FC2ブログ
2007-12-22 00:15 | カテゴリ:オペラ
ううむ。先に昨日のワルキューレレポを書くつもりだったんだけど、ちょっと、昨日と今日の差が激しすぎたので、先に今日の文のレポを書いて吐き出してしまってから、のんびりとワルキューレの余韻に浸りたいなあ、と思って、先にボリスレポ行きます。

BORIS GODUNOW
(11. Aufführung in dieser Inszenierung)

Dirigent: Sebastian Weigle
Inszenierung
und Ausstattung: Yannis Kokkos
Chorleitung: Thomas Lang

Boris Godunow: Ferruccio Furlanetto
Fjodor: Roxana Constantinescu
Xenia: Laura Tatulescu
Amme: Zoryana Kushpler
Schuiskij: Jorma Silvasti
Andreej Schtschelkalow: Eijiro Kai
Pimen: Robert Holl
Grigori Otrepjew: Marian Talaba
Marina Mnischek: Elisabeth Kulman
Warlaam: Janusz Monarcha
Missail: Peter Jelosits
Schenkenwirtin: Aura Twarowska
Hauptmann: Alfred Šramek
Rangoni: Boaz Daniel
Gottesnarr: Heinz Zednik
Nikititsch: Alexandru Moisiuc
Leibbojar:
Lowitzki: Marcus Pelz
Tschernjakowski: Alfred Šramek
Chruschtschow:
Mitjuch: Clemens Unterreiner


チケット入手経路はワルキューレと同じなので、ワルキューレレポ参照。今回はもとは157ユーロチケットで、Parkett2列目9番。オケに手が届きそう。昨日よりもおしゃれしてロングドレスなど着て行ったんですが、カテゴリーB公演ということで、お客さんのおしゃれ度は絶対昨日の方が高かった!!!!カテゴリーによってドレスコードも微妙に違うのか!

さて、聞いたこともないオペラだったんですが、プーシキンの戯曲を下にロシア人作曲家Modest Mussorgskiが作曲した作品で、読み方はボリス・ゴドゥノフ。4幕物で休憩は間1回。上演時間は3時間半で、全ロシア語。ロシア語オペラって始めてだわー。正直ロシアのツァーリの話?くらいしか知らなかったんですが、あらすじはこんな感じ。

http://www.petits-pois.com/Opera/opera_godunov.php

●あらすじ

皇帝イワンが死に、無政府状態だったロシア。皇帝候補者のボリスが帝位に付くが、ボリスはイワンの息子で皇太子のディミートリを12歳の時に暗殺した疑惑がかかっている。このことを年代記に記したロシア正教の老僧ピーメンは、若き修道僧グリゴリーに自分が目撃した暗殺について語る。グリゴリーは暗殺された皇太子が生きていたら自分と同い年であることを聞いて衝撃を受け、そのまま修道院を脱走し、リトアニアに逃げる(このとき、仲間を逮捕させようとしたり、結構ずるいこともするし。。)。

ボリスは帝位に付いたものの過去の自分の行いに苦しめられている。政敵シュイスキーが現れ、ポーランドで殺されたはずのディミートリが反乱を起こし、ボリスを廃位するつもりだと主張していることを告げる。ボリスは自分の過去の亡霊に取り付かれ、取り乱す。

ポーランドでは、貴族の娘マリーナとディミートリを騙るグレゴリーがダークなラブラブを繰り広げている。野心的なマリーナは、とっととツァーリになりな!皇帝になる男じゃないと興味はないわ!と言い放ち、グレゴリーは「おう!そんなに権力者に興味があるなら、俺が皇帝になってからお前が許しを乞いに来ても無視してやる!そうなっては遅いからな!」とかいって、愛してるんだかなんだか分からない会話に。結局最後は抱き合ったので、和解したんでしょう。ちなみに、ポーランドはカトリックなので僧ランゴニーがディミートリを抱きこんでロシアをカトリック化しようとたくらんでいる。(ロシア正教の老僧が賢者なのに対してカトリックの僧ランゴニーはめちゃめちゃ世俗的。。)

一方、自分が殺したはずのディミートリが攻めてきていると知ったボリスは錯乱し、息子のフョードルに皇位を譲って息絶える。ディミートリがロシアに攻め込み、ツァーリになる。

実は、ボリスが死ぬ前に、「聖愚者」という登場人物が現れて、ボリスが子供のディミートリを暗殺したことをみんなの前で暴くシーンがあるはずなんですが、なぜか私が見たバージョンではこのシーンが完全にカットされてました。正直、この「聖愚者」を見てみたかったので、このシーンがカットされてるのはショックだった。。。どうやらロシア的考えでは、知能の低い人にこそ神が宿るらしく、「聖愚者」の発言は真実を告げていると考えられているらしいです。この「聖愚者」らしき人物は最後の最後にちょろっと出てきますが、物足りなさ過ぎる。。

●全体の感想

さて、前置きが長かったですが、感想は。。。。ううむ。。。。昨日のワルキューレがすばらしすぎて、今日のボリスは普段どおりっていうか、普通すぎた。。。まず、馬鹿長い上に、台詞に繰り返しが多くて、長くしてる意味ないし。。ワルキューレは更に長いけど、台詞一つ一つの意味が深いし、削る台詞がないほど内容が濃いんだよー。でも、普通のオペラって字幕チラッと見たら当分舞台見てられるくらい内容薄いよね?ほんと、一場一場長くて疲れた。。。

長くて冗長でも、演出が見所があったり、ストーリーや音楽が楽しかったりしたら飽きずに見れるんですが、今回は演出がもう現代的で一番私が苦手なタイプ。。あの、ナブコタイプのモノトーンでセットもいったいどこだか分からないようなやつで。。せっかくロシアのお話なんだから、コサックとかロシアっぽい衣装にして欲しかったのに、みんな背広だしさ。。。つまんねーーーー!!!!!!!!そして、ストーリーも音楽もひたすら暗い。。。男ばっかりだからソプラノも聞けないし、みんな悩みまくってるし、竹を割ったような性格のヤツなんていないし、もう、お前ら悩んでないて恋でもしてろ!!!って感じなんですがねえ。。。女キャラが一人しかいないんじゃ無理だよねえ。。。

あ、でも、くすっと笑って面白かったのはディミートリ(グリゴリー)とマリーナの真っ黒ラブソングだね。もう、腹黒すぎる。特にマリーナが。。。皇帝にならないんだったら結婚しない!とか言ってさ。。で、腹黒すぎて捨てられかけるといきなり「愛してる」とか言い出すし、ディミートリのほうも好きだとか言ってたくせに「俺が皇帝になったらお前は奴隷扱いして馬鹿にしてやる!」とか言い放題。よう結婚する前からこんなに言いたい放題できるねえ。。で、裏でカトリック布教してやれ、とほくそえむ僧がまた悪いやつでさ。。いいやつはいないのか、このストーリーは。。昨日はワルキューレで皆さんの実直さに心洗われたのに、ボリスはみんな腹黒すぎる。。。

さて、ここまで結構散々書いて来ましたが、一つだけこの作品ですばらしいことが!!!!!!!タイトルロールのボリス役のFerruccio Furlanettoがもう、熱演!!!!!主役がバスってあまりないんだけど、(ロシア人はバス歌手をよく出しているため)、この作品は珍しくバスが主役。それもFerruccio Furlanettoさんは声もものすごく通るし、何より演技がすばらしいーーー!!!!!!!!もう、取り乱したり錯乱したり大変な役なんですが、もうすごいのーーー!!!!!この人見るためだけに前の席でよかったーー!!!って思ったーーー!!!

確かに、キャストはそんなに悪くなかったんだよー。ボリスがめちゃめちゃよかったけど、二番面重要なディミートリ(グリゴリー)のテノールも非常に高音がよく通ってたし、腹黒ヒロインマリーナのソプラノも演技もよかったーー!!あと、ロシア正教の老僧のバスがオールドデュトロノミーみたいでまたよかった。

ただ、ほんと、これだけは許せなかったのが、せっかく前から2列目なのに、席の運が悪すぎたこと。。隣のおばちゃんがMarika Lichter風で、もう、鼻息がうるさいうるさい!!!!1幕の間中すぴーすぴー言ってるの!!!!!!!もう、こんなに誰かの息の根を止めたいと思ったことはなかったね。。相当うるさかったらしく、私の周りの人もみんなしきりに本人に気づかせようとしてるんだけど、鈍感なおばちゃんは全然自分の鼻息が迷惑だってことに気が付いてないし。。私ももう、あからさまに左の耳は指で耳栓してました。何でオペラ見に来て耳ふさがなあかんねん。。。(涙)後半は同行のおばさんが注意したらしく、ちゃんと鼻かんですぴーすぴーは静かになってましたが、時々、こういう音楽を楽しめない人がオペラに来てるって言うのは残念だよね。。

さて、最後に、2列目の音響ですが、一番上の立ち見より音量が大きくなるのが当然と思ってたんですが、思ったより違いはなくてびっくり。なんで2列目と一番上で音が変わらないんだろうー?そういう設計なの???ほんと、音響的には上の立ち見の方が実は好きかも。やっぱり2列目だとオケに近いので、楽器にかき消されて歌手の声が届いてこないことがある。立ち見だと声も楽器の音も交じり合って聞こえてくるから耳に心地いいかも。けど、うまい歌手はオケが大音量だろうがなんだろうがしっかり突き抜けて聞こえてくるので、今回のボリス役の歌手のうまさは際立ってたわ。。。

オケや指揮者も近かったのでちょくちょく見てたんですが、こういうのはやっぱり近い席がいいねえー。チェロのお兄ちゃんが二人で暇な時に目配せして遊んでたり、チューバの人がほとんど出番なくて、端っこで暇そうにしてたりして、見てて面白かったよ。でも、やっぱり昨日のワルキューレの完璧さから比べると、今回はオケと歌手がずれたりとか結構あったなあ。っていうか、普段は結構このボリスくらいのレベルで作品を見ることが多いので(ウィーンとはいえ作品によってレベルの差は結構あるのです)、そう考えると、昨日のワルキューレの完成度の高さがやっぱりぴか一だったんだわ。。。。

というわけで、地味目にボリスレポでした。
2007-12-21 15:38 | カテゴリ:オペラ
レポはあとでちゃんと上げますー。っていうか、上げないわけには行かないものすごい体験をしてしまったーーー!ワーグナーすごすぎるーーー!!ワーグナーーー!!!!!!うおーーーー!!!!!もう、号泣。5時間終わったら膝の上ティッシュだらけ。それも178ユーロの席(フランツヨーゼフ席)がただで!!!!!!こんな体験をさせていただいた見知らぬ方、本当にありがとうございます!!!!!!!

ほんと、やばいわ。ワーグナー信者になりそうだ。ほんとうにすごかった。。。。すばらしかった。。。芸術ってあるんだわ。。。それも、物語が深い深い!あらすじとぜんぜんちゃうやん!!!!主人公はヴォータンやん!!!!ブリュンヒルトかっこいいけど、ヴォータンがかわいそすぎる!!!!!!!!!!

ちょっとつぶやきはこの辺で止めときます。。あとでつぶやきも含めてレポにします。。やはり3連続観劇だとレポが追いつかん。。。

自分メモ

20. Dezember 2007

DIE WALKÜRE
(6. Aufführung in dieser Inszenierung)

Dirigent: Franz Welser-Möst
Inszenierung: Sven Eric-Bechtolf
Bühne: Rolf Glittenberg
Kostüme: Marianne Glittenberg
Video: fettFilm

Siegmund: Johan Botha
Hunding: Ain Anger
Wotan: Juha Uusitalo
Sieglinde: Nina Stemme
Brünnhilde: Eva Johansson
Fricka: Michaela Schuster
Helmwige: Amanda Mace
Gerhilde: Caroline Wenborne^
Ortlinde: Alexandra Reinprecht
Waltraute: Aura Twarowska
Siegrune: Sophie Marilley
Grimgerde: Daniela Denschlag
Schwertleite: Zoryana Kushpler
Roßweiße: Cornelia Salje


BORIS GODUNOW
(11. Aufführung in dieser Inszenierung)

Dirigent: Sebastian Weigle
Inszenierung
und Ausstattung: Yannis Kokkos
Chorleitung: Thomas Lang

Boris Godunow: Ferruccio Furlanetto
Fjodor: Roxana Constantinescu
Xenia: Laura Tatulescu
Amme: Zoryana Kushpler
Schuiskij: Jorma Silvasti
Andreej Schtschelkalow: Eijiro Kai
Pimen: Robert Holl
Grigori Otrepjew: Marian Talaba
Marina Mnischek: Elisabeth Kulman
Warlaam: Janusz Monarcha
Missail: Peter Jelosits
Schenkenwirtin: Aura Twarowska
Hauptmann: Alfred Šramek
Rangoni: Boaz Daniel
Gottesnarr: Heinz Zednik
Nikititsch: Alexandru Moisiuc
Leibbojar:
Lowitzki: Marcus Pelz
Tschernjakowski: Alfred Šramek
Chruschtschow:
Mitjuch: Clemens Unterreiner
2005-11-21 19:41 | カテゴリ:オペラ
土曜にオペラ座で椿姫(La Traviata, Verdi)を見てきました。

当日の午後にいきなり友達が「オペラ座にラ・トラビアータを見に行くけど、来る?」って!遠隔地にいたのでダッシュでウィーンまで戻ってきて、何とか間に合ったよ。。

●チケット購入編

TadWの出待ちしてたので(爆)立ち見の列に並ぶのがちょっと遅れた。。けど、友達が18時から並んでいてくれたので、列に入り込めてよかったよ。。

●ウィーン国立オペラ座の座席の仕組み

1.平土間(日本でいう1階席)
Parkett(前半分)とParterre(後ろ半分)に分かれています。一番高い席で、公演によって220-157ユーロ。平土間の後ろ部分にはParterrestehplatzの立見席あります。

2.Loge(2階席の高さ)
ボックス席になっています。各ボックス5人座れますが、サイドのボックスでは一番前でなければ舞台は半分くらいしか見えません。
一度すごく安いLogeの後ろの席で、いすの上によじ登って見た記憶が。。

3.Balkon(3階席の高さ)
Mitte(中央)部分のみ座る席があり、両サイドにはBalkonstehplatzの立見席があります。

4.Galerie(4階席の高さ)
これもMitte(中央)のみ座る席があり、両サイドにはGaleriestehplatzの立見席があります。

●立見席について

立ち見の種類は3種類。
・Parterrstehplatzは平土間後ろの立見席で、1万円払ってる人たちの真後ろの席です。ありえないくらいよく見えます。3.5ユーロ。

・BalkonstehplatzはBalkon(3階席の高さ)のサイドにあります。眺めは、一番後ろの列だと舞台の半分くらい。ただしオケがよく見える!値段は2ユーロ。

・GaleriestehplatzはGalerie(4階席の高さ)のサイドにあります。まだここから見たことがないので景色はよくわからないけど、友達によると音はすごくいいらしい!これも2ユーロ。

立見席の買い方は、オペラ座向かって左側の立ち見の列に並びます。(外に並ぶこともあるので注意!)

開演80分前から立見席の販売が始まります。
500席くらいあるらしく、列の後ろのほうでもちゃんと購入できるそうです。

よく立ち見を買う友達によると、開演90分前から並べば、大体Parterrestehplatzが買えるそうです。今回は有名作品の上、土曜日だったので、Balkonstehplatzだったけど。。

●作品タイトル編

まず、情けないことに、ラ・トラビアータが椿姫だと知らなかった私!!!!もう、それだけでも情けなさすぎです。ごめんなさい、ヴェルディ、ごめんなさい、デュマ息子。。

だって!!こちらではラ・トラビアータっていうんだもん!!それに私オペラ詳しくないんだもん!!!それに、当日見に行くことになったので下準備全然してなかったんだもん!!ただ、ラ・トラビアータは有名でみんな見に行きたがってるって知ってたので、見たかったの。

劇場で友達としゃべっていて、Kameliendamen(「カメリア(花の名前)の女」)というデュマJrの原作ってことまではわかってたのに!!そこまでヒントもらって椿姫ってわからない私もどうかしてるよ!!!

ちなみに、イタリア語の題名「La Traviata」は、「道を踏み外した女」という意味で、第3幕でヒロインが自らをそう呼ぶことから付けられたそうです。
2005-06-06 23:01 | カテゴリ:オペラ
このオペラは、ヴェルディの作品なんだけど、あまり有名じゃないと思う。少なくとも、オペラファンじゃなければ知らなさそうな作品です。

これが、結構面白かった!ストーリーは、スペインのフェリペ2世とイザベラ王妃(コロンブスのスポンサーだった人ね)とその次の王様、カルロス1 世について。(ドン・カルロスとは王子時代のカルロス1世のこと)登場人物は歴史的人物だけど、ストーリーは完璧フィクションで、カルロスとイザベラは好きあっていたのに、イザベラは政略結婚で父王フェリペと結婚させられる恋愛悲劇です。

こんな歴史的有名人が恋に悩んでいる!エリザベスの襟のイザベラ王妃があんなことや、おひげのフェリペ二世がこんなことを!と、歴史の教科書で見た有名人がみんな悩んでるのを見て、「たいへんだなあ」と思う話でした。

あまり有名なオペラじゃないし、期待してなかったんだけど、とても面白かった!5時間という長さじゃなければ、もう一度見たのに。。それに、フランス語で上演されるオペラも初めてだったのでわくわく。「ノン!!ジャメーー♪」とか「ジュテェェェェーム♪」とかオペラで歌うとなんか楽しいし。

一幕が終わって(一幕だけでも2時間以上!)、幕間でフォアイエに出てくると、なんと、マイクを持ったジャーナリストのような人が、テレビカメラに向かってしゃべってるではありませんか!ドイツ語、英語、フランス語で、「グーテンアーベント・オイロパ!(こんばんわ、ヨーロッパ!)」みたいなのりなの。パパラッチみたいなカメラマンがいっぱいいるし!で、テレビのインタビューかと思ってみてても、マイクにテレビ局のロゴがない!それに、オペラ座内のスクリーンにテレビカメラの内容が映し出されてる!

「さあ、皆さん、世紀の瞬間です!本物のフェリペ二世とイザベラ王妃、それにカルロス王子がお出ましになります!民衆の皆様、拍手喝采でお出迎えください!」というマイクを持った人の声。続いて、虐げられて鎖につながれた民衆(カトリックの王様によって逮捕されたプロテスタントの人たち)とフェリペ、イザベラ、カルロス役の役者の皆さんがオペラ座入り口から登場!そのまま、階段を通って舞台まで上がっていかれました。

なんと、幕間も演出のうちだったのです!オペラを見に来た私たちが、15世紀のスペインの民衆になったつもりで、王と王妃の登場に喝采し、そのまま舞台は次のシーンである、プロテストタンと処刑シーンへ移っていきました。

結局、ゲストの時間の関係で最後までは見れなかったんだけど、5時間のオペラを飽きさせずに見せるってすごいなあと、舞台のすばらしさと演出の巧みさに改めて感動しました。(長すぎるので、短くしたイタリア語バージョンの同名オペラもあります)

オペラって、よっぽど見たい!っていう作品じゃないとついつい先延ばしにして、結局見ないことが多いんだけど、ゲストが来るとこういう楽しみがあっていいね!