ロミオとジュリエット Romeo&Julia の記事一覧
2005-10-18 14:41 | カテゴリ:ロミオとジュリエット Romeo&Julia
やっとこさアップします。R&Jレポです。見に行ったのは先週の木曜日です。

Romeo: Lukas Permann, Julia: Marjan Shaki, Benvolio: Matthias Edenborn, Mercutio: Rasmus Bortowski, Tybalt: Simon Eichernberger, Lord Capulet: Paul Vaes, Lady Caplet: Anette Wimmer, Die Amme: Carin Filipcic, Lady Montague: Zuzanna Maurery, Der Fuerst: Kai Peterson, Pater Lorenzo: Charlie Serrano, Paris: Thomas Muelner

席:Rang1 links 59ユーロの席がタダ。ただし、舞台は一部見えにくい。(立ち見の前のほうが景色はいい)

今日は、木曜日。シシィ休暇も終わり、何もなければ魔笛初演劇場現地調査の後、TadWでエリザを見るはずでした。調査のついでにキャスト表をチェックしたらRobとMayaだし!!!!!!!!

しかし、実は、今日はタダ券があったのです!!!友達の友達経由で、いきなり電話がかかってきて、「今日R&Jのチケットあるから、あげる。いっしょに行く人を探して二人でどうぞ」とのこと。めったに会わない人の上に、私がミュージカルファンってことも知らないはずなんだけどなあ、その人。それも、有無を言わせずっていうか、私が行かないならチケットは捨てる!と言う勢いだったので、タダ券は拾わせてもらいました。(笑)

ばたばたしたけど、結局同行者も見つかり、現地調査の後ライムント劇場へ駆けつけました。チケット受け取りと言えば、劇場横のカウンター。普通にチケットを譲ってくれた友達の名前を言って、受け取ろうとしたところ、「そんな名前はありません」。いや、どうせタダ券だし、別になかったらなかったで、今からエリザに駆けつけても間に合うしー。と思ってたんだけど、やっぱりもったいないので、本人に電話して確認。すると、本人曰く「カウンターじゃなくて、バックステージの管理人さんからチケット受け取って」とのこと。バックステージっすか?普通の人は入れないよ!!!それも、R&Jいまだに出待ちしたことないって言うのに、いきなり入っちゃっていいんですか?とりあえず半信半疑で楽屋裏のドアをあけると、管理人さんが3人も!「〇〇という名前で2枚チケットを受け取りに着たんですけど。。」というと、超ウィーンなまりのきついおじさんが封筒に無造作に入ったチケットを手渡してくれた。なんかよくわからん。。

チケットを受け取って出てくると、もう開演10分前。いそいそと劇場に戻ろうとすると、楽器らしき箱を抱えたおじさんが楽屋口に向かっていく。オケの人だ!っていうか、あと10分だよ!!管理人のおじさんたちは、このオケの人に向かって「おまえ来るの早すぎだよー」とおちょくってました。。なんかなーなーって感じでおもしろいー。

ちなみに、楽屋口から見えるどこかの窓にこれ見よがしに置いてあるとうわさのLukas上半身裸の等身大ポスターは、結構探したけど結局見つかりませんでした。。

●全体の感想

やっぱりR&Jはいいわー。なんと言っても、3回目なので、やっと自分がリピーターって気分がしてきた。せっかくエリザでリピーター気分R&Jでゲスト気分だったのに、どっちももう常連化しつつある。。

今日はTybaltとFuerst以外は全員ファーストキャスト。おまけにHerrscher der Weltの3人組がそろってる!!!

今日のポイントは、まだ見たことのないRasmusのMercutio!!!!!CDでのキレっぷりが舞台ではどこまでパワーアップするか!

そして、前回片手落ちだった、RomeoママとJuliaママのDer Hassを聞くこと!!今回は二人とも本物だぜ!!!

あとは、今までずっとMarkだったTybaltのセカンドSimonのお手並み拝見。

結論から言うと、ファーストキャスト率が高かった上、セカンドのTybaltとFuerstも相当がんばってたので、多分今までの中では一番完成度は高かったかも。

ただ、エリザだと、キャストによって演技の幅が全然違うのが、R&Jだと誰がやっても同じような解釈になるのが残念。。。その中で今日のセカンドのTybaltはMarkと全然演技が違って、工夫している感じがよかった!!!彼はそのうち大物になるかも!

(キャスト編、ストーリー編に続く)
2005-09-29 21:52 | カテゴリ:ロミオとジュリエット Romeo&Julia
Romeo: Lukas Permann, Julia: Marjan Shaki, Benvolio: Sean Gerard, Mercutio: Peter Lesiak, Tybalt: Mark Seibert, Lord Capulet: Paul Vaes, Lady Caplet: Natascha Cecillia Hill, Die Amme: Carin Filipcic, Lady Montague: Zuzanna Maurery, Der Fuerst: Kai Peterson, Pater Lorenzo: Charlie Serrano, aris: Florian Theiler

席:Rang2 rechts(下手立ち見)(舞台はほぼ丸見え!)ただし、近くの席に座れた。

41703338_62.jpg


●全体の感想

3ヶ月ぶりのR&J。前回の満足度がいまいちだったため、余り乗り気じゃないけど、シシー休暇でむずむずして何か見ないといても立ってもいられないので、友達を誘って見に行きました。2枚組みCD発売記念!Musical Club入会記念!だね!

今回はClub会員の特権を利用させてもらって、なんとR&J立ち見前売り購入♪(R&Jはエリザと違って立ち見の前売りは会員限定なのです。会員じゃない人は当日かなり並ばないととれません。。)職場から午後に電話して予約しておいたので、ものすごく並んでいる立ち見& ラストミニッツ狙いの人たちを横目にさらっとチケットをピックアップできました。素敵!(電話予約は10%手数料がかかります)

それも、前売り立ち見がいいのは、当日券立ち見の人がチケットに並んでいる間にもう会場に入って、立ち見のいい場所を確保できること♪ライムント劇場は立ち見でもほとんど全部見える上、階段の近くに場所を取れば、始まってから階段に座って見れるのでかなりお勧めです。それにどうでもいいけどライムント劇場のほうが会場スタッフが親切で愛想がいいぞ!

芝居が始まって見ると、2階席の一列目、立見席の横の席が二つ開いていたので、普通に移動しました。すごい見やすい席だった!多分、50ユーロくらいはした席だと思う。。ラッキー♪

それに、エリザのRobみたいにひいきがいるわけじゃないので、結構落ち着いて見れたよ。なんか、ミュージカルってそうやって普通に見るのもいいなーなんて、変なことを考えてしまったよ。。

キャスト編、ストーリー編、シーン編に続きます。
2005-06-13 15:46 | カテゴリ:ロミオとジュリエット Romeo&Julia
●全体の感想

R&Jの一番の見所は、ダンス!ダンス!ダンス!若いダンサーのパワーが舞台上で炸裂!!いやあ、よくこんなに踊れる人を集めたもんだ。

歌も最高!歌うますぎ!!これはウィーンではどこでもだけど、よくこんなに歌える人を集めるなあと感動!!

音楽も超かっこいい!けど、ちょっとワンパターンの感じが否めないけどね。。まあ、このあたりは詳しい音楽の感想で書かせてもらいます。。

演技は、どうかなあ。後で詳しく書くけど、ダンスと歌の後回しにされてた気がする。。なんか、ばたばたしてた気がした。大人キャラはもうちょっとおちついてもよかたのでは?

舞台装置もちょっとワンパターンで3種類くらいしかなかった。。仮面舞踏会のシーンのセットは最近のクラブ系でかっこよかったけど。

このミュージカルは、オリジナルはフランスバージョンなんだけど、昔どこかで、「フランス人はミュージカルが作れない」と言われていましたが、なんか、ちょっと納得した気が。。オーストリア人のミュージカルメイキングのすばらしさから言うと、R&Jはもうちょっとがんばれる気がしました。

っていうか、多分、フランスのミュージカルで重点を置いてるところt、ウィーンミュージカルのポイントが全然違うんだろうなあ。。フランスミュージカルはショー、レビュー、歌ー、みたいな感じだけど、ウィーンミュージカルはもっとストーリーや舞台装置に深みや芸術性を求める感じがする。劇場サイズも断然違うし。