FC2ブログ
2016-09-16 16:06 | カテゴリ:オーストリアの政治

ちょっとオーストリアの大統領選が揺れに揺れています。タイムリーなニュースはつぶやいてはいましたが、ブログに書くのはこの記事(舞台はウィーン! オーストリア大統領選2016 候補者ポスターを見比べてみた)以来となります。

 

とりあえず、オーストリア大統領選に関する今までの動きを簡単に追っておきます。

 

2016年4月24日 

オーストリアの大統領選挙投票日。候補は6名。候補者の略歴と写真と選挙ポスターはこちらの記事をどうぞ→舞台はウィーン! オーストリア大統領選2016 候補者ポスターを見比べてみた

 

その結果、どの候補も規定の票数に満たず、極右自由党(FPOe)のHoferと緑の党のVan der Bellenの決選投票となる。(この時にはHofer1位Van der Bellen2位)

 

2016年5月22日

上記の二候補による決選投票

 

その結果、郵便投票の開票が翌日までかかる混戦となり、3万1千票の僅差で緑の党のVan der Bellenが当選。

 

2016年7月1日

決選投票の開票が既定の時間外に行われたとして、決選投票やり直しの判決。

 

10月2日が決選投票やり直し投票日と決まる。9月始めから選挙ポスターが街に並び、再び選挙戦のムード。

 

9月12日

10月2日に予定されていた決選投票やり直しが12月4日に延期に。理由は「糊の粘着力」。郵便投票の封筒の糊の粘着力に疑問の余地があるとして、選挙のやり方自体の仕切り直しが決定される。←イマココ

 

 

ちなみに、決選投票の開票時間やノリにイチャモンを付けて、やり直しや延期を訴えているのは、決選投票に敗れた極右自由党。とにかくどんな手を使ってでも、決選投票の結果を無効にしたいというなりふり構わない感じです。

 

このオーストリア大統領選のつぶやきをまとめるだけでも結構な記事になるわけですが、ちょっと今回は先にタイムリーな「郵送投票」について記事にしてみます。

 

 

●オーストリアの郵送投票

 

オーストリアの郵送投票の仕組みをご紹介します。かなり日本と違って敷居が低く、選挙の権利を平等に提供できるシステムになっています。

 

まず、選挙当日に投票所に行けない人は誰でも、郵送による不在投票が可能です。投票用紙の郵送申請は投票日の二日前まで、窓口、郵送、メール、Fax、オンラインどれでも可。

 

投票用紙の受け取りは本人郵便受け(本人確認なし、紛失リスク了承済み)か、郵便局(本人確認、受け取り確認あり)の選択可。あとは記入して、投票日までに選挙事務所に到着するように投函するだけ。当日持参も可。

 

特に条件もなく、誰でも気軽に郵送で不在投票できるのは、忙しい人や病人にもいいシステムですね。

 

2016-09-14 09.16.54

オーストリアのポスト。側面には郵送投票に関する案内シールが貼ってあります。

 

2016-09-14 09.16.50

こちらがポストに貼られた郵送投票案内のシール。

 

「郵送投票用紙で一票を簡単に投票できますよ」「あなたの一票は貴重です」「ここなら24時間投票できる!」 とあり、まだ10月の投票日の案内ですが、いつまでに投函したら間に合うかも書かれています。

 

 

国外にいる人は、在住、旅行を問わず、事前に在外投票用紙を入手し、投票日までに選挙事務所に到着するよう選挙事務所に郵送する。投票用紙は海外の住所も送ってもらえる。投函は直接送るか、大使館等に早めに郵送して、転送してもらう。

 

世界中どこにいても郵送で不在投票ができるのは便利!

 

更に、世界中どこでも、投票のための送料は無料!投票にお金がかかると、投票権に差が出る→民主主義に反する、って考え方。速達やEMS、DHLなどのサービスは個人負担だが、普通郵便なら国が負担します。

 

実際、日本からオーストリアに郵送投票した時は、無料で送ることができました。

 

HELP.gv.at: Briefwahl mittels Wahlkarte

 

実際に郵送投票したレポは次回の記事をお楽しみに!

 

 

●日本の郵送投票についてもちょっと調べてみた

 

日本の不在投票で郵送できるか調べてみたら、国内の場合は事前登録した障害者以外不可という驚くべき現状。それじゃ、外出する体力のない老人や、つわりや産前産後は投票見送るしかないし、それって弱者の投票の権利を奪ってることにならないのかな?

 

海外在住の場合は、在住3か月を超える場合で、在外選挙人登録を済ませた場合のみ可能。1ヶ月の長期海外出張中とかだと中途半端で投票できないし、登録の手続きも時間かかるし、敷居が高すぎる。

 

オーストリアのシステムだと、1ヶ月の海外長期休暇中に選挙があっても、不在郵送投票のシステムのおかげで投票できる。これが逆に、一ヶ月ヨーロッパで過ごす日本人だったら、その期間の投票はできないよね。

 

 

あとほら、天気が悪いから投票率が低いとかくだらない理由あるけど、実際は、雨にぬれたら病気が悪化するからとか、雨の中子連れで運転して事故起こしたくないからとか、そういう比較的まともな理由で雨の日に行きたくない人もいると思うんだよね。

 

あと、出張や家族サービスで週末に投票所行けない人とか沢山いるだろうし、投票できない理由って自分勝手でくだらなそうには見えるけど、自分がその立場だったら、健康や子供と投票の優先順位は似た感じになると思うんだよね。そりゃ、みんなそれぞれ事情が許せば投票に行きたかったんじゃないかな。

 

それを、期日前投票しなかったやつが悪いから投票できなかったのは自己責任、みたいに言うのは、ちょっと違うと思う。もっと選挙って、個人的な事情に左右されず投票できてこその民主主義だと思う。

 

その点、オーストリアの選挙は徹底してて、「投票できない人をなるべく減らす」事に一生懸命税金を使ってる印象がある。

 

郵送による悪用や紛失の危険性もあるだろうけど、それより第一に、投票の権利をあまねく平等に提供するという、民主主義の基本姿勢をまずしっかり制度化しているのが素晴らしい。これなら、病人、旅行者、忙しい人、雨にぬれたくない人、介護や育児で家を出られない人、ひきこもり、皆意志さえあれば気軽にタダで投票できる。

 

民主主義としては、投票の権利は個人の体調や現在地と関係なく、誰でも行使できるべきだと考えるのが正しいと思うけど、日本でも郵送投票もっと便利に使えるようにならないかなー。

 

総務省|投票制度

総務省|郵便等による不在者投票ができます

 

 


エリザベート ウィーン版2012年新キャストCD


エリザベートウィーン版2枚組CD


エリザベートウィーン版DVD

 

応援クリック ありがとうございます!

 

2016-04-23 16:09 | カテゴリ:オーストリアの政治

4月24日(日)を投票日に控え、盛り上がって参りましたオーストリア大統領選挙。

 

オーストリアでは、首相Bundeskanzlerが政治的トップを務めますので、大統領Bundespraesidentは儀式的、象徴的役割を果たします。もしハプスブルク家が残っていて、立憲君主制だったら皇帝が果たしたような、日本で言うと皇室みたいな役割です。

 

なので、首相が政治的にもみくちゃな印象でも、大統領は国の象徴として政治から少し距離を置き、任期も長く「よきかなよきかな」的なポジションとも言えます。

 

私がウィーンに来て以来ずーっとオーストリアの大統領はハインツ・フィッシャーで、結構安定していい感じだったんですが、この度任期が終わり、新しい大統領が選出されることとなりました。私自身も、首相はもう3,4回変わりましたが、大統領が変わるのは初めてということで、注目しています。

 

 

オーストリアでは、首相や議員は個人に投票することはなく、政党に投票しますが、大統領は珍しいことに個人投票。現首相は社会党のファイマン氏。現大統領は保守党のフィッシャー氏でしたが、保守党の力が弱まっている中、次期大統領がどの党から選ばれるのかが注目されています。

 

候補者ポスターが街にあふれ、それぞれ結構特色があったり、似通っていたりして興味深いので、前にポスター紹介(オーストリア選挙戦VS面白匿名ポスター)をしたときの様に見比べてみようと思ったのですが、その前にうまくまとまった表を見つけましたので、ご紹介します。

 

候補者

年齢

所属党

兵役もしくは社会奉仕歴

結婚歴

職業

月収

Hofer
    Norbert, Ing.

45

FPÖ (自由党)←極右

あり

2回

議員

14,500ユーロ以上

Hundstorfer
    Rudolf

64

SPÖ (社会党)

あり。ただし「無駄な時間だった」との発言あり。

3回

自分の選挙事務所の所員

13,090 ユーロ

Griss
    Irmgard, Dr.

69

なし。NEOS(新しくできたリベラルな党)推薦

なし(女性)

1回

年金生活者

9,008 ユーロ

Van der Bellen
    Alexander, Dr .

72

緑の党

なし

2回

年金生活者

7,958 ユーロ

Khol
    Andreas, Dr.

74

ÖVP(国民党←保守)

なし(病気のため),

1回

年金生活者

10,029 ユーロ

Lugner
    Richard., Ing.

83

なし

なし
(兵役義務のない年に生まれた)

5回

(大富豪の老人で、とっかえひっかえ若いセクシーなこと結婚することで有名)

年金生活者

3,200 ユーロ(大富豪なのに。。)

出典:Bundespräsidentschaftswahl 2016 in Österreich. Kandidaten und Ablauf der Wahlを和訳。このサイトは公的なものではないので、内容にちょっと偏りがあるかもしれませんが。。

 

こうやって並べても、誰が誰だかちょっとよくわかりませんね。。と言うわけで、選挙ポスターと並べて見比べてみます。

 

リストの順にご紹介。

 

・Nobert Hofer(FPOe)

 

候補者

年齢

所属党

兵役もしくは社会奉仕歴

結婚歴

職業

月収

Hofer
    Norbert, Ing.

45

FPÖ (自由党)←極右

あり

2回

議員

14,500ユーロ以上

 

候補者の中で抜きんでて若く、現役議員で高収入。

 

極右のFPOeなので、まあそこまで極端な人間が、「よきかなよきかな」的大統領になるとは思えないけれど、このご時世どうなるかわかったものではありません。まあ、FPOeの中ではそこまで激しくない人だそうですが、それにしてもFPOeが大統領はね。。

 

まあこの人の考えはそこまで偏ってないと言う話もあるけど、オーストリアと南チロルの二重国籍者って、そんなの存在することにびっくり?ゲイの結婚と養子縁組にも反対。あとはそこまで反対していることは多くないので、一般的な極右より敵は少ない印象。(特に移民について大きな発言はしていない)

 

Hofer-Wahlkampfplakat

極右なので、ポスターのスローガンは「オーストリアのために立ち上がれ。祖国は今君を必要としている」

 

FPOeはHeimat(故郷、祖国)をスローガンに入れて、オーストリア人のためのオーストリア、的なカラーを押し出しますねー。背景の赤白赤も国旗を背負ってる感じで、この「未来を見てます」的な視線がまたちょっと芝居がかって大げさな感じ。。

 

あといつも思うけどFPOeはいつも国民をDUで呼ぶんだよね。。タメ口。。それも戦略だろうけど(ちょっと名指しされた感じでドキッとする)、馴れ馴れしいっていうか、ほっといてくれって思うんだよね。。

 

・Rudolf Hundstorfer(SPOe)
   

候補者

年齢

所属党

兵役もしくは社会奉仕歴

結婚歴

職業

月収

Hundstorfer
    Rudolf

64

SPÖ (社会党)

あり。ただし「無駄な時間だった」との発言あり。

3回

自分の選挙事務所の所員

13,090 ユーロ

 

プロフィールもパッとせず、イマイチ存在感がない気がするのは私だけ?同じ党の首相ファイマンの後押しがありそうなものだが、微妙にインパクトに欠けるなー。

 

hundstorferplakat_1

 

「安全と共に。いつも私たちのために」がスローガン。

 

社会党なのに「安全」とか言っちゃってる時点で、「安全ではない」と言いたいのか?とちょっと心配になりますが、「私たちのために」と何とか社会党らしさをつなぎとめています。もちろんネクタイは赤。対話している相手のピンボケメガネおばちゃんがとっても気になります。

 

・Irmgard Griss(女性候補者。NEOS推薦)

 

候補者

年齢

所属党

兵役もしくは社会奉仕歴

結婚歴

職業

月収

Griss
    Irmgard, Dr.

69

なし。NEOS(新しくできたリベラルな党)推薦

なし(女性)

1回

年金生活者

9,008 ユーロ

 

女性候補者と言うことで注目を浴びてはいますが、この人も主張が少しボケ気味。最近台頭しているリベラル若者等NEOSの推薦を得ています。

 

元裁判官で、最高裁判所の裁判長を務めた、法律畑の人。微妙にFPOe寄り。永世中立国を廃止する考えも。

 

リベラルと言うのは、社会党支持でも極右でもないけど、保守党も力が弱まってるし、緑の党はなんかいつもちっちゃくまとまってるし、どうしようかなーという、ちょっと社会を案じているエリート若者層が投票するイメージなんですが(間違ってたらごめんなさい。。)、結構こういう人たちって、日和見的というか、保守党が強くなったら保守党に入れたくなっちゃう感じなんですよ。社会党と極右が嫌だから、対抗できそうならまあ何でも、って感じで。なので、任期の長い大統領で安定した支持を得られるかがちょっと未知数。

 

Griss

「独立(←支持政党がないという意味で)。オーストリアのために」

 

ポスターの感じだと、とってもクリーン。極右みたいに「我ら!オーストリア!」みたいな感じでもないし、知的でさっぱり。大学生、女性、エリート層からは好まれそうだけど、ちょっととっつきにくい雰囲気もするので、労働者や田舎の人は敬遠するかなー。

 

・Alexander Van der Bellen(緑の党)

 

候補者

年齢

所属党

兵役もしくは社会奉仕歴

結婚歴

職業

月収

Van der Bellen
    Alexander, Dr .

72

緑の党

なし

 

 

2回

年金生活者

7,958 ユーロ

 

最も私の中で政治家としての知名度が高いのはダントツこの人。

 

いつもは少数党で影が薄いながら、いつも政治に絡んでくる緑の党の党首をずーーーっとやっていた人で、「おー、あの人が大統領選に出るのか!!」とちょっと知り合いが選挙に出るみたいで、感慨深いくらい(笑)

 

大学の教授とかもやってたんだっけ?とにかく、落ち着いていて、知的で、けどいつも少数党のトップで、頑張ってるけど政権に食い込めるわけでも無くて、環境とかやっていることは素晴らしいけど、政治の前には悲しいことに優先度が低くて、報われないけど頑張ってるなーというイメージ。

 

ケチがつくとすれば、兵役をしてない事と、チェーンスモーカーで選ばれたら大統領府でもタバコを吸うと言ってることかな。兵役に関しては、大統領になったら司令官として兵役に就く用意があると言っているらしいが。

 

あと、移民問題では、本人が「移民の子」と言っているので、移民寄り。本人はオーストリア国籍を持って生まれてきているが、祖先を辿ればロシア→エストニア→ドイツ→オーストリアと流れてきたとのこと。極右FPOeと対抗できるのはこの人かなー。

 

vdb4

 

ポスターはドカーンと「HEIMAT(故郷、祖国)」そして小さく「協力が必要です」とある。そして背景は緑の森。

 

極右FPOeでもHeimat(故郷、祖国)と言う単語を使っているし、どちらかと言うと右的な意味合いで使われることが多いけど、Van der Bellenが言うとHeimatは「我が故郷」というより「うちのいなか」みたいな意味に取れるのが面白い。

 

そして「うちのいなかはみんないっしょにがんばらんとなー」みたいな感じのスローガンに読めるのは私だけ?(笑)

 

いや、先に言っておくと、私Van der Bellenに結構好意的。政権に食い込めないという意味では報われなかったけど、知的で、経験も積んでいて、おまけに政治的にかなりニュートラルな緑の党ってことで、「よきかなよきかな」な大統領には合っているのではないかと勝手に思っている。単に元々、緑の党は悪くはないと思うけど、投票するほどでもなかったのが、ちょっと悪かったなーと思ってるだけかもしれませんが。。

 

なので、わざと右的な、外国人や移民に対置する「Heimat」の定義をずらして、緑の党的なつまり「アルプスと川の国、自然の美しいオーストリア」を前面に出したうえで、「みんなで協力してこの苦境を乗り越えていきましょう」みたいな感じは、悪くないなーと思うわけですよ。

 

 

・Andreas Kohl(OeVP)

 

候補者

年齢

所属党

兵役もしくは社会奉仕歴

結婚歴

職業

月収

Khol
    Andreas, Dr.

74

ÖVP(国民党←保守)

なし(持病のため),

1回

年金生活者

10,029 ユーロ

 

保守党の候補はKohl氏。政治家出身候補では最も年上。親が南チロル出身だったりして、保守だなーと言う感じ。インパクトに微妙に欠ける気がするけど、どうだろう?

 

bundespraesidenten-wahl-plakate-khol

 

ポスターは「経験が強みになる」。今のご時世、「祖国」「安全」「オーストリアのために」みたいなキーワードが争点になる中、全然関係ないこと言ってるw 経験でそれでどうするの?と何度もポスター見てはツッコんでみたりw

 

あとOeVP、ある時期から候補者の名前に学位を入れ始めたのがほんと感じ悪い―!OeVP一時期嫌いじゃなかったけど、これで結構えーって感じになったよ。。だって、GrissだってVan der BellenだってDr.の称号持ってるし、Van der Bellenなんて大学教授だよ!だけど、選挙ポスターに書いてないし。。

 

いや、オーストリアって称号の国なんですよ。だから、手紙とかにも学位Dr(博士)とかMag(修士)の称号が付いて送られてくる。けど、選挙ポスターに書くと、偉そうで感じ悪いよー。

 

・Richard Lugner

 

候補者

年齢

所属党

兵役もしくは社会奉仕歴

結婚歴

職業

月収

Lugner
    Richard., Ing.

83

なし

なし
(兵役義務のない年に生まれた)

5回

(大富豪の老人で、とっかえひっかえ若いセクシーなこと結婚することで有名)

年金生活者

3,200 ユーロ(大富豪なのに。。)

 

最後は記念受験枠w 政治家でも法律家でもない、実業家の大富豪のおじいちゃん。単にカネと時間があったから、立候補して人生の思い出にしてみた、みたいな感じ?

 

まず結婚歴が5回とか笑うしかないよねw。この人はお騒がせ大富豪としてしょっちゅう新聞に載ってるし、女性絡みのエピソードも多過ぎて、何を書けばいいのやら。オペラ座舞踏会に毎年スキャンダラスでセクシーな女性を招待して話題を作るとか、若いモデルみたいなセクシー女性ととっかえひっかえ結婚するとか、色んな彼女を作って動物のニックネームで呼ぶとか、そんな感じ。

 

一度どこかの劇場で見たことがあるけど、その時も金髪で露出多すぎなセクシー姉ちゃんと一緒に、テレビ局の取材を私の目の前で受けてた。そうそう、バーデンのJCSだったわ。

 

1998年の大統領選に出て惨敗したらしいので、今回も記念受験だね。

 

選挙ポスターは「なし」なので、代わりに顔写真をどうぞ。

 

richard-lugner

 

そういえばそもそも、大統領選の候補になるための票(?)が足りるかギリギリまでわからなくて、やっぱり足りたってことで、公示の日にみんな苦笑してたの思い出したわ。

 

 

〇まとめ

 

と言うわけで、オーストリア大統領選の独断的候補紹介でした。

 

一応事実とポスター紹介が趣旨ですが、もちろん私の政治的考えや好感度が出てしまった記事になってます。政治についてニュートラルに書いてもつまらないので、こんな感じになっちゃいましたが、まあ、言いたいことを軽く書いたって感じで。私も勉強不足だし、色々認識や記憶が間違ってたらすみません。。

 

選挙がどんな結果になるのかわからないし、私の意見も変わると思うので、この記事は今の瞬間を固めた感じだと思ってください。また1年後に書いたら全然違う記事になるかもー。

 

関連記事:

オーストリア選挙戦VS面白匿名ポスター

 


モーツァルト!ウィーン新演出版 全曲ライブCD<2枚組みCD>

 

モーツァルト!ウィーン新演出版 DVD

 

モーツァルト!ウィーン新演出版 ブルーレイ

 

応援クリック ありがとうございます!