FC2ブログ
「ニューヨークに行きたい!!」ってなんじゃそりゃ。と思ったら、Ich war noch niemals in NYを日本でやるそうな。それも東宝で。えっと。。。恐ろしく微妙な気分なんですけど。。

ものすごく大好きなミュージカルなんですが、この作品はドイツ語圏を出てしまっていいのだろうか。。

元々、ドイツ語圏では知らない人はいないというUdo Juergensの懐メロのジュークボックスミュージカル。元歌を知らないとそれほど楽しめるのだろうか。。確かに、古く懐かしいメロディーをミュージカル調にアレンジしたできばえは見事だし、ダンスシーンや派手なシーンが多くて底抜けに楽しいけど、けど。。。。

なんとなく、アバを知らない人がマンマミーアに行って楽しいかなあ、というと、アバを知ってた方が10倍楽しめるのと似たような感じ?アバファンだったら、アバを見たことも聞いた事もない人がマンマミーアファンになったりするとちょっと微妙な感じがするんじゃない?それも、アバだったらそこそこ世界的に有名だし、ミュージカルからアバファンになったりもできると思うけど、Udo Juergensだったら、CDすら日本に入ってないんじゃない?すげーおじいちゃんだし。

それも、ほんと、歌詞がすばらしいのです(クンツェ氏のが結構多い)。この絶妙な歌詞を日本語に訳してどうなるのか。。それも、ウィーンで聞いてると、歌詞を変えて歌ったりするのが、元歌のニュアンスを残してたり変えてたりしてまた面白いのが、多分日本語だとそんな楽しみどころもなくなっちゃってるんだろうなあ。。

とりあえず、底抜けに楽しいミュージカルで、テーマ性もある程度はっきりしてる(日本じゃちょっと社会的に難しいかもしれないけど。。)ので、楽しめないわけじゃないんですが、元歌知らないと楽しさ三分の一くらい。。

なので、個人的には大コケになる気がして、こんな大好きなミュージカルがフロップになるとかすごく悲しいんですけど。。それも、プロデューサーズみたいにフロップでも通い続けてあげることも、遠方だからできないし。。。ああ。。。東宝よ。。そこに手を出さないでくださいませ。。。

っていうか、お願いだから、Udo Juergensの曲を愛してる人に歌ってほしいよ。。「ニューヨークに行きたい!!」って、タイトルからして愛が伝わってこないよ。。これは、「ニューヨークにすら行ったことがない(本当に自由になったことがない)」と言う意味なのだよ!!!ミッドライフクライシスと、人生を振り返って、今からでも遅くない!って歌なんだよ。。ああ。。。ドイツ語圏で一番好きな歌なのに、そんな適当な扱いして欲しくないよ。。。

というわけで、超微妙なのです。ほんと、なんだか、ウィーン側も、ほいほい東宝に何でもかんでも売っちゃうのはどうかと。。。

っていうかさ、よく考えたら、この作品初演はハンブルク、製作はステージエンタテイメント。本部はオランダ。(オランダ公演も予定されています。ちなみにUdo Juergensの歌の一部はオランダ語に訳されて知られています。)ま、がめついステージエンタテイメントだし(爆爆爆)、東宝に売りつけたかったのはわかりますが。。

ま、ウィーンミュージカルじゃないから、正直コケても財政的にはVBWは痛くも痒くもないわけですが、それでもーーー!!!!!Udo Juergensのファンの私としてはものすごく微妙。。。。

ソース:
http://www.toho-ent.co.jp/information/information.php
http://ameblo.jp/lovekanatakabon/entry-10594624440.html
http://yumehana27.blog25.fc2.com/blog-entry-1731.html
関連記事
秘密

トラックバックURL
→http://wienok.blog119.fc2.com/tb.php/1021-b2bdd71c