FC2ブログ
2012-05-22 05:02 | カテゴリ:コンサート
久々の日曜定期公演。この日はコンサートの前に知り合いとお茶の予定だったので、10時にインペリアルホテルのカフェで待ち合わせ。初めてインペリアルトルテを食べたのに、おしゃべりに花が咲きすぎて味を覚えていない。。w

IMG_2230.jpg

インペリアルホテル。前日のLife Ballのポスターがまだかかっている。

IMG_2233.jpg
インペリアルトルテ


Wiener Philharmoniker
指揮 Daniel Barenboim
フルート Dieter Flury

Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)
 Symphonie Es-Dur, KV 543
Jacques Ibert (1890-1962)
 Konzert für Flöte und Orchester (1934)
Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)
 Symphonie C-Dur, KV 551 “Jupiter-Symphonie”

というわけで、いつもの席に向かいます。実はザルツカンマーグートに旅行に行ってたのですが、バレンボイムでモーツァルトってことで、旅行切り上げて帰ってきたのです。バレンボイム初めてなのよー。それも、モーツァルトやっぱり好きなのよー。

今回はモーツァルトの交響曲2つに、間に挟まってイベールのフルート協奏曲。イベールのやつは知らなかったけど、フルート弾くのでそれなりに嬉しい。モーツァルトはどちらも家で聴き込んでるので、有名な指揮者で聞くと細かい違いが分かって聴き応えがある。

モーツァルト交響曲39番は、すべらかで絹のような耳障り。最近色々疲れてて(爆)、コンサートでも曲に集中して聞けないことがあるんだけど、他の事を考えようとしても曲に引き戻される感じで、演奏のおかげで曲に集中させてもらったと感じるくらい、存在感のある演奏でした。2楽章が特にきらびやかで、客席で私はノリノリで外からは分からないくらい微妙に、体や手を動かして音楽を体で感じてました。(笑)

イベールのフルート協奏曲は、フルートやってる私からしたらもうありえないくらいの超絶っぷり。どんな指してたらこんなの弾けるのー!って感じで。こんな演奏聴かされたら、自分で弾く気なくなっちゃうわ。。(汗)

休憩挟んでモーツァルトのジュピター。あーーー!やっぱりよく知ってる曲はなんだか嬉しいー!それも、もうひたすらきらびやか。

ここのホールってキッチュなくらい金ぴかで、音楽聴くのにこんな金ぴかなホールいるのか?って思ってたんですが、いるいる!!!目を閉じて曲を聴いていて、目を開けたときにこの金色の光の洪水があるとないのとじゃ、気持ちの豪華さが違うのよー!耳からのキラキラと目からのキラキラが同じだからこそ、目を閉じても開けても楽しめる!このホールはだから好きなの♪

IMG_2260.jpg
Musikvereinのオルガン

第4楽章は、ひたすら「たったたー、たらりらたらりららん♪」で、帰りしもずっと「たったたー、たらりらたらりら♪」って歌ってた(笑)。

IMG_2238.jpg
バレンボイム氏

オーストリア人気ブログランキングへ
ヨーロッパFC2ブログランキングへ
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1146-d97da4fa