ウィーン学生生活 の記事一覧
2007-07-27 09:12 | カテゴリ:ウィーン学生生活
ウィーンでは夏にKino unter Sternen(星の下の映画館)というイベントがあり、Augartenの公園の中の野外映画館で色々な映画が上映されます。今年は日本映画も3本混じってるので、昨日思い立って見てきました。プログラムには「リンダリンダリンダ」という2004年の映画。タイトルはなんか知ってる。

野外映画館の横には、ちゃんとした屋台が並び、始まる前は終わったあとにもかなり楽しめるようになってる。かなりいい感じではないか。知ってる人にあったし、軽く同窓会のよう。

で、映画。内容は、学園祭で女子高生4人が寄せ集めバンドを作ってブルーハーツを歌う話。なんか、後半ちょっとだれるけど、面白かったー。ノスタルジー。学園祭ー。涙でそう。私、一番前の席で相当笑ってたんですが、字幕見て笑う人が遅れるのが面白い。。でも、客席は結構受けてたよ。首が痛くなって映画見ながらストレッチしてたら、スクリーンの上に星が見えてちょっと感動した。

寄せ集めバンドなので、ボーカルが適当に声かけた韓国人留学生なんですが、この子が日本語たどたどしいし、表情を一生懸命読む感じがかわいいーー!あと、ブルーハーツだけじゃなくて、色んな懐かしい曲が聞けて、こういう時って「生まれ育ったのは日本だよ。。」ってすごい思う。。

でも、ブルーハーツのリンダリンダは日本にいた外国人は大体知ってるよね?80sのクラブに行くとたいていかかるしね。個人的には「終わらない歌」が好きなので、聞けて嬉しかったよ!

しかし、日本人がこの映画見たらブルーハーツ!学園祭!ってすごいノスタルジーにかられると思うんだけど、オーストリア人ってどういう視点なんだろう。。「日本の高校生活ってこんな感じなのか。。」って客観的に見るんだろうか。。不思議だ。。

というわけで、同行のオーストリア人に「オーストリアの高校生活ってどんな感じ?映画と似てる?」って聞いてみたら、しばらく考えて「学園祭なんてないし。。」って返事が。「え?じゃあ、体育祭やバレーボール大会やクラブ活動は?」「全然ない。。」「じゃあ、高校時代何してたの?」「。。。。みんなで飲んだり。。(オーストリアでは16歳からお酒OK)」「そんなの、大人になってもできることじゃない!高校生活の一番の思い出は?」「あ!酔っ払って裸で道を走り回ったこと!!」つまんねーーーーーーーーーーー!!!!

オーストリアの高校って、一クラス20-30人で(50人とかありえない!って言われた。。)、普通学校は14時で終わるので、そのあとはクラブ活動もなくて自由時間。お稽古事とかをするらしいけど、それも知れてるしね。。なんか、オーストリアの高校生ってすごい欲求不満に見えるんだけど(特に劇場で見かける系)、やっぱり時間を持て余してるんだね。。クラブ活動はないので、先輩後輩とかもない。(っていうか、先輩がいても敬語使わないので、友達扱い)人間関係広がらないし、第一学校は勉強オンリーなのか。。日本の高校行っててよかった。。
2004-12-01 23:26 | カテゴリ:ウィーン学生生活
今日は、聖アンドリュースの日らしく、寮のポーランド人が占いをしてくれました。
蝋をなべで溶かして、水の上にたらし、出来上がる形で占うのですが、なんとも適当なその占い!

近所の部屋の子は、「俺!骸骨!!!」といって、(いやなのかと思って慰めようと思ったら)喜んでます。
他の子は、ハムスター、ヤギ、ネズミなど。
私は魚が出ました。

で、それがどうなのかといえば、
「私、魚だったー」とポーランド人に占ってもらおうと思ったところ、
「あ、それじゃ、あなたは今年は魚ってことね」
だそうです。
「そ、それだけ?」と聞くと、
「そう!来年はまた違うのが出るかもね!」
とのこと。

何の助けにもならない占いでした。