FC2ブログ
2012-01-14 23:32 | カテゴリ:公演情報
JCS_CopyrightVBW_I+Schatz.jpg
毎年恒例でイースターの時期にVBW(ウィーン劇場協会)が上演するジーザス・クライスト・スーパースター(JCS)の2012年のキャスト情報です。

去年に引き続き、ジーザスはDrew Sarichとなりました。

他の発表されているキャストは、ユダがMischa Mang(2011年と同じ)、マグダラのマリアがAna Milva Gomes(Sister Aktの主役。去年はCaroline Vasicekでした)となっています。また、オフィシャルサイトでは発表されていませんが、Rob Folwer(エリザベートのトートのAlternierend)がシモン、Andreas Lichtenberger(Ich war noch niemals in NYのアクセル)がヘロデという話です。

Dennis Kozelohが演出(おそらく例年通りカヤパ役でしょう)、音楽監督がKoen Schootsと発表されています。

日程は、2012年3月31日、4月1日、2日、3日、5日、6日、7日、8日で、会場はRonacher劇場です。

去年のDrew版、私も見ましたが、なんともすばらしいジーザスだったのを鮮烈に覚えています。ゲッセマネをあのような解釈で歌うとは、目からうろこでした。今まで無力感、怒り、諦めなどの表現がすばらしい、何人ものゲッセマネを見て来ましたが、Drewジーザスは神に食ってかかって批判する、という新解釈で、私の中ではジーザスナンバーワンになってしまいました。

オフィシャルサイト
http://www.musicalvienna.at/index.php/de/aktuelles?page=2

過去の公演のライブCDが発売されています。

2011年ウィーン版

ジーザス Drew Sarich,ユダ Mischa Mang, マグダラのマリア Caroline Vasicek, シモン Rob Folwer, ヘロデ James Sbano, カヤパ Dennis Kozeluh, ピラト Alexander Di Capri


2006年ウィーン版

ジーザス Drew Sarich,ユダ Serkan Kaya, マグダラのマリア Wietske van Tongeren, シモン Rob Folwer, カヤパ Dennis Kozeluh, ピラト Andre Bauer
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1046-781f5152