FC2ブログ
宝塚で上演が決まった、ウィーンミュージカルI AM FROM AUSTRIAの二回目観劇レポ後半です。(前半のレポはこちら

参考:過去の観劇レポや訳詞を含む、I AM FROM AUSTRIA関連の記事は、こちらのカテゴリからどうぞ。

●キャスト比較

2019-03-07 191947
プレビューの時にそこまでキャラ立ちしてなかった人も、かなり最初からぶっ飛ばしてて、面白かった。特にマネージャー!あの沸点の低い演技力すごい!あれだけイライラさせて、最後のSchleich di! がめっちゃスカッとする!!(ウィーン弁なのでネタバレしてないよねw)おまけに歌上手い!

アンサンブルに、Martin Berger(お偉いさんと警察)、Martin Parsching(キャスト表で見逃してたのに舞台上で見つけてしまったw)、Prohazkaさん(パパママ馴れ初めソングの酔っ払いw彼の見た幻だったのか、あの二人w)の好きな三人がいて、やっぱりウィーンミュージカルだなーと古巣に帰ってきた感じ。

・サッカー選手

サッカー選手が前回は細マッチョ(本物の元サッカー選手)、今回は巨大マッチョ(サッカーと言うよりプロレスラーw)だったんだが、かなり印象が変わった。最初の人(Fabio)は小さくて身軽でラテン系で、サッカー技の見どころも多くて(さすが本物)、女性より男性サッカーファンに人気っぽい。

今回の人(Karim)はとにかく筋肉が巨大で、ゴリラ系で、女性にキャーキャー言われるタイプ(後ろの席のおばさん大興奮w)。体は重く、ダンスをさせるとドシンドシンw ボクシング系の振り付けが似合う。2人ともそんなに演技がうまい訳では無いんだが、体格でこんなに印象が変わるとは。

Felixのウィーン弁独壇場の最後のIch habe kein Wort verstandenで、Fabioはほうほうと聞いてあげてるに、Karimは 眉間にしわ寄せて必死で聞こうとして、わからなくて、は?って顔してる。Karinの演技好きだけど、セリフはFabioの方が自然で好き。脇役だけどなんか見ちゃうw

ああ、Karimは俺の筋肉を見よ!って感じなのが、Fabioは筋肉より俺の名声!って感じか。だから第一印象はKarim圧倒的だけど、世界的選手の余裕みたいなのはFabioの方があったな。どちらにしても、Josiが凹んでるのかわいいw


・Josi Edler

別キャストといえば、Josi(Goergeを思わせるジョージでは絶対ない。ジョズィって感じ)はルカスとOliverと両方見たわけだけど、サッカー選手ほどの印象の違いはなかったかな。まあ役のキャラ立ちあまりしてないしね。ルカスは飄々とした御曹司って感じで、あんまり悩んでなさそう。

落ち込む時もあるけど、全体的にサラッとしてるし、どこかにいつも超越した御曹司っぽさが漂う。Oliverはもっと普通の若者っぽいというか、頭くしゃくしゃにして「僕はダメなやつかもしれない。。」感が伝わってくる。取り柄は普通の善人であること(それが一番大事なんだが)で、御曹司らしくない。

まあどっちにしても、なんでこの2人好きあってるの?っていうのは思うんだけど(脚本的に。。パパママの方がしっくりくる)、そんな中でこのカップルは、ルカスはスターと御曹司感があるけど、Oliverはスターと一般人感が強い。「普通の善人オーストリア人の代表」的な感じ。

Oliverのくしゃくしゃの髪と、顔が丸くて背が高いのにすらっとして見えない(筋トレもしてない)のが、普通の学生的なイメージになるのかな。演技力もOliverの方が王子系以外もこなしてきてるしね。ルカスはシュッとした髪型、筋トレによるスーツ映えと姿勢の良さに、染み付いた王子オーラがある。

私は、御曹司っぽいルカスも、普通の兄ちゃんっぽいOliverもどっちも好きだなー。キャラ立ちして、もう少し変人な役だと面白かったけど(ほかのキャラが濃いのでw)それは脚本の問題だしね。まあ、スターと付き合う身分違いな悩みみたいなのは、一般人Oliverの方が感じるかな。


・パパママ

パパの演技が控えめながらすごくしみじみしてて、伏線の作り方もすごく上手くて完全にしてやられたし、歌めっちゃ上手いし、控えめなのに多方面に愛があるし(特にルカスとの親子愛が。。)、「よきオーストリア人」、「こうありたい落ち着いた男性」って感じで、すごく好き。

ママも婿養子を取ったバリバリ経営者で、ストレス抱え気味なんだけど、本当はこちらも「よきオーストリア人」で共感できる。なんか、こんな夫婦になりたいと思うと、なんか泣けてきてしまった。馴れ初めもアレはアレで(宝塚での再現は無理w)最後はいい話だし。歳をとって、あんな夫婦になれたらな。

・おばあちゃん

おばあちゃんパワー炸裂w ほんと、あれは宝塚でも持ちネタの半分は使えると思うw あれだけほらだと思わせといて、苗字がアレだしねw(この苗字ネタは多分変えないと日本じゃ通じないかも?ウィーンですら「それ誰?」って旦那さんに聞いてる観客いたし。さすがに旦那さんは知ってたw)


●その他ちょっと気づいた事とか、ちょっとだけネタバレとか

この作品で2人の呼び方がSieからdu(タメ)になるタイミングを見てたんだけど、一幕は金庫事件を経てもずっとSie。夜の散歩を経て、二幕始まりからDuになった。やはり夜の散歩とJosiの秘密(keine Heimat)が転機だね。

(ネタバレ)今回はパパママの関係性に共感してしまった。浮気疑惑からの、ミッドライフクライシスからの、どうしようもない馴れ初めを経ての、ネタばらし。いい夫婦じゃないか。。伏線に隙がなくて、しっかり落ち着くところに落ち着くのがいい。

(ネタバレ)あの最大の見どころのシーン、「明るいw」「雪w」ってところで笑ってしまったw 現実との区別がついてない証拠だ。しかし、山がシルエットだと思ったら実物なのは、ほんとびっくりした。あんな前の席でも、映写だと思ってた。

オペラ座舞踏会は先週金曜だったので、この話自体先週あったことのような気すらするw これ、ほんとにオペラ座舞踏会の夜の公演は、どうしてたんだろうw なんかアドリブでもあったのかなw

●まとめ

というわけで、2度目のI AM FROM AUSTRIA、宝塚上演記念観劇でした!

これで、ほぼ見たかったセカンドも制覇したし、かなり満足です!!あとは宝塚でどんな仕上がりになるのか、年末まで楽しみです!

宝塚で上演が決まった、ウィーンミュージカルI AM FROM AUSTRIAですが、やっと二回目の観劇に行くことができました!

参考:過去の観劇レポや訳詞を含む、I AM FROM AUSTRIA関連の記事は、こちらのカテゴリからどうぞ。

観劇してから結構時間が経ってしまいましたが、見たのは3月8日です。当日のツイートをまとめておきます。

==

I AM FROM AUSTRIA見てきた!産後初観劇!それもなかなか出かけづらいので、ゲスト(ショップのお客様)の観劇に合わせて、家族に対して「お仕事観劇」ムードをかもし出しつつ、行かせてもらった。本当に観劇に飢えてたから、生き返ったよ。。やはりミュージカルは命の泉だ。。


今回はラストミニッツ狙いが成功して、3列目ど真ん中99ユーロの席を22ユーロでゲット。前回は三階席一番後ろだったから、真逆。すごくいい席だったけど、すごい見上げるので首痛いw あと、お客さんの反応や紙吹雪が見れないので、やっぱり私は最後列が好きかもw 最後のオケ演奏は生音聴けてよかった!

なんと言っても、派手派手で満足感すごい!!色々ツッコミどころはあるのに、最後はもうお腹いっぱいで劇場をあとにするのが、まさに宝塚的w この幸福感!劇場に来て良かった感!ダンスシーンがどれも派手で、おまけに振り付けが好みで(キム・ダディほんと好き。。)、畳みかけてくる!

●前回との違い

今回はJosiがOliver Arno!! なんと言うタイミング!ほかは全員ファーストで、前見逃したファーストのママも見れた!しかし、サッカー選手が全然違うすごいムキムキで、どうやら最初のファースト(元サッカー選手)の後釜らしい。いやあすごいムキムキだった。。けど、オチの信憑性は前の人の方があったかもw

前見た時と違うところで泣けた。。前は愛国心や、オーストリア人がこの作品をどう観るか、みたいな所で泣けたけど、今回はパパママの関係性で泣いた。。あと、若い方のカップルは別にいいかな、と思ってたら、OliverのHerzの歌とBergwerk(鉱山)の歌にやられた。。彼の声好きすぎる。。

そして極めつけは、最後の短いI am from AustriaのOliverソロ!めっっっっちゃ良かった!!やっぱり彼の歌い方好き。。ほんと一フレーズだけど、涙。やはりオーストリア人にとって、この歌は特別だよね。。

●宝塚的にどう?

宝塚での上演が決まった後の初観劇ということで、ちょっと宝塚の舞台に載せた時の雰囲気を想像しながら見ちゃいました。というか、この場面や振り付け残せる?」みたいな感じで突っ込んでますw。

宝塚に向いてるなー、と思ったのは、ダンスシーンの派手さと多さ、女性が男性の服で踊るシーンの多さ(警察とサッカーとお金のタンゴ)、脇役のキャラ立ちなど。逆にどうするの?と思ったのが、ムキムキとオチ、パパママの馴れ初めの歌、山羊w、パンツw(ネタバレでまともに書けないw)。

エマ・カーターの本名が、Adele Waldvogelってだけで笑いが起きるんだが、これも宝塚じゃウケないよね。。Adeleといえば、オペレッタの「こうもり」とかの連想だし、苗字は「森の鳥」って意味。田舎くさいw

まだまだレポに、これ宝塚だったらできるかな?みたいなことも書いてあるので、実際のどのくらいウィーン要素が残るのか、ちょっと楽しみ。

●ダンスと振り付け

ダンスシーンは沢山あって、最初のシッケリアからNix ist fix(Josiソロ)の連続ダンスには度肝を抜かれる。そこから、Bussi Bussi (これ「キスキス」って訳されるのかw)を経てブロンドになるんだが、かなりいろんな曲調が混じってる。っていうか、今思ったらブロンドってGo Westのオマージュ風w

今回前から見てて、ブロンドの振り付けの奇抜さとテンポの良さはかなり気に入った。よく見たらさすがよく考えられてる。閉じ込められてからの、魔法的な窓の透過(Josiは出れないw)、バービーとケンのダンス、最後はコーラスラインのオマージュ的写真を顔に掲げる振り付け。Josiが透過できる様子も、魔法っぽい。日本版でキム・ダディの振り付けってことは無いとは思うけど、あのアイデア(ケーキポッポとバービーとコーラスライン)残ってほしいな。。

マッチョマッチョはサッカーの曲で、これも映写でトリック再現できるかなw 画面の端っこの方で、アルゼンチン国旗(水色白水色)「Pablo Garcia」VS オーストリア国旗(赤白赤)「Josi Edler」って書いてて、サッカーの点数になってたの笑ったw Josi負けすぎw そして、ダンサー全員が男性ストリップの定番、長ズボン一気脱ぎしたのには圧巻!

ムキムキ、男性ストリップ、ゲイ要素は、キム・ダディらしいな!と思うよ。ほんと、好みドンピシャw それ以外でも、ほんと彼女の振り付けは大好き。ぜひ細かい動きに注目して見て欲しい。曲のテーマをわかりやすくコミカルに取り入れる天才。アイデア満載。

Strada del solは、宝塚ではきれいにまとめるんだろうな、上品なバレエ風にw ウィーン版のあのえげつなさがいいのにw 引くほどやりすぎだからこそ、最後いいの?心広いねw ってなるのがねw ちなみに、イタリアの海岸は、オーストリア人の定番の夏の旅行先です。突然イタリア出てくるのはそういうわけ。

で、一幕最後のHaben Sie Wien bei Nacht gesehen(「夜のウィーンを見たことあるか」的な和訳になるかな)、かっこいい歌だよね。。後半の黒服の振り付けがまたカッコイイ。めっちゃわかりにくいけど、Felixの動きに注目。ほんと一幕ダンスシーン多い!どれも好き!

2幕の警察の歌(Razzia)めっちゃ好きw これはこなれればこなれるほど面白いw それもMartin BergerとProhazkaさんとか最高でしょw (前も書いたけど、Martin Berger刑事といえば、キャッチミーだよね!!)ここの振り付け超面白い(注射しながらラリラリダンスw)。主役出ないのに見どころw

スポーツの歌はサッカーと似てるけど、やはり振り付けのアイデアがすごい。っていうか、宝塚はほんとにウィーンとは違う振り付けでやるの?振り付け変わったら、かなりイメージ変わると思うんだが。ここの報道側にMartin BergerもParschingもいて、めっちゃ楽しいw

2幕のかっこいいシーンといえば、Tango Korrupti(「腐敗のタンゴ」)。これは絶対宝塚映えする。フェンドリッヒのアップテンポな曲は、ロックより、サンバ、ルンバ、タンゴなど、オーストリア人ならみんな踊れる社交ダンスのラテンのリズムのものが多いし、これも踊りやすそう。

あとのダンスナンバーは、最後の曲かな。これはもうNYのラストみたいな感じw 幕が降りる時まで踊り狂う系で、ダンサーではないOliverのダンスが見れるチャンスですw なかなか素敵♪ ダンサーではない役者さん(Martin Parschingとか)の踊り見るの好きw 楽しそうなんだもん w

●色々特定
夜のウィーンのシーンがかっこよくて好き。ロケ地特定もした。まずオペラ座裏のソーセージスタンドBitzinger、背景は市庁舎、カールス教会、シュテファン大聖堂。次にクラブはU4、フィアカーの画面に王宮新宮、シュテファン大聖堂など。橋の下はDonaumarinaで、川の向こうにDCタワーが見える。

特定といえば、最後のオペラ座舞踏会の似顔絵は、モーツァルト、シシィ、FJ、フロイト、ファルコ、シュワルツネッガー、クリスティーナ・シュトゥルマー(ルカスの元カノw)、バーバラ・レッツ、ダグマ・コーラー(本人初日見に来てたw)、エルマイヤーだったかな。この演出は絶対日本ではないなw

下から見て初めて気がついたんだけど、舞台の周りの上の方に、オーストリアの州の紋章が並んでる!紋章的な視点で見てもなかなか面白い。双頭の鷲も、ウィーンの十字も出てくる。いろんな柱とかケーキとかが赤白なのも、国旗カラーでいいよね。

(キャスト編に続きます)

2017年秋からウィーンで上演されている新作I AM FROM AUSTRIAが、宝塚で上演されるというニュースが入ってきました!


2019年 公演ラインアップ【宝塚大劇場/東京宝塚劇場公演】<10月~12月・月組『I AM FROM AUSTRIA-故郷は甘き調べ-』>


『I AM FROM AUSTRIA-故郷は甘き調べ-』の著作権元(ウィーン劇場協会)ならびに作家からのメッセージ


これはビックリ!いや、日本でやるかどうかってことより、宝塚でやるってことがビックリです。けど、よく考えたら、宝塚でやるなんて、なんていい考え!あのド派手さや、レビューっぽさが、宝塚によく合うと思うよ!


それも、日墺友好150周年のイベントの一つして、この「オーストリア人による、オーストリア人のための、オーストリアについてのミュージカル」を日本で上演するなんて、本当に今しかないでしょ!的なタイミング!


このニュースが発表された途端、私のブログのIAFAレポや訳詞の記事にたくさんアクセスが集まったっぽいので、この記事では「I AM FROM AUSTRIA」ってどんな作品?とりあえず知っておくべきことは?みたいな疑問を持ってくる人に、読んでおく記事を紹介したり、オーストリアでどんな取り上げられ方をしているかなどをご紹介しますね。


まず、I AM FROM AUSTRIAは、ルカス・ペルマン(エリザベート再演、再再演のルドルフ役で、来日経験もある親日家)主演で、2017年にウィーンで初演され、2019年6月まで上演が決定している、ウィーン劇場協会オリジナル作品です。


ラインハルト・フェンドリッヒという、オーストリア人ならみんな知っている超有名シンガーソングライターの名曲を集めた、ジュークボックスミュージカル。特に主題歌の I AM FROM AUSTRIAという曲は、オーストリアの非公式国家とも呼ばれる、感動的な曲です。


この曲が好きすぎて、訳詞をブログに載せるまでに何年もかかってしまいましたが、渾身の愛を込めた訳詞と解説は、こちらの記事にまとめています。宝塚版を観劇する、しないにかかわらず、ぜひ読んでいただけたらと思います。


(ちなみに、フェンドリッヒはもともとミュージカル畑の人で、1993年に編んであウィーン劇場のJCSでユダを、ウィーン版シカゴ(1999年)にビリー役で出演しています。)


〇制作発表


また、ウィーンで制作発表が行われたときなどの情報はこちらからどうぞ。作品とキャストについて、制作発表のライブストリーミングを見ながら書き留めた情報です。次第に情報が明らかになってくる様子が生々しいですねw


【速報!】ウィーン新作I am from Austriaの主演はルカス・ペルマン!

ウィーンミュージカル新作「I am from Austria」キャスト発表記者会見①作品紹介

ウィーンミュージカル新作「I am from Austria」キャスト発表記者会見②キャスト発表

ウィーンミュージカル新作「I am from Austria」キャスト発表記者会見③作品の特徴、オーストリアのドイツ語


〇観劇レポ


そして迎えたプレビュー!あまりのぶっとんだ作品に、色々と大興奮したレポがこちら。まさか日本で上演すると思ってなかったので、そこまで厳密にネタバレを気にして書いていません。ウィーンで見る人向けに、劇場側が明らかに隠したがっている一番大きなネタバレシーンは避けて書いていますし、ストーリーにも軽くしか触れていないので、軽いネタバレOKな人は、全然読んでも大丈夫だと思います。


ウィーン新作ミュージカル「アイ・アム・フロム・オーストリア」I am from Austriaプレビューレポ①みどころ、演出、お勧め度

ウィーン新作ミュージカル「アイ・アム・フロム・オーストリア」I am from Austriaプレビューレポ②キャスト編

DJ2XvjtW4AIea95_thumb_20190226082221525.jpg


〇トレイラー


ウィーン劇場協会公式トレイラーはこちらです。





〇ツイートまとめ


とまあ、このブログで過去に書いた記事をご紹介したわけですが、宝塚での上演が発表されてからつぶやいたツイートもまとめておきます。


・「故郷は甘き調べ」って上手いサブタイトルw これだけ聞いたら、ヨハン・シュトラウスとか、美しき青きドナウ的な「調べ」を想像しちゃうよねw 作中で登場するのは、初見の人が想像してるのとは違う「甘さ」と「調べ」だよねw 


・(ニューヨークへ行きたい!!と同じスタッフなので、似た感じという流れから)それにしても、「ニューヨークに行きたい!!」とは違って、宝塚って言うのがすごい。。宝塚なら、初動が大きいし、リピーターに頼らなくても、キャストと作品の魅力で行けそう!いや、ほんとNYっぽい感じで楽しいから!レビュー調だし、宝塚に合ってる!


・オーストリア人向けの内輪のジョークとかが、宝塚ならある程度は入れ込める気がする(エリザネタあったか記憶が定かではないが、フランツ・ヨーゼフネタはたくさんあった)。宝塚の客層なら、ウィーンに来たことあるだろうし、ザッハトルテも知ってるだろう。


・しかしあのムキムキのシーンはどうするんだw (ムキムキだけじゃなくて、主役二人の謎の全裸もあるw)


〇影の黒幕?


実は、私の歌の先生が、この作品のスタッフ(演出助手)をやってるわけですが、この作品の海外進出(日本も含めて)について、アドバイスを求められたことがあるんですよ。その直後の2017年10月に書いたツイートがこちら。


===

IAFAの世界進出について相談されたw 元歌が知られてないから世界に版権売れないよね、ウィーンでこんなに人気なのにって言うので、IWNNINYも同じ系統だけど、ハマった人多かったよ!公演期間が短かったから、魅力に気付いた時には終わっただけで、もっと行けたよ!って伝えた。


元歌の知名度と関係なく、音楽がとてもいいのは確かだし、エンターテインメントとしてめっちゃ楽しいのは、国関係ない。NYと同じスタッフ!って前もって宣伝したら、気になる人っぱいいると思うよ!って力説した。あの名曲とパワー、エネルギー、笑いを、日本でも見てほしいよ!先生頑張れ!w


ローカルジョークや訛りを調整すれば、あのダンスの迫力、音楽の良さ、ストーリーのぶっ飛びっぷりは、絶対楽しいよ!しかし話を聞くに、VBW今回は世界に売ること全く考えずに作ったなw しがらみのない方が、自由に濃い作品を作れたりするんだw この個性の偏りっぷりが逆に特徴になってる。


そもそもエリザだって、海外に売るなんて考えずに作ったはずで、だからこそあんなローカル皮肉満載なわけだけど、それ故に英米ミューにない感じで、個性的で人気が出たんだと思う。ローカル過ぎるのは、マイナスではないこともあるのかも。

===


そして、日本公演が発表されてから、歌の先生とやりとりしていた内容がこちら


===

(宝塚で発表されて、ウィーン側はまだ発表されていなかった段階)

今歌の先生とSMSやり取りしてるw もう公式に発表されてることは知らなかったみたいなので、宝塚公式のリンク送ったよw 「クレイジーなアイデアだろ?」(schon verrückt, gell?)ってw スタッフがクレイジーって言うくらいだもんねw 私が日本上演お勧めするまで「国外で上演は無理だろ…」って言ってたしw


(三時間後、ウィーン側でも発表された段階)

歌の先生と裏でやり取りしてるけど、日本側の発表が先で、ウィーン側はそれを受けての発表みたい。第一報を私から受けて、先生は「その話もう解禁?」って感じだったw VBW側の発表がされて、先生も「やっと解禁になったね」ってw

===


劇団側は、明らかに海外進出を考えずに作って、それもシカネーダーの海外進出もぽっしゃった感じだったから、弱気になってた。で、日本のミュージカルファン視点を知っている私に、こっそり聞いてみたんじゃないかな。


そしたら私が謎の日本公演推しw シカネーダーは「キャスト次第では。。お客さん呼べるキャストをシカネーダー役にしたら、そのファンは劇場に来ると思いますよ。。」みたいな感じで言ったんだけど、IAFAは「オーストリアンジョークが理解できなくても、作品のパワーと曲の良さでぶっ飛ばせますよ!海外進出イケイケどんどん!」って感じで、先生が引くほどに「オーストリア人じゃなくても楽しめる!」って言ったので、その気になったのかも。


もちろん、ほかの要素もいっぱい絡んでると思うし、VBWとしてはIAFAよりシカネーダーの方がずっと海外に売りたいはずだから、ここでIAFAのほうが選ばれたのは、日墺150周年の後押しがものすごく大きかったと思うけどね。


というわけで、この日本公演に、私のアドバイスがちょっとでも役立っていればいいなー、と、ウィーンミュージカルに関わるはしくれとして思うわけです。


〇独語記事


ドイツ語ですが、ウィーン劇場協会や、ほかのメディアでも、IAFAの日本公演の話が取り上げられています。


I Am From Austria ab Herbst in Japan←ウィーン劇場協会(公式)

Musical „I am from Austria“ ab Herbst in Japan←オーストリア国営放送

VBW-Musical "I am from Austria" ab Herbst in Japan ←Salzburger Nachrichte


(ひとりごと)


オーストリア国営放送のサイトでは、「2500万人がウィーン劇場協会の作品を観劇したが、うち1/3はアジア人」「日本では、ウィーンミュージカルがひとつのジャンルを形成している」みたいなことが書いてあり、VBWと日本やアジアの強い関わりが強調してあります。


VBW公式の「宝塚歌劇団」の説明が密かに面白いw 「100年の伝統」「上演作品は主にミュージカル、少女漫画(Shojo Manga)の舞台化、日本や中国のおとぎ話など」「男性の役も女性の役も、女性の役者が演じる」だって。Shojo Mangaってドイツ語で書いても皆知らないよw るろ剣とか少年漫画原作の作品もあるよね。


〇CDとかグッズとか


最後に、当店でお取り扱いしている、I AM FROM AUSTRIA関連のCDやグッズをご紹介しておきます。ウィーンでの上演が終了すると(7月以降)、在庫が無くなり次第お取り扱いを中止いたしますので、気に入ったものがある方は、日本公演を待たず、お早めにどうぞ。


I AM FROM AUSTRIA ウィーン版キャストアルバム<2枚組みCD>


I AM FROM AUSTRIA ウィーン版プログラム


ラインハルト・フェンドリッヒ ベストアルバムCD (I AM FROM AUSTRIA元歌)


I AM FROM AUSTRIA Tシャツ(女性用)


I AM FROM AUSTRIA Tシャツ(男女兼用)


I AM FROM AUSTRIA リュックサック


I AM FROM AUSTRIA ケーキキーホルダー&ボールペンセット


I AM FROM AUSTRIA ローデン生地キーホルダー&ペンケースセット


〇最後に。。


今回のIAFA宝塚公演に関しては、やはり宝塚ファンの方から「いったいどんな作品なの?」的な声が聞かれていますし、私の正直、このぶっ飛んだ作品を宝塚で上演してどんな感じになるのか、想像もつきません。


けど、宝塚だからこそ、内輪ネタや、あの世界観をうまく処理して、楽しいエッセンスを存分に発揮できるようにしてくれるだろうという、安心感があります。


オーストリア人しか知らない背景知識満載のエリザベートを、あそこまで日本人に受けやすく作り変えてくれた宝塚ですから、今回も膨大な内輪ジョークも、ちゃんとわかるように仕込みなおしてくれると思います。


あのネタは日本版ではどう変わった?的な側面からも知りたいので、この作品は絶対映像で見てみたいです!(上演時期に一時帰国ができないので。。)また上演時期には、ツイッターなどでのレポ、感想を読み漁ろうと思います。


そして、この機会にフェンドリッヒの名曲の数々を、日本の皆さんに触れていただけたら、一ファンとしてとてもうれしく思います。


日墺友好150周年万歳!(笑)



応援クリック ありがとうございます!


オーストリアの非公式の国歌と言われる、ラインハルト・フェンドリッヒ作詞作曲、「アイ・アム・フロム・オーストリア」の歌詞を訳してみました。

 

オーストリア人の中では、国家の次に重要な曲が「美しき青きドナウ」で、その次に大事なのがこの曲です。

 

フェンドリッヒの他の曲と同様、この曲も歌詞はウィーン弁で書かれているので、普通のドイツ語を知っているだけでは、読み解くことはできません。だから、この歌詞を翻訳できるようになるまで、記事にするのはずっと待っていたという経緯があります。

 

私は歌詞の意味を知って以来、この曲を聞くと自然に涙が流れてきてしまいます。そんな曲は、Udo JuergensのIch war noch niemals in New Yorkとこの曲だけです。

 

Ich war noch niemals in NYはこちらで以前和訳しましたので、ご覧ください。私の大好きな二曲が、どちらもミュージカル化され、曲名が作品名になっているのも感慨深いものです。

 

●翻訳の種類

 

歌詞は、Fendrichの公式サイトから取ってきました。妙なドイツ語のスペリングに見えるのは、ウィーン弁をそのまま文字にしている歌っているからです。

 

まずは歌詞を見て、日本語のこなれた感を出さず、独語の流れのまま日本語に置き換えてみました。(翻訳A)

 

それから半年ほど置いて、気分が乗った時に、日本語として「詩」らしく聞こえるように書きなおしました。(翻訳B)

 

両方読み直してみると、翻訳Bの方がかっちりとまとまってはいるのですが、文字が少なく漢文っぽい感じで、ちょっとよそよそしい感じになっています。一応こちらを第一の訳としますが、何となくウィーン弁ののんべんだらりとした感じが出ていない気もします。

 

なので、敢えて日本語として未熟な翻訳Aも、その後に載せています。こちらの方が日本語は荒いですが、独語のロジックの流れや、感情の揺れのようなものは感じ取れるかもしれません。

 

というわけで、色々とこだわりはありますが、歌詞を読んで、感じてみてください。

 

●独語歌詞

 

Dei´ hohe Zeit ist lang vorüber
und auch die Höll´ hast hinter dir,
vom Ruhm und Glanz ist wenig über,
sag´ mir wer zieht noch den Hut vor dir,
außer mir.


I kenn´ die Leut´,
i kenn´ die Ratten,
die Dummheit,
die zum Himmel schreit,
i steh´ zu dir bei Licht und Schatten,
jederzeit.


Chorus:
Da kann ma´ machen was ma´ will,
da bin i her, da g´hör´ i hin,
da schmilzt das Eis von meiner Seel´
wie von an Gletscher im April.
Auch wenn wir´s schon vergessen hab´n,
i bin dei Apfel, du mein Stamm.
So wie dein Wasser talwärts rinnt,
unwiderstehlich und so hell,
fast wie die Tränen von an Kind,
wird auch mein Blut auf einmal schnell,
sag´ ich am End´ der Welt voll Stolz
und wenn ihr a wollt´s
auch ganz alla -
I am from Austria
I am from Austria


Es war´n die Störche oft zu beneiden,
heut´ flieg´ ich noch viel weiter fort,
i seh´ di´ meist nur von der Weiten,
wer kann versteh´n
wie weh das manchmal tut.


Chorus:
Da kann ma´ machen was ma´ will,
da bin i her, da g´hör´ i hin,
da schmilzt das Eis von meiner Seel´
wie von an Gletscher im April.
Auch wenn wir´s schon vergessen hab´n,
i bin dei Apfel, du mein Stamm.
So wie dein Wasser talwärts rinnt,
unwiderstehlich und so hell,
fast wie die Tränen von an Kind,
wird auch mein Blut auf einmal schnell,
sag´ ich am End´ der Welt voll Stolz
und wenn ihr a wollt´s
auch ganz alla -
I am from Austria
I am from Austria

 

I - Texte - Musik - Rainhard Fendrich

 

●日本語訳(翻訳B短いバージョン)

 

最高の時は過ぎ去り
地獄の時も既に過去のもの
栄華と輝きはないに等しく
敬意を表す者も他にいない
あなたに帽子を取るのは

私一人だけ

 

私は知っている
その民衆もドブネズミも
天に向かって叫ぶような
耐え難い愚かさも
光でも闇でも
私はあなたの側にいる

いつでも

 

(リフレイン)

動かすことのできない事実
ここは私の故郷。私の属するところ

4月の氷河のように
わが魂の氷が溶ける場所

 

たとえ忘れてしまったとしても
私はリンゴで、あなたはその幹だ


抑えがたく、清く
まるで子供の涙の様に
水が谷に向かって流れるように
そんなふうに一気に早く
私の血は流れるだろう

 

世界の終わるとき、誇りをもって

望むなら
たった一人になったとしても、

私は言う
アイ・アム・フロム・オーストリア

 

 

コウノトリを羨んだこともある
私はもっと遠くまで飛んできた
あなたを遠くから眺めるしかない
誰がわかってくれるだろうか
時折感じるそのつらさ(苦しみ)を

 

(リフレイン)

 

===

 

●日本語訳(翻訳A長いバージョン)

 

最高の時はずっと前に終わってしまった
そして、地獄の時期も過ぎ去った
名声と栄光はほとんど残っていない
誰があなたなんかに帽子を取って敬意を示すのか
私の他に

 

その人たちのことを知っている
そのドブネズミたちのことも知っている
耐えられないような(天に向かって叫びたくなるような)愚かさも。
光でも闇でも、私はお前の味方に付く
いつでも

 

(リフレイン)

もうどうすることもできない
私の故郷。私はそこに属している

私の魂の氷が溶ける
4月に氷河が溶けるように

 

もうみんな忘れてしまったとしても
私はリンゴで、お前はその幹だ


水が谷に向かって流れるように、
いやおうなしに、そして清く(きらきらと、明るく)
まるで子供の涙の様に
そんなふうに私の血は一気に早く流れる


世界の終わりに、誇りをもって
そして、たった一人になったとしても、
私は言う
アイ・アム・フロム・オーストリア

 

 

(遠い外国まで飛んでいく)コウノトリがうらやましいと思ったこともある。
しかし今私はもっと遠くまで飛んできてしまって、
あなたを遠くから眺めるしかない
それがどんなにつらい事か
誰がわかってくれるだろうか

 

(リフレイン)

 

●動画


私がその場にいて実際に聞いて、とても感動した、2007年のドナウインゼルフェストでのI am from Austriaです。



●感想とか

 

どちらの翻訳が好みでしたか?その日の気分によって、好みは変わる気もします。

 

オーストリア人は、コンサートでこの曲がかかると、国歌斉唱と同じように、胸に手を当てて歌うんです。その光景を見た時には感動しました。

 

ちょっと気になった点や、私なりの解釈をまとめておきます。

 

・呼び方

 

オーストリアに対する国の呼びかけとして、翻訳では「あなた」と訳していますが、独語ではDuと親しみを込めた呼び方をしています。「君」と訳してもなんだかしっくりこないので「あなた」にしていますが、敬語ではなくタメ口で、友人のように話している、という口調です。

 

・歴史の比喩

 

オーストリアの歴史を知って、この歌詞を読み解くと、比喩が何の事を示しているのかはすぐにわかります。

 

最高の時は過ぎ去り
地獄の時も既に過去のもの
栄華と輝きはないに等しく
敬意を表す者も他にいない

 

上記の「最高の時」や「栄華と輝き」はハプスブルク時代、地獄は第二次世界大戦のドイツ併合から敗戦、再独立までの年月。「敬意を表す者もいない」とは、アルプスの小国に成り下がって、「オーストリア?それどこ?」と言われるようになってしまった事を指します。

 

欧州随一の帝国が、今では名もなき小国。なのに「私」だけは、帽子を取って敬意を示す。コンサート会場では、この「私」はオーストリア人全員ですので、みんな帽子を取る仕草を無意識にしていました。

 

 

私は知っている
その民衆もドブネズミも
天に向かって叫ぶような
耐え難い愚かさも

 

上記の「ドブネズミ」とは、ズルく汚いヤツ、オーストリアの歴史上の人物事でしょうし(もしかしたら特定の近代史の人物かもしれませんしね)、「耐えがたき愚かさ」も、オーストリアの近代史を思い起こせば、ドイツ併合後に行われた、ホロコーストの類の事を示しているのでは、と想像できます。

 

もちろん比喩からの想像は、聴衆の自由ですので、私が近代史に限って想像を働かせてしまう以外の解釈もあるかもしれませんが、一番オーストリア人の頭に浮かびやすそうな歴史、ということで考えてみました。

 

・自然の比喩

 

抑えがたく、清く
まるで子供の涙の様に
水が谷に向かって流れるように
そんなふうに一気に早く
私の血は流れるだろう

 

また、リフレインで「谷」「川」「氷河」等の比喩が多用されますが、これはもちろんオーストリアのアルプスを意識していて、「リンゴ」はオーストリアの名産品です。

 

川の流れが「血」と重ねられている比喩がありますが、この川を「ドナウ河」と連想するか、アルプスの峰から流れる清流と思い浮かべるかは、その人の住んでいる場所によっても異なるかもしません。

 

氷河→雪解け水→川の連想ですとアルプスですが、「美しき青きドナウ」→Wiener Blut(ウィーン気質)とシュトラウスつながりとも考えることはできそうですね。子供の涙の様に、などの比喩もありますので、雪解け水の方がイメージは合いそうですが。

 

・コウノトリの比喩

 

そして、2番で意外な事実が明らかになります。この歌の「私」は、オーストリアに住んでいるわけではなく、国外在住のオーストリア人という設定だったのです。

 

「コウノトリ」もオーストリアの夏の風物詩で、ルストなどのオーストリア南部に6-8月の間だけ巣を作ります。オーストリア人であれば、コウノトリ=遠方から来た、という連想が働きます。

 

参考:毎年夏にコウノトリが飛来するルストに関する記事

 

そして、そのコウノトリよりも故郷から遠いところにいる「私」。愛する故郷を遠いところから眺めるしかない、故郷を想う気持ちは、海外在住者にとっても心を打つ一節となっています。

 

そして、だからこそ、この歌のタイトルが英語のI am from Austriaなんですね。海外在住(おそらく内容から言ってアメリカ?)のオーストリア人が、「何人ですか?」と聞かれて「アイ・アム・フロム・オーストリア」と答え、その知名度の低さに慣れてしまいつつ、こみ上げる故郷への思慕と尊敬を歌にしたもの、と考えることができるでしょう。

 

●まとめ

 

歴史を示唆する比喩の巧みさ、血と重なる自然の美しさ、故郷を外から見た時の思慕の念、唐突に挟まる英語詞の謎解き。全てが重なりあい、意味を成し、独特のアクセントで歌い上げることで強調される感情の波。

 

どこの国にいても、自分の「幹」になる国があり、その国の歴史も自然も愛し、自分の「ことば」がある。

 

オーストリア人の心にぐっと響く歌というだけでなく、海外在住者が生まれ育った国を思い出す気持ちも重ね合わされ、国境を越えて多くの人の心に訴えるのではないかと感じました。

 

フェンドリッヒには、他にもオーストリア愛、ウィーン愛に満ちた歌が沢山あります。もし興味を持たれたら、他の歌も聞いてみてくださいね。

 

ラインハルト・フェンドリッヒ ベストアルバムCD "So Weit So Gut"

 

アイ・アム・フロム・オーストリア ウィーン版キャストアルバム<2枚組みCD>

 

応援クリック ありがとうございます!

 

ウィーン新作ミュージカル「アイ・アム・フロム・オーストリア」に関して、フォロワーさんから「聞き取りが苦手で、元歌わからなくても楽しめるかなあ・・」というご質問がありましたので、お答えします。

 

聞き取り元ネタ問題は心配ご無用だと思いますよ!とにかく視覚と曲で楽しめます!元歌はベストアルバム一枚聴き込めば予習としては十分だと思います!

 

私も持ってるのはこのベストアルバムだけですが、これで十分です♪

 

ラインハルト・フェンドリッヒ ベストアルバムCD "So Weit So Gut"

 

というわけで、元歌歌手のラインハルト・フェンドリッヒが作った曲のことについて、とりとめもなくつぶやいたのをまとめておきます。

 

●Fendrichの元歌や経歴について

 

ノリのいい曲も多めだし、かと言って名曲のバラードもしっとりとしていいし、やっぱりFendrich素晴らしいよ。こんなに長い期間オーストリア人に愛されるのホントわかるよ。スキャンダルもあったけど、それでも彼の歌を聴きたい。みんなで歌いたい。

 

Fendrichって、そもそも元々はミュージカルの人なんだよね。ウィーン版シカゴのビリーww お似合いすぎるww このライムント劇場だったんじゃないかな。Fendrichもシカゴも好きだし、めっちゃ見たかったなー。CDはもちろん持ってて、聞いてはニヤニヤしてるw (残念ながら現在は廃版です。。)

 

66090

真ん中のビリー役が若かりし頃(1999年)のFendrich

 

Fendrichで有名な曲を3つ選ぶとしたらなんだろう。I am from Austriaは永遠の一番として、Wien bei Nachtと、Macho MachoとBlondとBergwerkと。。あれ?もう5曲w

 

途中で、スキーしよう!ってセリフがあって、隣の兄ちゃん含め客席がSchifoan来る!って色めきたって、来なかったから、帰宅して夫に、Schifoan無かった。。って言ったら、それFendrichじゃなくてAmbrossの曲wっていわれたw 私としたことが! ww

 

オーストロポップの2枚組CD買ったら、Fendrich, Ambross, Danzer, Falco, STSとかの定番が沢山入ってるよ。シュラーガーとは別ジャンル。ドイツや日本でどのくらい知られてるんだろうw

 

Wien bei Nachtは独語の教材によく使われるかな。外国人に向けて作られたこの曲以外のFendrichの曲は基本ウィーン弁で、歌詞のスペルも独特だから、慣れないと解読も聞き取りもなかなか難しい。ローカル地名とか沢山出てくるし。わかった時のニヤニヤ感は格別w

 

●知名度とかスキャンダルとか

 

Fendrichの歌手としてのすごさと人気は、日本の歌手で言うと誰かなーと思ったけど、チャゲアスがちょうどいいかな?Fendrichは自分で作詞作曲して歌ってるソロアーティストだし、チャゲアスよりヒット曲も多くて芸歴も長いけど、長く活躍して、知名度高い曲が多いって点では似てる。

 

Fendrichは第二の国歌であるI am from Austriaの生みの親ってだけで、あまり日本に比較対象がいないんだけど(日本のポップソングで第二の国歌と言える曲ってなんだろう?)、10代から70代まで誰でも数曲はサビを歌えるレベルの超有名歌手なわけです。

 

チャゲアスを引き合いに出したのには別の理由があって、Fendrichも覚醒剤で捕まってるのwその時は国民的歌手の大スキャンダルで、もうメディアは大騒ぎ。2,3年位静かにしてたけど、その後は普通に復帰して、コンサートツアーも野外コンも普通にやってる。もうみんな気にしてない感じ。

 

●まとめ

 

けっこうとりとめのない感じですが、ひとまず、オーストリア人にとってフェンドリッヒという歌手がどういう位置づけなのか、わかっていただけたでしょうか?

 

ミュージカル界と縁が深く、おまけに超有名なシンガーソングライターです。スキャンダルにもかかわらず、やっぱりオーストリア人に愛されているフェンドリッヒは、やはり歌詞と曲が最高です。。

 

 

ロミオ&ジュリエット ウィーン版 全曲版CD<2枚組>

 

ニューヨークに行きたい!!ウィーン版ライブCD

 

ラインハルト・フェンドリッヒ ベストアルバムCD "So Weit So Gut"

 

 

応援クリック ありがとうございます!

 

 

ああ、IAFA楽しすぎて、夢にルカス出てきたw なんかあの話の新登場人物として私が友達の立場で入り込んで、それが日常になる感じの夢w 普通にルカスが「今からみんなで飲みに行くから迎えに来た。まだ寝てるの?」みたいなw

 

という感じで、まだ頭が興奮冷めやらぬ感じですが、アイ・アム・フロム・オーストリア プレビュー初日のキャストの感想行きますー。

 

一つ前の記事「ウィーン新作ミュージカル「アイ・アム・フロム・オーストリア」I am from Austriaプレビューレポ①みどころ、演出、お勧め度

 

その他関連記事:

舞台はウィーン! ウィーン新作ミュージカル「I am from Austria」記者会見とツッコミ

舞台はウィーン! ウィーンでダンス・オブ・ヴァンパイヤ再々演!&2017年秋新作紹介(ちょっと古い情報ですが・・)

 

 

プレビュー初日9/13のキャスト表ですー。サッカー選手Pabloを除いて全員オーストリア人です。

 

DJ2Yl02WsAEuwup_thumb[1]

 

●Josi Edler(Lukas Perman)

 

主演ルカス。一応ヒロインが主役だけど、ルカスほぼ出ずっぱり。Josi Edler(ジョジ・エドラー)という、ホテルザッハをモデルにしたとしか思えない老舗ホテルの御曹司。キャラが薄いので、過去とか性格とかイマイチわからないんですが、クールで落ち着いてていいヤツなのにボクちゃんw

 

とにかく金持ちで欠点もなく、経営の才能なら、弱者の味方やら、いい事しかないw なのに友達全然出てこなくて、困ったら全部パパに相談w パパがまたお人好しで押しに弱いタイプのいいヤツで、Josiの将来はパパにソックリの性格になる未来しか見えないw 本名に客席唖然w

 

何かところどころマークに似てて(特に横顔)、跪いて好きな人の顔を見上げるところとか、そっくり!体格も似てきたし、謎の裸披露ももちろんありwマークほどではなくがっしりしてるけど、体勢によっては巨乳でびっくりした! この劇場でルカスといえば、全裸疑惑のRJのオマージュだねw

 

歌声は少し変わった気がした。低音にハスキー気味の迫力が出て、高音の透明感は少なめ(高音聞かせる歌自体少なめ)。ロミオの頃から10年経ってるしねー。最初の方のダンスシーンの激しめのソロのドス聞かせるところが、めっちゃロックでカッコよかった!これは新しい一面を発見して嬉しい!

 

●Emma Carter (Irena Flury)

 

ヒロインのエマ・カーター。オペラ座舞踏会に出るためにウィーンに来た、実はオーストリア出身のハリウッド女優。まあ典型的な、自由になりたい系有名女優w やり手のマネージャーが、同じホテルに宿泊する世界的サッカー選手との婚約発表をしようと目論むが、本人はタランティーノの映画に出たい。

 

エマのぶっ飛びっぷりがなんかもうカオスw この人なんかおかしいw 常識人でいつも冷静なJosiが振り回されてるって設定なのかこれw エマがあんなにおかしな行動とっても、あまり慌てないJosiもそこそこおかしくないかw なんか、これやりすぎ!って思ってる私が変なのかw

 

ケーキ拾うくだり、厨房での謎の歌うケーキ(プロデューサーズの鳩並みの衝撃w)、夜のウィーンは受け身だとしても、その後のムチャクチャな逃避行からの、「ここはパパと私の隠れ家」ってw 絶対設定おかしいやんw これはツッコンだら負けの流れですか?おまけに多分一瞬小道具の胸見えた。

 

ほんと意味不明だけど謎に楽しいこのキャラ。あんなにソロ多いのに、何考えてるかわからないw Josiのこと好きな理由は、オーストリア人でいい人だからみたいだし、それなら別にほかのオーストリア人でもいいんじゃない?けど「タンゴ」はかっこよかった。

 

歌声は声が大きくてよく響くんだけど、キンキンしてる事もあって少し荒い。Marjanの方が高音にマイルド感があって、ルカスの声との相性はいいかも。IAFAは一番重要な歌だけによく歌いこんでいて素晴らしかった。これは泣かせに来た。素晴らしい。

 

●Richard Rattinger: Martin Bermoser

 

エマのマネージャーが唯一の悪者なんだけど、この人後半でわかったけど歌上手い!声好み!多分パパ以外で一番歌声が好き。もっと悪いソロください!(笑)

 

●Wolfgang Edler(Andreas Steppan)

 

Josiのパパ。ホテルの婿養子で冴えないおじさん。妻がホテルオーナーで、いつも尻に敷かれてる。この両親の関係修復がサブプロットになるわけだけど、ただの中年の倦怠期じゃないの?(笑)押しに弱い人の良い目立たないパパで、役者さん自身は弾けてる人だから意外だった。

 

このパパの歌声が元歌のFendrichにそっくりで、アクセントとか高音の伸ばし方とか、もうめちゃくちゃ上手いの!この人をキャスティングした時点で、ファンを味方につけたね!パパからママへの一方的なラブソングでショーストップ!!パパすごい!更に、Strada del solも爆笑!

 

ルカスがファザコンで、色々相談したり、悩みを打ち明けたりしてるんだけど、絶対似たもの親子だわこの2人。これ将来ホテルの経営大丈夫かw

 

●Romy Edler: Carin Filipcic

 

ママ役でホテルの経営者のCarinさん。10年たってるのにRJの頃から若返ってるw 聞かせるソロが少ないのが少し残念。キャラもまだ薄いし、笑いもあまり取れてないので、今後に期待!ホテルザッハのアナ・ザッハがモデルだから、やりにくいのかもなー。

 

●Elfie Schrat: Dlores Schmidinger

 

コンシェルジュのオバチャン、エルフィー・シュラットw 一番笑いをとる、裏の主役w 苗字がシュラット?ってピンとくる人いるよねw オーストリアの歴史上の有名人が尽く顔見知りという、年齢不詳な物知りおばあちゃんw 歌下手くそなのにソロあるw それもその下手さがいいw とにかく役得で最強w

 

つかみのジョークが「ロミ・シュナイダーに役を取られたのよ私ゃ」「え?シシィ役を取り合った仲?」「いや、スイミングプール」www 邦題「太陽が知っている」。アランドロンと共演した映画で、昔テレビで見たことあったけど、まさかここで笑うための布石とはw 人生何が役に立つかわからんねw

 

他にもシュトラウスとかいろんな有名人が思い出に出てきては、嘘かほんとかわからないホラ話が愛されるおばあちゃんw 経験の長い舞台女優・俳優をミュージカルにほりこむと、不思議な効果が生まれるから、私は結構好き。

 

●Felix Moser: Matthias Trattner

 

従業員でJosiの友人(舎弟?)のFelixは曲者。この人ウィーン弁きつすぎてほんとわからん!ほかの人はオーストリア訛りではあるけど、ウィーン弁ゴリゴリではないので、普通に聞き取れるけど、この人なんなん!諦めて字幕見るしかないやん!そんなに方言キツイなら私も関西弁でレポ書いたるわ!

 

彼女のアンナ(登場しないキャラ)を誘おうと頑張るキャラなんだけど、おばあちゃんとの会話を聞いてるアルゼンチン人のサッカー選手が最後に「全然わからなかった!」って言うのがもう爆笑w これは確かに理解不能w オーストリア訛りとウィーン弁の違いのラインがはっきりわかるね!

 

●Pablo Gracia: Fabio Diso

 

アルゼンチン人サッカー選手Pablo。Joseの恋敵かと思いきや、ただのナルシスト的イイヤツで、オチは読めてたw ムキムキでマッチョでスポーツマン。全裸ありw サッカーボール芸からランニングマシン芸やら、芸達者w 嫌いになれないかわいいキャラw

 

●Reiner Berger: Martin Berger

 

Martin Berger忘れてた!名前のないはずの警察官キャラに名前がついてたw 警察のシーンはキャッチミー思い出して大好きだよ♪警察はごちゃごちゃ動き回って何の役にも立たないという元歌がいい仕事してるwアンサンブルでひとり大きい人だから、見ててよくわかるけど、いい感じに目立ってる。Martin Parschingもそこここにいるよ。

 

 

劇場外壁のポスター類はこんな感じでまだ少なかった。何故かパブロ(サッカー選手)の写真ばっかりで、ルカスの写真ばっかりはまだない。誰が主役なんだかw

 

 DJ2YXkXXoAAMlX4_thumb

 

●キャスト編まとめ

 

というわけで、ルカスファンの方には、大人の男に生まれ変わったルカスの姿をぜひ見てほしいです!久々の主役!結婚、育児を経て、素敵な30代の色気たっぷりで、若いころからの彼を見ていると、本当にいい男になってきたなあと思います。

 

他のキャストも個性が強く、もちろん歌声は最高です!おまけに言葉がわからなくても視覚だけで十分楽しめる舞台なので、ウィーンにいるけど夜何しよう・・と思っている人がいたら、ぜひ、ぜひ、ライムント劇場に足を運んでみてください!満足度ではかなりのものです!

 

(次の記事は元歌の歌手フェンドリッヒについてのトリビアです)

 

ロミオ&ジュリエット ウィーン版 全曲版CD<2枚組>

 

ニューヨークに行きたい!!ウィーン版ライブCD

 

ラインハルト・フェンドリッヒ ベストアルバムCD "So Weit So Gut"

 

 

応援クリック ありがとうございます!

 

ウィーンミュージカルファンなのに、夏の間ウィーンミューレポ少なめでしたが、やっとシーズン始まりました!

 

この9月には、ダンス・オブ・ヴァンパイアの再々演がRonacher劇場で、新作アイ・アム・フロム・オーストリアがライムント劇場で初日を迎え、ウィーンミュージカルファンにとっては忙しい時期になりました。

 

アイ・アム・フロム・オーストリアは、オーストリア人シンガーソングライター、ラインハルト・フェンドリッヒの超有名な名曲を集めた、ジュークボックスミュージカル。

 

キャストはほぼ全員オーストリア人で、内容もオーストリアローカルネタ満載の、オーストリア愛に満ち溢れた作品となっています。

 

アイ・アム・フロム・オーストリアの事前情報に関しては、以下の記事をどうぞ。(時系列だと上が最新になります)

 

舞台はウィーン! ウィーン新作ミュージカル「I am from Austria」記者会見とツッコミ

舞台はウィーン! ウィーンでダンス・オブ・ヴァンパイヤ再々演!&2017年秋新作紹介(ちょっと古い情報ですが・・)

 

それでは、プレビュー初日を見てきましたので、つぶやいたレポをまとめておきます。

 

===開演前===

 

I am from Austriaのプレビューでライムント劇場に来てます!完全新作のプレビュー久しぶりーと思ったけど、シカネーダー以来なのでちょうど一年ぶり。

 

アイ・アム・フロム・オーストリアのプレビューの日のライムント劇場。

DJ2XvjtW4AIea95

 

 

アイ・アム・フロム・オーストリア、略称はIAFAしかない訳だが、どうしてもIAEAに見えて使いにくいよw

 

===幕間===

 

IAFA幕間。一幕前半は、これはもう底抜けに明るく楽しく、ローカルな笑いと懐メロ三昧の作品なのかと思ったら、一幕ラストで社会問題来た!一気に主人公のキャラが深くなり、物語の深みが出た!よくここまでバカっぽさを引っ張ったよ。。この展開は予想してなかった。。

 

幕間ではまだ全くなんとも言えない。一幕途中までは、ああ、NYとシカネーダーのミックス?って思ったけど、なんかそれも違うなぁ。笑いはかなり多いし、一幕後半になるにつれて出てくる曲も前奏でみんなあ~!ってなって、客席に謎な連帯感が生まれてる。これはまだ読めない!

 

開演前のライムント劇場。赤い幕の手前にあった緞帳は、今回は使わない模様。3階席ほぼ最後列でしたが、見切れる場面はなく、とても良く見えます!

 

DJ2ZOpmXoAE019x

 

===観劇直後===

 

アイ・アム・フロム・オーストリアやばいやばい!力技でねじ伏せに来た!これはすごい!色々細かく見たら脚本とか気になる点も山ほどあるのに、すごさが上回ってなんかすごいもの見た!って気分がする!冷静になれ私w ダメだ、すごい所ばっかり思い出してしまうw

 

●良かった点

 

あーやばすぎるこの作品w まず歌が良すぎる!!絶対に泣く歌が二曲も入ってる上に、タイミング絶妙!!こんなん号泣するに決まってるわ。

 

更に、演出と舞台美術がすごすぎる!!ずっとビックリし続けてた!すごすぎて爆笑しすぎて、前の手すりで頭打ったww ありえない規模のセットww

 

今でもあのセットのバカバカしいほどの大風呂敷っぷりに思い出し笑いww よくあんな次から次へとクレイジーなアイデアが飛び出すわ。頭が追いつかないほどの派手な演出だと、人は爆笑するしかないのねw バックステージツアー行きたいー!

 

演出やセットがすごいと、言葉がわからなくても楽しめるから、ルカス見に行こうかなーって思ってる人には超オススメ!絶対後悔しない満足度!このお腹いっぱい感は、私の今日のチケット代の29ユーロでは申し訳ないくらい。100ユーロくらい出す価値あるこれは!

 

3番目に特筆すべき点は、めくるめくローカルジョークとオーストリアネタw 客席爆笑に続く爆笑w 元ネタ知らないと笑えなかったり、そもそもウィーン弁ジョークもあるけど、見ただけでわかるネタも結構あるよ!ウィーン愛、オーストリア愛たっぷりで、始終ニヤニヤが止まらないww

 

第4点はダンスシーンの多さと激しさかなー。少し多すぎた&ワンパターンっぽいところもあったけど、「サッカー」と「ジム」と「タンゴ」はすごい大盛り上がりだった!さすがキム・ダディ!特に「ジム」は、彼女らしさがすごく出てて好きなシーン♪

 

●気になった点

 

このすごいパワーと派手さに圧倒されすぎて、忘れてしまいそうなんだけど、気になる点も沢山あった。まず、脚本の粗。はい、すみません、またS氏ですw 本当に私はS氏の脚本苦手。特にクンツェ脚本のドンカミッロの緻密さと楽しさを知ってしまった後では。

 

まあそれでも、シカネーダーよりずっと笑いが多かったし、観客も爆笑の連続。仕込んだ玉も多いし、命中率も高かった。けどまあ、ウィーンネタのジョークは、ドイツ人のS氏が思いつかない気もするし、ほかの人がワークショップとかで出したネタとかなのかも。とにかく笑いはスゴかった。

 

しかし、ストーリー自体がね。。ザ・ジュークボックスミュージカル!って感じで登場人物のキャラが薄い。。主人公二人がなんであんなに好き合うのか全然わからん。。打算かもとか、金目当てとか、絶対思うよあの状況じゃ。二人共モテそうだし、ほかの人でもいいじゃん?ってめっちゃ思ったw

 

なんかね、狭い世界のほんの少ない人数で話が回ってるの。ルカスなんてウィーン地元なんだし、絶対親友とか元カノとかいるはずなのに、そんなキャラ出てこないの。ひきこもりニートだったとしか思えないキャラ設定w いや、ちょっとしたいい人エピはあるけど。

 

ヒロインも相変わらずのステレオタイプだし、悩みとかよくある感じ。ここでドンカミッロなら5倍くらい裏話作って話を膨らませるのに!それにNYのヒロインと同じキャラ設定じゃない?ほんと主人公2人の魅力が私にはわからなかった。

 

二番目の難点は、長い。19:30開演で22:15終演だから、エリザ並。一番盛り上がるのは一幕後半から二幕前半だから、それ以外の部分はかなり長く感じる。有名な曲は二番まで歌うし、ダンスシーンも多くて派手だけど、ちょっと多すぎる気が。。マッチョとスポーツとか、似たテーマの曲も多い。

 

三番目の難点は、ソロの割り振りって言ったらいいのかな。ソロの多い人と少ない人のバランスがイマイチ。ヒロインとパパはソロ多め。パパは元歌歌手Fendrichにソックリの歌い方でショーストップだったし全然多くていいんだけど、ヒロインソロ3曲、ルカス1曲なのはバランス悪いな。

 

ルカスは正確に言うと熱唱系バラードソロが1曲、大部分がソロの熱唱デュエットが1曲、アップテンポのダンスナンバーが1,2曲。けどダンスの曲はコーラスはアンサンブルだしね。以前と声質が変わってる。

 

あと、ママ役のCarin Filipcic!CarinさんAlternierendなので、見れてラッキー!ライムント劇場の舞台で彼女を見るってことは、RJ乳母とレベッカのオバチャンが重なるわけだけど、かなり違う役で、ソロも1,2曲。もったいないーー!!もっと聞きたいよー!

 

これは難点というより好みだけど、登場人物が多めで、脇役キャラが立ってて、恋愛ドタバタで、最後3カップル以上出来てるコメディが好きな私としては、最後もう1,2組くっついて欲しかったよ!ルカスの元カノ役作って悪役とくっつけるとか、ルカスの親友役作ってゲイとくっつけるとかw

 

あとばあちゃんが警官Martin Bergerとくっついたら最高だわ。なんでくっつかなかったんだろう逆にw 最初からセリフ&歌の役と、ダンサー&コーラスを分けて採ったわけだけど、ダンサーからキャラの立った脇役を4,5人出して欲しかったなぁ。

 

●ドン・カミッロちょっと思い出したり

 

IAFAは脚本の粗を、舞台の派手さでぶっ飛ばしてお腹いっぱい感を出す系、ドンカミッロは脚本の緻密さで脳を活性化させ、幸福感で満たすって感じ。ドンカミッロは脳→心、IAFAは目→心って感じです。

 

IAFAは見た目でほとんど分かるので、子供から十分楽しめますし、もちろん言葉がわからない外国人にもピッタリです。ドンカミッロはその分、台詞の理解ができないと厳しいものがありましたね。

 

IAFAすっっっっごく楽しかったんですが、劇場でドンカミッロのことをすっかり忘れてて「いや、もっと楽しいの最近見たけどなんだっけ?あーーー、ドンカミッロ!あれを超える作品はクンツェ氏にしか書けないわー!」ってなって、去年に戻りたくなりました。ドンカミッロは別格ですね。。

 

●好きなシーン(微妙にネタバレしてますが、一番のネタバレはしてません)

 

という感じで、気になる点もあったIAFAですが、とにかくセットと演出で全部ぶっ飛んだ。もうあれを自分の目で見たのが信じられないw VRとかARとか出てこないのかなーと思ってたけど、それを超えてきた!それも途方もないバカバカしさでw 山羊w

 

ウィーンの夜のシーンも大好き。いきなりBitzinger(ウィーン一有名なソーセージ屋台)出てきて爆笑w 照明つく前にわかってしまったよw スポンサーですかw フィアカーもそこそこ出てくるよ!しかし、あのルカスのいい人エピがいい感じで挟まってる。kein Heimatの歌を入れてくるのは、VBWやるなぁ。。

 

ほんと、VBWは一貫して難民問題に関しては、人道、寛容の立場を貫いてるのはほんとにすごい。政治や宗教を笑ったりもするけど、弱者やマイノリティの味方だってメッセージをちゃんと作品に入れ込んできてくれる。そういうところ、応援しようって思う。

 

ショービジネスってゲイが多かったりして、元々マイノリティが強い業界なんだよね。だから、元々マイノリティ側の主張が作品に出てたけど、ハレルヤロックス→ドンカミッロ→IAFAの流れは、今の世情の中で政治的立場を明らかにしてると言える。前任総監督の文化大臣転身とか、裏も色々あるよねw

 

しまったまた勘ぐったw まあVBWの政治的立ち位置は隠してる事じゃないからいいけど、この傾向がS氏の影響だとすると、ちょっとS氏を見直すかもなー、なんて思ったり。

 

あの前代未聞のすごいシーンは、あまりのクレイジーさに爆笑したけど、その次のシーンの号泣っぷりもすごかった。上げて落とす効果!この曲は絶対和訳する。もうずっとしなきゃって思ってたけど、普通のドイツ語じゃないから難しくて後回しにしてた。けど、これはしないとダメだ。絶対泣く。

 

この作品一番の見せ場のメモを見返すと、wwwwwが無限に書いてあるw(ここで爆笑しすぎて前の手すりでおでこぶつけたw) さらに次の曲で「これは泣くしかない」って書いてるw 完全にエモーションが笑いと涙に振り切れてたw だって何もなくても泣ける曲なのに、この感情の振れ幅!泣くしかないよ!ミュージカルって素晴らしい。。

 

次のシーンで技術問題発生w 巨大セットが電動で回らなくて、舞台上のルカスとヒロインが気づいて、ヒロインが必死で時間稼ぎ。グーグルマップで調べよう、あれ電波ない?とか、ほんとフォローうまい!けど、スタッフ5人で人力で回したから、客席にもバレたけど、盛大な拍手!

 

プレビューだし、マシントラブルは多かった。この人力回転が一番目立ったし、すごいフォロー力に感動したけど、他にも映像が映らなくて「例外処理」って表示されたり、なんかミニ爆発があったりしたけど、どれもリカバリ早くて、舞台人の落ち着きに感動。けど、こんなにミスの多いプレビューも珍しいw

 

あと、「鉱山」の歌は素晴らしい。これはもう歌詞見て号泣だね。これ聞き取るのは至難の技だから、素直に字幕見るだけで泣ける。なんて素晴らしいラブソング。こんな夫婦でいたい。けどなんでこの主人公達、出会ったばかりで熟年夫婦みたいなラブソング歌ってるのかな?(笑)

 

●オススメ度

 

IAFAは誰が見ても楽しめると思うからお勧め!ほとんどの客席が湧く場面は視覚によるもので、とにかく見てセットとダンスの派手さを楽しむ作品です!ドイツ語分からなくても、客席の他の人と同じレベルで楽しめて、満足度もかなり大きいです!

 

まあ言うても、Ich war noch niemals in New York(ニューヨークに行きたい!!)と同じ脚本&演出ですから、似た系統になるのは分かってたとして、あのセットの派手さはなんなんですか(笑)NYでも相当派手だったけど、今回はすごいお金も掛かってるし、派手な上にドン!ドドン!と更に積み上げてくるw 視覚による満足感半端ないw

 

そして、元歌知ってる人は、おおー!って客席と一体になれるからさらに素敵!私も何度かFendrichのコンサート行ったし、聞き込んでる曲もあったから、最近の曲2,3曲以外はだいたいわかった。新曲もニュースで聞いて知ってたし。バラード以外は歌詞聞き取れなくても問題なさげなノリw

 

オーストリア人の中年以上だったら全台詞全ギャグ笑ってるかもしれないけど、小学生でも古いローカルネタは聞き飛ばして、めっちゃアクションとかセットとかで笑ってたw ローカルネタや元歌分からなくてもとにかく派手で楽しいw NY好きな人はハマりそう!

 

観劇前に元歌を予習したい方は、こちらのCDがお勧めです♪

 

ラインハルト・フェンドリッヒ ベストアルバムCD "So Weit So Gut"

 

観劇予定がなくても、オーストリアの有名な歌を聞いてみたい方は、めちゃくちゃお勧めな歌手です。私もウィーンに来る前に聞きこんでいましたし、語学学校とかで会った友達も、みんなこのCDは持ってた。

 

オーストリアの第二の国歌I am from Austriaは、名曲です。ぜひ、ぜひ、聞いてみてください!!あとは、曲目のWien bei Nacht(夜のウィーン)は、よくドイツ語の教材にも使われるので、とても有名です。聞き取りやすい歌ですよー。

 

●途中まとめ

 

とにかくここまでをまとめると、オーストリア愛、ウィーン愛に満ち溢れすぎて、色々ぶっ飛んでしまった、派手派手ビックリ演出の爆笑コメディってところでしょうか。ウィーンネタとかも忘れる前に紹介したい!

 

あ、リピートしたいか書いてなかった!っていうか、これだけ書いたらわかるよねw リピート決定ですw あのすごいシーン(山羊w)は絶対もう一度見なきゃ!元歌もっと聞きこまなきゃ!少し長いけど、絶対見直したいシーンがいくつかある!新しい発見もありそう!

 

(キャスト編に続きますー)

 

 

(お勧めCD書いちゃったしな。。まだキャストアルバム出てないので、出演者関連でいくつかお勧めー)

 

ロミオ&ジュリエット ウィーン版 全曲版CD<2枚組>

 

ニューヨークに行きたい!!ウィーン版ライブCD

 

ラインハルト・フェンドリッヒ ベストアルバムCD "So Weit So Gut"

 

 

応援クリック ありがとうございます!

 

●新作の特徴やあらすじは?

 

ウィーン新作ミュージカル、I am from Austriaは、家族と故郷がテーマの派手なレビュー作品になりそう。女性人気ハリウッドスターがウィーンのオペラ座舞踏会に出席→豪華ホテルの跡継ぎ(ルカス)と知り合う→スターの抱える問題をルカスの真面目パワーで解決、って感じかな、と予想してみるw

 

この作品の特徴は、キャストをオーストリア人で固めたこと(スタッフはドイツ人とアメリカ人が多めw)。オーストリア愛に満ちていて、各地の方言が沢山登場する。キャストはミュージカル畑でない人が多いので、オーストリアを主軸にしたジャンル混合メンバー。

 

注目点は、超有名曲に乗せた、派手でレビュー的なダンスシーンが繰り広げられること。振付家キム・ダディの手にかかるんだから、そりゃあすごいことになりそう。編曲家がIWNNINYの人だから、こちらも似た感じの派手な編曲だろうなー。派手さはとっても楽しみ♪

 

ルカスは真面目くんの役なので、まあキャラに合ってるかな(今日の見た目が男っぽくて驚いたけどw)。相手役の人がちょっとMarjanっぽい雰囲気あるなー。そして、脇役キャラが相当立ってそうで、脇役が楽しい系の作品は好き♪暴言乱発ばあちゃんや、ルカスの母役の人もいい感じ。

 

いやあ、ほんとにルカスの変貌には驚いたよ。。ちょっと前まで王子さまっぽくて幼い感じで、男っていうより少年って感じだったけど、今日はすごい大人の男感がムンムン漂ってた。すごいセクシーなオーラだったわ。。永遠の少年が一瞬で男になる瞬間を見たw父親になるって偉大だ。

 

えっと、一応有名元ネタモチーフをあげておくと、高級ホテルのモデルはホテル・ザッハだろうね。家族経営で、オペラ座に近いホテルだし。あと、ホテルを舞台にした作品というと、オペレッタ「白馬亭にて」なんかもきっとネタとして出てきそう。しかし、これならTdVのクアホテル案はなくなるな。。

 

●オーストリア人キャストと方言について

 

I am from Austriaのミュージカルで、オーストリアの方言が沢山出て来るのは、ウィーンの観客にすごくウケるはず。IWNNINYの時、老人ホームの受け付けのオバチャンの訛りがどんどんきつくなっていって、大うけだったの思い出した。私もバリバリ方言作品は大好き。

 

舞台がウィーンのホテルなわけだから、これでキャラがドイツのドイツ語しゃべってたらおかしいでしょ。

 

そういえば、ウィーンでロミジュリやってた頃のDIF(野外フェス)で、ルカスがOhne Sieをウィーン弁で歌って、客席が大爆笑したんだったw真面目な歌をウィーン弁バージョンで歌うだけで、こんなに喜ぶ観客w
 

そもそも、フェンドリッヒの曲の歌詞はウィーン方言で書かれているので、歌詞サイトで調べても、辞書に載ってない単語もいっぱいあるし、省略表現も多い。フェンドリッヒの歌詞の和訳をやってみようとしたけど、全部は無理で断念したことが何度かある。

 

とにかくウィーン人に媚びて媚びて媚び尽くすドイツ人脚本家たちwこれで脚本家が墺人だったら、「墺人による墺人のための作品」って言えると思うんだけど、なにせ脚本がドイツ人だから「墺人によらない墺人のための作品」なんだよね。。キャストは一人を除いて全員オーストリア人だけど、スタッフのは演出家だけな気がする。


「墺人のための作品」というコンセプトとしてはとても面白いし、墺人役者の活躍の機会を与えると同時に、ミュー役者以外の歌える役者を集めて、アンサンブルでミュー畑の人をそろえたという点も興味深い。こういう割り切った作品作りは戦略的だなー。(歌のレベルは開けてからのお楽しみw)

 

実際、ウィーンミュージカルなのに、キャストにもスタッフにもオーストリア人がほとんどいないという実態は、ずいぶん前からヤバいね、とは言われていた。打開する一歩になってくれれば。。

 

●I am from Austriaのキャスト発表記者会見を終わって、ちょっと私の事前情報から変わってるところがあるので、訂正しますー。

 

関連記事:

舞台はウィーン! ウィーン新作ミュージカル「I am from Austria」記者会見とツッコミ

 

まず、ハリウッドスターは女性の方で、ルカスはホテルザッハ的な高級ホテルの跡継ぎ役。あと謎のアルゼンチンのサッカー選手は脇役でいたw(あれは脇役のオーディション案内だったのかw)

 

●まとめ

 

というわけで、ラインハルト・フェンドリッヒの名曲を綴った、新作「アイ・アム・フロム・オーストリア」は、家族と友情をテーマに、オーストリア愛たっぷりの、派手なレビュー満載な賑やかな舞台になりそうです。

 

フェンドリッヒが好きな上、キャストも内容もワクワクするので、私は個人的にはとっても楽しみにしています。

 

 

関連記事:

ブログカテゴリアイ・アム・フロム・オーストリアI Am From Austria

舞台はウィーン! ウィーン新作ミュージカル「I am from Austria」記者会見とツッコミ

 

「アイ・アム・フロム・オーストリア」のチケット購入代行はこちらからどうぞ。

 

 

ルカス・ペルマン関連CD

ロミオ&ジュリエット ウィーン版 全曲版CD<2枚組>

 

エリザベート ウィーン再演2004年版キャストアルバムCD

 

ダンス・オブ・ヴァンパイア ウィーン再演版 全曲ライブCD<2枚組>

 

 

マジーャン&ルカス Luft und Liebe

 

ルカス&マジャーンのドイツ語童謡CDブック「Das grosse Annette Betz Kinderliederbuch」※新版

 

 

ルカス・ぺルマンの朗読CD「オーストリアの昔話」<3枚組CD>

 

応援クリック ありがとうございます!

 

速報でキャストをお伝えした、ウィーンミュージカル「I Am From Austria」ですが、5月16日に開かれた記者会見の様子をまとめておきます。

 

一つ前の記事で、スタッフによる作品紹介をまとめましたが、今回はメインのキャスト発表部分です。

 

参考記事:

【速報!】ウィーン新作I am from Austriaの主演はルカス・ペルマン!

ブログカテゴリアイ・アム・フロム・オーストリアI Am From Austria

 

こちらが、当日の記者会見ライブストリーミングをオンデマンドで見れるリンクです

Schon gesehen? Die Pressekonferenz vom... - I Am From Austria - das Musical im Raimund Theater Wien | Facebook

 

それでは、つぶやきまとめの続き行きます。

 

===

 

さて、視聴者数163人。キャスト発表の瞬間!もうわかってるのにドキドキするw

 

ほとんどの歌は方言で歌われるため、ほぼ全てのキャストがオーストリア人。テレビ、ラジオ、コメディアン、ストプレ役者、オペラ歌手など、色々なジャンルからオーストリアを集めた。

 

ジャーナリストのReiner Berger役は、Martin Berger。ドン・カミッロ、Sister Act、WWRYなどに出演。ウィーンのAKHで生まれて、Weinviertelで育って、ウィーン23区に住んでた、オーストリア人。

 

ヒロインと共にオペラ座舞踏会に参加するアルゼンチンのサッカー選手Pablo Garcia役はFabio Diso。 役者本人が元サッカー選手という異色キャスト。唯一の非オーストリア人キャスト。

 

Felix Moser(ホテルで働いてる人で車好き)役はMathis Trattner(ドンカミロに出てる人で、オーストリア人)。リンツの少年合唱団出身。「ワークショップでは、役者が作品を一緒に作っていく過程がワクワクした」

 

ホテルのコンシェルジュ役ELFIE SCHRAT役はDOLORES SCHMIDINGER(白髪のおばあちゃん。テレビや舞台で活躍する喜劇役者(キャバレティスト)で、めちゃくちゃオーストリア人のアクセント)「大きなプロダクション制作のノウハウにびっくりしてる。」突然自分の本の宣伝始めたwwww

 

おばあちゃん、「ミュージカルは、歌は下手だけどダンスができるオペレッタ歌手を雇ってるんだと思ったけど、全然違うわー!」とか、めちゃくちゃぶっちゃけてて、客席もS氏も笑いが止まらないwwなにこのおばちゃんww

 

ヒロインのマネージャーのRICHARD RATTINGER役はMARTIN BERMOSER。ケルンテン州出身で、アメリカ映画界の人で、アメリカのブルーマングループで12年舞台に立っていた。(そっちの宣伝始めてカオスw)ミッションインポッシブルにもちょこっと出たらしい。

 

ホテルオーナーで主役の父親WOLFGANG EDLER役は、ANDREAS STEPPAN。テレビ界の人で、ストプレ舞台などで活躍中。初めてオーディションで役を射止めたからびっくりしたw一歩引いた感じの人で、オーストリア人的w

 

オーナーの妻で主役の母親ROMY EDLER役はELISABETH ENGSTLER。テレビの司会者でこの人も有名人。堂々としたキャラの立つ女性。実は歌の教育を受けていて、ユーロヴィジョンにも挑戦した。

 

ハリウッドスターEMMA CARTER役はIRÉNA FLURY。ミュージカルの教育を受けたが、映画とストプレをやっていて、ミュージカルに戻ってきた形。(ブロンドではなくて黒髪!さっきのROMY役の人がブロンドだったから、ブロンドの歌はこっちか?)

 

ホテルの跡継ぎJOSI EDLER役はLUKAS PERMAN!!!ちょっとなんか雰囲気変わった。少年ぽさが消えて、大人の男っぽくなった。マークっぽい雰囲気?これは相当セクシーかもしれない。。

 

ルカス「JOSIの役は真面目て忠実な人で、EMMAを地に足の着いた生活へ導く。役を作っていく過程は、ロミジュリの時の、役があってそこに入るのとはまた違ったプロセスだ。」

 

元歌の歌手で、オーストロポップのレジェンド、ラインハルト・フェンドリッヒ紹介映像。もしかして今、シカゴのビリーの映像一瞬出た?ワークショップの後にフェンドリッヒのコメント映像(Youtubeにあるやつ)。

 

ホテルにケーキがwEdlertorteとかwwもうどう考えてもザッハトルテww歌の発表はなしかー。ルカスのシルエットがマークっぽ過ぎるw 記者会見終わりー!

 

5957

 

写真はケーキ入刀するスタッフとキャスト。左からVBW総監督Struppeck氏、ルカス・ペルマン、ヒロイン役、演出のAndreas Gergen。

 

===

 

続いて、セカンド情報です。これは、記者会見で発表されませんでしたが、色々なサイトから情報を集めてきました。

 

I am from Austriaセカンドやアンサンブルを含めたキャストはこちら→https://www.musicalvienna.at/de/spielplan-und-tickets/spielplan/production/243/I-AM-FROM-AUSTRIA… のBesetzungのところ。なんと、Oliver Arnoがルカスのカバー!なんと私の予想が当たり過ぎて怖い(というかこの二人しかないw)

 

Oliver ArnoのFBでの報告→https://www.facebook.com/OliverArnoMusic/ サンセットとバンドのソロ活動とI am from Austriaの同時進行かー。彼の仕事の選び方は、こないだの本人インタビューでとくと聞いたので、それを考えるととても感慨深いなー。

 

それからCarin FilipcicがRomy Edler(ルカス姉)のカバー。絶対こっちで見たいよね。そしてMartin ParschingがいるwOliverとMartinの共演とかもう笑うしかないwProhazkaさんもいる!ああ、これはセカンドとアンサンブルが楽しい系だ!

 

 

こっちで見た方が、I am from Austriaのキャストがセカンドまでよくわかるかな。musicalzentrale - I Am From Austria - Raimund Theater Wien

 

 

●スタッフとキャスト

Musik        Rainhard Fendrich
Buch        Titus Hoffmann, Christian Struppeck

Regie        Andreas Gergen
Musical Arrangements und Supervision        Michael Reed
Orchestration        Michael Reed, Roy Moore
Choreografie        Kim Duddy
Bühne        Stephan Prattes
Kostüme        Uta Loher, Conny Lüders
Licht-Design        Andrew Voller
Sound-Design        Thomas Strebel
Video-Design        Sonke Feick


●キャスト(カッコ内はセカンド、カバー)

Josi Edler        Lukas Perman,(Martin Bermoser)(Oliver Arno)

Emma Carter        Iréna Flury,(Marianne Curn)(Katharina Gorgi)

Romy Edler        Elisabeth Engstler, Carin Filipcic, (Barbara Czar)(Ariane Swoboda)

Wolfgang Edler        Andreas Steppan,(Martin Berger)(Franz Frickel)

Richard Rattinger        Martin Bermoser,(Martin Berger)(Martin Pasching)

Felix Moser        Matthias Trattner,(Paul Csitkovics)(Stefan Mosonyi)

Elfie Schratt        Dolores Schmidinger,(Ariane Swoboda)

Pablo Garcia        Fabio Diso,(Thomas Höfner)(Peter Knauder)

Rainer Berger        Martin Berger,(Franz Frickel)(Martin Pasching)

Ensemble       

Anna Carina Buchegger, Arthur Büscher, Barbara Castka, Paul Csitkovics, Marianne Curn, Barbara Czar, Florian Fetterle, Franz Frickel, Katharina Gorgi, Thomas Höfner, Judith Jnadl, Peter Knauder, Martin Pasching, Marina Petkov, David Rodriguez-Yanez, Ariane Swoboda
Swings       

Florian Klein, Stefan Mosonyi, Jennifer Pöll, Georg Prohazka, Rita Sereinig, Birgit Wanka

 

I am from Austiraメインキャストの写真撮影。

 

5956

 

 

(作品の特徴などに続きます)

 

「アイ・アム・フロム・オーストリア」のチケット購入代行はこちらからどうぞ。

 

 

ルカス・ペルマン関連CD

ロミオ&ジュリエット ウィーン版 全曲版CD<2枚組>

 

エリザベート ウィーン再演2004年版キャストアルバムCD

 

ダンス・オブ・ヴァンパイア ウィーン再演版 全曲ライブCD<2枚組>

 

 

マジーャン&ルカス Luft und Liebe

 

ルカス&マジャーンのドイツ語童謡CDブック「Das grosse Annette Betz Kinderliederbuch」※新版

 

 

ルカス・ぺルマンの朗読CD「オーストリアの昔話」<3枚組CD>

 

応援クリック ありがとうございます!

 

前回の記事で、速報でキャストをお伝えした、ウィーンミュージカル「I Am From Austria」ですが、5月16日に開かれた記者会見の様子をまとめておきます。

 

参考記事:

【速報!】ウィーン新作I am from Austriaの主演はルカス・ペルマン!

 

こちらが、当日の記者会見ライブストリーミングをオンデマンドで見れるリンクです

Schon gesehen? Die Pressekonferenz vom... - I Am From Austria - das Musical im Raimund Theater Wien | Facebook

 

それでは、記者会見をライブで見ながらつぶやいていたツイートをまとめておきます。ドイツ語の内容もまとめていますが、ほぼ同時通訳状態で打ち込んでいたので、ところどころ矛盾とかあるかもです。ストリーミングを見ながら読むと、字幕みたいな感じになるかもしれません。

 

===つぶやきまとめ===

 

VBW記者会見始まった!

 

VBWのFacebook Liveかなりきれいに見れます。記者会見をライブできれいに見えるのは初めてかもw

 

I am from Austria記者会見実況レポ行きます。

 

シュトルッペック氏(VBWミュージカル部の総監督。以下S氏)の作品紹介。愛と家族と友情がテーマ。オーストリア出身のハリウッドスターが、オペラ座舞踏会に来るためにウィーンに戻ってきて、架空のホテルEdlerを舞台に繰り広げられる。

 

「ブロンド」の演奏をバックに、リーディングチームが登場。

 

脚本家Hoffman氏「フェンドリッヒの曲はドイツでも有名で、よく聞いていた」(なんと、脚本も歌詞もドイツ人だったw)

 

演出家Gergen氏。リサーチが必要な歴史ものと違い、クリエイティビティが前面に出て来る作品。歌毎に舞台美術を考える必要があった。レビューやショー的な要素が各歌にサプライズで飛び出して来る。この人はオーストリア人。

 

キャストとワークショップをして、役者にインスピレーションを与え、役者本人達も気が付かないような個性を引き出した。オーストリアの方言もたくさん登場する。地方ごとに専門家チェックをしてもらった。

 

振付家のキム・ダディと編曲Michael Reed。一からの作品作りは興味深かった。フェンドリッヒの歌からイマジネーションが広がり、ハリウッドショーのような派手なレビューになっている。キムは英語とドイツ語混じりw

 

衣装と舞台美術。時代は80年代。派手でキラキラ。衣装は、登場人物の性格を抽出する感じで仕事をした。1幕はとても派手なレビューの連続だが、その間に真面目な人たちの日々の問題が描かれる。フェンドリッヒ自身の人生と似ている。舞台美術はホテルの空間が最も重要。舞台変換のスピード感。

 

振り付けとダンサーについて(キム・ダディ)。色々な種類や体形の役者やダンサーがいる。それぞれの特徴にあったダンスの役割を与えるプロセスが興味深かった。

 

キャスティングについて。主役のキャラを書き出してみて、こんな人は見つからないだろうと思ってみたら、オーディションでピッタリの人が現れた。(今思うとサッカー選手のことかと。。)

 

開始30分で、Facebook Live視聴者155人。

 

Micheal Reedがピアノ演奏をしながら、I am from Austriaの主題歌を解説。「皆が知っている歌を舞台用に編曲するのは挑戦だった。」次に「ブロンド」の演奏。原曲より軽いポップなトーンになっている。

 

「マッチョマッチョ」は大きなサルサ的なロックダンスナンバー。編曲の感じすごくいい!踊り出したいようなテンポになっている。オケの音源も披露。これはキム・ダディの振り付けが光るシーンだな!

 

(キャスト発表に続きます)

 

 

関連記事:

舞台はウィーン! ウィーン新作ミュージカル「I am from Austria」記者会見とツッコミ

ブログカテゴリアイ・アム・フロム・オーストリアI Am From Austria

 

「アイ・アム・フロム・オーストリア」のチケット購入代行はこちらからどうぞ。

 

 

ルカス・ペルマン関連CD

ロミオ&ジュリエット ウィーン版 全曲版CD<2枚組>

 

エリザベート ウィーン再演2004年版キャストアルバムCD

 

ダンス・オブ・ヴァンパイア ウィーン再演版 全曲ライブCD<2枚組>

 

 

マジーャン&ルカス Luft und Liebe

 

ルカス&マジャーンのドイツ語童謡CDブック「Das grosse Annette Betz Kinderliederbuch」※新版

 

 

ルカス・ぺルマンの朗読CD「オーストリアの昔話」<3枚組CD>

 

応援クリック ありがとうございます!

 

超速報!ウィーン新作ミュージカルI am from Austriaの主演はルカス・ペルマンです!

 

5月16日にRonacher劇場にて行われた、キャスト発表記者会見にて、ウィーンミュージカル新作、I am from Austriaのキャストが発表されました。

 

 

そして!主演のウィーン高級ホテルの跡継ぎJOSI EDLER役がルカス・ペルマンに決定しました!!(上のポスターの男の人は関係ありませnw)

 

以下が、公式から発表された、メインキャストの配役。

 

JOSI EDLER: LUKAS PERMAN

EMMA CARTER: IRÉNA FLURY,

ROMY EDLER: ELISABETH ENGSTLER,

WOLFGANG EDLER: ANDREAS STEPPAN,

RICHARD RATTINGER: MARTIN BERMOSER,

FELIX MOSER: MATTHIAS TRATTNER,

ELFIE SCHRAT: DOLORES SCHMIDINGER,

PABLO GARCÍA: FABIO DISO

REINER BERGER: MARTIN BERGER

 

ルカスとMartin Berger以外は、見慣れない名前が多いですね。ミュージカル畑以外からもキャストを集めたとのことで、混合メンバーが楽しみです。

 

記者会見の模様をツイートで実況した詳しい内容は、また記事にまとめます。今回はとりあえずキャスト情報のみ速報でどうぞ。

 

また、以下の公式サイトのキャスト情報をよーく見ると、Oliver Arnoがルカスの役のカバーだったり、Carin FilipcicがRomy Edlerのカバーだったりと、セカンドがまた豪華!

 

I AM FROM AUSTRIA | Spielplan | Spielplan & Tickets | Musical Vienna - Die offizielle Seite der VBW

 

ラインハルト・フェンドリッヒの名曲を綴った、新作「アイ・アム・フロム・オーストリア」は、家族と友情をテーマに、オーストリア愛たっぷりの、派手なレビュー満載な賑やかな舞台になりそうです。

 

フェンドリッヒが好きな上、キャストも内容もワクワクするので、私は個人的にはとっても楽しみにしています。

 

関連記事:

舞台はウィーン! ウィーン新作ミュージカル「I am from Austria」記者会見とツッコミ

 

「アイ・アム・フロム・オーストリア」のチケット購入代行はこちらからどうぞ。

 

 

ルカス・ペルマン関連CD

ロミオ&ジュリエット ウィーン版 全曲版CD<2枚組>

 

エリザベート ウィーン再演2004年版キャストアルバムCD

 

ダンス・オブ・ヴァンパイア ウィーン再演版 全曲ライブCD<2枚組>

 

 

マジーャン&ルカス Luft und Liebe

 

ルカス&マジャーンのドイツ語童謡CDブック「Das grosse Annette Betz Kinderliederbuch」※新版

 

 

ルカス・ぺルマンの朗読CD「オーストリアの昔話」<3枚組CD>

 

応援クリック ありがとうございます!