FC2ブログ
2019-04-29 16:12 | カテゴリ:ウィーン
もう2年近く探している、ウィーン旧市街にあるトルコ包囲の砲弾ですが、やっと三つ全部見つけることができたので、まとめておきます。

注:ドイツ語ではTürkische Belagerung(トルコ包囲)というので、当ブログでもよくこの表現を使いますが、日本の世界史で習う用語としては「ウィーン包囲」です。
また、トルコ包囲は第一次(1529年)と第二次(1683年)の二度あります。今回の記事でも、両方のトルコ包囲が登場します。

まずはこちらの三つの玉。これは、ウィーン最古のレストラン「グリーヒェンバイスル」の入り口に飾ってあります。


「1529年にここは『金の鷲亭』という食事処があり、市壁の一部となっていました。1963年の修復時にこの三つの玉が発見され、この建物の過去を示すため、ここに掲示します」

ただし、この玉が本当に当時のものだったかは疑問視されていて、第二次トルコ包囲の時のものだったという説もあります。

また、グリーヒェンバイスルについては、こちらの記事をどうぞ。



次の二つは、第二次トルコ包囲のものです。

一つは観光地からは少し引っ込んだところにある、Sterngasseの一角にあります。

これは、旧市街で最大の砲弾であるだけでなく、唯一のオリジナルとわかっているものです。



説明書きはとても読みにくいですが、「1683年7月20日にLeopoldstadtの方から飛んできた。79ポンド(約40kg)」と書いてあります。

三つ目の、アムホーフ広場の奥の建物のファサードにある金色の玉は、1683年第二次トルコ包囲の時の砲弾です。その後金色に塗られて、1686年にここにあった建物にかけられ、「金の玉亭」という店の名前の由来にもなったそうです。

ここにあった建物は、1882年に取り壊され、新しい建物が建てられます。その翌年の1883年がトルコ包囲200周年だったこともあり、この金の玉は新しい建物のファサードにも取り付けられ、現在に至ります。



こちらの説明書きは新しいですが、「1683年のトルコの砲弾。後年壁に埋め込まれて金に塗られた。ここには過去に、その名を掲げた店あった」とあります。

というわけで、ウィーン旧市街にある三つのトルコの砲弾をまとめてみました。

トルコ包囲に関する記念碑は、ほかにもたくさんありますので、またまとめていきますね。

2019-04-22 16:45 | カテゴリ:ウィーン
こちらこちらの記事で、2011年にウィーンに来たゴールデンボンバーのボーカル鬼龍院翔さんが訪れた観光地やレストランを特定し見ましたが、最も難航したのがホテル。外観の写真は全くなく、部屋の中の写真が二枚だけ。。けど、何とかこれかな?というホテルが見つかったので、翌日現地まで行って、色々と話を聞いてきました。

まずは、ブログからホテル内の写真を二枚。

 
(出典、鬼龍院さんブログ)

そして、ヒントは、こちらのブログにも書いた、「到着後すぐに見た教会」。初海外の夜に、そこまで遠出をするとも思えないので、この教会の近くで、一人部屋のある三ツ星以下のホテルに絞って探してみました。

すると、この条件をクリアしているホテルは一つしかないことがわかりました。


上の写真は公式サイトからとってきたものですので、鬼龍院さんブログの写真から改装されて、家具の配置も少し違いますが、壁の木の板の高さや、ベッドの配置、部屋自体の幅はとても良く似ています。また、紫を基調にした内装も統一感がある感じですね(このホテルはほかの部屋も紫っぽい色合いです)。

レビューを見ても、安くてよさげなホテルで、駅からも近いし、街まで歩けるし、海外初心者でも止まりやすそうな感じです。

ここまで調べて、偶然この近くに行く用事があったので、教会とケバブ屋と合わせて、このホテルの現地調査もしてきました。一応ここは唯一推測で特定した場所なので、現地に行けば何か新しいことがわかるかな、と思って。

まずこちらがホテルの外観です。かなり堂々としています。

 

ホテルは、上記の教会からPraterstrasseを3分ほど北上したあたりにあります。NestroyplatzとPraterの駅の間ですが、Praterの駅の方が近いくらい。途中にシュトラウスの住居博物館もあります。

ウィーンの史跡パネルマニアとしては、建物ファサードに三つもパネルがあることが気になります。


一枚は「映画音楽の父」と言われるMax Steinerが1888年にこのホテルで産まれた、とあります。2枚目はポーランド人劇作家ヴィスプランスキーがここに滞在した、3枚目は芸術家Tegetimmがここで休んだ、とあります。

このホテルの歴史があまりに面白いので、そのうち資料を読み込んで(ホテルでパンフと歴史資料をいただいた)、別記事にしようと思っているんですが、簡単に言うと、このホテルは2008年まで、Nordbahnhotelという名前でした。この辺りにあった昔の北駅ができた時からあり、もうなくなってしまった駅の名前を残していた、まさに私が追っている、「失われたウィーン」のテーマに合致する、歴史あるホテルなんです。

鬼龍院さんから話がズレてしまいましたが、ホテル内に入って、話を聞いてみることにしました(だいたい現地調査では、聞けそうな人には話しかけて情報を得るスタイルw)。フロントの人に質問していると、マネージャーがやってきて、親切に答えてくれたので、鬼龍院さん宿泊の裏付けになりそうな話を聞けました。


鬼龍院さんのブログ写真とホームページの一人部屋写真には、改装前後の違いが見受けられたので、「いつ改装したんですか?」と聞くと、「毎年少しずつ改装しているが、サイトには改装後の部屋の写真を使っている」とのこと。一人部屋は道側と中庭側に合わせて6つあるそうです。

ということは、ブログ写真と現在の公式サイト写真の一人部屋の詳細が少し違うのは、改装前後ということで説明できそう。部屋のサイズは細長さは似ていても、家具の細かいところが違うことも、改装前後と、6つある一人部屋の細かいバリエーションということで、納得。

更に、私の一人部屋探しが網羅できてなかった可能性も考え、「この辺りには一人部屋のあるホテルは少ないので、貴重ですね」とカマをかけてみると、「2人部屋のシングルユースのホテルは多いですが、うちのようにベッド一つのホテルは、この辺にはないんです」とのこと。つまり、一人部屋のあるホテルという観点から見ても、この周辺で鬼龍院さんが泊まった可能性のあるホテルはほぼここ一択。

というわけで、勢い余ってホテルのマネージャーにまで質問してしまったのですが、ホテルの歴史に興味があり、知り合いのために一人部屋を探している現地人、という雰囲気で質問したので、向こうも喜んで質問に答えてくれました。このホテルの歴史はじっくりと資料を読みこみ、また気になる点をまとめてみたいと思います。

●まとめ

初海外で、到着の夜、ホテルを出て徒歩3分の教会の前を通り、ほぼ二駅分歩いてSchwedenplatzまで行き、地下鉄でホテルまで戻った鬼龍院さん。自分の泊まったホテルで、映画音楽の父が生まれ、9軒隣にシュトラウスが住み、「美しき青きドナウ」を作曲したなんて、知らなかったかもな。

私がウィーンに住んでいた音楽家の史跡マニアなので、もし次鬼龍院さんがウィーンに来たら、どんなルートをご案内しようかな、なんて、妄想ルートを練るつもりで見たブログだったけど、いろんなディテールを見ている間に、新しい発見もあり、ウィーンの歴史マニア的にも楽しいロケ地特定となりました。

それも、最近庭みたいに歩き回ってる2区で、鬼龍院翔という「音楽家」の跡を辿れて楽しかった!観光地より、こういう地元感があるところが、探し甲斐があるよね。お陰で知らなかったウィーンの歴史にも触れることが出来て、今後の歴史散策の糸口にもなりそうです。

ここから派生した歴史調査もやるつもりなので、お楽しみに!(←最後の方もう鬼龍院さん関係なくなってるw)

2019-04-21 17:19 | カテゴリ:ウィーン
ゴールデンボンバーのボーカル鬼龍院翔さんが、2011年にウィーンを訪れた時の足跡をたどる記事、第二弾です。前回は観光地だったので、駆け足での紹介でしたが、今回は特定の難易度が増し、かなりやりがいのある作業でした。今回の記事は、こちらのブログに登場する場所を特定していきます。

ウィーン国立オペラ座でバレエを見た後は、「日本語メニューのあるレストラン」に入ります。店内の様子はこの写真一枚。

(出典、鬼龍院さんブログ)

注文したのは、ポテトスープ、シュニッツェル、Gösserとエーデルワイスのビール。

さて、この写真一枚で、レストランが特定できるでしょうか。。ヒントは、「日本語メニューがある」「オペラ座の近く」。これだけで、ちょっと調べたらすぐに出てきました。Müllerbeislです!


内部の写真がぱっと出てこないので、公式サイトからの拾い画ですが。。

www.muellerbeisl.com

部屋がいくつかあるので、全く同じ角度の写真はなかったんですが、上の写真の部屋の照明と椅子の仕切りが同じですね。別の写真から、床のタイルの色も同じです。もちろん日本語メニューのある店で、ガイドブックにも載っています。

そして、翌朝「ホテルの近くのケバブ屋」へ行く鬼龍院さん。この写真。。特定したくなる感じ。。

(出典、上記ブログ)

実は一か月以内くらいにうろうろ歴史を調べつつ写真を撮った地域だったので、直感的に場所は分かりました。

それがこちら。


これも検証翌日に撮影しに行ったんですが、結構そのままの角度で撮れてますね。もちろん2011年と言えば7年も前なので、ケバブ屋の看板は変わっていますが、教会や奥の建物は変わってません。Taborstrasseの旧カルメル会教会です。


教会を前から見るとこんな感じです。




場所的には、初日の夜に撮影したJohann-Nepomuk教会から徒歩10分弱。ホテルからでも13分ほどでしょう(ホテルの特定は一番てこずったので、後述します)


ケバブで腹ごしらえをしたら、旧市街へ繰り出す鬼龍院さん。この日は定番観光地ではなく、作曲家らしいマイナー博物館へ行きます。