FC2ブログ
2012-03-10 23:53 | カテゴリ:その他ウィーンミュージカルレポ
プレビューで大興奮して、ずーーっと行きたかったSister Act!!個人的にはリピ決定作品で、落ち込んだ時やストレスたまった時に見て、ぱーーーっと元気になるのにピッタリ!!!

Ich war noch niemals in NY(ニューヨークに行きたい!!)もパーっと元気になるのにいいけど、あっちは笑いや明るいノリで楽しくなるのに対して、Sister Actは歌声やコーラスの迫力で盛り上げてくれるので、気分次第かな。なんとなく、圧倒的に興奮させてほしい時はこっちの方が、ワッハッハと笑いたい時にはNYがいいかも。

しかし、途中でシスターのコーラス見ながらすごい思った。これって、ウィーンのAKBじゃない?wwこんだけ歌って踊ってノリノリって!それも立ったまま体を揺らして手を動かすダンスが、なんかAKBっぽい(プロのダンサーじゃなくてもできる振り付けw)。女性だけのグループで、衣装もみんな同じで、キラキラwwwもちろん歌のレベルが段違いですが。。あと平均年齢も(笑)マグダラのマリアの同世代がいるくらいですからww。こっちは人数16人だけど、迫力は負けてないww

●チケット編

とりあえず、当日行くことに決めてチケット残席見たら余裕だったので、チケット取らずに劇場にふらっと出かけてみる。劇場でラストミニッツか立ち見か状況見てみようと思って。で、劇場についてみて、軽く立ち見ゲット♪

開演20分くらい前に着いたので、右の立ち見は無人。普通に一番いい場所を陣取ってのんびり。開演直前に係の人が来て、始まって30分したら座っていいです、との事。確かに平土間も結構空きがあるし、上の階は三分の二くらいしか埋まってないから、立ち見→座る作戦には完璧♪

しかし、当日思い立ってふらっと劇場に行って、5ユーロで立ち見買って、30分だけ立って座るって、なんて贅沢な。。

●キャスト編

デロイス、修道院長、エディがセカンド。しかし全く遜色なし!

・特にデロイスは歌も難しいし、ファーストじゃなきゃダメかと思ってたけど、このセカンドの人がファーストといわれても信じるよ!!性格も雑っぽくていい感じ。ファーストの人のほうが私について来いーー!オーラがあったけど、セカンドのデロイスはもっと自分が楽しいから歌ってるんだ!って感じだった。

・修道院長。セカンドのはずなのにこのうまさは何?顔もどこかで見たことがある気がするけど、名前を聞くのは初めてなんだけどなあ。ファーストキャストの人も有名でよかったけど、この人も顔が優しそうなだけあって、苦悩が伝わってきたわ。特に神様に「サインをください」って言って、デロイスを追い出すことになって喜ぶところとか、実はサインは別のところにあったところとか、サインに振り回されてる様子がいい人。。

・エディ。ファーストのタイの人があまりに好きだったので、セカンドで残念だったんですが(名前からしてギリシャ人)、またこの人もめちゃうまい!!!エディのソロって、ほんと低音から高音までどれも芸達者に歌えないとだめなんですが、もうセカンドとは思えないウマさ!あの、超低音も完璧だし、高音もしっかり出てる!ダメダメっぽさも完璧!

2幕でデロイスがアパートに泊まるところも、デロイスの事好きって言う歌が短いけどまじめで素敵!顔も、どうがんばってもハンサムじゃないところがいいww目がすごい小さくて、普通でも目を閉じてるみたいに見えるw

・Drewカーチスwwwwww前回あまり注目してなかったんですが、今回なんだか見まくっちゃったwwAndyソロコンでDrewの性格を垣間見たからか、2月までベルリンでクロロックやってたから、また戻ってきてくれてちょっと貴重さが増したのか。

ああ。Drewカーチス笑えるwww見れてよかったwwww実はDrewってほんとだりーっとした性格というか、舞台の下では相当やる気ない時はやる気ない人なんですが、この悪役はなんだかものすごい役に入り込んでるwww俺なんでこんな脇役wwwみたいなサボりが全く見られない悪役っぷりww

そうそう、AndyコンでDrewの身長の高さを実感したんだけど、やっぱり舞台ではそれほど高く見えないわー。最初の3人のチンピラと一緒にいるところでは、お!さすが親玉は背が高い!って思ったけど、それはチンピラがやたら小さかったからで。。

もう、最初の人殺しのシーンからして、ずっとオペラグラスで見てたけど、Drew楽しんでやってるよねwwそしてDrewソロ。歌としてはDrewのレベルよりはるかに下な曲なんですが、この演技の細かさwwもう、一フレーズずつ表情も声も違うの!!!相当歌いこんでますね、これは。

それに、この歌、3人の部下のダンスと合わせてみてみてもまた面白い面白い。最後の方のDrewの振り付けやら優しいせりふして実は怖いこと言ってる歌詞やら、それにあわせた演技やら見てたら、もう、Drewの面白さ満開ww

2幕でも、タレこみ屋をいじめるところとかもう悪人が堂に入りすぎー。登場シーンからして、椅子に座ったまま自分で歩いてるしww

そして、本当に短いソロが一フレーズあるんですが、ここがあまりにすばらしかったーーーー!!!!吹っ飛ぶかと思うほどのDrewキャノン!!3分くらいストーリー追えないくらいDrewの声に圧倒されてました。

殴りこみのシーン、シスター全員VSカーチスの迫力迫力!ほんとに撃つのかと思ったよ。

で、最後のローマ法王の前のコンサートで、キラキラ囚人服で登場するんですが、こんなにどうでもいいお笑いシーンでも、真剣に鉄の玉を振り回して舞台横切ってました。最後の最後まで役に入ってる!!!カテコは修道院長とお尻ぶつけて遊んでるしwww

あーーーDrew楽しかったーーー。クロロックの時の30倍は楽しんでるわwwルドルフの100倍www

・3人のチンピラ

あーーーーー!!!!この3人大好きだーーー!!前と全く同じキャストでよかったーーー!微妙にこの三人はこの三人の息の会い方があまりに微妙で、他の人だと違和感あるかもー。

前回は、この3人のすごさはLady in Black(だっけ?)の歌まで知らなかったので、ただの脇役だと思っててちゃんと見てなかったのー。今回はもうやつらのすごさwを知ってるので、最初から相当注目。(とはいってもDrewばっかりオペラグラスで見てたけどw)Drewソロのバックダンサーしてるときも、3人が3人とも細かくて笑える!!!ちゃんとコーラスしてるし!TJがカーチスの甥と言う役どころで、超チンピラなのに偉そうなのがまたいい感じにむかつくww

しかし、3人の口説きの歌、もう最高だよ!!!客席的には、やっぱり「え?チンピラの歌?」って感じで盛り上がらないのに、もう最後は3人の芸達者ぶりに大歓声!!!

最初のデブさんのかっこつけももう超笑えるし、TJの超へたくそムーンウォークが爆笑だし(それも、修道院に殴りこみかけた時に、シスターたちにまた披露してるww)、3人目のあまりしゃべらない人の高音っぷりがすごすぎ。ほんと三人ともバカっぽいのに、歌めちゃくちゃ上手いし。

で、修道院の殴りこみのところも、3人がやられる様がまた面白いwwTJが修道女に取り囲まれて、セクシーダンスで口説こうとして、へたくそムーンウォーク(本人がへたくそって気がついてないところが笑えるww)して、結局やられるしww。

あと、3人目がシスター・マリア・ニルヴァーナ(ちょっと頭おかしい人)と普通に外国語で会話してるのが面白すぎるwwなんとなく雰囲気や見た目からしてギリシャ語?って気がするんですが、ギリシャってカトリックじゃないよね。。カトリックの国で私が理解できない言語の国って、ポルトガル語(ブラジルか?)とポーランドくらいしかないんですが。スラブ系にもラテン系にも聞こえなかったんだがなあ。そうそう、で、普通に同郷人ぽい感じで会話して、「あ、それ、見せて見せて!」って感じで軽く銃を渡してしまうところとか、もう爆笑ww

・シェーンボルン神父

ウィーン枢機卿シェーンボルンの弟が役者やってる、神父役。コネやら何やら言われてますが、結構役にはまってて、私は結構好きだわ。

とくに、純粋な修道院長と比べると、結構金に染まってるよなww。それに、金が転がり込んでくるとどんどん衣装が派手になって、スター気取りなのも世俗的ww

ただ、ヒョロっと背が高くてスキンヘッドはDrewとかぶるので、修道院襲撃のシーンでは、どっちがどっちだか分からなくて混乱したww

(後半パロディ編、気がついたこと編に続きます)


ウィーン版Sister Act



ハンブルク版Sister Act


↓当ブログ応援クリックお願いします♪
オーストリア人気ブログランキングへ
ヨーロッパ/演劇FC2ブログランキングへ
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1105-abd3e89e