オーストリア人気ブログランキングへ
ヨーロッパFC2ブログランキングへ
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1174-6b292028