2016-09-29 16:57 | カテゴリ:ウィーン

●フィアカーの乗り方とルート

 

ウィーンのフィアカー(馬車)の乗り方は、20分コースか40分コースどちらかを選んで御者さんにお任せで観光地を回ってもらう。ルートは御者任三によって違うかもだけど、20分コースは旧市街のみ(アムホーフ、フライウング、ペーター教会、グラーベン辺りかと)、40 分コースはリンク辺りまで。 後述しますが、目的地があってそこまで行って!と言うのもOK。

  

今日は40分コースで、御者さんお任せルート。シュテファン大聖堂→アムホーフ、フライウング→カフェツェントラル→ブルク劇場→市庁舎 →フォルクス庭園→首相官邸→ミヒャエラ門からホーフブルク新宮(美術史美術館)→スペイン乗馬学校→ドロテウム→グラーベン→ペーター教会→シュテファン大聖堂というルート。

 

御者さんは英語やドイツ語で観光地の解説をしてくれるんだけど、まあ私が基本的に日本語で案内してたので、途中からジョークとか豆知識も混ぜてくれるようになった。途中で馬がかみつき合ったりしてたいそうな喧嘩を始めてびっくり。他の御者さんが2人くらい寄って来て慌てて引き離してくれた。

 

 

●馬車から見たウィーンの景色

 

それでは、馬車の席から見たウィーンを一挙にご紹介!

 

DSC00979

御者さんの後ろ姿を眺めながらパカパカ。

 

DSC00997

ホーフブルク入り口のところのミヒャエル教会の尖塔。

 

DSC01005

ホーフブルクの中庭で、別のフィアカーとすれ違って。馬が目の高さ!

 

DSC01007

ホーフブルクの中庭で、振り返ってスイス宮の案内をしてくれる御者さん

 

DSC01013

お馴染みホーフブルク新宮でUターン

 

DSC01018

シシィ博物館辺りを背景に。

 

DSC01025

スペイン乗馬学校が左手に、シシィ博物館が右手にあるホーフブルクの通路から、ミヒャエル広場に出て来る所のこの門。いつもきれいだと思うけど、馬車が写りこんでるとになるとまたさらにウィーンっぽいなー!

 

DSC01036

裏道通ってグラーベン周辺のペーター教会前。この教会はなぜか馬車がとてもよく似合う(前に馬車乗り場あるしね)

 

DSC01038

シュテファン大聖堂の横の馬車乗り場に戻ってきた

 

40分が飛ぶように過ぎました!!

 

(フィアカーのお話ちょっと長くなりそうなので、次の記事に分けます)

 

 


エリザベート ウィーン版2012年新キャストCD


エリザベートウィーン版2枚組CD


エリザベートウィーン版DVD

 

応援クリック ありがとうございます!

 

2016-09-27 16:43 | カテゴリ:ウィーン

<フィアカーに同乗させていただく>

 

ランチ後、14時のフィアカー(ウィーンの観光馬車)の予約のためシュテファン広場に戻る。元々私は帰宅予定が、夫が子供たちを見てくれるというので、私も残ってフィアカーにご一緒させてもらい、ウィーンを馬車からご案内。久々で気持ちいい!40分が飛ぶように過ぎました。高いけどフィアカー雰囲気あっていいよね!

 

DSC00966

まさにこのフィアカーに乗りました。

 

車椅子フィアカーと普通のフィアカーの違い、ぱっと見てわかりますか?私は普通のフィアカーと同じすぎて、全然見た目の凄さがわかりませんでしたw

 

まず、事前に予約されていた車いす用のフィアカー(馬車)が結構すごくてびっくり。乗り口の床の辺りから、3つに重ねたスロープ2本出してきて、いとも簡単に車椅子を押して乗れてしまう優れもの。見た目は普通のフィアカーと変わらない。車椅子+二人は少し狭いけど乗れてしまう。

 

●車いす用フィアカーの使い方

 

それではフィアカーのスロープの引き出し方をお見せしましょう!

 

DSC01050-crop

まず一本目のスロープを出します。3つに重なったコの字型のスロープが、馬車の下に収納されているのを引き出すだけ。

 

  DSC01051-crop

二本目のスロープの引き出し準備。まず、馬車の下から、馬車の足の高さに持ち上げて引っかけます。

 

DSC01052-crop

二本目も引っ張って延ばします。

 

DSC01053-crop

これで延ばし終わり。

 

DSC01056-crop

別角度で見たらこんな感じ。ものの2分ほどで準備完了。

 

後は、御者さん自ら車椅子を押して乗り降りをしてくれます。

 

ちなみに、車いすフィアカーの予約方法は、だださんの方が詳しいですが、フィアカーの会社にメールで問い合わせるとのことです(それぞれのフィアカーはどこかのフィアカー会社に所属しています。タクシーみたいな感じで。会社によって車椅子フィアカーを持っているところ灯っていない所があるのかも)

 

(次はいよいよ、ウィーンの街を馬車から観光してみます!)

 


エリザベート ウィーン版2012年新キャストCD


エリザベートウィーン版2枚組CD


エリザベートウィーン版DVD

 

応援クリック ありがとうございます!

 

2016-09-24 16:10 | カテゴリ:シカネーダー Schikaneder

新作「シカネーダー」の予習の仕上げ、シカネーダーの人生略歴まとめです

 

過去のシカネーダー関連記事はシカネーダー カテゴリへどうぞ。

 

<「魔笛」初演>

 

・1791年9月30日アウフ・デア・ヴィーデン劇場にて「魔笛」初演。脚本はシカネーダー作とも、劇団付き脚本家Karl Ludwig Gieseckeとも言われている。その時のキャスト表→Die Zauberfle

 

・兄のUrbanはその後同じ劇団の役者になり「魔笛」にも出演。兄の娘Annaは17歳の時に「魔笛」で三人の男の子の一人を演じた。

 

552px-Zauberflöte-Theaterzettel1791_thumb[1]

 

・魔笛は大成功をおさめたが、初日の数週間後1791年12月5日にモーツァルトが亡くなる。魔笛の公演の利益は貧乏だったコンスタンツェにささげられた。

 

・公演は成功をおさめるが、劇団は赤字に陥る。これも新しいパートナーのおかげで苦境を脱し、新しい劇場を建設することとなる。これが今のアン・デア・ウィーン劇場。昔の皇帝からの、劇場建設許可証を持っていたので、皇帝フランツから許可証を更新してもらった。

 

アン・デア・ウィーン劇場がオープンしたのは、魔笛初演から10年後の1801年。杮落としはシカネーダー脚本のAlexander。

 

<アウフ・デア・ヴィーデン劇場とアン・デア・ウィーン劇場>

 

このアン・デア・ウィーン劇場はミュージカル「エリザベート」の初演劇場として、ウィーンミュージカルファンの聖地となっていますが、今はウィーン第三のオペラ座となり、ミュージカルは上演されていません

 

画像検索結果

エリザベート上演当時のアン・デア・ウィーン劇場。懐かしすぎて涙が出てきそう。。今はファサードが改装されてシンプルになっています。

 

・アン・デア・ウィーン劇場の場所はアウフ・デア・ヴィーデン劇場からすぐ近くで、看板や活字を再利用するため、似た名前となった。アウフ・デア・ヴィーデン劇場今はなく、現在は工業大学(TU)の建物の一つが建っているあたりとなります。

 

・アン・デア・ウィーンのウィーンは、この劇場が面していたウィーン川のこと。このウィーン川は現在ナッシュマルクトの地下に潜り暗渠となっている。アウフ・デア・ヴィーデン劇場のヴィーデンは、この辺りの地域(現在の4区)の名前だが、チェコ語でウィーンと言う意味も持つ。

 

1815年当時のアン・デア・ウィーン劇場の様子。前に流れているのがウィーン川。今は影も形もありません。

 

アウフ・デア・ヴィーデン劇場の外見は今は全く残っていません(見取り図だけ)。ちょっとこの辺の劇場比較は、かなり調べてあるので、また次の機会にしっかりやります!

 

・よく誤解されていますが、アン・デア・ウィーン劇場は魔笛が初演された劇場ではありません。魔笛初演当時の1791年にこの劇場は存在していませんでした。アン・デア・ウィーン劇場から3筋ほど離れたアウフ・デア・ヴィーデン劇場が、魔笛初演の地です。

 

・また、アン・デア・ウィーン劇場は「魔笛」で杮落としされたというのも事実ではありません。この劇場で「魔笛」は上演されていません。ここでシカネーダーによって上演されたのは、「魔笛」の続編の「迷宮」です。シカネーダーはこの「迷宮」でもパパゲーノ役を演じ、この時の姿を像にしたものが、アン・デア・ウィーン劇場の旧入り口の上にあります。

 

theater-an-der-wien-_z-0-7_400_300

 

<シカネーダーとベートーベン>

 

・シカネーダーはベートーベンとも親交があり、そのためアン・デア・ウィーン劇場に住まわせて、自分の書いた脚本を渡し、作曲を依頼した。ベートーベンはこの脚本に曲を書くことを拒否し(一曲だけ書いた)、フィデリオの作曲に力を入れたが、それでも劇場に住み続けた。

 

TadWBeethoven

アン・デア・ウィーン劇場にある、ベートーベンが住んでいたことが書かれた案内版

 

・結局フィデリオは1805年にアン・デア・ウィーン劇場で初日を迎えたが、そのころ既にシカネーダーは戦争と通貨危機のため財産を失っていて、赤字のため劇場を別の人に渡っていた。

 

・シカネーダーは1812年ブダペストので新しい職に就く途中で気が狂い、その年の9月21日、61歳で貧困の中亡くなった。

 

・妻エレオノレは1821年に亡くなった。

 

 

 

と言うわけで、シカネーダーの人生を、取り巻く歴史上の人物と共に見てまいりましたが、いかがだったでしょうか?

 

貧乏に生まれ、皇室御用達役者にまでなり、当時の人気音楽家に次々曲を書かせるプロデューサーとなり、突然転落して最後は気が狂って貧しさの中亡くなるとか、なんてドラマチックな人生なんでしょう。。

 

シカネーダー自身が当時のウィーンを体現しているようで、こうやって略歴を振り返るだけでもイキイキと目に浮かびますね。

 

それでは、新作シカネーダー初日までもうすぐ!楽しみです♪

 

 

 

モーツァルト!ウィーン新演出版 全曲ライブCD<2枚組みCD>

 

モーツァルト!ウィーン新演出版 DVD

 

モーツァルト!ウィーン新演出版 ブルーレイ

 

応援クリック ありがとうございます!

 

2016-09-21 08:07 | カテゴリ:シカネーダー Schikaneder

ウィーンミュージカル新作「シカネーダー」開幕に向けて色々とシカネーダーの史実について調べてみましたが(→シカネーダー カテゴリ)そういえばちゃんとした略歴みたいなのは作っていなかったので、まとめてみました。

 

2437

 

わかりやすくするため、シカネーダーの人生をなぞりながら、妻エレオノレの動きや、同時代のモーツァルトやベートーベン、主な劇団員なども並行して記述しています。

 

2088

シカネーダーの肖像画

 

<シカネーダーの人生 エレオノレとの馴れ初め~魔笛初演まで>

 

・1751年ドイツバイエルン州の貧しい召使いに生まれる。

 

・レーゲンスブルクの教会で歌ったことからSchopf(ドイツ)の劇団に入り、オペラ、笑劇、歌劇などを演じた。

 

・1777年にはミュンヘンでハムレットを演じ人気を博し、Joseph Moserの劇団に同い年のエレオノレと参加し、1777年26歳の時に結婚。翌年にはこの劇団を任される。(このころモーツァルトはパリへ旅行中)

 

・シカネーダーの浮気癖は、アウグスブルクの教会の婚外子の記録によって証明されている。二人の婚外子がいたが、どちらも母親は異なる。

 

・1780年劇団がザルツブルクに滞在していた頃、モーツァルト家と知り合う。モーツァルト家はシカネーダーのショーに良く通い、週末を共に過ごした。(1781年頃が「ちょっぴりオツムに」の歌のタイミング。シカネーダーはドイツから客演に来ていた程度なので、ザルツブルクでは無名で当然。)

 

・モーツァルトがイドメネオ公演のためにミュンヘンに発つ前に、シカネーダーのために曲を書く約束をする。

 

・1784年―85年にかけて、シカネーダーはウィーンに拠点を移し、皇帝に会うなどして人気を確実なものにし、モーツァルトやハイドンのオペラを劇団で演じた。貴族批判の作品を上演し、公演中止に追い込まれたことも。

 

・しかし皇帝ヨーゼフ二世に気に入られ、1785-86年にかけては皇帝御用達役者としてブルク劇場などで演じた。シカネーダーは由緒あるブルク劇場で演じる事に不満があった。今までは主役を演じていたのが、ブルク劇場では歌手止まりだった。

 

・このような人気の絶頂の中、1785年妻エレオノレが彼のもとを去り、Johann Friedelと共に旅劇団を作る。役者だったシカネーダーの兄もこちらに加わった。

 

・シカネーダーは皇帝にウィーン郊外に新しい劇場を建てるよう提案し、許可が下りたが、建設の目途は立っていなかった。その間シカネーダーは旅劇団を再び作り、アウグスブルクやレーゲンスブルクを旅した。

 

・1788年、Johann Friedlとエレオノレはウィーン郊外(現在の4区)のアウフ・デア・ヴィーデン劇場に劇団を落ち着けた。金持ちの息子だったJohann Friedlは、全財産と土地をエレオノレに残し、1798年に亡くなり、劇場は閉鎖される。

 

・これを機会にエレオノレはシカネーダーと和解し、パートナーを組むこととなる。この劇場はJoseph von Bauernfeld(モーツァルトのフリーメイソンの同士)に投資してもらっていた。

 

・この劇場をオペラ座にするため、過去の劇団からBenedikt Schack(後のタミーノ役)とFranz Xaver Gerl(レオポルト・モーツァルトの弟子とされ、後のサラストロ役)を呼び込む。妻の劇団からはJosepha Hofer(後の夜の女王で、コンスタンツェの姉)などを呼び込む。

 

・上記の三人は皆劇団員でありながら、モーツァルトの友人や仲間、親戚でもあり、後の魔笛で主要キャラを演じる重要人物。Benedikt SchankとFranz Xaver Gerlはモーツァルト死の前日のレクイエムの演奏時に付き添ったとされている。

 

それぞれの劇団員のルックスはこちらからどうぞ

「シカネーダー」ルックス検証③魔笛初演キャスト大集合

 

・「後宮からの誘拐」がレパートリー化し、モーツァルトとのコラボ作品も生まれた。この劇場は、フライング、トラップドア、雷、照明、滝や火などの演出が可能だった。

 

(魔笛初演に続きます)

 


モーツァルト!ウィーン新演出版 全曲ライブCD<2枚組みCD>

 

モーツァルト!ウィーン新演出版 DVD

 

モーツァルト!ウィーン新演出版 ブルーレイ

 

応援クリック ありがとうございます!

 

2016-09-18 16:10 | カテゴリ:オーストリアの政治

オーストリアは日本より郵送投票が気軽にできるため、利用者も多いのですが、今回は実際に、日本で1ヶ月長期休暇を過ごしていたオーストリア人の郵送投票を取材してみました。

 

過去のオーストリア選挙戦の記事はこちらからどうぞ

舞台はウィーン! オーストリア大統領選2016 候補者ポスターを見比べてみた

一つ前に書いた、オーストリアの郵送投票に関する記事はこちら→オーストリアの政治

 

 

オーストリアの大統領選がこの度延期されたのも、「郵送投票のノリの粘着力に疑問があるから」と言う理由でしたが、どこをどんなふうに糊で貼るのかも合わせて見ておいてくださいね。

 

当時まさか糊が問題になると思わなかったのですが、まさにこの、5月の郵送投票が大統領選決選投票の勝敗を大きく左右したわけです。更にそのやり直しや延期もこの郵送投票を巡ってのことですので、この郵送投票レポでちょっとはイメージを掴んでいただけるかもしれません。

 

それでは、郵送投票レポ行きます!

 

1.事前にオンライン(マイナンバーのようなものを基準にした公的オンラインシステム)で申請しておいた投票用紙Wahlkarteが、日本の滞在先の住所に届きます。知人の家に居候している場合は、その人の住所にちゃんと届きます。

 

Wahlkarte01-crop

日本の住所に届いたオーストリアの郵送投票用紙。

「2016年5月2日の決選投票のための投票用紙在中」とあります。

 

2.中に説明レターが入っています。

 

Wahlkarte02-crop

この投票用紙を直接投票所に持って行ってもいいし、郵送にしてもかまわない、と書いてあります。どちらの場合も投票当日の17時までに到着必須。

 

3.投票用紙に記入する

 

Wahlkarte03-crop

「決選投票のための投票用紙」とあります。

 

通常投票用紙には候補者の名前が書いてあって、投票したい候補の方にXを付けるのですが、今回はおそらく発送時点で決選投票の二人の候補が書かれた投票用紙の印刷が終わっていなかったため、投票者が記名する方式になっています。

 

4.記名した投票用紙を半分に折って、同封の茶色の封筒に入れ、封をします

 

Wahlkarte05-crop-crop

 

この茶色の封筒ごと投票箱に入れられ、開票されることになります。おそらく、「糊の粘着力に問題がある(からこっそり開封して偽造が可能だ)」とされたのは、この茶色の封筒の事だと思われます。写真でも糊の部分、少し見えますね。

 

5.投票用紙の入った茶色の封筒を、郵送用の封筒に入れ、サインして封をします。

 

Wahlkarte05-crop-crop

 

大きいほうの封筒には「この投票用紙には自分の意思で記入しました」とサインをする欄があります(網掛け部分)。

 

最後にこの封筒に封をしますが、この封の部分が大きめになっていて、投票者の名前とサインが隠されるようになっています。開封者は、投票者の名前を見ることなく投票用紙の入った茶色い袋を取り出すことができるようになっています。

 

6.郵送用封筒の表紙を確認する

 

Wahlkarte07-crop-crop

 

A4弱サイズの郵送用封筒の表面です。この中に、封をされた茶色の封筒に入った投票用紙が入っています。宛先は区の投票所。

 

右上の切手を貼るエリアには、No Stamp Requiredと書かれています。

 

7.郵送する

 

送料無料と書いてあるので、普通の日本のポストに投函してもオーストリアまで届いたとは思いますが、とっても大事な一票だったので(実際ものすごい僅差でしたし。。)、一応送料無料の確認のため、日本の郵便局の窓口で投函してみました。

 

その結果・・無事無料で発送できました!!

 

多分郵便局の局員さんも、オーストリアの郵送投票封筒を見たのは初めてだとは思いますが、それでもちゃんと送れるんですね!なんだかちょっと感動しました。

 

 

というわけで、オーストリアの郵送投票のレポでした!

 

これを見た感じ、簡単でシンプルではありますが、二重に封筒に入れたり、サインや記名者の名前はちゃんと隠されていたり、一通り個人情報は守られ、投票所に向かう手間とほとんど変わらないことがお分かりいただけたかと思います。

 

一方でもちろん、強要して書かされたかどうかは誰も確認できませんし(自分の意思であるとサインする場所はありますが)、もちろんこの茶色の封筒の糊の止め方が弱くて封が開いてしまったらとか、悪意を持って投票用紙をすり替えるとか、疑い出したらキリがありません。

 

少なくとも、この茶色の封筒の糊をペロッとなめて封をする人がほとんどだと思いますが、その粘着力を調査して、大統領選が延期され、あわよくば郵送投票廃止が廃止の危機に陥っているとは、オーストリアの民主主義大混乱です。

 

 


エリザベート ウィーン版2012年新キャストCD


エリザベートウィーン版2枚組CD


エリザベートウィーン版DVD

 

応援クリック ありがとうございます!

 

2016-09-16 16:06 | カテゴリ:オーストリアの政治

ちょっとオーストリアの大統領選が揺れに揺れています。タイムリーなニュースはつぶやいてはいましたが、ブログに書くのはこの記事(舞台はウィーン! オーストリア大統領選2016 候補者ポスターを見比べてみた)以来となります。

 

とりあえず、オーストリア大統領選に関する今までの動きを簡単に追っておきます。

 

2016年4月24日 

オーストリアの大統領選挙投票日。候補は6名。候補者の略歴と写真と選挙ポスターはこちらの記事をどうぞ→舞台はウィーン! オーストリア大統領選2016 候補者ポスターを見比べてみた

 

その結果、どの候補も規定の票数に満たず、極右自由党(FPOe)のHoferと緑の党のVan der Bellenの決選投票となる。(この時にはHofer1位Van der Bellen2位)

 

2016年5月22日

上記の二候補による決選投票

 

その結果、郵便投票の開票が翌日までかかる混戦となり、3万1千票の僅差で緑の党のVan der Bellenが当選。

 

2016年7月1日

決選投票の開票が既定の時間外に行われたとして、決選投票やり直しの判決。

 

10月2日が決選投票やり直し投票日と決まる。9月始めから選挙ポスターが街に並び、再び選挙戦のムード。

 

9月12日

10月2日に予定されていた決選投票やり直しが12月4日に延期に。理由は「糊の粘着力」。郵便投票の封筒の糊の粘着力に疑問の余地があるとして、選挙のやり方自体の仕切り直しが決定される。←イマココ

 

 

ちなみに、決選投票の開票時間やノリにイチャモンを付けて、やり直しや延期を訴えているのは、決選投票に敗れた極右自由党。とにかくどんな手を使ってでも、決選投票の結果を無効にしたいというなりふり構わない感じです。

 

このオーストリア大統領選のつぶやきをまとめるだけでも結構な記事になるわけですが、ちょっと今回は先にタイムリーな「郵送投票」について記事にしてみます。

 

 

●オーストリアの郵送投票

 

オーストリアの郵送投票の仕組みをご紹介します。かなり日本と違って敷居が低く、選挙の権利を平等に提供できるシステムになっています。

 

まず、選挙当日に投票所に行けない人は誰でも、郵送による不在投票が可能です。投票用紙の郵送申請は投票日の二日前まで、窓口、郵送、メール、Fax、オンラインどれでも可。

 

投票用紙の受け取りは本人郵便受け(本人確認なし、紛失リスク了承済み)か、郵便局(本人確認、受け取り確認あり)の選択可。あとは記入して、投票日までに選挙事務所に到着するように投函するだけ。当日持参も可。

 

特に条件もなく、誰でも気軽に郵送で不在投票できるのは、忙しい人や病人にもいいシステムですね。

 

2016-09-14 09.16.54

オーストリアのポスト。側面には郵送投票に関する案内シールが貼ってあります。

 

2016-09-14 09.16.50

こちらがポストに貼られた郵送投票案内のシール。

 

「郵送投票用紙で一票を簡単に投票できますよ」「あなたの一票は貴重です」「ここなら24時間投票できる!」 とあり、まだ10月の投票日の案内ですが、いつまでに投函したら間に合うかも書かれています。

 

 

国外にいる人は、在住、旅行を問わず、事前に在外投票用紙を入手し、投票日までに選挙事務所に到着するよう選挙事務所に郵送する。投票用紙は海外の住所も送ってもらえる。投函は直接送るか、大使館等に早めに郵送して、転送してもらう。

 

世界中どこにいても郵送で不在投票ができるのは便利!

 

更に、世界中どこでも、投票のための送料は無料!投票にお金がかかると、投票権に差が出る→民主主義に反する、って考え方。速達やEMS、DHLなどのサービスは個人負担だが、普通郵便なら国が負担します。

 

実際、日本からオーストリアに郵送投票した時は、無料で送ることができました。

 

HELP.gv.at: Briefwahl mittels Wahlkarte

 

実際に郵送投票したレポは次回の記事をお楽しみに!

 

 

●日本の郵送投票についてもちょっと調べてみた

 

日本の不在投票で郵送できるか調べてみたら、国内の場合は事前登録した障害者以外不可という驚くべき現状。それじゃ、外出する体力のない老人や、つわりや産前産後は投票見送るしかないし、それって弱者の投票の権利を奪ってることにならないのかな?

 

海外在住の場合は、在住3か月を超える場合で、在外選挙人登録を済ませた場合のみ可能。1ヶ月の長期海外出張中とかだと中途半端で投票できないし、登録の手続きも時間かかるし、敷居が高すぎる。

 

オーストリアのシステムだと、1ヶ月の海外長期休暇中に選挙があっても、不在郵送投票のシステムのおかげで投票できる。これが逆に、一ヶ月ヨーロッパで過ごす日本人だったら、その期間の投票はできないよね。

 

 

あとほら、天気が悪いから投票率が低いとかくだらない理由あるけど、実際は、雨にぬれたら病気が悪化するからとか、雨の中子連れで運転して事故起こしたくないからとか、そういう比較的まともな理由で雨の日に行きたくない人もいると思うんだよね。

 

あと、出張や家族サービスで週末に投票所行けない人とか沢山いるだろうし、投票できない理由って自分勝手でくだらなそうには見えるけど、自分がその立場だったら、健康や子供と投票の優先順位は似た感じになると思うんだよね。そりゃ、みんなそれぞれ事情が許せば投票に行きたかったんじゃないかな。

 

それを、期日前投票しなかったやつが悪いから投票できなかったのは自己責任、みたいに言うのは、ちょっと違うと思う。もっと選挙って、個人的な事情に左右されず投票できてこその民主主義だと思う。

 

その点、オーストリアの選挙は徹底してて、「投票できない人をなるべく減らす」事に一生懸命税金を使ってる印象がある。

 

郵送による悪用や紛失の危険性もあるだろうけど、それより第一に、投票の権利をあまねく平等に提供するという、民主主義の基本姿勢をまずしっかり制度化しているのが素晴らしい。これなら、病人、旅行者、忙しい人、雨にぬれたくない人、介護や育児で家を出られない人、ひきこもり、皆意志さえあれば気軽にタダで投票できる。

 

民主主義としては、投票の権利は個人の体調や現在地と関係なく、誰でも行使できるべきだと考えるのが正しいと思うけど、日本でも郵送投票もっと便利に使えるようにならないかなー。

 

総務省|投票制度

総務省|郵便等による不在者投票ができます

 

 


エリザベート ウィーン版2012年新キャストCD


エリザベートウィーン版2枚組CD


エリザベートウィーン版DVD

 

応援クリック ありがとうございます!

 

2016-09-12 16:42 | カテゴリ:ウィーン

<だださんたちにお会いしてみた>

 

お会いした日私はめちゃくちゃ用事を詰め込んでいて、朝空手クラス、その後だださんとランチして、息子を幼稚園に迎えに行くまでに帰宅、というハードスケジュール。結局、子供たちの事は世話してくれる人が見つかったので、夕方までゆっくりだださんと過ごすことができました。

 

以下は、その時のつぶやきまとめです。

 

==

 

<フィグルミュラーで定番シュニッツェル>

 

空手クラスの後は、ウィーンに車椅子のお母様と来られている方とお会いしてランチ。もう数ヶ月メールのやり取りをして、色々情報面でサポートしてきたので、やっとお会いできたという感じ。フィグルミュラーで仔牛のシュニッツェルとバックヘンデルサラート。ジャガイモのサラダが人気♪

 

DSC00958

お馴染みフィグルミュラーの入り口

 

DSC00944

注文したのはあの顔より大きいブタのシュニッツェルではなく、ちゃんとした仔牛のシュニッツェル。

 

DSC00947

付け合わせのサラダ。このポテトサラダが大好評!

 

この数か月、ウィーンをバリアフリー的な視点で考えながらやり取りをしていたんだけど、やっぱりベビーカーでうろうろした経験はすごい役立ってる。フィグルミュラーは新店舗にベビーカーで入りやすかった記憶があったので、そっちの予約でドンピシャ。段差少ないし、バリアフリー席広々。

 

旧店舗の方は、関西でやってた「ブログ旅」の番組でさきちゃんが入ったところなんですよー、なんて話も出たりした。けど旧店舗は段差が大きいのと、席の間隔が狭いのとで、バリアフリー的にはイマイチ。新店舗は角を曲がったところで、入り口段差は一段、内部は段差はなく、前ベビーカーで来た時と同じ、周りに余裕のあるある席に案内してもらった。

 

DSC00951

新店舗の方の入り口

 

そして観光客向けでちょっとごちゃごちゃはしてるけど、Figlmuellerの食事はやっぱり美味しい。シュニッツェルもいいけど、それ以外のメニューが色々好きなんだなー。ここでバックヘンデルサラート食べたの初めてだけど、相当美味しい部類に入ると思う。っていうかサラダより肉だがw

 

DSC00942

私が頼んだバックヘンデルサラート(フライドチキンサラダと訳せばいいのか?)ポテトサラダとVogelsalatが乗ってて、カボチャの種オイルが絶品!

 

フィグルミュラーの系列でグリンツィングにあるFiglsと言うビアホールが好きで結構行くんだが、ここも美味しい!フィグルミュラー&Figlsが出してる料理本がめちゃくちゃかわいくてお勧め!!

 

DSC00955

この料理本!うちにも一冊あります。

 

(お次は馬車でウィーン観光!)

 

 


エリザベート ウィーン版2012年新キャストCD


エリザベートウィーン版2枚組CD


エリザベートウィーン版DVD

応援クリック ありがとうございます!

 

2016-09-09 16:42 | カテゴリ:ウィーン

ちょっと前の記事でご紹介した「きょうだい介護おやこ介護」の本の著者の方が、車椅子のお母様と一緒にウィーンに来られた時にお会いしました。

 

 

その時のことをちょっとまとめてみます。

 

<出会い>

 

ちょっと記憶が薄れかけていますが、確かツイッターのRTで、「車椅子のお母様を連れてウィーンに旅行する人がいる。情報求む!」みたいなのが回ってきて、リプライで「在住者ですが何かできることはありますか?」って返事したんだったかな。

 

それと同時に、ブログの読者の方から直接、「車椅子のお母様を連れてウィーンに行かれる方がいるので、情報提供できたりしませんか?」みたいなメッセージが届き、おお!さっきツイッターで見た話だ!タイムリー!と思ったんだった。

 

けど、私はベビーカー押してウィーンはウロウロするし、子連れフライトの大変さは身に染みて知ってるけど、果たしてベビーカーの子供と車椅子の大人がどこまで違うのかとか、車いす特有のサービスなどについては全然知らない。

 

なので、昔からのミュージカルファン仲間で、車いすでよく観劇に来られていたご夫婦に連絡を取り、私と三人でメールで質問に答えるという体制を整えました。(巻き込んでしまって、いっぱい調べていただいてほんとうにすみませんでした!)

 

<一人旅と誰かの世話をしながらの旅の違い>

 

その、車いすのお母様を連れてウィーンに来られる方と言うのが、在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート を書かれているだださん

 

ブログを拝見すると、バイオリンの先生をしていらっしゃったお母様を在宅介護されていて、リハビリを頑張って音楽の都ウィーンに行こう!という目標を目指して頑張っていらっしゃったとのこと。

 

偶然実家も近く、宝塚ファンでエリザベートもご存じ、おまけに多分同世代な上元バックパッカーなんて共通点も。更に文章書くのが好きと、色々共通点もあることがわかってきて、お会いするのが楽しみになってきた。

 

 

正直、普段私が暮らしている(それも育児が忙しくて、せっかく住んでるのにあまり街に出ない)ウィーンに来るのが数年越しの夢、と言うのは、こそばゆいというか、不思議な感じすらする。

 

けど、私が日本に一時帰国してる時は、突然飛行機で14時間の距離のウィーンがものすごい遠く離れた場所に感じて、子連れフライト中なんて永遠に感じる。そういう時には、ウィーンって多くの日本人にとってはあこがれのヨーロッパの街なんだなあ・・としみじみ思う。

 

 

一人旅や元気な大人同士の旅と、小さい子共や車いすの方を連れての旅では、感じる距離は倍どころか10倍、20倍に感じる。その辺りの事は、私でも何か気持ち的に寄り添えるところがあるのではと思った。

 

こうして、ほぼ半年にわたるメールのやり取りと準備期間は、私とサポートのご夫婦とだださんの間で何通もメールがやり取りされ、ウィーンのバリアフリーのインフラ、町の人の優しさや受け入れ度、ホテルの場所や地下鉄の工事状況、公共のトイレとその設備、レストランの入り口の幅、段差、石畳や砂利、駅のエレベーター、紙おむつなどを購入できるお店情報、飛行機や空港のサービス、ラウンジなど休めるところ、送迎サービスなど、ありとあらゆる情報を下調べしました。

 

ベビーカーでウィーンの街を知り尽くしている私としては、駅のバリアフリーや段差などの車輪での動きやすさなどは、実体験としてお伝えすることができたし、ウィーンの街の人がベビーカーや車いすにどれだけ優しいかなどと言ったメンタリティのお話も安心感を与えた感触がありました。

 

また、サポートのご夫婦も私以上に沢山調べてくださり、私だけの情報では力不足だったなあと思うことも多々ありました(特に、最初決めていたホテルの最寄り地下鉄駅が工事で使えないことは、私も完全に失念していました!)

 

<ウィーンのバリアフリー観光案内がすごい!>

 

調べものをしている間に見つけた、ウィーン観光局が公式で出しているバリアフリー観光案内Accessible Viennahttps://www.wien.info/media/files/accessible-vienna.rtf

 

これ凄過ぎです!!!英語でウィーンの観光に必要なバリアフリー案内を網羅しまくった、ものすごい資料です。

 

観光地、レストラン、ホテル、劇場、公衆トイレの段差、エレベータ、扉の幅まで詳細に書かれていて、ウィーンと言う町のバリアフリーに掛ける熱意がすごすぎてかなり感動しました!!!

 

まあ、そもそもウィーンはめちゃくちゃバリアフリーが進んでいて、もちろん地下鉄の駅は全部エレベーターで動けるし、ザッハみたいな高級カフェでもオムツ替え台があるので、子連れが肩身が狭かったり不便だったりすることは全くない。ベビーカー移動のための地下鉄の案内チラシもかなり便利だし、子連れや妊婦が地下鉄に乗ったら、必ずと言っていいほど席を譲ってもらえる。

 

そんな、ベビーカー視点のインフラは知っていたけど、このバリアフリー案内はあまりに網羅していて、車椅子でも、ベビーカーでも、どんどんウェルカム!ウィーンをみんなで楽しんでね!っていうスタンスが、ほんと素敵です。

 

そして、半年の準備期間を経て、だださんとお母様がウィーンへやってきました。

 

(続きます)

 


エリザベート ウィーン版2012年新キャストCD


エリザベートウィーン版2枚組CD


エリザベートウィーン版DVD

応援クリック ありがとうございます!

 

2016-09-06 16:00 | カテゴリ:電子書籍

最近知り合いになった方が、電子書籍で本を出されていたので、二日で読んでみました。色々と考えることがあったので、つぶやきをまとめて、本もご紹介しておきますね。

 

===

 

最近家にこもりがちで、家事も手抜きだったんだが、久々に一冊本を読み切った。電子書籍だから5分単位で引っ張り出しては少しずつ読んでたけど、何だかグイグイ引き込まれて、サンプルを読み終わってすぐに残りを購入し、二日で読み終えた。読んでいる間は次が気になって仕方なかった。

 

読んでた本は、この間ウィーンに車椅子のお母様といらしてお会いした方の著書きょうだい介護おやこ介護

 

 

正直育児で手いっぱいで、介護の事とか考えも及ばない近視眼的な私ですが、手に取ってみたらそれこそ最後まで一気読みでした。

 

まあ知り合いの方だし、ご本人のブログ「在宅介護しながらウィーンへ行く(行った)ブログ 猫とビターチョコレート」も読んでるので、と軽い気持ちで読み始めたんだが、文章が上手いのと、テーマは重いのにとても明るく笑い飛ばしてポジティブに毎日を生活されてる感じが魅力的で、色々考えながらズンズン読めてしまった。

 

●電子書籍とアマチュアの文章の上手さ

 

まず、文章の上手さ。私も独身時代は相当の読書家で、色んなジャンルを沢山読んできたけど、正直アマチュアの方の書いた文章で、ここまでグイグイ読ませるのはスゴイな、と普通に感心してしまった。私だってブログやら執筆やら色々させていただいてるけど、こんな魅力的な文章書けるかなー。

 

それも、知り合いの方の本だからとサンプルをダウンロードしたわけで、時間ができたら読もうと思ってたのに、この引き込まれ感!電子書籍買っても、最近忙しくて積読結構多い中、読了できる本って私の中では結構スゴイ。あー、あんなグイグイ読ます文章書けるってすごいなー。

 

プロ顔負けに読ませるブログや電子書籍とかあるし、私みたいに海外情報を提供して原稿料を頂いている人だっている。もう出版社に縛られ、紙の本の印刷数や在庫に悩まされる職業作家より、身軽に書けるアマチュアの方が作品として面白いんじゃないかと思えてきた。面白い時代だよねー。

 

●介護について考えたこと

 

この本を読んでもう一つ考えさせられたのは、もちろん本のテーマの介護の事。育児で手いっぱいで、正直介護の事は今あまり考えられない状況なんだが、いつかは私もと心の準備は必要だよなー。そんな状況になった時、私にこんなにポジティブに色々笑い飛ばして楽しみを見つけることができるだろうか。

 

体力勝負、自分の時間が取れない、24時間付きっきりになる、と言う点では、育児も介護も似てるので、読みながら想像できるところもあった。逆に育児を経験してなくて、独身→介護だったら、全く未知の世界に飛び込むようなものかもしれないと思うと、少しは育児で耐性ができてるのかな。。

 

もちろん、終わりが見える/見えないという、育児と介護の大きな違いもある。世話する相手の体の大きさも全然違う。けど、「楽しむことが一番大事」「色んな経験を通して強く成長・回復させる」など、育児しながらも心に留めたい心得みたいなのが色々散りばめられてて、頷きながら読んでた。

 

「今しかない」「今できるから今やる」みたいな表現もあって(エジプト旅行のところだったかな)まさにそれだ!って思った。やる気があって、体調的に行けそうなら行っとくしかない。エジプトなんて、今もう行けないしね。。行動力、前へ前へ進む意志の力、次の目標を見つけていく生き方。すごく素敵!

 

そして私は、車いすのお母様に実際お会いしたわけだけど、倒れられる前はこんなにバリバリ飛び回るスーパーママさんだったなんて!なんだかエライ人とお会いしていたんだなー、と今更ながら尊敬する。自分の娘にこんなに魅力的に書いてもらうなんて、母親冥利に尽きるだろうなー。スーパー親娘だなー。

 

●まとめ

 

とまあ、読みながら色んな事を考え、時にちょっと凹み、時にクスリと笑い、知った地名にニヤニヤしながら(ほぼ同郷なので、登場する地名で距離感が掴めるのは地元の強みw)、一気に読んでしまった久々の読書でした。何より読んでる間楽しかった!まさに人との出会いが本との出会い。

 

この本、どんな方にオススメかなー。介護関連の方はもちろんですが、私みたいに介護がまだ身近でない方も、いつか来る未知の世界の予習に、そんな時どうやってポジティブに考え生きるか、みたいな心の準備に読むにはピッタリだと思います。読みやすさ、読書体験のワクワクは私が保証します!

 

 

あとこの著者の方、9月1日にウィーンに関する新しい本を出版されています!私はもう購入してダウンロードしたんですが、読み終わったらまたレポしますね!(私もこちらの方はちょっとだけ関わっているので、読むのが楽しみです!)




応援クリック ありがとうございます!

2016-09-03 16:06 | カテゴリ:ポケモンGO

●市庁舎前広場

 

期待外れに花弁が待っていなかったフォルクス庭園ですが、ここから見たら市庁舎前広場に花弁が散りまくっていました。というわけで、少し足を延ばしてフィルムフェスティバル(音楽映画祭)開催中の市庁舎前まで行ってみることにしました。

 

2016-08-11 19.47.44

ウィーン市庁舎。

 

 

2016-08-11 19.50.20

前から見たらフィルムフェスティバル用のスクリーンが用意されています。今年のスポンサーはRICOH。

 

フィルムフェスティバル開催中の市庁舎前広場は、人で賑わい座るところもないくらいでしたが、幸いわき道に入るとベンチが沢山あり、ゆっくりポケモンGOを楽しむことができます。

 

 

2016-08-11 17.44.03

市庁舎前のマップ。左のジムが市庁舎の建物本体。わき道はほとんど花が散っていますね。

 

結局私はこの脇道のポケストップ近くのベンチに座り、他のトレーナーたちとポケモンハントを30分くらいしていました。トレーナーはポケモンのために来たのか、待ち合わせで相手が来ないので時間つぶししているのかどちらかわからない感じでしたが、結構沢山いました。

 

この日は気温13度。防寒対策をしていたとはいえ、8月中旬でこの寒さは想定外で、段々ボールを投げる指がかじかんできたので、退散することにしました。

 

帰り際にブルク劇場前で、トラムに引かれそうになるスリープ。

 

IMG_2016-08-11-20063354

 

●カフェ・ラントマン

 

ちょうどこの日はカフェの取材も兼ねていたので、カフェ・ラントマンに駆け込み、モーツァルトココアとラントマントルテを注文しました。ラントマンの前もポケストップになっているので、入り口近くに陣取れば、休憩中もポケストップを回せます。

 

2016-08-11 20.27.10

 

これでやっと体が温まりほっとしたところで、帰路につきます。

 

帰りはブルク劇場前からトラムに乗り、ウィーン国立オペラ座前までリンク沿いを走ります。トラムだと停留所や信号で止まることが多いので、徒歩と同じ感覚でハントができると思ったのですが、予想どおりでした。

 

しかし、トラムから見えたこんなポケストップは、本日二つ目の謎ポケストップ。(一つ目はじゃれあうムキムキマンですw)

 

 

2016-08-11 18.49.15

これ、どう見ても体重計ですよね。。それも、Waage(体重計)って書いてある。。

 

ウィーンはなぜか街角に有料の体重計が設置されているんですが(誰が使うんだろう。。と思っていたら、目の前のバス待ちのおじさんが使ったりしていたので、一定の需要はあるようです)、なぜ体重計がポケストップにw他に史跡山ほどあるのにw

 

と言うわけで、トラムでオペラ座に到着しました。オペラ座本体はジムではありませんが、その左横の通称「ピンクのウサギ」がジムになっていました。こんなできたばかりでいつ撤去するかわからないモニュメント。。

 

 

2016-08-11 18.50.00

 

ここでトラムを降り、地下鉄に乗り換えて帰宅しました。2時間半で、取材と撮影をしつつ、55匹の収穫でした。

 

今回とっても楽しかったので、また今度、別の観光スポットでポケモンGO片手に歩き回ってみたいものです。またレポしますね!

 

 

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン ブロードウェー版CD

 

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(ミュージカル版) 楽譜

 

応援クリック ありがとうございます!

 

2016-09-01 16:54 | カテゴリ:ポケモンGO

 

●フォルクス庭園

 

そろそろ時間は19時頃になって来て、ポケモンマップも夕方仕様になってきました。ヘルデンプラッツを抜け、やっと今日の目的地フォルクス庭園に到着しました。

 

前情報ではここはレアポケモンの巣で、花びらも舞いまくっているとの話でしたが、夕方のこの時間は既にポケモントレーナーの姿はほとんどなく、花びらも全く散っていなくて残念!

 

フォルクス庭園(夜19時)

2016-08-11 17.05.09

 

左上のジムは国会議事堂です。フォルクス庭園内にはジムはありませんが、ポケストップは10個ほどありました。

 

ポケモン的に花びらは散っていなかったものの、ここはウィーン一のバラ園のある美しい庭園です。バラの真っ盛りのこの季節、フォルクス庭園はとっても気持ちいいんです。

 

2016-08-11 19.19.24_thumb[1]

自然史博物館とバラ園

 

2016-08-11 19.09.12_thumb[1]

ブルク劇場とバラ園

 

この庭園は真ん中にギリシャ神殿風の建物があり、ここで二人の若者がアコースティックギターのコンサートをしていました。これがまた素晴らしく、うっとり聞きほれてしまいました。

 

そんな感じで、人もまばらな暮れなずむフォルクス庭園、バラの香りをかぎながら、ギターの音色に癒され、スマホが震えたらポケモンを狩るという、贅沢な時間を過ごさせてもらいました。

 

私が行ったときはスリープの巣だったらしく、やたらスリープばかり出没していました。また別の日に行くと別のポケモンが出るんでしょうか?

 

フォルクス庭園まで来たので、やはりシシィ像を見て行かねば!と近づくと、見事にシシィ像もポケストップでした(笑)

 

2016-08-11 17.05.48

紹介写真ではシシィの顔が切れてます。。

 

そして、シシィ像をバックにスリープ発見(笑)

 

IMG_2016-08-11-19170232

 

シシィの前での御前試合ですね(笑)

 

(次回は映画音楽祭開催中の市庁舎前広場へ)

 

 

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン ブロードウェー版CD

 

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(ミュージカル版) 楽譜

 

応援クリック ありがとうございます!