FC2ブログ
2012-03-12 23:05 | カテゴリ:ミュージカル・ミーツ・オペラ
Musical Meets Opera 3というタイトルのもと、Ich war noch niemals in NY (ニューヨークに行きたい!!)の主要キャストに4人のオペラ歌手を交え、ジャンルの垣根を越えて、ミュージカルとオペラの楽しさを追求した企画コンサート。

今までTdVメンバーと2回やってたんですが、タイミングが合わなかったのと、なんとなく興味をそそられず、パスしてたんですが、今回はNYメンバーということで、色々期待値も高く、見に行ってまいりました。

観想を一言で言うと。。。超楽しかった!!!最高!!!!前の2回のも行けばよかったーーー!!!

431493_333474243355569_120815897954739_847114_2128361055_n.jpg


ミュージカルのガラコンはあまり好みじゃないんですが、今回はトークも多いし、ジャンルをまたいでる分、色々と違いとか勉強になって面白い!!

NY組はNYの曲がほとんどだったんですが(一応プロモーションも兼ねてるし)、オペラ組がオペラ正当派な曲や、ミュージカルのオペラ風アレンジなど、色々バリエーション豊かに歌ってくれて、楽しかったー。NY組は、NYの歌以外あまり歌ってくれなかったけど、NY組のほうがトークは面白かったかも。

4人のオペラ歌手がこれまたいい感じに若くて面白くて、ツンとしてなくて素敵な顔ぶれ!!!オペラ歌手ってなかなか名前と顔が一致しないんですが(ミュージカルならすぐ覚えるのに!(笑))、こうやって若手を一人ずつじっくり見せてくれると、これから応援したくなるよね♪

それに何より、チケットが安い!!これだけ思う存分楽しめて、チケットは全席15ユーロ!(立ち見は5ユーロ)それも、ミュージカルクラブ会員は10ユーロ!私はチケット買ったの遅かったので、平土間Parketteの最後の一枚だったんですが、それでもParketteで10ユーロとかおいしすぎる!補助金が付いてるんだろうねえ、万歳!!

客席には、レオナルド・バーンスタインの甥のマイケルさんもいて、曲目もTonight(WSS)とGlitter and be gay(キャンディード)のバーンスタインが入ってました。後でSeitenblicke(テレビ番組)でインタビューされてたんですが、この人ドイツ語ネイティブなんだねー。

あと、フォアイエで二回もKrannerさん(Gernord Kranner、TdVの教授、Volksoperにもよく出てます。この日の夜は出演者のJoerg Schneiderと一緒にVolksoperのこうもりに出演!なんとDr Blind(ダメ弁護士)役!見たかったーー!(笑))スキンヘッドに大きな帽子で目立ちまくりwwすごいフレンドリーでいい人なんだよねーー。

あと、テレビカメラもいっぱい入ってたし、写真&ビデオ撮影もいっぱい入ってました。わくわく!

●出演者とプログラム

あー。プログラムにも曲目載ってないし、どこのサイトでも発表されてないので、自分のメモから書き起こし。。

出演者
ミュージカル
Ann Mandrella
Andreas Lichtenberger
Inge Maux(NY マリア役)
Helmut Wallner(NY オットー役)
Andreas Bieber
Gianni Meurer
Georg Prohazka(NY スチュワード役。今日のスターww)

オペラ
Daniela Fally(Staatsoper)
Lisa Koroleva(Volksoper)
Joerg Schneider(Volksoper、テノール)
Clemens Unterreiner(Staatsoper、バリトン)

司会:Thomas Daenemark(Staatsoper友の会事務局長)
ピアノ、音楽監督:Walter Lochmann

曲目
1. Ich war noch niemals in NY (Ich war noch niemals in NY) Inge Maux, Helmut Wallner
2. 誰も寝てはならぬ(トゥーランドット)Joerg Schneider
3. Immer wieder geht die Sonne auf (NY), Andreas Lichtenberger, Ann Mandrella
4. Immer wieder geht die Sonne auf (NY) Opera Version (Wolter Lochmann編曲), Lisa Koroleva, Clemens Unterreiner
5. I could have danced all night (My Fair Lady), By Strauss (Show is on, Gershwin) Daniela Fally
6. Zwischen Fater und Sohn (NY), Andreas Lichtenberger, Helmut Wallner
7. 父と息子の確執の歌←タイトル不明(椿姫)Clemens Unterreiner, Joerg Schneider
8. Ehrenwertest Haus (NY), Andreas Bieber, Gianni Meurer
9. ミュージカルかオペラかどちらがいいかで競う歌(タイトル、出典不明), Daniela Fally, Georg Prohazka
10. Bess, You Is My Woman (Porgy and Bess), Andreas Lichtenberger, Lisa Koroleva
11. Tonight (WSS), Lisa Koroleva, Joerg Schneider, Clemens Unterreiner, Ann Mandrella
12. Glitter and be gay (Candide), Daniela Fally
13. ミュージカル&オペラメドレー Merci Cheri (NY), ドンジョヴァンニの乾杯の歌(Clemens Unterreiner)、Aber bitte mit Sahne (NY), こうもりのシャンパンの歌(Daniela)、Merci Cheri再び、Adio Adioの歌(出典不明、Lisa&Joerg)、全員
14. Schoene Gruesse aus der Hoelle (NY) アンサンブル
15. NY フィナーレ

はあ、メモの書き起こしが面倒だったよお。。

(続きます)


Ich war noch niemals in NY ニューヨークに行きたい!!ウィーン版


↓当ブログ応援クリックお願いします♪
オーストリア人気ブログランキングへ
ヨーロッパ/演劇FC2ブログランキングへ
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1107-7ed7af6b