2017-01-20 16:20 | カテゴリ:料理・酒

クリスマスの時期のお話ですが、12月はクリスマスクッキーを絶え間なく焼くオーストリアの家庭。うちも毎年何種類も焼いているのですが、今年は作り慣れてきたこともあり、初めてレープクーヘンハウス(クッキーの家)に挑戦してみました。

 

完成品がこちら!

2016-12-20 18.20.22-crop

 

完成品の別アングル写真はまた後で載せますが、自分メモも兼ねて作り方を書いておきますー。

 

<用意する物>

 

KotanyiのHoniglebkuchen。スーパーにはレープクーヘンスパイスミックスが何種類も売られていて、いくつか試したけど、これがお気に入り。

 

2016-12-14 17.40.44

 

レシピはこれの裏面に書いてあります。

2016-12-14 17.40.53

 

レープクーヘンは毎年焼いてるけど、このレシピだと日持ちする上、固くなくていつでも食べれる!生地の加工もしやすくて、味も美味しいので、レシピに迷ったらお勧めです。

 

半量で天板一枚分。今回のレープクーヘンハウスは天板一枚分ですが、もう一枚別の形のクッキーも焼いたので、結局2枚分作りました。

 

<作り方>

 

レシピの材料を入れて、ひたすらこねると、こういう生地になります。

 

レープクーヘンハウス作成中ー。

2016-12-14 17.39.35

 

 

生地を寝かせてる間に、型紙を用意します。

 

2016-12-14 17.40.14

 

今回使ったレープクーヘンハウスの型紙は、こちらの二ページ目。 http://ses-euro.com/fileadmin/forum1/uploads/FORUM1_Lebkuchenhaus_Backanleitung.pdf

 

屋根がA4サイズの大きめの型紙が大きい中、これは小さめで場所も取らなくて組み立てやすいよ。ちょうど天板一枚分。レシピ自体は一枚目を使ったわけじゃないけど。

 

型紙には窓もあるけど、今回は初めてなので、ドアあり、窓無し、煙突自作追加にアレンジしてます。あと、実際に組み立ててみた反省点として、屋根の傾斜をつけるために、屋根を大きめ(縦辺を3cmくらい長め)にしても良かったかも。あと、出来上がってから思ったけど、窓作ったらよかったー!

 

生地を伸ばして、型紙通りにナイフで切っていき、天板に乗せて、牛乳を刷毛で塗ります。

 

 

焼き上がりがこちら。

 

 

生地が焼きあがってからちょっと迷ったんですが、レープクーヘンハウスって、組み立ててから飾る?それとも飾ってから組み立てる?

 

ドイツ語ソースの作り方では、圧倒的に組み立て→飾る派が多いんですが、日本語で調べると、飾ってから組み立てるのがメジャーなようで。。

 

組み立てて飾ると、壁の部分はアイシングが垂れて来るので、かわいいデコレーションは固まるまで押さえてこないと落ちて来るという難点があります。一方、飾ってから組み立てると、凝った壁にはできるけど、組み立てる時に壊れる危険性が。。

 

一晩迷ったけど、組み立てた物を飾る方が、普段と違って子供のテンションは上がるかなーということで、ドイツ語圏方式に、先に組み立てることにしました。

 

この場合は、屋根の傾斜がきつくて、側面の壁はあまり見えない方が、屋根の飾りを派手にできて、壁は地味にできるのでお勧めかも。けど、屋根の傾斜がきついと、屋根でも飾りが垂れて来るかも。。ううむ。。

 

まあとりあえず、先に組み立てることにしました。初めてなのでドキドキ!

 

まずは、アイシングを用意します。今回は白だけでいいのが楽ですが、かなり大量に要ります。粉砂糖+水+乾燥卵白で作って、シリコンのデコレーション用の容器に入れて絞り出しています。

 

アイシングが固まるまでは、箱などにもたれさせておくのが無難だと思います。夜にここまで作ったんですが、翌朝までちゃんと壁が立っていてくれてほっとしました。。

 

2016-12-14 20.27.21 2016-12-14 20.34.31

 

そしてなぜか大量の星のレープクーヘンも焼きました。今日は天板3枚分のレープクーヘン焼いたよ。。家中スパイスの匂い充満してる!クッキー工場みたいw

 

2016-12-14 19.01.05

2016-12-14 19.01.24

 

 

で、翌日、ちゃんと壁が立っていたので、屋根一枚と煙突を付けて、デコレーションを開始しました。屋根のもう一枚はわざと取り外しできるよう、接着はしていません。

 

息子の工作代わりでもあったので、壁と屋根6面のうち、三面を私が、三面を5歳の息子が担当しました。デコってる途中の写真は撮ってなかった。。手がアイシングだらけだったからかなw

 

デコレーションで気を付ける点は、前も書いたけど、壁面はアイシングが垂れて来ること。アイシングしたクッキーやM&Mを壁に貼り付ける時は、自重で下がってくるので、3-5分ほどは手で押さえる必要があります。小さ目のデコレーションだと、アイシングを糊代わりに付けても落ちません。

 

屋根は雪が積もってるので、全面にアイシングして、飾りを散らすとかわいいかも。けど、この屋根のアイシングもつららみたいに垂れるので、その辺は好みで調節してみてください。あと、接着した壁と壁の隙間も、外側からアイシングで隠しておくとかわいいかも。

 

 

と言うわけで、1週間ほどかけてゆっくり飾って、完成しました!!!

 

一枚目写真が私担当サイド、二枚目が息子担当サイドです。残ったクッキーもアイシングデコレーションして、訪問客っぽくするとかわいいかも。

 

2016-12-20 18.20.30-crop

 

2016-12-20 18.19.17

 

スプーン形のクッキーが屋根を支えてるのは、このチョコのついた方の屋根は取り外し可能で、ずり落ち防止のため。中のLEDキャンドルをつけたら、なかなかロマンチックで、子供はとっても喜びます。

 

壁に窓を作ってたら、もっと光が漏れてきれいだっただろうなー。

 

2016-12-20 18.20.48

 

2016-12-20 18.20.36

 

あ、忍者がいますw

 

と言うわけで、人生初のレープクーヘン作成は、一応形になったし、子供たちが大喜びしたし、来年への改善点もわかったということで、大成功だったと思います。

 

思わぬ収穫は、5歳の息子が自分で紙に設計図を書いて、段ボールを切って、家を工作しようとしてたこと。紙を切ったら立体ができることを体感してくれたら、レープクーヘン冥利に尽きるよ!

 

 

==おまけ==

 

突如幼稚園に現れたレープクーヘンハウスに子供たち騒然w こんな大きいのが触れる距離にあって、誰もつまみ食いしないとか、みんなお行儀良すぎるw そして、来年の参考のために、ディテールを観察してしまう私。メモしとかないと忘れてしまうわ。。

 

 

 

このレープクーヘンハウスは業者が作ったものっぽいのですが、クリスマス直前に解体して、自由に食べていいことになったようです。しかし、、レープクーヘンは通常相当堅いので、子供たちはあまり食べなかったとか。私のレシピは軟らかめに焼けて食べやすいので、レープクーヘンの堅さにはなじみがなかったようでw

 

あと、業者のレープクーヘンハウスの接続部分は、アイシングではなく食用の透明の糊を使っていました。壁面をここまでデコレーションするのは楽しいけど大変だろうなー。

 

というわけで、2016年のクリスマスのレープクーヘンハウス作成体験でした!

 


モーツァルト!ウィーン新演出版 全曲ライブCD<2枚組みCD>

 

モーツァルト!ウィーン新演出版 DVD

 

モーツァルト!ウィーン新演出版 ブルーレイ

 

応援クリック ありがとうございます!

 

2017-01-17 16:39 | カテゴリ:料理・酒

毎年恒例、今年のおせち!持ってた重箱に入り切らなくなったので、大きめの三段の重箱デビュー。海外なので食材が限られてるから数の子とか無いけど、あるもので作ったらこんな感じ。

 

全14品目(蒲鉾以外手作り)+雑煮(丸もちから手作り)&自家製どぶろく。大人四人子供二人一日食べてたw

 

2017-01-01 09.26.08-crop

 

 

 

一の重リンゴ寒天、玉子寒天、さつまいもきんとん(スーパーの人参芋なのでオレンジ色で、抹茶と黒糖の三色にしたのに見えないw)だし巻き玉子、いなり寿司。最後の二つは子供用。

 

IMG_1440

 

二の重。酢レンコン、ラディッシュの菊花、なます、レンコンきんぴら、酢かぶサーモン。酢の物は男性陣に大人気!レンコンきんぴらは女性陣に大人気!

 

IMG_1442

 

三の重。おにしめ(チキン、人参、タケノコ、大根)、柿と大根の酢の物。タケノコ煮、かまぼこ。おにしめのレンコンが足りなくて仕方なく大根入れたけど大当たり!味がしみるのでおすすめ!カマボコは出来合い。

 

IMG_1443

 

もう一度全体写真。

 

IMG_1439

 

 

 

今年は三日間少しずつ作業したので、無理なくできたなー。さつまいもきんとんや野菜切るのを上の子が進んで手伝ってくれたし。手間がかからなくて、品数を稼げて、甘い、酸っぱい、塩味のバランスよく、野菜、肉、魚をなんとか手に入れる範囲で入れれた。経験積んできた実感あるわー。

 

今回工夫したのは、煮物や酢の物苦手な子供たちのために、いなり寿司やだし巻き玉子など、食べやすいネタも入れたこと。来年は子供用レパートリーもう少し増やそう。焼いた餅のほうが、お雑煮よりよく食べるなー。

 

お雑煮は関西風白味噌丸餅。餅はもち粉から白玉団子作る要領で丸めて茹でて、片栗粉(スターチ)で打ち粉したら、まるでつきたてのおもち!超簡単!海外在住者おすすめだよこのお餅!焼きもちにしても、みたらしのたれつけてもオッケー!

 

今回の反省点は、我が家伝来の卵料理が手間がかかりすぎるのでパスして、簡単なだし巻き卵に替えたこと。とにかく効率重視だと、楽なレシピ優先しちゃうよね。。いくらとか里芋とか、余力があったら使いたい素材もあったけど、諦めることも大事。

 

今年デビューだった大きめの三段の重箱の使い勝手がすごくいい!驚いたことに(当たり前だが)、ぴったり風呂敷に包めるサイズなんだね!伝統文化すごい!ちょうど大人4人で一日食べれる量が入るって言うのも感動したわー。

 

今年はおせちに初めて自家製どぶろくを合わせたんだが、ものすごくいい組み合わせ!お屠蘇飲むやつも一応全員でやったんだけど、自家製だとドロっとしててほんとにお薬みたい。酒粕は大事にとってあります。この冬初の粕汁が既に楽しみだよ。。

 

(お正月終わってw)

 

一日中どぶろく飲んでた正月だった。。と言ったらのんべえみたいだけど、ほんとに自家製日本酒(墺国では合法)を1日チビチビやってたw テーブルに広げっぱなしのお節をつまみ食いし、餅や雑煮を欲しい時に食べ、主婦ホリデーだわ正月って。

 

2017-01-01 09.41.37-crop

 

過去のお節料理記事:

舞台はウィーン! おせち料理2013

舞台はウィーン! おせち料理2014

2015も作ったけど記事にしてなかったな。

2016は風邪でほとんど作れませんでした。

 


モーツァルト!ウィーン新演出版 全曲ライブCD<2枚組みCD>

 

モーツァルト!ウィーン新演出版 DVD

 

モーツァルト!ウィーン新演出版 ブルーレイ

 

応援クリック ありがとうございます!

 

2016-05-13 16:00 | カテゴリ:料理・酒

この冬は、毎週一回ヨーグルティアで甘酒を作り、火入れをして、冷蔵庫で保存しつつ1週間で飲み切って、甘酒を全く欠かさない毎日でした。

 

どぶろく・麹関連記事は料理・酒 カテゴリからどうぞ。

 

麹は日本から送ってもらったものと、ドイツ買ったものと色々。残念ながらドイツから買った麹が劣化して、甘酒がかなりイマイチな味になってきた。

 

このどうしようもない麹どうしようと思って調べたら、どうしようもない麹も、塩麹、醤油麹にしたら行けるって。

 

塩麹は買ってきたのまだあるので、醤油麹作ってみた。ヨーグルティアで一晩。そしたら!大成功!まろやかな味!これはいいかもしれない!今夜の焼き鳥的チキンに揉み込んで食べてみよう。あー良かった、どうしようもない麹も美味しく消費できそう。

 

というわけで、自分メモで、麹の良しあしの見分け方を書いておきます。ネットで調べても、日本の皆さんはいつでもいい麹が手に入る環境なのか、悪くなった麹をどう見分けてどうするかに関する情報がほとんどなかったので。。

 

(麹のプロとかじゃ全然ないので、自己責任でお願いします。。あと、海外だと湿気とか気温とか日本と違うので、保存条件もかなり違います。)

 

いい麹とどうしようもない麹の見分け方(乾燥麹)。

 

いい麹は白くてカビがびっしり。匂いもふんわり。甘酒作ったらカビの力が強く、水っぽくならない。冷蔵庫で一ヶ月持つが、常温開封後でも1ヵ月後に甘酒作るには十分の強さ(みやここうじ、欧州の場合)

 

どうしようもない麹(甘酒作っても失敗するレベル)の見分け方。茶色っぽい。酸っぱい匂い。甘酒作ったらしゃわしゃわで甘みが少ない。なんか違う菌みたいな味がして舌が拒否。芯があると長めの火入れをしないとブツブツが残る。ドイツの麹は開封数日でこの状態。

 

カビの力が弱った麹(いい麹だけど弱い)の見分け方。茶色っぽいが変な匂いはしない。酒蔵で購入して常温で2,3年(笑)みやここうじ開封後常温1ヵ月。ドイツの麹開封後すぐ。甘酒にするなら麹の割合を多めに。茶色い甘酒ができるが普通に美味しい。

 

使うと危険な麹の見分け方。部分的に黒い、黄色い。変な反応を起こしてたり、別のカビがついてるので、捨てる一択。

 

作りたいモノごとに適した麹の状態

 

甘酒に適したのは、いい麹、弱った麹。味噌やどぶろくも。どうしようもない麹は甘酒に変な匂いが付くのでアウト。けど、塩麹、醤油麹は、2,3年経った麹でも状態が危険でなければ作れる(熟成に2-3倍時間がかかる)。つぶつぶ残ったらハンドミキサーでつぶす。嫌な風味な匂いも気にならない。

 

この劣化したドイツの麹、甘酒的にはアウトだったけど、醤油麹でここまで生まれ変わるとは!問題は風味で、これはほかの風味で消してしまえばいいのか。ちなみに風味は制作者の特徴なので、こればかりは色んな酒蔵のを試してお気に入りを見つけるしかない。選択肢のない欧州は厳しい。。

 

これから帰国したら酒蔵巡りして、良い麹を探そう。けど、スーパーで売ってるみやここうじとかでも、かなりレベル高くて、私は全然満足してます。

 

まだ、味噌も仕込んだことないし、麹関係でまた試してみて分かったことがあれば書きますね。

 


モーツァルト!ウィーン新演出版 全曲ライブCD<2枚組みCD>

 

モーツァルト!ウィーン新演出版 DVD

 

モーツァルト!ウィーン新演出版 ブルーレイ

 

応援クリック ありがとうございます!

 

 

 

2016-05-09 16:00 | カテゴリ:料理・酒

日本から送ってもらったみやここうじでどぶろくを作ったわけですが、やはり日本から送ってもらうと手間がかかるので、自力でヨーロッパで麹がゲットできる店を探してみたら、ありました!

 

どぶろく・麹関連記事は料理・酒 カテゴリからどうぞ。

 

フランスで日本人がやっているところがよさげだったんですが、ここは乾燥麹は送ってないとのことで、ドイツ人がドイツでやってるお店www.koji-shop.de に注文してみた。

 

ここは乾燥麹や、乾燥納豆なんかも注文できて、色々頑張ってる感じ。オーストリアへの送料が高いし、メールがぶっきらぼうですが、ここしか乾燥麹買えるとこないし、半信半疑だったけど、利用してみたらいいサービスでした。

 

500g単位で買えます。乾燥麹はみやここうじみたいな袋に入っているわけではなく、真空パック。ちょっと手作り感があるけど、麹であればとりあえず文句は言えません。

 

麹の味は少し癖がありますが、早めに消費すればOK。あと、ちょっと中に芯が残ってるけど、これは甘酒の場合、火入れ中に滑らかになります。

 

みやここうじとの使用感の違いをもうちょっと細かくレポート。

 

保存方法

 

みやここうじ→常温で可(冷蔵庫推奨だけど、常温ならたぶん一冬くらいは行けるはず。試してないけど)

 

ドイツの麹→みやここうじより足が速めなので、冷凍推奨。真空パックなのであまり場所取りません。

 

足の速さ

 

みやここうじ→開封後は冷蔵庫で保存後、早めの消費が推奨ですが、実際は冬場の常温で1か月くらい置いておいても、美味しい甘酒ができました。それ以上置くと今のところ味は劣化していませんが、麹菌の力が弱まって、甘酒を作る時に多めの麹が必要。

 

ドイツの麹→開封後すぐに冷蔵庫か冷凍庫に入れないと、すぐに茶色く変色して、味の癖がかなりきつくなります。開封後常温で3日もすると、甘酒にしても飲めないレベルになるので、保存状態に要注意。

 

 

みやここうじ→素直な味(甘酒、どぶろく作成時)

 

ドイツの麹→開封直後はクセが少しだけあるが美味しい。開封後はすぐに飲まないと味の劣化が早く、クセはかなり濃くなる。茶色くなり味が劣化した後は、しょうゆ麹にするのがお勧め。

 

菌の強さ

 

みやここうじ→常温で保存しても、かなり長い事菌は強さを保持

 

ドイツの麹→開封時点で既にみやここうじより弱め。甘酒作るのなら1.5倍量がお勧め。

 

 

送料が高いので、冬の始めに麹2kg分くらい買って冷凍しておくのがいいかも。あと、一緒に購入する人がいれば送料シェアできていいかも。

 


モーツァルト!ウィーン新演出版 全曲ライブCD<2枚組みCD>

 

モーツァルト!ウィーン新演出版 DVD

 

モーツァルト!ウィーン新演出版 ブルーレイ

 

応援クリック ありがとうございます!

 

2016-05-06 16:00 | カテゴリ:料理・酒

海外在住なら合法なので、麹をゲットしてどぶろくを自家醸造してみました。どぶろく造り基本編、仕込み変は、は料理・酒 カテゴリからどうぞ。

 

前回に引き続き、どぶろく日記です。前回が仕込み~発酵でしたが、今回は酒を絞って飲んで食べます!

 

<3日目午後>(木曜朝)

 

そして翌日午後(仕込んで2日半)。一応3-5日は待つつもりだったけど、前日とあまり見た目が変わらないし、気温も高いので、この状態で漉してみることに。もう下半分は完全に液体。

 

 

かき混ぜる前の上から見た感じ。つぶつぶの層の下は白く濁った液体。

 

かき混ぜるとこんな感じで液体感が増した。味は少しまろやかになったが、それでも第一印象は若く辛い感じ。もう少し甘さが欲しい。。甘酒から作ると甘さを調節できるらしいが。。

 

 

とりあえずザルにとって漉してみることに。清酒に近くしたかったら目の粗い付近で絞るらしいが、できるだけ濁った酒にしたかったので、目の粗いザルで。お玉でガシガシ押し付けて水分を落とす。

 

 

残った酒粕は以外に少なく、こぶし程度。見た目は柔らかい豆腐。さてこれをどうしてやろうか(笑)

 

搾りたてのにごり酒!いろんな器に入れてみたw かなり濁ってる。味は。。どぶろくと呼ぶにはおこがましいほどの美味!まさににごり酒!まさか、あの辛いピリピリ感がこんなに取れてまろやかになるとは!自画自賛ながら、売れるレベルだよ!

 

 

ほんと、この味には感動した!普通に買って飲むにごり酒と変わらない味だよ!甘みがあって、しっかり日本酒で、私の一番好きな種類の味だ!大成功!!味が辛いままを予想して、冷たく飲めば、とか、スパークリングにしたらとか対策を考えてたけど、対策いらず!このままで最高!

 

まだ発酵してて泡が出続けるので、爆発を避けるため、炭酸用のペットボトルに入れて軽く蓋をする。米2合で作って800mlできた。

 

これで冷蔵庫に入れると、1週間は楽しめます♪

 

 

そして酒粕は。。ちょうど粕汁にぴったりの量でした。急遽作ったので、人参と大根とベーコン入り。美味しくてあったまるー。少し沸騰させたらアルコールも飛ぶので、子供たちも食べれる。余った酒粕は砂糖入れて食べたらメチャ美味しかったよ!

 

 

というわけで、海外どぶろく醸造大成功!!にごり酒美味しすぎてすぐなくなりそうな上、ものすごく簡単に出来るので、これは日常的に仕込むしかないですね!酒粕も残らず食べて完全消費!どれも美味しい!あーほんと幸せ感アップしたわー。

 

●一言感想

 

どぶろく醸造に成功した感想。米と水から菌やカビの助けを借りてアルコールを発生させるなんて、魔女にでもなった気分。あのプチプチ発泡するドロドロのお粥みたいなのを混ぜてると、どんな妙薬が出来上がるのかと思うわ。そして、夢のにごり酒飲んだらもう昇天。。魔女試験パス!(笑)

 


モーツァルト!ウィーン新演出版 全曲ライブCD<2枚組みCD>

 

モーツァルト!ウィーン新演出版 DVD

 

モーツァルト!ウィーン新演出版 ブルーレイ

 

応援クリック ありがとうございます!

 

2016-05-04 16:00 | カテゴリ:料理・酒

海外在住なら合法なので、麹をゲットしてどぶろくを自家醸造してみました。一つ前の記事は料理・酒 カテゴリからどうぞ。

 

どぶろく作り超楽しい!どぶろく日記つけることにしたw

 

<仕込みの夜>(月曜日夜)

最初の夜の仕込み状態。堅めに炊いた米、麹、水、ドライイースト、ヨーグルトを混ぜて室温で放置。見た目は固めのお粥さん。

 

 

埋め込み画像への固定リンク

 

<翌朝>(二日目火曜日)

昨日の夜仕込んだどぶろく、朝起きたらもうお酒の匂いして、シュワシュワしてる!一晩でこんなに変わるとは!見た目も固めのお粥が5倍粥くらいになった。これ超楽しい!!

 

堅めのおかゆが、かなりしゃばしゃばしてきた。

 

今朝の味見。もう米より液体に近い。シュワシュワ炭酸までも見える!舌にピリピリ来る刺激があって、炭酸シュワーってしてるけど、まさにお酒の味がする!感動!

 

 

ちなみに容器はイケアのジャムとか梅酒とか漬ける瓶で、蓋閉めたら破裂するかもしれないので、アルミホイル被せてゴムで止めてます。シュトルムボトルと同じ原理ね。

 

 

<二日目午後>

 

仕込んで15時間。朝より水分が増えてる!もう表面は泡でいっぱい。瓶を側面から見てると、下から泡が表面までぷくぷくと上がっていくのが見える!生きてるみたい!ペットでも飼ってる気分。

 

 

納豆自作した時も思ったけど、発酵食品って、料理っていうより、理科の実験、もしくは小動物の育成な気分。確かに菌とかカビとかに気持ちよく仕事してもらってるわけだしね。見守るうちに愛着が。。

 

あー、一日目のどぶろく食べて(まだ漉してないので、ご飯のつぶつぶが液体に浮かんでる状態)、梅酒を炭酸水で割って飲んで、ほのかに酔ってきた。海外在住でお酒も梅酒も自家製があるなんて、幸せ。。

 

どぶろくは「食べる」という表現が実際あるそうだが、まさに甘くない濃い甘酒みたいな食感。そういえばオーストリアでシュトルム(できかけのワイン)飲む時の乾杯は、プローストではなくマールツァイト(いただきます)と言うんだけど、同じ理由なのかな?

 

さて、明日か明後日どぶろくを濾したら、原酒と酒粕ができるわけだが、この酒粕で何作ろう!酒粕アイスかなー。酒粕って火を通したらアルコール飛ぶのかな?せっかくだから子供たちにも食べられる何かが作りたいな。

 

<3日目水曜日昼>

 

仕込んだのが月曜夜だから、仕込んで35時間くらい。上半分はつぶつぶ(もろみというらしい)、下半分は液体になってて、これを一日一回かき混ぜる。

 

 

 

混ぜるとシュワーっと泡が立ち、かなり液体化している。味は、まだ若い酒の味で、ピリッと辛い。あまりまろやかではないので、どうしたらこの辛さが取れて甘くなるのか調べてみる。

 

 

 (次回はいよいよ搾って飲んでみます!)


モーツァルト!ウィーン新演出版 全曲ライブCD<2枚組みCD>

 

モーツァルト!ウィーン新演出版 DVD

 

モーツァルト!ウィーン新演出版 ブルーレイ

 

応援クリック ありがとうございます!

 

2016-05-02 16:00 | カテゴリ:料理・酒

今日は酒の日!2年半前に漬けて熟成させていた梅酒をボトルに移し、その瓶を使って念願のどぶろくを仕込んでみた(←海外在住なので合法です)。

 

5-7日でできるそうなので、毎日大切にかき混ぜてみよう。→実際は冬場室温17度くらいで2日半でできました。

 

麹さえあれば、後は簡単に手に入る材料で、海外でも簡単にどぶろくが作れるなんてね!

 

 

●どぶろく(自家製濁り酒)の原理

 

どぶろくは簡単に言うと、ご飯、水、麹、ドライイースト、ヨーグルトでできる。麹はアミラーゼなので、ご飯を糖分にする。あとはイーストと乳酸菌でアルコールが出て来る。ワインは既に糖分が含まれてるからすぐアルコールかできるけどけど、米はでんぷんなので、麹がないと始まらない。

 

お酒造りは、でんぷん→糖→アルコールが基本。ビールも麦が原料なのででんぷんスタートだけど、大麦を発芽させた麦芽(モルト)にはアミラーゼが含まれるので、麹とか使わなくても糖化してくれる。

 

けど、アミラーゼとか糖化とかわかる前からお酒は作られてた。じゃあ、当時どうやってでんぷんを糖にしたのか?それはなんとくちゃくちゃ噛む!唾液にアミラーゼが含まれてるので、でんぷんを糖化して、それを放置してアルコールを発生させていた。お酒への執念すごいなw

 

米をくちゃくちゃ噛んで糖化してからお酒を作る話、やっぱり処女や巫女さんが噛むのがいいんだってさwそれも、縄文時代から作られてたとか!日本酒の歴史ってめっちゃおもしろいな!

 

ドイツから麹をゲットする方法が分かったから安心だけど、これがわかる前は、どうやってでんぷんを糖化しようか、アミラーゼの入手方法ばっかり考えてた。麹に代わるものが口噛みしかないなんて!麦芽なら手に入るから、最悪これで、と思ったけど、ビール味の日本酒に少し抵抗があった。

 

麦芽の方が麹よりずっと安く手に入るので、酒造りに慣れたら麦芽でも作ってみようかな。義父がビールの自家醸造やってた時に使ってた、ホームブリュー専門店を紹介してもらった。ここで麹も扱ってくれたらいいのにー。

 

というわけで、麹がどんなにすごい物なのか、使いだしてからわかったこの威力!麹に代わるものなんてないのだ!!!灘の酒蔵見学行ってからの麹ブーム、冬の間はずっと続きそうだなw。

 

●麹のパワーと自家醸造の魅力

 

麹ってほんとすごいよ!他に代わるものがないくらい!もう麹なしで生きていけない。。(笑)麹菌って実はカビなんだよね。カビに大喜びしてる私w

 

こんなどぶろく日記つけれるのも海外在住だからだなー。自家醸造一日目からもうワクワク楽しい!海外在住の人は、ぜひ麹をゲットして、海外にいるうちに一度作ってみるのオススメ!帰国したら違法だよー。こんなに楽しいのに!

 

梅酒漬けるのは、既にあるアルコール(焼酎とか)に梅の味を付けるだけで、アルコールを発生させるわけではないので、日本でも合法。日本でアウトなのは、アルコールのないものからアルコールを発生させる自家醸造。飲みかけのリンゴジュース一日放置するだけでもシュワシュワして半分発酵するのにねw

 

やはり、既製品のお酒だけに囲まれてると、自分で醸造とかしようとも思わないけど、オーストリアはワインになりかけのシュトルムもあるし、前述の発酵リンゴジュース勿体ないから飲み干したりするw(日本じゃお腹痛くなりそうで捨てるよねw) そんなの見てると、自家醸造がすごく身近。

 

知人が数年前にビールの自家醸造セット貰って、はちみつビールとか色々作って味見させてもらったけど、ビールは手間の割に、店で買う方が圧倒的に安くて、セット使わなくなっちゃった。日本酒はビールより簡単に出来て、買うより安いし、珍しいしで、いいことずくめ!

 

(次回は早速どぶろくを仕込んでみます)


モーツァルト!ウィーン新演出版 全曲ライブCD<2枚組みCD>

 

モーツァルト!ウィーン新演出版 DVD

 

モーツァルト!ウィーン新演出版 ブルーレイ

 

応援クリック ありがとうございます!

 

2015-06-04 19:56 | カテゴリ:料理・酒

オーストリアでの食に関する習慣の記事第四段です。

 

乾杯のルール、メニューと注文、食事中のNG行動については、以前の記事をご参照ください。

 

食べ残しはお持ち帰り

 

オーストリア料理は肉が多い上、食べきれないことも多いですよね。そんな時に大活躍するのが、お持ち帰り。

 

DSC05587

こんな大きなガチョウ、食べきれませんよね。

 

日本ではあまりない、食べ残しの持ち帰りですが、オーストリアでは、高級レストランを除くほとんどのレストランやホイリゲ(ワイン居酒屋)で可能です。

 

但し、持ち帰れるのはシュニッツェル等の肉類だけで、サラダやスープ、シチュー等アルミホイルにうまく包めないものは持ち帰れませんのでご注意下さい。

 

もし食べ物が余ってしまったら、ウェイターにMitnehmen Bitte(ミットネーメン・ビッテ、持ち帰りお願いします)と言って、包んでもらうか、アルミホイルを持って来てもらって自分で包みます。

 

結構有名なレストランから、大人数のオーストリア人の集団が大きめのアルミホイル片手に出て来るのは、ちょっと壮観です(笑)。

 

最後はお支払いの習慣です。

 

レストラン等での支払いは、自分の分は自分で払うのが原則で、日本のように割り勘はほとんどありません。

 

食事が終わったら、Zahlen, bitte!(ツァーレン・ビッテ!)と言ってウェイターにお会計を持ってくるように頼みますが、実際支払うときにGetrennt, bitte(ゲトレント・ビッテ)と言うと、自分の注文したものだけ足し算して、合計金額を教えてくれます(この時、ほとんどのウェイターは、テーブルの誰が何を頼んだかまでは覚えていないので、自分はこれを食べましたと自己申告しましょう)。

 

ちなみに、相手に奢る、日本人と食事をして割り勘にする等、まとめて支払う場合にはZusammen, bitte(ツザメン・ビッテ)と言うと、テーブルの合計金額を出してもらえます。

 

また、支払いの際に欠かせないチップ。アメリカなどでは、チップは支払いしたあとで、小銭を置いて出る習慣のようですが、オーストリアでは異なります。

 

ウェイターから出してもらった合計金額に10%程上乗せし、端数を丸めて支払うのが習慣です。例えば、13.2ユーロの合計金額の場合、「15ユーロで」と言いながら20ユーロ札を出すと、相手は2ユーロ分がチップと理解して、ダンケ!と言いながら5ユーロのお釣りをくれます。

 

逆にお会計が20ユーロなどキリの良い数字になってしまった場合は、キリは悪いですが22ユーロくらい払うのが普通です。(これはレストランだけでなく、タクシーなども同様です)

 

慣れるまでは少し難しいですし、観光客でしたら慣れていないのも当然なので、スマートに出来なくても心配しなくても大丈夫です。

 

IMG_4703

ドナウを見下ろす素敵レストラン

 

また、慣れてきたら、自分のチップが多すぎたのか少なすぎたのかも、ウェイターの反応でわかります。支払いの後にダンケ!と言われるのですが、ガッカリな口調だったらちょっと少な目、Vielen Dank(どうもありがとう!)と喜んでいたら、ちょうどよかった、って感じです(笑)。

 

ウェイターはチップを稼ぐため、食事中にAlles in Ordnung?(特に問題はないですか?)などと軽く聞きに来ます。Passt, danke(大丈夫です)などと軽く返事しておきましょう。

 

また、わざとチップを置かないことはほとんどありませんが、よっぽど対応に腹が立った場合、チップを置かずに立つことが3年に一度くらいはあります。それでも、チップを上げていないのをウェイターに見つかると感じ悪いので(笑)、合計金額ピッタリをテーブルに置いて、ウェイターの顔を見ないで店を出てしまう、という作戦で、直接顔を合わせるのを避けます。こっちも小心者ですね(笑)

 

IMG_1737

食べ終わってものんびりビールを飲みながら談笑♪

 

というわけで、オーストリアで食事する時のOK/NGをまとめてみました。

 

オーストリアに良く来られる方は、「あーこういう理由であの時不思議な顔をされたのかー」とか、「あの時こうすればよかったのかー」と思い当たる事があるかもしれません。

 

何か書きもらした習慣があるかもしれませんので、質問があればコメント欄でどうぞ!

 

もちろん外国人と言うことで、全部守らなくても多めに見てもらえるので、肩ひじ張らずにリラックスして食事を楽しんでくださいね。

 

Mahlzeit!

 

モーツァルト!ウィーン版キャストアルバムCD

 

モーツァルト! 楽譜(ソングブック)

 

モーツァルト!ウィーン公演 チケット代行

 

応援クリック ありがとうございます!

 

2015-06-01 19:56 | カテゴリ:料理・酒

オーストリアでの食に関する習慣の記事第三段です。

 

乾杯のルール、注文については、以前の記事をご参照ください。

 

食事中に気をつけること

 

ドイツ語で「いただきます」はMahlzeit!(マールツァイト。食事の時間ですという意味)かGuten Apetit!(グーテン・アペティト、良い食欲を!)と言います。日本では自分が食べ始める時に言いますが、ドイツ語では相手が食べ始める時に、もしくは全員で一斉に食べ始める時に言います。

 

IMG_5011_thumb[1]

鹿肉に山のキノコ添え。秋の味覚ですねー。

 

食事中のNGは、音を立てて食べない、口の中にものが入っている時は話さない、自分から離れたところにある調味料等は手を伸ばさず、手渡してもらうなど、ほとんど他のヨーロッパ諸国と同じかと思います。

 

意外に重要なのは、「みんな一緒に食べ始める」ということです。日本ではあまり気にしない人も多いかもしれませんが、オーストリアでは、同じテーブルの人は先に食事が運ばれてきても、全員の食事が運ばれてくるまで、食べ物には手を付けません。

 

ただ、事情があって早く食べ終わらないといけない場合は、「お先に頂きます」と一言断ると、先に食べても構いません。

 

また、自分だけがスープや前菜を頼んだ場合も、一言断ってから手を付けます。スープや前菜が済まないと、メインディッシュが運ばれてこないので、メインだけ注文した人はいつまでも食べ物にありつけなくなってしまうからです。

 

逆に、自分の食事だけ運ばれてくるのが遅い場合は、早く来た人にさり気なく「冷えちゃうから先に食べていいよ」と促すのも礼儀です。

 

IMG_2382_thumb[1]

結婚式で出たお食事。クリエイティブオーストリアンも美味しいです。

 

 食べる順番と食べ方

 

オーストリアでは通常、パン、スープ/前菜、メインディッシュ&サラダ、デザートの順で食べ物が出てきます。(パンがある場合は、最初からメインディッシュが終わるまでテーブルに出っぱなしです。)

 

一つを食べ終わらないと次が出てこないので、スープを食べるタイミングには気をつけましょう。スープは食べ終わったら、スプーンは下の受け皿の方に置くと、ウェイターが気がついて下げに来てくれますが、スープ皿に入れっぱなしではなかなか下げてくれません。

 

IMG_3850_thumb[1]

 

メインディッシュ終了の合図は、他のヨーロッパ諸国と同じく、フォークとナイフを斜めに平行に置くことです。お皿の上に八の字に置いてあると、通常食事中と解釈されます。

 

IMG_1755

お皿の上に八の字に置かれたフォークとナイフは食事中のサイン。

 

メインディッシュ終了後、デザートが食べたい場合は、デザートメニューを持ってきてもらい、注文します。

 

(次は、食べ残しの処理とお支払い、チップについて)

 

 

モーツァルト!ウィーン版キャストアルバムCD

 

モーツァルト! 楽譜(ソングブック)

 

モーツァルト!ウィーン公演 チケット代行

 

応援クリック ありがとうございます!

 

2015-05-29 19:56 | カテゴリ:料理・酒

オーストリアでの食に関する習慣の記事第二段です。

 

乾杯のルールについては、以前の記事をご参照ください。

 

注文について

 

レストランで席に着くと、メニューが人数分配られます。

 

IMG_4645

カフェのメニューも、食事は充実しています。

 

通常最初のページにセットメニュー(セットはランチが多く、無いレストランも多いです)、その後前菜、スープ、サラダ、メイン、デザート、飲み物の順で続きます(デザートメニューは別にあることも)。

 

正式には、前菜かスープ、メイン、デザートを注文しますが、日本人には多すぎることも多いので、メインのみや、量の多めのサラダのみの注文でもOKです。

 

IMG_2341

前菜はこんな感じ(結婚式のおしゃれなレストランです)

 

IMG_3850

キノコのクリームスープ。

 

ちなみに私は、よほど季節の食べたかったものがあれば、スープも頼みますが、普通はメインか肉入りサラダ(Backhaendelsalat

フライドチキン入りサラダなど一食分十分です)だけで頼むことが多いです。

 

IMG_1752

Backhaendelsalat

 

また、Kalte Speise(冷たいお食事)といって、火を通していない軽食もこちらでは人気です。煮凝りに酢とオイルを掛けたSulzなどは、夏の暑い日に食欲がない時などピッタリです。

 

少量食べたい人には、それなりのお食事が選べるのも、オーストリアのレストランの嬉しいところです。

 

パンの扱いとテーブルチャージ

 

パンは、注文しないと出てこないレストランと、最初からテーブルの上に置いてあるレストランがあります。後者は通常、テーブルチャージの発生する少しいいレストランの事が多いです。

 

また、テーブルの上に置いてあるからと言って、パンは有料です(1ユーロ弱)ので、食べた分だけ請求されます。

 

また、メインにジャガイモやクヌーデルなど炭水化物が付いてくる場合は、パンはなしで済ます場合も多いです。

 

パンを後から注文する際には、パンの種類もウェイターに言うわけですが、これが曲者です。置いていないパンもありますし、ドイツとは異なる、オーストリア特有のパンの名称があります。

 

パンの名称について書きだしたら記事が丸々一つでは足りないくらいなので、ここでは簡単に描きますが、通常Brot(ブロート・日本ではパンと訳される)は、いわゆる山型の黒パンの事です。

 

「brot」の画像検索結果

Brot (Wikipediaより)

 

白いパンが欲しい時は、WeckerlやGebaeckと言いましょう。また、センメルが欲しい場合には、決め撃ちでSemmelと注文する方が無難です。それでも、黒パン以外置いていないレストランも多いです。

 

Weckerlはこんな種類があります

 

Gebaeckは基本的にほとんどすべてのパンを含みます。

 

ちなみに、テーブルチャージ(Gedeck)が発生するレストランでは、パンは食べても食べなくても、テーブルチャージは変わりません。テーブルチャージ自体は、メニューのどこかに書いてあります(大体ページの一番下)。日本でいう付け出しのような小皿が出ることもあります。

 

 

(次は、食事中に気を付けること)

 

 

モーツァルト!ウィーン版キャストアルバムCD

 

モーツァルト! 楽譜(ソングブック)

 

モーツァルト!ウィーン公演 チケット代行

 

応援クリック ありがとうございます!

 

2015-05-26 19:56 | カテゴリ:料理・酒

オーストリアに住んで10年余り。もう最近は戸惑うこともなくなりましたが、最初の一年は色んな食に関するカルチャーショックがありました。

 

阪急交通社の方の記事でNG行動集をまとめた時に、字数の関係で足りなかった分を合わせて、ロングバージョンの記事にしてみました。

 

オーストリアのレストランで食事をする際の注意事項や、オーストリア人の友達と一緒のテーブルにつくときの常識など、知っていたら色々スムーズに行くかもしれないTipsをご紹介します。

 

DSC05569

田舎風が素敵な、お気に入りレストラン。

 

ちなみに、他のヨーロッパ諸国でも全く同じルールがある場合と、オーストリアローカルな場合と、ハプスブルク帝国&南ドイツ文化圏特有なものと、色々混ざっています。これは○○の国でも見たよー!っていう体験談がありましたら、教えていただけたら嬉しいです♪

 

食事のルールは、豆知識としても、文化や歴史としても面白いですね。

 

まずは乾杯のルールから。

 

オーストリアでの乾杯の第一のルールは、乾杯する相手の目を見ること。日本人だとつい、グラスの方を見ながら乾杯しがちですが、必ず相手の目をしっかり見つめてProst(プロースト)といいましょう。

 

IMG_2749

オーストリアのビールはとっても美味しいです♪

 

ちなみに、乾杯の音頭は、Prosit(プロージット), zum Wohl!(ツム・ヴォール。健康に乾杯!)などは少し堅めのイメージですので、通常はあまり使いません。また、シュトルムを飲む場合はProstではなくMahlzeit!(通常「いただきます」の意味で使われる)という掛け声を例外的に使います。 

 

また、乾杯の第二ルールは、手や腕をクロスさせないこと。これは皆さんうるさく言う上、ミスると結構目立つので、気をつけましょう。

 

目の前で左右二人の人が乾杯している時に、その二人の腕を乗り越える形で、向かい側にいる人と乾杯すると、4人の腕が「+」の形になりますよね?これが「腕をクロスする乾杯」としてNGになります。

 

IMG_1739 (3)

これがNGの乾杯の例。腕がクロスされて、同時に2組の乾杯が行われていますね。

 

目の前で乾杯している人がいたら、終わるまで待ってから、向かいの人としっかり目を見て乾杯しましょう。

 

ちなみに、腕をクロスしそうになったら、オーストリア人はNicht ueberkreuzen!(クロスしちゃだめ!)と言って警告します。最初は「え?何がダメ?」って思いますよね。

 

この2つのルールを守らないと、「7年間不幸と悪い性生活に祟られる」と言われています。それはたまったもんではないですね(笑)。

 

少し調べたところ、このルールはドイツではある地域とない地域があるようです。また、チェコでもあるルール(守らなかったときの祟りルールも同じ)なので、ハプスブルク帝国ルールなのかもしれませんし、若しかしたらビールの国チェコからオーストリアにやってきたルールかもしれませんね。

 

飲み物の注文

 

ワイン・ビール等は通常通り注文できますが、オーストリアが他のヨーロッパ諸国と違うのは、日本のように水道水が無料で飲めて、とても美味しいことです。

 

通常のレストランでは、水道水はLeitungswatter(ライトゥングスヴァッサー)と注文すると、水道から汲んで入れてきてくれます。

 

コーヒーを注文すると必ず水道水が付いてくるのがウィーン流ですし、余程の高級レストラン以外では、水道水を注文することは、別に恥ずかしいことでもなんでもありません。(逆に一部の高級レストランやアジアレストラン等では、水道水でもお金を取るところもありますので、ご注意ください。)

 

また、普通Wasser(水)と注文すると、水道水か瓶入りかわからず、瓶入りを持ってこられる場合もあります。瓶詰めのガス水が欲しい場合はMineralwasser(ミネラルヴァッサー)、瓶詰めのガス抜きの水が欲しい場合にはMineralwasser ohne Gas(ミネラルヴァッサー・オーネ・ガス)と注文します。

 

さらに細かく言うと、瓶詰ガス水でも、Pricklend(プリックレンド・ガス多め)とMild(ミルド・ガス少な目)の二種類があります。

 

また、白ワインやりんごジュースなどを水割りで飲む事が多いですので、是非挑戦してみてください。白ワインのガス水割りはWeiss Wein g’sprizt(ヴァイス・ヴァイン・クシュプリツト)、りんごジュースのガス水割りはApfelsaft g’sprizt(アプフェルサフト・クシュプリツト)です。

 

IMG_3843

これは白ワインとは関係ない、確かグレープフルーツだったかな?のジュースです。

 

(次は、メニュー、注文の仕方、テーブルチャージなど) 

 

 

モーツァルト!ウィーン版キャストアルバムCD

 

モーツァルト! 楽譜(ソングブック)

 

モーツァルト!ウィーン公演 チケット代行

 

応援クリック ありがとうございます!

 

2014-01-11 02:56 | カテゴリ:料理・酒

毎年以上に気合を入れて作るおせち料理ですが、今回は過去最高の18品目+お雑煮!2年前に作り始めた時は13品目、去年は15品目ということで、順調に増えて行ってる感じ。

 

海外在住なので、日本みたいな食材が手に入らなかったり、親族で協力できなかったり、出来合いが少なかったりするので、毎回レシピ本とにらめっこ。子供がいると料理する時間もなかなか取れないので、27日に買い出し、29日からちょこちょこ下準備を始めて、三日かけて8品目ずつくらい完成していく感じ。

 

今回の新作は、卵の寒天寄せと焼き豚といくらのみぞれ酢。焼き豚は意外に手間も時間もかかったので、次回は外すか手抜きするかにしよう。。

 

IMG_0377-crop

 

★おしながき★

(重箱のつめ方は一応基本通りだけど、入らなかったりしたらちょっとずらしたりしてます。。)

 

IMG_0395-crop

 

○一の重(甘いモノ中心で)

 

・リンゴ寒天

・いくらのみぞれ酢(イクラはロシア人の友達が帰国の度に買って帰って来てくれるものを醤油漬けに)

・玉子の寒天閉じ(新作。簡単できれいし美味しいしアタリだったわー!)

・三食サツマイモきんとん(色は黄色(そのまま)、緑(抹茶)、赤(黒砂糖)の三食。今回はなんだかべチャッとしちゃった)

・くもい玉子(我が家伝来秘伝レシピ。一番手がかかる。。)

・かまぼこ(出来合い。赤かまぼこがなかったので白だけで寂しい。。)

・蓮根きんぴら(二の重からお引っ越し)

 

 

IMG_0455

 

○二の重(焼き物と酢の物中心で)

 

・焼き豚(新作。ソースは別)

・蓮根はんぺん(焦げた。。おいしいけど)

・松葉(もうすでに松葉の姿をしていない。。子供用に色んなクッキー型で抜いて楽しくしたので。重箱の左下のニコニコです。鶏肉ミンチに味を付けてオーブンで焼いたもの)

・三色なますいくら添え

・蓮根サーモン

・かぶサーモン(中のサーモンを星形にくりぬいてみた)

 

IMG_0421

 

○三の重(煮物中心で)

 

・高野豆腐(出来合い。玉子は別に煮た方が飾りがきれいわ)

・お煮しめ(ニンジン、蓮根、蓮根、鶏肉)

・タケノコ煮

・こぶ(これも出来合い)

・里芋煮(去年超おいしかったから多めに作ったのに、去年ほどの味にはならず。。もう少し小さめに切るべきか)

 

 

IMG_0449

 

 

せっかく作ったのにディテールがわかりにくいものをちょっとだけクローズアップして撮ってみました。寒天系はソロでとってもきれいわー。

 

リンゴ寒天。一応正統派の梅型でも抜いたけど、こちらもメインは子供用に色んなクッキー型で抜いてみた。作ったのは薄いタッパーに入れて。

 

IMG_0364

 

 

玉子の寒天とじ。こちらは四角に切ったらきれいー。玉子豆腐型で作った。

 

IMG_0372

 

あと、子供用のお皿はこんな感じですー。物欲しそうなお馬さんw

 

IMG_0434

 

 

それでは最後にもう一度全体像写真をいくつか。。

 

 

IMG_0415

 

IMG_0381

 

 

 

そして最後に、ぐちゃぐちゃですが、作ったもの全部をタッパーに入れたもの。これをベランダからキッチンに運ぶだけで5往復ww

 

 

IMG_0437crop

 

ちなみに、去年のおせちの記事。

おせち料理2013

 

というわけで、今年もよろしくお願いします。

 


エリザベート ウィーン版2012年新キャストCD



エリザベートウィーン版2枚組CD


エリザベートウィーン版DVD

2013-02-14 02:12 | カテゴリ:料理・酒
さて、今日は料理の話題です。

ウィーン在住歴の長い方に教えていただいて、農家から有機野菜を直送して、自宅前まで届けてくれるBio-Kistl(ビオ・キステル)サービスを初めて利用してみました。

季節のビオ(有機農法)のお野菜が手に入るだけでも嬉しいのに、自宅の玄関先まで持ってきてくれるんです!それも、季節のお野菜&果物はお任せで詰め合わせ♪

近所のスーパーの野菜の品揃えが段々マンネリ化してきていたので、このBio-Kilstサービスで、普段入手できないレア野菜をゲットして、色々食材や料理の幅も広げられる!一石三鳥!!!

それに、ちゃんとレア野菜はレシピも付けてくれるんです。至れり尽くせりだわー。

というわけで、届いた第一弾Bio-Kistlはこんな感じ。

DSC01420.jpg

今回入ってたのは、Kohl(キャベツのようなもの)、Schwarzwurzl(ごぼうのようなもの)、トマト、白菜、巨大パプリカ、新芽野菜詰め合わせ、リンゴ、みかん。

試しにみかん食べてみたんだけど、スーパーのと全然違う!リンゴもみずみずしい!!

あまりに嬉しくて、到着したその日にKohlとトマトと白菜と新芽野菜とリンゴとみかん全部食してみたw。

Kohlはスープにしたらおいしいー。今まで自分で使ったことなかったけど、実はこの味好みかも♪ロールキャベツみたいにもできるし、色々これは使える野菜かも!

トマトと新芽野菜はサラダに。翌日はしゃきしゃきパプリカも。ドレッシングは芥子のみオイル+バルサミコ酢+カボチャの種オイル+ハーブソルトが最近のお気に入り。

白菜は和風にベーコンと一緒に煮てみた。これ一瞬でできるからよく作るんだけど、なんかいつもより味が美味しい気がする。

ごぼうみたいなやつは、土が付いてきたのでなんかほんと農家直送って感じ!洗って皮をむくと、独特の粘着感が手の平に残ります。色々作ってみたかったものがあるんだけど、とりあえずクリームスープにしてみた。で、半分はスープとして食べて、残りはごぼうムースに。暖かいのと冷たいのは風味も違って、どちらもおいしい。。まだ少し残ってるけど、次は何にしようかな。

ああ。ブログにするんだったら、作ったものの写真も撮っておけばよかったー!

このBio-Kistl、サイズは、1-2人前、2-3人前、それ以上と3つ選べて、種類も野菜のみ、野菜&フルーツ、追加でタマゴやチーズなども選べたり、授乳中のままに優しいシトラス系抜きの配達も頼めます。

配達は週1回、自分の区の配達の日に持ってきてもらえて、前日まで注文OK。毎週や隔週でも、欲しい時だけの単発の注文も可。

隔週で注文するつもりだったけど、今回あまりに美味しくてもうほとんど食べ終わっちゃったので、また来週注文しちゃおうかなー。


[新商品]エリザベート ウィーン版2012年新キャストCD



エリザベートウィーン版2枚組CD



エリザベートウィーン版DVD


応援クリック ありがとうございます!
オーストリア人気ブログランキングへ
ヨーロッパFC2ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へにほんブログ村
2013-01-30 10:32 | カテゴリ:料理・酒
さて、ツァウナー記事の締めくくりは、やっぱりツァウナーシュトーレン!買って帰って、ワクワクの開封の儀をお届けします(笑)。

通常のツァウナーシュトーレンはこんな箱に入ってきます。結構しっかりした作りで、プレゼントにしても豪華な感じ。

DSC00678.jpg

で、蓋を開けるとこんな風に収納されています。

DSC00684.jpg

で、プラスチックのカバーを取ると。。。開封後の写真撮るの忘れた!(爆)

と言うわけで、ショーウィンドーの写真で代用させてもらいます。(笑)

IMG_6770.jpg

普通のサイズのが、大体15センチくらい。既に輪切りになって箱に入っているので、ナッツやスパイスの入ってチョコレートコーティングされたシュトーレンを存分に楽しんでみてください。

こんなに食べれない!味見だけしてみたい!って言う人は、輪切りの一つ分も売っていますし、ミニツァウナーシュトーレン(4センチくらい)のも売ってます。

バートイシュルに行かれた方は、ぜひ一度味わってみてくださいね♪


[新商品]エリザベート ウィーン版2012年新キャストCD



エリザベートウィーン版2枚組CD



エリザベートウィーン版DVD


応援クリック ありがとうございます!
オーストリア人気ブログランキングへ
ヨーロッパFC2ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へにほんブログ村
2013-01-28 10:17 | カテゴリ:料理・酒
さて、バートイシュルの皇帝御用達カフェ、ツァウナーの紹介をしていますが、今回はかわいらしいニューイヤー向けマジパン三昧です。

オーストリアでは、ニューイヤーのラッキーアイテムは、ブタ、四葉のクローバー、赤いきのこ、馬の蹄鉄です。この四つのミニチュアやお菓子などを、大晦日の夜に友達や家族に送るのが習慣となっています。

余談ですが、我が家には数年前に10ユーロで買った、巨大なブタの被り物があって、毎年大晦日には大活躍してくれるんですが、これを当然のようにかぶってベルリンのブランデンブルク門の大晦日に行った時には、道行く人から奇異の見られて驚いたものです。

どうやら、ウィーンで当然の被り物も、ベルリンでは全く内容で、ブタアイテムは全く見かけませんでした。(っていうか、ベルリンの大晦日って有名で、一生に一回は行ってみたかったんですが、行ってみたらウィーンの方がずっと良かった。。人多すぎだし、メイン会場に入るまでが大変すぎる。。ウィーンだと、メイン会場は別に並ばなくても普通の時間に行けば入れるし、入れなくても1区のどこかにいたら相当楽しい大晦日パーティーが楽しめるようになってます)

というわけで、ツァウナーのブタさんのマジパン♪

IMG_1305.jpg
13というのは2013年のことです。

IMG_1306.jpg
おとぼけの顔がかわいいー。

IMG_1308.jpg
ちょっと大きめのマジパン。ブタの丸焼きみたい。

IMG_1307.jpg
ラッキーアイテムいっぱいついてますね。

IMG_1328.jpg
シャンパン(セクト)も大晦日のアイテム。もちろん、真夜中の瞬間に開けてみんなで乾杯!

と言うわけで、今日はかわいいブタさん三昧でした(笑)

なんか、ツァウナー記事長いですが、次はカフェの中に入ってみます。


[新商品]エリザベート ウィーン版2012年新キャストCD



エリザベートウィーン版2枚組CD



エリザベートウィーン版DVD


応援クリック ありがとうございます!
オーストリア人気ブログランキングへ
ヨーロッパFC2ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へにほんブログ村