2010-02-19 21:02 | カテゴリ:その他ウィーンミュージカルレポ
TdVも2回しか見てないくせに、パロディ作品を見に行ってきました。っていうか、劇場自体ものすごい久しぶりなので心躍るわ♪考えたら、一月にストプレに行った以外は、劇場はほんとご無沙汰だったわ。ミュージカルらしきものはもう何ヶ月もみてないし。まあ、今日見たやつもミュージカルというかパロディーなんですが(笑)。

この作品は、去年末に一度上演してたんだけど、チケット取ろうとしたら、この劇場には珍しく売り切れ続出だったのです。去年のうちに、再演が発表されたので、急いで押さえてたチケットです。

劇場はMetropol。マテコンとかMayaさんコンとかでもう7、8回は来てる劇場なんだけど、ものすごく小さい!一応舞台は二つあって、今回は初めてサブのほう。学校の教室くらいのサイズなので、ほんと、見た目はしょぼい。

しかし!!!!始まってみたらば!!!クオリティ高すぎだよ!!!!!!ほんと、この手のパロディー作品は、ウィーンは外れたことないよなあ。。すごいよね。。。こんな教室サイズの劇場で、ここまでレベル高い舞台を20ユーロで見せてくれるなんて、なんて文化レベルが高いんだ、この町は。。。

基本的に、ストーリーはへたくそな役者がオーディションを受けて、へたくそな演出家と一緒にTdVの舞台を上演する話。基本的にはせりふで話が進み、所々歌が混じる。歌はいろんなミュージカルの替え歌なので、ミュージカルファンにとっては、もう楽しすぎる!!!!ガラコンはあまり好きじゃないけど、この手のパロディーはほんと大好き!!!!!

それに、ほんと、こんな小さい劇場のパロディー作品なのに、もう質がものすごい高い!!!歌がみんなすごいうまいの!!!知ってるキャストはアルフレート役の人(エリザで時々ルドルフやってた)とプロデューサー役の人(レベッカのファヴェル後半)なんだけど、私の知らない人でもみんなうまい!!!特に、クロロック役の人が、主演、演出、音楽監督で、一番うまかった!!!

ほんと、ウィーンの劇場の質はほんと、ものすごく高いわ。。と、こういう小さいプロダクションを見るたびに思うよ。。

観劇中は、もう、曲が始まるたびにイントロで転げ回って笑ってたんですが、ほかの客席の反応がいまいちどんな感じなのかがよくわからん。。客席の3割ほどは、VBW作品を見てそうな女の子たちで、ひゅーひゅーもでるけど、半分以上はおじさんおばさんの年代で、TdVを知ってるのか、ほかのミュージカルの曲をどのくらい知ってるのかが謎。。。けど、2幕になるとウィーン人なら誰でも知ってるミュージカルソング(私だけに、メモリーなど)がでてきたので、みんな結構笑ってたと思う。

しかし、元の作品を知ってて見ると、本当にこの替え歌は絶妙!!!元歌の韻を、替え歌にしても踏んでるのはほんとすごいよ!!!分かりやすいところでは、Sei dir Gast(Be our guest)がEs hat passt, Ich gehoer nur mir(私だけに)Ich bin ein Vampir。うますぎ!!!