ウィーンミュージカル の記事一覧

2017/5/3に見た、ドンカミッロ&ペッポーネ@Ronacher劇場二回目観劇のレポです。

 

ネタバレ有り、ストーリー解説なしなので、私の感想書きなぐりって感じですが、そのうちストーリー解説もするので、とりあえず感動を叫ばせてください(笑)

 

2017-05-03 18.21.17

雨のRonacher劇場

 

●全体の感想

 

ドンカミッロ、22ユーロで二列目で見てきたーー!!やっぱりこの作品大好きだー!二回見たのにまた見たい。。何度も涙が止まらなかった。。マヤさんが素晴らしすぎる。脚本最高。。音楽もめっちゃいい感じ!あーまた見たいなー!ラストの開放感がもう至福だわー!好きだなぁこの話!

 

もうすぐ終わるというのに、久々に作品にハマりそうな予感。。安く前で見れる手段も見つけたわけだし、時間なんとか作って、なんとかあと1回見たいなー!これは誰か友達と見たい!めっちゃ楽しい気分になる!あー、ミュージカルの醍醐味。。

 

なんでこんなに好みなんだろう、この作品。なんか、前のレポでは結構頭使ったみたいな事書いたけど、今回はラスト知ってたから、安心してハートで楽しめたなー。前はなんか結末がわからないドキドキで不安だったけど、今回はもう手放しで楽しめた!適度に話忘れてたのもよかったかもw

 

あーやばいまた見たい。。全てのピースがぴったりハマる快感!カッコイイとかカワイイとか派手なことは何も無いのに、なんかドキドキしてニヤニヤしてしまうw トラブルがあっても基本愛のある世界で、人間って素敵って思える。

 

2017-05-03 18.27.41

Ronacher劇場の天井。その昔オペラ座の怪人コンサート版で、このシャンデリアが落下するかという演出があって、鳥肌モノだった。

 

2017-05-03 18.27.35

ドンカミッロ開演前。前列はすごいスモーク。戦争直後から話が始まるから、開幕前からホコリっぽくしてある。

 

 

●キャスト

 

あまりに作品が好きすぎて、キャストの感想とか個別のことがどうでも良くなってきたけど、一応書いとく。マヤさん素晴らしすぎる!二列目で見た幕間のパントマイムは、前回より拍手多くて、3回も!私の目の前の名演技を、瞬きもせずに見たよ!マヤさんが完璧すぎてもう彼女以外考えられない。

 

セカンドはドンカミッロのThorsten Tinneyで、ジーナの資本家パパがMartin Berger。Thorstenはモーツァルトのパパのセカンドで何度か見た人で、歌はうまいけど堅物だと思ってた。めっちゃ笑顔が素敵で、あんな魅力があるとは!歌も超美声! 後この人は、マリオリーノパパのファーストでもあるね。

 

ThorstenはファーストのAndreas Lichtenbergerよりは硬い(というか、Andreasが適役すぎる荒ぶりっぷりw)けど、それでも、ほんと腕まくりがよく似合って、芯のある中ににやりとする感じがほんと素敵。歌はAndreasより安定した深い素晴らしい声。

 

特に、ストのコーラスを突き抜けてくる、「私は常に貧しい人の味方だご誤解されたー」という、苦しみを歌うところが鳥肌モノ。大好きなMein Dorfの歌もめっちゃ泣いた。ほんと名曲。

 

資本家パパのMartin Bergerは、こんな大物がこの役?ってびっくりしたけど、どう見てもあの彼。この人時々、特徴のある脇役するけど、すごくいいよね。キャッチミーの刑事(これは主役かw)とか、WWRYのかしょーぎとか、シスアクの三人衆とかw ファーストより記憶に残るパパだった。 (ファーストは元バルジャン役者のReinhard Brussmannでこの人も好きだけど)

 

なんと言っても、マヤさんで何度も泣いた。恋人のシーンで、愛おしそうなあの表情が!彼への愛しさと、彼女への懐かしさ。ラブソングを聞きながら、マヤさんの表情見てるだけで、涙だだ漏れ。すり抜けた時の驚きに号泣。

 

ラストどうなるかかなり忘れてたけど、最後自転車に黒コートのマリオリーノとマヤさんが、一瞬キスするところでまたもや涙腺崩壊。それもすべて一瞬で消え去る。けどあの一瞬のおかげで、彼女は救われた。紛れもなく全員がハッピーエンドを迎えた。

 

最後に大喜びする神父が、興奮してマヤさんに話しかけちゃうんだね。で、あなた誰?ってなって、マヤさんも戸惑いながら正体を明かす。ここほんと絶妙!神父だからこその出会い!超自然的な一瞬だったよ!

 

マヤさんが舞台にいる時は、全身全霊でマヤさんを見ることをオススメします。すべての演技や動きに意味があって、常に完璧。誰も見てない退場の時ですら、演技は最後まで気を抜かない。見てれば見てるだけ泣ける。スゴすぎる。。

 

image

ドンカミッロのキャスト表。アンドレがアンサンブルにいて、ちょこまかと面白かった。

 

●雨のシーン

 

今回二列目で見たドンカミッロだけど、前回三階席最後列で見た時と、感動の大きさは変わらなかった。最後列大好き♪と再確認。ただ、最後列だとオペラグラスで字幕を読むレベルの視力なので、二列目なら横を見上げる角度だけど肉眼で字幕が読める。大きな違いはそれだけかなー。

 

雨の振り方は、後ろから見てたら全体が見えて、雨が増えていく様子(二段になって降ってる)がはっきり分かって、アンサンブルの興奮とあいまって鳥肌すごい。前列で見たら、気づいたら自分に降ってきそうで、青白く光る雨粒が大量に落下するのがキレイで、上見て見とれてしまう。どっちもイイ!

 

ドンカミッロ幕間。一幕終わりの雨が降り続くまま休憩タイム、という異例の演出。幕間の後半は、マヤさんがつかの間の晴れ間のパントマイム。幕間の天気が次のシーンの伏線になってる。

 

幕間のパントマイム中のマヤさんは、撮影可かどうかわからなかったから撮らなかったんだけど、マヤさん目の前の一列目で、5分くらいフラッシュ焚いて撮り続けてる人達がいて、パントマイム中のマヤさん微妙だったろうな。。途中からそっち向かない演技に切り替えてた。

 

あと、客席降りは最後列は気が付かなかったけど、まああまり感動に影響ないレベル。雨のシーンと捜索シーン。搜索シーンでライトで照らしつつ客席降りは、この演出家三回目くらいじゃない?貴婦人の黒豹とか。

 

 

●ほか色々

 

一回目に見た印象は、二回目見てもそのままだった。Heimatの歌、一回目穿った聞き方してたかなーと思って、今回は頭空っぽにして聞いたけど、「Heimatはただの言葉ではない」とあれだけ繰り返して歌い、あの膝パタパタダンス見てると、意図したメッセージは伝わるな。

 

恋人がどう見てもロミジュリで、WSSみたいに「2人きりの島に行こう」みたいな事言ってるから、ほんとテンプレ通りで心配しちゃう。クンツェ氏脚本でこんなベタな展開?って思ってたら、やはり最後は裏かいてきた!このサプライズは騙されて嬉しいやつ!

 

ほんともう、トラブルがどれもかなり限界までやばくて、解決の仕方がまた予想外で、駆け引きの会話が一筋縄では行かなくて、神は綺麗事言うけど、実際に頭と手を動かすのは人間で、なんか、人間臭さって最高、ってしみじみ。

 

●まとめ

 

と言うわけで、22ユーロで2列目で見れたのは最高だったんですが、この作品は脚本があまりに素晴らしいので、劇場のどこで見ても感動する!前列は前列の良さがあり、後列は後列の良さがある。

 

こんな大好きな作品を、色んな視点から見られてよかった♪

 

あともう少しで終わってしまうけど、ちょっとでも楽しめるうちに楽しもう!

 

ドン・カミッロ&ペッポーネ ウィーン版ライブCD<2枚組CD>

 

ドン・カミッロ&ペッポーネ ウィーン版プログラム

 

ドン・カミッロ&ペッポーネ ウィーン版リブレット(台本)

 

応援クリック ありがとうございます!

 

2017-06-25 16:50 | カテゴリ:公演情報

フォルクスオーパー2017/18シーズンが発表されましたので、ミュージカル部門のみまとめておきます。

 

まずこちらが、来シーズンのオペラ、オペレッタ、バレエ、ミュージカルの新作紹介動画です。

 

 

こんなに作品も歌手もダンサーも役者も魅力的なら、ミュージカル以外も沢山見に行きたくなってしまいますね!

 

それでは、来シーズンフォルクスオーパーのミュージカル上演作品をまとめてみました。配役や注目点などある場合は追記しています。

 

●新作

・ジプシー 2017/9/10初日

Maria Happel主演、Werner Sobotka演出
・回転木馬  2018/3/17-4/22

ロジャーズ&ハマースタイン作品

 

●再演

・ハウトゥーサクシード 2017/10/25-12/13

2016/17シーズン初演作品。独題はWie man Karriere macht ohne sich anzustrengen
・マイフェアレディ 2017/12/21-2018/1/19
・アクセル、天国の扉にて Axel and der Himmelstuer 2017/12/26-2018/1/31

Andreas Bieber主演。正確にはオペレッタ。
・サウンド・オブ・ミュージック 2018/1/14-2/10,4/27-5/1
・ヴィヴァルディ~第五の季節~ 2018/1/27-3/1

Drew Sarich主演

・オズの魔法使い 2018/4/29-6/8
・スウィーニートッド 2018/6/12-28

Morten Frank Larsen主演

 

こちらから、月別の上演作品を見ることができます。

https://www.volksoper.at/spielplan/

 

●フォルクスオーパーの上演システム

 

ちょっとだけ、フォルクスオーパ上演システムについて説明しておきます。

 

フォルクスオーパーでは、日本にはないレパートリー制というシステムを採用しています。ロングランではないけれど、毎日公演のある短期公演でもない、その中間のようなシステムです。

 

上記の演目紹介に日付が書いてありますが、この日付で毎日上演するわけではなく、この期間のうち、作品によって決められた回数だけ上演されます。

 

例えば、「オズの魔法使い 2018/4/29-6/8」とありますが、その場合は、この期間で3~5日に一回くらいの頻度で公演があります。他の日は他のレパートリー作品を上演しているので、常時約5-6作品を日替わりで上演している感じです。

 

スター頼りの作品(Axel, Vivaldi, Sweenyなど)は、役者の空き具合によっては短期間に公演を詰める場合もありますが、通常はダブルキャスト制です。

 

●オススメ作品

 

サウンド・オブ・ミュージックは、見たことない人には多分フォルクスオーパーミュージカルでは一番のオススメです!あのおなじみの曲をドイツ語で!ウィーンの客席で見るこの作品は、他のどの国や年で見るのとも違う、特別な経験になります

 

楽しいミュージカル好きな人は、オズの魔法使いを全力でお勧めします。とにかく演出がすごい!何度も目を疑うようなびっくりがあります。

 

暗くても鳥肌モノの作品が見たい人は、スウィーニートッド!!この作品は、ウィーンのオケで聞かなきゃ!!!ものすごい音楽体験ができます。演出も芸術的。

 

ウィーンに遠征や旅行で来るミュージカルファンの方には、Andyのアクセル、Drewのヴィヴァルディなどが、、役者目当てだとオススメ。ハウトゥーも初演時の良キャストが残っていればお勧めです。

 

しかし今年の新作はあまり魅力を感じないなあ。どちらも見ておくべき作品ではあると思うけど。。

 

●見たさランキング

 

私の見たさ度合いを☆で表してみました。

 

☆☆☆(絶対見たい!)

・オズの魔法使い(一度見て最高によかった!今度は息子と見たい!)

・ハウトゥーサクシード(初演シーズンに見逃した)

・ヴィヴァルディ(初演シーズンに見逃す可能性あり)

 

☆☆(大好きな作品なので、時間見つけてぜひ見たい!)

・スウィーニートッド(Morton Frank Larsenのスウィーニーは本当に素晴らしい!!演出も鳥肌モノ!定期的に見たくなる・・)

・アクセル(Andy主演宣言してるし!これも演出最高!そして、Andy最高!!)

 

☆(ぽっかり空いた夜にちょうど見たい作品がなかったら見る)

・ジプシー

・回転木馬

 

あと、私が見たい作品は2018年1月に固まっていて、もう予定をどうしようかと今から悩む。。

 

 

というわけで、再演がアツい!フォルクスオーパー 2017/18年シーズンのまとめでした。

 

サウンド・オブ・ミュージック オーストリア初演フォルクスオーパー版CD

サウンド・オブ・ミュージック ザルツブルク版CD

 

応援クリック ありがとうございます!

 

2017年秋から再々演が決まった、ウィーン版ダンスオブヴァンパイヤ。新トレイラーが公開されています。

 

 

映像は再演時のDrew Sarich、Lukas Perman、Marjan Shaki版です。(赤いブーツのシーンだけ再演時の映像じゃない気がする。)

 

当時はこんな演出だったんだなー、とハイライト版を見る気分でどうぞ。こういう舞台上でカメラを動かすトレイラーは、エリザベート再々演からスタートしたと思ってたけど、実はこの時に既に使っていたのに、しばらくお蔵入りになってたのね。最初の墓のシーンメチャ怖くてすごい好きだったなー。

 

細かく言うと、再演時のクロロックは始めはThomas Borchertで、途中からDrewに変更になったので、この映像はDrewになってから撮影したもの。

 

そして映像でクロロック飛んでるから、終わりかけのかなり最後の方の映像だね。これ実際飛んだ時結構笑ったw メアリーポピンズより一瞬しか飛ばないし、影武者見えるしw

 

個人的には、前半のトーマスの方が好きだった。Got ist totでバルタン星人のような影絵する時、トーマスの指の方が繊細に動くのがほんと鳥肌モノ。けど、ラストの現代版のロッククロロックはDrew似合いすぎてここはDrew大好きだったなー。

 

再々演版はまた演出がらりと変わる可能性があるので、それも含めて楽しみです♪

 

(おまけ)

 

StuttgartのクロロックがJan Ammannになるそうで、その動画がこれ(

Seid ihr bereit? Ein neuer Graf von... - Tanz der Vampire - Deutschland)なんだけど、ツッコミどころ多くて、なんか真面目なのに笑えるw ウィーンでもこういうの撮影してほしいw



ウィーンミュージカル チケット代行サービス

 

ダンス・オブ・ヴァンパイア ウィーン再演版 全曲ライブCD<2枚組>

 



ダンス・オブ・ヴァンパイア オリジナル・ウィーン・キャスト 1998年初演版全曲CD<2枚組>


応援クリック ありがとうございます!

 

    前回の記事に引き続き、2017年9月30日から上演される、20周年記念ウィーン再々演版ダンス・オブ・ヴァンパイアのキャスト発表記者会見のご紹介です。

     

    2017/6/13 11:00-Ronacher劇場にて

    https://www.musicalvienna.at/de/aktuelles/338/Castpraesentation-TANZ-DER-VAMPIRE

     

    ウィーンミュージカル チケット代行サービス

    こちらで、ウィーン版「ダンス・オブ・ヴァンパイア」2017年9月から2018年3月(延長の可能性あり)のチケット購入代行を承っています。

    お気軽にお問い合わせください♪

     

    今回は、この記者会見の最後に二曲だけ歌われた歌唱部分のコメントから行きます。上記の映像で言うと、55分ごろからです。

     

    <歌唱映像>

     

    ♪Draussen ist Freiheit(アルフレートとサラ)

     

    二人とも現役学生で若いが、声の質もピッタリで、歌も文句なく上手い。表情の作り方もいい感じ。声に感情も上手く乗っている。

     

    こういうサラ、Marjanにはなかった雰囲気ー。若いから未知のものに対して恐れ知らずで、ちょっとやんちゃな感じ。世話焼きで怖がりのアルフレートと対照的。これは楽しみー!

     

    ♪Totale Finsternis(二人のクロロックとサラ)

     

    右からDrew左からマーク。真ん中にサラ。マークとDrewが二人でハモるところがいい!!

     

    Drewの声はロックで深く芯がある、Markはシカネーダー風(トーマスのように深くはないが、クラシック寄りに響かせようとしている感じ)

     

    二人で一緒に歌うところがほんと鳥肌モノ。Drewの高音がいい!Markの高音はちょっと顔が赤くなってるw

     

    サラも、よくこの二人と対決して歌っている。歌声が頭飛び出して響くだけじゃなくて、落ち着いて演技している。表情がすごくいい。このサラを見ていたら、今まで感じたことのなかった物語の理解が深まりそうな気がする。この声なら、マークよりDrewの方が合いそう。

     

    結局この曲、サラの歌だから、サラの歌声と表情次第だなー。Marjanよりも初演の人のパンチのある声に似てる。めっちゃ期待膨らむ。さっきの無邪気な恐れ知らずな少女が、ここでクロロックのダークサイドを知って受け入れ、女になる。

     

    最後のVerstandを歌うサラを見つめるマークの表情がファン垂涎wそして、キスした後素に戻って苦笑するDrewとマークに対して、最後まで演技を続けるサラ素晴らしい。

     

  • <セカンドやアンサンブルを含めた全キャスト>
  • Krolok – クロロック:Drew Sarich(9/20-11/9), Mark Seibert(11/10/12/31), Thomas Borchert (1/2-); Cover: Florian Fetterle,  Filippo Strocchi
  • Sarah – Diana Schnierer, Cover: Abla Alaoui, Anetta Szabo
  • Alfred – Raphael Groß, Cover: Christopher Dederichs, Daniel Eckert
  • Professor Abronsius – Sebastian Brandmeir, Cover: Fernand Delosch, Luc Steegers
  • ChagalNicolas Tenerani, Cover: Fernand Delosch, Martin Stritzko
  • Herbert – Charles Kreische, Cover: Christoph Apfelbeck, Jan-Eike Majert
  • Magda – Marle Martens, Cover: Anja Backus, Tanja Petrasek
  • Rebecca – Dawn Bullock, Cover: Floor Krijnen, Tanja Petrasek
  • Koukol – Florian Resetarits
  • Nightmare Solo – Vinicius Gomes, Filippo Strocchi, Cover: Fernand Delosch, Christoph Apfelbeck
  • Tanz-Solistin – Lucy-Marie Fitzgerald, Martina Borroni, Vanessa Spiteri
  • Weißer Vampir – Jasper Caransa, Cover: David Baranya, Jan-Eike Majert
  • Schwarzer Vampir – Arltan Andzhaev, Cover: Jordan Hinchliffe, Fabian Lukas Raup
  • Ensemble Gesang – Abla Alaoui, Anetta Szabo, Christopher Dederichs, Luc Steegers, Martin Stritzko, Floor Krijnen, Anja Backus, Tanja Petrasek
  • Ensemble Tanz – David Baranya, Jordan Hinchliffe, Fabian Lukas Raup, Martina Borroni, Vanessa Spiteri,
    Julia Waldmayer, Maja Luthiger
  • Swing – Daniel Eckert, Christoph Apfelbeck, Susanna Panzner, Jan-Eike Majert, Tamsyn Blake, Anouk Rietveld, Morten Daugaard

musicalzentrale - Tanz der Vampire (2017/18) - Ronacher Wien

 

<ひとこと>

 

最初は、無名の新人やら学生やらキャスティングして大丈夫かVBW?って感じだったんですが、サラとアルフレートの歌唱を聞いて不安は吹き飛びました。これは、超若返りキャストですが、期待できるかも!教授も超若い人で、初演再演とKrannerさんしか知らなかったウィーンの観客はちょっとビックリするかも。けど楽しみ。

 

今回のキャストは、クロロック以外はマグダのMarle Martensくらいしか有名な人はいないんですが、若々しくて弾けるような舞台になる気がしてきました。

 

そもそもTdVは、初演で高校生くらいの若者の間で熱狂的な人気を博したわけで、そういう意味では、キャストがその高校生にウケそうなメンバーと言うことも、意味があるのかもしれません。

 

しかし、20年前に初演されたってことは、初演当時高校生だったファンは30代になってるわけで、今回のキャストで初演を知っている人はほとんどいないんじゃないかな。そう思うと、完全に世代交代だなー。客層をうまく狙って、初演の時のような人気が出るといいね。

 

更に、ここだけ馴染みの顔が並ぶと、逆にちょっと浮いているクロロックのキャスティング。DrewとMarkとThomas全員連れて来るとはww他のキャストでかなり賭けに出たのに、ここだけ堅実w

 

私は再演のクロロックとしてトーマスとDrew両方見てるけど、トーマスのクロロックはほんと好きだから、また戻って来てくれて嬉しいです。

 

Drewはトーマスと比べるとそこまで好みではなかったんだけど(Drew自身はすごい好きだけど、この役はもっと深い声が合ってる気がする。。)、今回のサラの声との相性は、この三人で一番良さそう。

 

大御所っぽい貫禄をたたえるトーマスやマークに対して、Drewはロックよりなだけあって、いつまでも若者とつるんでそうなので、今回の異様に若いキャストにもスムーズに溶け込んで、今回の三人クロロックの中では一番、他のキャストに馴染む気がする。

 

Drewクロロックは何度も見たからいいかなーと思ってたけど、やっぱりこのメンバーなら、Drewで一度見たくなってきたな。

 

マークは唯一見てないクロロックなんだけど、ドイツの映像で思ったよりよさげだったので、一度は見ておきたい。けど期間短いし、競争率高そうだな。。

 

というわけで、当初Drew0、Mark1、Thomas2くらい見たいなーと思ってたのが、歌唱映像見てDrew2,Mark1, Thomas2になってしまった。。絶対そんなに見に行けない。どうしよう。。。(笑)

 

けど、クロロックより正直、サラとアルフレートが超気になってる。この二人のおかげで、再演の時に感じられなかったストーリーの発見があって、この作品の魅力に気が付けるかもしれない(再演の時は、この作品がそんなカルトになる理由がイマイチ自分で発見できなかったので)。

 

というわけで、キャストもキャストだけど、作品の魅力に気が付かせてくれるチャンス!やはりストーリーの深みがあってこその舞台なので、根本的なところから楽しませてもらえるといいなーと期待しています。

 

 

ウィーンミュージカル チケット代行サービス

 

 


ダンス・オブ・ヴァンパイア ウィーン再演版 全曲ライブCD<2枚組>

ダンス・オブ・ヴァンパイア オリジナル・ウィーン・キャスト 1998年初演版全曲CD<2枚組>

ダンス・オブ・ヴァンパイア 楽譜(ソングブック)

 

 

応援クリック ありがとうございます!

 

    2017年9月30日から上演される、20周年記念ウィーン再々演版ダンス・オブ・ヴァンパイアのキャスト発表が行われました。

     

    映像はリアルタイムでストリーミングで流されましたが、その後今はオンデマンドで以下のサイトから見ることができます。

     

    2017/6/13 11:00-Ronacher劇場にて

    https://www.musicalvienna.at/de/aktuelles/338/Castpraesentation-TANZ-DER-VAMPIRE

     

     

    ウィーンミュージカル チケット代行サービス

    こちらで、ウィーン版「ダンス・オブ・ヴァンパイア」2017年9月から2018年3月(延長の可能性あり)のチケット購入代行を承っています。

    お気軽にお問い合わせください♪

     

    それでは、この記者会見の内容を要約しますー。

     

    <VBW総監督Struppeck氏による作品紹介>

     

    ・12言語、14か国で、820万人の観客が観劇した。

    ・20周年紹介映像(14か国のYoutubeに上がっているもの)

     

     

    <リーディングチームの紹介>

     

    ・監督Cornelius Baltus

     

    再演ウィーン版と同じ人。オランダ人。

    ロマン・ポランスキーの右腕で、1999年から一緒に仕事をしている。ウィーン初演版は参加していないが、次のシュトットガルト版から参加している。「自分は作品の乳母のようなものだと感じる。」「キャストは大きく刷新された。」

     

    ・舞台美術と衣装のKentaur

     

    赤いパーカーwハンガリー人。320枚の衣装。当時の時代の衣装を取り入れるため、トランシルヴァニアで衣装と建築を調べてきた。博物館や当時の東ヨーロッパの衣装を取り入れた。

     

    衣装実物を持ち込んで説明。クロロックの19世紀終わりの衣装。世紀末なので、懐古的なデザイン。サラの衣装はワインレッド。日本の高い素材と200個のスヴァロフスキを使っている。

     

    墓の中の人たちは、物語のさらに100年以上前から墓に入っているので、もっと古い時代のハンガリーの衣装を再現した。

     

    ・CorneliusとKentaurの過去の仕事ぶりについて


    CorneliusとKentaurはハンガリー、ロシア、ポーランドなどで一緒に仕事をした。

     

    言葉の分からない国で演出をする時、言葉ではなくジェスチャーで表現するので、外国語版の演出の方がより感情が伝わる場合もある。

     

    ポーランドでシャガールがユダヤ人だから十字架が効かない、と言うシーンでは、劇場が教会に貸し出されたものだからと言う理由で、十字架を投げ捨てるのではなく、優しく床に置くという演出に変わったりもした。

     

    モスクワで「カワイイお尻ね」と言う表現があったが、子の台詞のせいで18禁にしないといけないので、「スタイルいいね」に変えた。

     

    ・リーディングチームの他のメンバーは登場せず、S氏からの軽い紹介だけ。

     

    ・ロマン・ポランスキーの映像。

    「映画を作った時は、怖い話を聞いた子供に戻った気持ちだった。
    これほど長く人気が続くと思わなかった。
    20周年おめでとう。」

     

    <キャスト発表>

     

    ここで、アンサンブルからキャストが発表されました。順に短いインタビューも。

     

    Koukol – Florian Resetarits
    背が高いスキンヘッドの若い男性。クコールは話さないが、なぜクロロックの元で働いているか等、背景も考える。カジモドのように歩くのはかなりキツイし挑戦になるだろう。

     

    Magda – Marle Martens

    再々演エリザベートのセカンドや、シカネーダーのエレオノレ。再演のセカンドだった。マグダは今までの役と違い、地声(ベルト)を多く使う役だが、自分に合っていると思う。

     

    Herbert – Charles Kreische

    初ミュージカル舞台の新人。ハンブルクのミュージカルアカデミー出身。

     

    Rebecca – Dawn Bullock

    恰幅の良いオランダ人。ウィーンデビュー。この作品はYoutubeで見ただけで、実物を見たことはない。

     

    Chagal – Nicolas Tenerani

    写真だけ(飛行機が遅れて来れなかった)。イタリア人で、テレビ畑の人。

     

    Professor Abronsius – Sebastian Brandmeir

    モーツァルト、エリザベートのツアーで出演した、ウィーン私立音大(MUK)出身。今のSt Gallen(スイス)でこの役を演じた。

     

    Alfred – Raphael Groß

    とても若い。初めての大きな役。10歳の時に見た。まだ吸血鬼が怖かった。ウィーン私立音大(MUK)の現役学生。役に受かったと聞いたときには母親に電話して泣いた。

     

    Sarah – Diana Schnierer

    MUKの現役学生。まだ作品を見たことがない。Youtubeで見ただけ。経験の少ない若い女の子と言うことで、自分に合っていると思う。

     

    クロロック - Drew Sarich, Mark Seibert

    二人一緒に登場。二人ともこの役の経験者。

     

    Drewは1989年NYでこの作品に出会った。21歳。CDを見て、Badass!と思った。Badassと言うのは、クールでタフでアブナくて予想がつかない感じで、褒め言葉。Badassプロダクションで仕事ができてうれしい。

     

    マークはまだクロロックはウィーンでやってない。クロロック役は複数いるが、それぞれの役者に合わせてリーディングチームが方向性を与えてくれる。

     

    DrewはBWでクロロックを演じた。違いは?と言う質問に対し、NYは全ての規模が大きい。作品も会社も役者も多く、大きな市場だが、質としては比べられるかどうか。ウィーンの歌手、プロダクションは素晴らしいし、世界最高のミュージカルオーケストラがある。ウィーンこそミュージカルの町だ。

     

    Drewが語る過去のエピソード。Gott ist totの直前、クロロックがゆっくり、頭を上下させずスーッと歩く。その歩き方で舞台に向かっていたら、正面から人が来た。役に入っていたので吸血鬼の様にガオーとやったら、その相手(老人)は「トイレはどこですか?」と聞いてきて、その後のクロロックの歌を笑って歌えなくなるかと思った。

     

    三人目のクロロックは来ていないが、Thomas Borchert。コメント映像あり。衣装のままw

     

    この場では特に発表されていませんが、出演予定は以下のように発表されています。

     

    Drew Sarich(9/20-11/9)

    Mark Seibert(11/10/12/31)

    Thomas Borchert (1/2-)

 

Drewの期間中の休演日にMarkやThomasが飛び入りすることはなく、その場合はアンサンブルからセカンドキャストが入ります。

 

次は、歌唱映像のコメントと、全セカンド、アンサンブルの発表です。

 

ウィーンミュージカル チケット代行サービス

 

 


ダンス・オブ・ヴァンパイア ウィーン再演版 全曲ライブCD<2枚組>

ダンス・オブ・ヴァンパイア オリジナル・ウィーン・キャスト 1998年初演版全曲CD<2枚組>

ダンス・オブ・ヴァンパイア 楽譜(ソングブック)

 

 

応援クリック ありがとうございます!

 

6月13日に、ウィーン再々演版ダンス・オブ・ヴァンパイアのキャスト発表がありました!

初演から20周年を記念する公演は、2017年9月末よりロングラン上演となります。現時点では2018年3月までチケットが発売されています。



記者会見の詳細な内容はまた後でまとめますが、ひとまず、キャストだけ先にまとめておきます。

クロロック役はDrew Sarich、マーク・ザイベルト、トーマス・ボルヒャートとの三人がリレー形式で演じます。

クロロック:Drew Sarich(9/20-11/9), Mark Seibert(11/10/12/31), Thomas Borchert (1/2-)
サラ:Diana Schnierer
アルフレート:Raphael Groß
アブロンシウス教授:Sebastian Brandmeir
シャガール:Nicolas Tenerani
ヘルベルト:Charles Kreische
マグダ:Marle Martens
レベッカ:Dawn Bullock
クコール:Florian Resetarits


写真、ロゴはVBW公式より

記者会見の詳細や映像は次回以降の記事でご紹介しますー。

ウィーンミュージカル チケット代行サービス



●新作の特徴やあらすじは?

 

ウィーン新作ミュージカル、I am from Austriaは、家族と故郷がテーマの派手なレビュー作品になりそう。女性人気ハリウッドスターがウィーンのオペラ座舞踏会に出席→豪華ホテルの跡継ぎ(ルカス)と知り合う→スターの抱える問題をルカスの真面目パワーで解決、って感じかな、と予想してみるw

 

この作品の特徴は、キャストをオーストリア人で固めたこと(スタッフはドイツ人とアメリカ人が多めw)。オーストリア愛に満ちていて、各地の方言が沢山登場する。キャストはミュージカル畑でない人が多いので、オーストリアを主軸にしたジャンル混合メンバー。

 

注目点は、超有名曲に乗せた、派手でレビュー的なダンスシーンが繰り広げられること。振付家キム・ダディの手にかかるんだから、そりゃあすごいことになりそう。編曲家がIWNNINYの人だから、こちらも似た感じの派手な編曲だろうなー。派手さはとっても楽しみ♪

 

ルカスは真面目くんの役なので、まあキャラに合ってるかな(今日の見た目が男っぽくて驚いたけどw)。相手役の人がちょっとMarjanっぽい雰囲気あるなー。そして、脇役キャラが相当立ってそうで、脇役が楽しい系の作品は好き♪暴言乱発ばあちゃんや、ルカスの母役の人もいい感じ。

 

いやあ、ほんとにルカスの変貌には驚いたよ。。ちょっと前まで王子さまっぽくて幼い感じで、男っていうより少年って感じだったけど、今日はすごい大人の男感がムンムン漂ってた。すごいセクシーなオーラだったわ。。永遠の少年が一瞬で男になる瞬間を見たw父親になるって偉大だ。

 

えっと、一応有名元ネタモチーフをあげておくと、高級ホテルのモデルはホテル・ザッハだろうね。家族経営で、オペラ座に近いホテルだし。あと、ホテルを舞台にした作品というと、オペレッタ「白馬亭にて」なんかもきっとネタとして出てきそう。しかし、これならTdVのクアホテル案はなくなるな。。

 

●オーストリア人キャストと方言について

 

I am from Austriaのミュージカルで、オーストリアの方言が沢山出て来るのは、ウィーンの観客にすごくウケるはず。IWNNINYの時、老人ホームの受け付けのオバチャンの訛りがどんどんきつくなっていって、大うけだったの思い出した。私もバリバリ方言作品は大好き。

 

舞台がウィーンのホテルなわけだから、これでキャラがドイツのドイツ語しゃべってたらおかしいでしょ。

 

そういえば、ウィーンでロミジュリやってた頃のDIF(野外フェス)で、ルカスがOhne Sieをウィーン弁で歌って、客席が大爆笑したんだったw真面目な歌をウィーン弁バージョンで歌うだけで、こんなに喜ぶ観客w
 

そもそも、フェンドリッヒの曲の歌詞はウィーン方言で書かれているので、歌詞サイトで調べても、辞書に載ってない単語もいっぱいあるし、省略表現も多い。フェンドリッヒの歌詞の和訳をやってみようとしたけど、全部は無理で断念したことが何度かある。

 

とにかくウィーン人に媚びて媚びて媚び尽くすドイツ人脚本家たちwこれで脚本家が墺人だったら、「墺人による墺人のための作品」って言えると思うんだけど、なにせ脚本がドイツ人だから「墺人によらない墺人のための作品」なんだよね。。キャストは一人を除いて全員オーストリア人だけど、スタッフのは演出家だけな気がする。


「墺人のための作品」というコンセプトとしてはとても面白いし、墺人役者の活躍の機会を与えると同時に、ミュー役者以外の歌える役者を集めて、アンサンブルでミュー畑の人をそろえたという点も興味深い。こういう割り切った作品作りは戦略的だなー。(歌のレベルは開けてからのお楽しみw)

 

実際、ウィーンミュージカルなのに、キャストにもスタッフにもオーストリア人がほとんどいないという実態は、ずいぶん前からヤバいね、とは言われていた。打開する一歩になってくれれば。。

 

●I am from Austriaのキャスト発表記者会見を終わって、ちょっと私の事前情報から変わってるところがあるので、訂正しますー。

 

関連記事:

舞台はウィーン! ウィーン新作ミュージカル「I am from Austria」記者会見とツッコミ

 

まず、ハリウッドスターは女性の方で、ルカスはホテルザッハ的な高級ホテルの跡継ぎ役。あと謎のアルゼンチンのサッカー選手は脇役でいたw(あれは脇役のオーディション案内だったのかw)

 

●まとめ

 

というわけで、ラインハルト・フェンドリッヒの名曲を綴った、新作「アイ・アム・フロム・オーストリア」は、家族と友情をテーマに、オーストリア愛たっぷりの、派手なレビュー満載な賑やかな舞台になりそうです。

 

フェンドリッヒが好きな上、キャストも内容もワクワクするので、私は個人的にはとっても楽しみにしています。

 

 

関連記事:

ブログカテゴリアイ・アム・フロム・オーストリアI Am From Austria

舞台はウィーン! ウィーン新作ミュージカル「I am from Austria」記者会見とツッコミ

 

「アイ・アム・フロム・オーストリア」のチケット購入代行はこちらからどうぞ。

 

 

ルカス・ペルマン関連CD

ロミオ&ジュリエット ウィーン版 全曲版CD<2枚組>

 

エリザベート ウィーン再演2004年版キャストアルバムCD

 

ダンス・オブ・ヴァンパイア ウィーン再演版 全曲ライブCD<2枚組>

 

 

マジーャン&ルカス Luft und Liebe

 

ルカス&マジャーンのドイツ語童謡CDブック「Das grosse Annette Betz Kinderliederbuch」※新版

 

 

ルカス・ぺルマンの朗読CD「オーストリアの昔話」<3枚組CD>

 

応援クリック ありがとうございます!

 

速報でキャストをお伝えした、ウィーンミュージカル「I Am From Austria」ですが、5月16日に開かれた記者会見の様子をまとめておきます。

 

一つ前の記事で、スタッフによる作品紹介をまとめましたが、今回はメインのキャスト発表部分です。

 

参考記事:

【速報!】ウィーン新作I am from Austriaの主演はルカス・ペルマン!

ブログカテゴリアイ・アム・フロム・オーストリアI Am From Austria

 

こちらが、当日の記者会見ライブストリーミングをオンデマンドで見れるリンクです

Schon gesehen? Die Pressekonferenz vom... - I Am From Austria - das Musical im Raimund Theater Wien | Facebook

 

それでは、つぶやきまとめの続き行きます。

 

===

 

さて、視聴者数163人。キャスト発表の瞬間!もうわかってるのにドキドキするw

 

ほとんどの歌は方言で歌われるため、ほぼ全てのキャストがオーストリア人。テレビ、ラジオ、コメディアン、ストプレ役者、オペラ歌手など、色々なジャンルからオーストリアを集めた。

 

ジャーナリストのReiner Berger役は、Martin Berger。ドン・カミッロ、Sister Act、WWRYなどに出演。ウィーンのAKHで生まれて、Weinviertelで育って、ウィーン23区に住んでた、オーストリア人。

 

ヒロインと共にオペラ座舞踏会に参加するアルゼンチンのサッカー選手Pablo Garcia役はFabio Diso。 役者本人が元サッカー選手という異色キャスト。唯一の非オーストリア人キャスト。

 

Felix Moser(ホテルで働いてる人で車好き)役はMathis Trattner(ドンカミロに出てる人で、オーストリア人)。リンツの少年合唱団出身。「ワークショップでは、役者が作品を一緒に作っていく過程がワクワクした」

 

ホテルのコンシェルジュ役ELFIE SCHRAT役はDOLORES SCHMIDINGER(白髪のおばあちゃん。テレビや舞台で活躍する喜劇役者(キャバレティスト)で、めちゃくちゃオーストリア人のアクセント)「大きなプロダクション制作のノウハウにびっくりしてる。」突然自分の本の宣伝始めたwwww

 

おばあちゃん、「ミュージカルは、歌は下手だけどダンスができるオペレッタ歌手を雇ってるんだと思ったけど、全然違うわー!」とか、めちゃくちゃぶっちゃけてて、客席もS氏も笑いが止まらないwwなにこのおばちゃんww

 

ヒロインのマネージャーのRICHARD RATTINGER役はMARTIN BERMOSER。ケルンテン州出身で、アメリカ映画界の人で、アメリカのブルーマングループで12年舞台に立っていた。(そっちの宣伝始めてカオスw)ミッションインポッシブルにもちょこっと出たらしい。

 

ホテルオーナーで主役の父親WOLFGANG EDLER役は、ANDREAS STEPPAN。テレビ界の人で、ストプレ舞台などで活躍中。初めてオーディションで役を射止めたからびっくりしたw一歩引いた感じの人で、オーストリア人的w

 

オーナーの妻で主役の母親ROMY EDLER役はELISABETH ENGSTLER。テレビの司会者でこの人も有名人。堂々としたキャラの立つ女性。実は歌の教育を受けていて、ユーロヴィジョンにも挑戦した。

 

ハリウッドスターEMMA CARTER役はIRÉNA FLURY。ミュージカルの教育を受けたが、映画とストプレをやっていて、ミュージカルに戻ってきた形。(ブロンドではなくて黒髪!さっきのROMY役の人がブロンドだったから、ブロンドの歌はこっちか?)

 

ホテルの跡継ぎJOSI EDLER役はLUKAS PERMAN!!!ちょっとなんか雰囲気変わった。少年ぽさが消えて、大人の男っぽくなった。マークっぽい雰囲気?これは相当セクシーかもしれない。。

 

ルカス「JOSIの役は真面目て忠実な人で、EMMAを地に足の着いた生活へ導く。役を作っていく過程は、ロミジュリの時の、役があってそこに入るのとはまた違ったプロセスだ。」

 

元歌の歌手で、オーストロポップのレジェンド、ラインハルト・フェンドリッヒ紹介映像。もしかして今、シカゴのビリーの映像一瞬出た?ワークショップの後にフェンドリッヒのコメント映像(Youtubeにあるやつ)。

 

ホテルにケーキがwEdlertorteとかwwもうどう考えてもザッハトルテww歌の発表はなしかー。ルカスのシルエットがマークっぽ過ぎるw 記者会見終わりー!

 

5957

 

写真はケーキ入刀するスタッフとキャスト。左からVBW総監督Struppeck氏、ルカス・ペルマン、ヒロイン役、演出のAndreas Gergen。

 

===

 

続いて、セカンド情報です。これは、記者会見で発表されませんでしたが、色々なサイトから情報を集めてきました。

 

I am from Austriaセカンドやアンサンブルを含めたキャストはこちら→https://www.musicalvienna.at/de/spielplan-und-tickets/spielplan/production/243/I-AM-FROM-AUSTRIA… のBesetzungのところ。なんと、Oliver Arnoがルカスのカバー!なんと私の予想が当たり過ぎて怖い(というかこの二人しかないw)

 

Oliver ArnoのFBでの報告→https://www.facebook.com/OliverArnoMusic/ サンセットとバンドのソロ活動とI am from Austriaの同時進行かー。彼の仕事の選び方は、こないだの本人インタビューでとくと聞いたので、それを考えるととても感慨深いなー。

 

それからCarin FilipcicがRomy Edler(ルカス姉)のカバー。絶対こっちで見たいよね。そしてMartin ParschingがいるwOliverとMartinの共演とかもう笑うしかないwProhazkaさんもいる!ああ、これはセカンドとアンサンブルが楽しい系だ!

 

 

こっちで見た方が、I am from Austriaのキャストがセカンドまでよくわかるかな。musicalzentrale - I Am From Austria - Raimund Theater Wien

 

 

●スタッフとキャスト

Musik        Rainhard Fendrich
Buch        Titus Hoffmann, Christian Struppeck

Regie        Andreas Gergen
Musical Arrangements und Supervision        Michael Reed
Orchestration        Michael Reed, Roy Moore
Choreografie        Kim Duddy
Bühne        Stephan Prattes
Kostüme        Uta Loher, Conny Lüders
Licht-Design        Andrew Voller
Sound-Design        Thomas Strebel
Video-Design        Sonke Feick


●キャスト(カッコ内はセカンド、カバー)

Josi Edler        Lukas Perman,(Martin Bermoser)(Oliver Arno)

Emma Carter        Iréna Flury,(Marianne Curn)(Katharina Gorgi)

Romy Edler        Elisabeth Engstler, Carin Filipcic, (Barbara Czar)(Ariane Swoboda)

Wolfgang Edler        Andreas Steppan,(Martin Berger)(Franz Frickel)

Richard Rattinger        Martin Bermoser,(Martin Berger)(Martin Pasching)

Felix Moser        Matthias Trattner,(Paul Csitkovics)(Stefan Mosonyi)

Elfie Schratt        Dolores Schmidinger,(Ariane Swoboda)

Pablo Garcia        Fabio Diso,(Thomas Höfner)(Peter Knauder)

Rainer Berger        Martin Berger,(Franz Frickel)(Martin Pasching)

Ensemble       

Anna Carina Buchegger, Arthur Büscher, Barbara Castka, Paul Csitkovics, Marianne Curn, Barbara Czar, Florian Fetterle, Franz Frickel, Katharina Gorgi, Thomas Höfner, Judith Jnadl, Peter Knauder, Martin Pasching, Marina Petkov, David Rodriguez-Yanez, Ariane Swoboda
Swings       

Florian Klein, Stefan Mosonyi, Jennifer Pöll, Georg Prohazka, Rita Sereinig, Birgit Wanka

 

I am from Austiraメインキャストの写真撮影。

 

5956

 

 

(作品の特徴などに続きます)

 

「アイ・アム・フロム・オーストリア」のチケット購入代行はこちらからどうぞ。

 

 

ルカス・ペルマン関連CD

ロミオ&ジュリエット ウィーン版 全曲版CD<2枚組>

 

エリザベート ウィーン再演2004年版キャストアルバムCD

 

ダンス・オブ・ヴァンパイア ウィーン再演版 全曲ライブCD<2枚組>

 

 

マジーャン&ルカス Luft und Liebe

 

ルカス&マジャーンのドイツ語童謡CDブック「Das grosse Annette Betz Kinderliederbuch」※新版

 

 

ルカス・ぺルマンの朗読CD「オーストリアの昔話」<3枚組CD>

 

応援クリック ありがとうございます!

 

前回の記事で、速報でキャストをお伝えした、ウィーンミュージカル「I Am From Austria」ですが、5月16日に開かれた記者会見の様子をまとめておきます。

 

参考記事:

【速報!】ウィーン新作I am from Austriaの主演はルカス・ペルマン!

 

こちらが、当日の記者会見ライブストリーミングをオンデマンドで見れるリンクです

Schon gesehen? Die Pressekonferenz vom... - I Am From Austria - das Musical im Raimund Theater Wien | Facebook

 

それでは、記者会見をライブで見ながらつぶやいていたツイートをまとめておきます。ドイツ語の内容もまとめていますが、ほぼ同時通訳状態で打ち込んでいたので、ところどころ矛盾とかあるかもです。ストリーミングを見ながら読むと、字幕みたいな感じになるかもしれません。

 

===つぶやきまとめ===

 

VBW記者会見始まった!

 

VBWのFacebook Liveかなりきれいに見れます。記者会見をライブできれいに見えるのは初めてかもw

 

I am from Austria記者会見実況レポ行きます。

 

シュトルッペック氏(VBWミュージカル部の総監督。以下S氏)の作品紹介。愛と家族と友情がテーマ。オーストリア出身のハリウッドスターが、オペラ座舞踏会に来るためにウィーンに戻ってきて、架空のホテルEdlerを舞台に繰り広げられる。

 

「ブロンド」の演奏をバックに、リーディングチームが登場。

 

脚本家Hoffman氏「フェンドリッヒの曲はドイツでも有名で、よく聞いていた」(なんと、脚本も歌詞もドイツ人だったw)

 

演出家Gergen氏。リサーチが必要な歴史ものと違い、クリエイティビティが前面に出て来る作品。歌毎に舞台美術を考える必要があった。レビューやショー的な要素が各歌にサプライズで飛び出して来る。この人はオーストリア人。

 

キャストとワークショップをして、役者にインスピレーションを与え、役者本人達も気が付かないような個性を引き出した。オーストリアの方言もたくさん登場する。地方ごとに専門家チェックをしてもらった。

 

振付家のキム・ダディと編曲Michael Reed。一からの作品作りは興味深かった。フェンドリッヒの歌からイマジネーションが広がり、ハリウッドショーのような派手なレビューになっている。キムは英語とドイツ語混じりw

 

衣装と舞台美術。時代は80年代。派手でキラキラ。衣装は、登場人物の性格を抽出する感じで仕事をした。1幕はとても派手なレビューの連続だが、その間に真面目な人たちの日々の問題が描かれる。フェンドリッヒ自身の人生と似ている。舞台美術はホテルの空間が最も重要。舞台変換のスピード感。

 

振り付けとダンサーについて(キム・ダディ)。色々な種類や体形の役者やダンサーがいる。それぞれの特徴にあったダンスの役割を与えるプロセスが興味深かった。

 

キャスティングについて。主役のキャラを書き出してみて、こんな人は見つからないだろうと思ってみたら、オーディションでピッタリの人が現れた。(今思うとサッカー選手のことかと。。)

 

開始30分で、Facebook Live視聴者155人。

 

Micheal Reedがピアノ演奏をしながら、I am from Austriaの主題歌を解説。「皆が知っている歌を舞台用に編曲するのは挑戦だった。」次に「ブロンド」の演奏。原曲より軽いポップなトーンになっている。

 

「マッチョマッチョ」は大きなサルサ的なロックダンスナンバー。編曲の感じすごくいい!踊り出したいようなテンポになっている。オケの音源も披露。これはキム・ダディの振り付けが光るシーンだな!

 

(キャスト発表に続きます)

 

 

関連記事:

舞台はウィーン! ウィーン新作ミュージカル「I am from Austria」記者会見とツッコミ

ブログカテゴリアイ・アム・フロム・オーストリアI Am From Austria

 

「アイ・アム・フロム・オーストリア」のチケット購入代行はこちらからどうぞ。

 

 

ルカス・ペルマン関連CD

ロミオ&ジュリエット ウィーン版 全曲版CD<2枚組>

 

エリザベート ウィーン再演2004年版キャストアルバムCD

 

ダンス・オブ・ヴァンパイア ウィーン再演版 全曲ライブCD<2枚組>

 

 

マジーャン&ルカス Luft und Liebe

 

ルカス&マジャーンのドイツ語童謡CDブック「Das grosse Annette Betz Kinderliederbuch」※新版

 

 

ルカス・ぺルマンの朗読CD「オーストリアの昔話」<3枚組CD>

 

応援クリック ありがとうございます!

 

超速報!ウィーン新作ミュージカルI am from Austriaの主演はルカス・ペルマンです!

 

5月16日にRonacher劇場にて行われた、キャスト発表記者会見にて、ウィーンミュージカル新作、I am from Austriaのキャストが発表されました。

 

 

そして!主演のウィーン高級ホテルの跡継ぎJOSI EDLER役がルカス・ペルマンに決定しました!!(上のポスターの男の人は関係ありませnw)

 

以下が、公式から発表された、メインキャストの配役。

 

JOSI EDLER: LUKAS PERMAN

EMMA CARTER: IRÉNA FLURY,

ROMY EDLER: ELISABETH ENGSTLER,

WOLFGANG EDLER: ANDREAS STEPPAN,

RICHARD RATTINGER: MARTIN BERMOSER,

FELIX MOSER: MATTHIAS TRATTNER,

ELFIE SCHRAT: DOLORES SCHMIDINGER,

PABLO GARCÍA: FABIO DISO

REINER BERGER: MARTIN BERGER

 

ルカスとMartin Berger以外は、見慣れない名前が多いですね。ミュージカル畑以外からもキャストを集めたとのことで、混合メンバーが楽しみです。

 

記者会見の模様をツイートで実況した詳しい内容は、また記事にまとめます。今回はとりあえずキャスト情報のみ速報でどうぞ。

 

また、以下の公式サイトのキャスト情報をよーく見ると、Oliver Arnoがルカスの役のカバーだったり、Carin FilipcicがRomy Edlerのカバーだったりと、セカンドがまた豪華!

 

I AM FROM AUSTRIA | Spielplan | Spielplan & Tickets | Musical Vienna - Die offizielle Seite der VBW

 

ラインハルト・フェンドリッヒの名曲を綴った、新作「アイ・アム・フロム・オーストリア」は、家族と友情をテーマに、オーストリア愛たっぷりの、派手なレビュー満載な賑やかな舞台になりそうです。

 

フェンドリッヒが好きな上、キャストも内容もワクワクするので、私は個人的にはとっても楽しみにしています。

 

関連記事:

舞台はウィーン! ウィーン新作ミュージカル「I am from Austria」記者会見とツッコミ

 

「アイ・アム・フロム・オーストリア」のチケット購入代行はこちらからどうぞ。

 

 

ルカス・ペルマン関連CD

ロミオ&ジュリエット ウィーン版 全曲版CD<2枚組>

 

エリザベート ウィーン再演2004年版キャストアルバムCD

 

ダンス・オブ・ヴァンパイア ウィーン再演版 全曲ライブCD<2枚組>

 

 

マジーャン&ルカス Luft und Liebe

 

ルカス&マジャーンのドイツ語童謡CDブック「Das grosse Annette Betz Kinderliederbuch」※新版

 

 

ルカス・ぺルマンの朗読CD「オーストリアの昔話」<3枚組CD>

 

応援クリック ありがとうございます!

 

2017-05-16 16:02 | カテゴリ:レベッカ Rebecca

BWレベッカ投資詐欺事件の裁判の結果が出ました。今回の裁判は、プロデューサーVS投資家に手を引くよう匿名のメールを送った広報担当者で、実質広報担当者の勝利と言える結末になりました。

 

BWレベッカ投資詐欺事件背景はこちら

舞台はウィーン! BWレベッカ謎の巨額投資家の死と開幕無期延期の経緯

 

これまでの経緯を要約すると、BWで上演される予定だったウィーン発のミュージカル「レベッカ」を巡り、前代未聞の投資詐欺が発覚し、上演中止&FBIによる捜査が行われていました。

 

上記の記事を書いた2012年以降何があったのか要約します。

 

①死亡したとされる架空の投資家Paul Abramsを仲介したMark Hottonは詐欺罪で3年の懲役。

 

②投資不足額を埋める新規の投資家Larry Runsdorfに「匿名の悪質なメール」を送り、投資を断念させる原因となった謎の人物が、公演の広報担当のMarc Thibodeauだったことが判明。

 

③プロデューサーのBen SprecherとLouise Forlenzaがこの広報担当者に対して民事訴訟を起こした。結審は2017年5月10日。1000万ドルの請求に対し、9万ドルの賠償が認められた。内訳は8.5万ドルは潜在的投資家に干渉したため、5千ドルは契約違反で、請求額の大半を占める名誉毀損は認められなかった。

 

ThibodeauはベテランのBW広報エージェントで、今回投資家に警告メールを送ったのは、広報担当者として間違った行動ではなかった、プロデューサーは投資詐欺が発覚する前から、大口投資家が架空の人物だることは気づいていたはずだ、と主張している。

 

今回、名誉毀損が認められなかったということは、広報担当者の実質勝利といえます。裁判の結果からすると、プロデューサー側はこの興行が失敗するのが目に見えていて、資金集めのために粗を隠していたが、広報担当者が投資家に警鐘を鳴らして救った、という構図が見えてきます。

 

控訴の可能性はありますが、プロデューサーが興行権を失っていることから言っても、せっかくセットも衣装も作ってBWの倉庫に置いてはありますが、このプロデューサーの下でのレベッカBW公演の可能性はなくなってしまったようです。

 

参考記事

‘Rebecca’ Lawsuit Verdict Falls Far Short for Broadway Producers - NYTimes.com

Trial for Broadway窶冱 窶漏ebecca窶・Scandal Begins - NYTimes.comNew Investors Found for the (Would-Be) Broadway Musical Rebecca | Playbill

 

●ひとことつぶやき。。


裁判の結果やら、誰が悪かったかという話はさておき、「レベッカ」という作品のファンとしては、プロデューサーが版権を失っていることが裁判で判明したことが一番残念。。お金さえ集まれば公演ができる状態だったのに、もうせっかく作った衣装やセットは日の目を見ることはないんだな。。

 

いつか、このレベッカ詐欺事件で一つのミュージカル作品が作られることを、密かに期待してしまいます。ミュージカル「プロデューサーズ」を知っていると、プロデューサーがお金だけ集めて、興行を失敗させ、計画倒産してドロンとかありえますしねw

 

更に、ウィーンでレベッカをライムント劇場でやっていた頃、Ronacherで上演されていたのがプロデューサーズですから、並々ならぬ縁を感じてしまいます(笑)

 

こんな謎な事件が起きても、この作品の素晴らしさは変わりません!ブロードウェーにこだわらず、世界中で多くの人の目に触れてほしいものだと思います。

 

レベッカ ウィーン版 全曲ライブCD<2枚組>

 

レベッカ シュトットガルト版全曲ライブCD<2枚組>

 

レベッカ 楽譜(ソングブック)

 

 

応援クリック ありがとうございます!

 

2017-04-13 16:27 | カテゴリ:公演情報

2017年秋にライムント劇場で初演予定の、ウィーンミュージカル新作、I am from Austriaの記者会見のニュースをまとめて、色々ツッコんでみました。(また、記者会見自体は結構前だったんですが、まとめるのが遅くなってしまって。。)

 

国民的大スターで、今回のジュークボックス・ミュージカルの原曲全てを作詞作曲したReinard Fendrich、VBW総監督のStruppeck氏、脚本担当のHoffmann氏の三人が記者会見の場に登場して、あらすじやスタッフについて語りました。

 

I am from Austriaは、オーストリアの第二の国歌(非公式国歌)と言われる名曲。今はアルプスの小国となってしまった昔の大国オーストリアの自然と人々を愛する、謙虚で誇りに満ちたオーストリアへの愛を歌ったこの歌は、この国や歴史を知っていると涙なしに聞くことはできない素晴らしい曲です。

 

この、オーストリア人なら絶対に知っている曲をタイトルにしたジュークボックス・ミュージカル。地元民なら全曲歌えて当然な舞台になるはずですが、その内容を垣間見つつ、予想してみました。

 

(以下ツイートまとめなので、ちょっと調子が軽い感じですが、お気になさらずw)

 

<あらすじ>

 

「ハリウッドスターがオペラ座舞踏会でウィーンに戻ってくる話」と言うあらすじに変わってる!公式サイトもそうなってる!オーディション要綱にあったアルゼンチン人サッカー選手の案は没かwせっかくぶっ飛んだストーリー考えたのになーw

 

以前のあらすじについてはこちら→舞台はウィーン! ウィーンでダンス・オブ・ヴァンパイヤ再々演!&2017年秋新作紹介(ちょっと古い情報ですが・・)

 

<ポスター>

 

こちらがポスター。脚本家の名前が以前とと代わって、Struppeck氏とHoffmann氏の二人になってる。。これは。。

 

C3nSLukWYAInKne.jpg

 

右のハリウッドスターは、オーストリア出身のハリウッドスター、クリストフ・ワルツがモデルとしか思えないw。このスターと、左のオーストリア国旗カラーを意識しまくりなの口元な女性のラブストーリーなんだろうなー。脚本にS氏が加わったことで、もうストーリーも結末も予想できてしまう。。

 

(ボヤキ&毒吐き)

 

てかさあ、、総監督がS氏になってから、S氏とGergen氏の組み合わせか、どちらかが関わってる作品しか作ってないではないか。そりゃどれ見ても似た感じになるわけだよ。お願いだからバリエーション作ってよ。。特に脚本なんとかしてくれ。。Gergen氏の演出も嫌いじゃないけどいつも同じ感じだし。。

 

<キャスティング予想>

 

これで、主役のハリウッドスターがドイツ人だったらずっこけるwけど多分そうなるwドイツ人が歌うI am from Austriaとかもうホントやめてほしい。けどきっとそうなる。S氏とGergen氏なら。オランダ人だったら爆笑するw そもそもこんな役できる墺人役者思い当たらないしなー。

 

墺人男性役者で主役張れるのなんて、ルカス・ペルマンとOliver Arnoくらいしかいないよね。。そしてそのどちらも、役のモデルと思われるクリストフ・ワルツに全然似てないし、ポスターの人にも似てない。てか、ポスターの人はただのイメージだよね?知らない人だし。。

 

ああ!オーストリア人でハリウッドスターと言えば、クリストフ・ワルツ以外にシュワルツネッガーがいたわ!こっちが主役のモデルかもwwそれなら、キューティーブロンドの宅配のムキムキさんが一番適役!!そして、ルカスもOliverもそこまでムキムキじゃない。まあ、ポスターはワルツ似だよねw 

 

<名曲の数々>

 

オーストリアの有名な歌で、私が聞いたら必ず泣く双璧は、Ich war noch niemals in New York(Udo Juergens)とI am from Austria(Reinhard Fendrich)で、どちらもそれ自体が作品のタイトルになったミュージカルがあるんだから、ファンとしては幸せなんだろうな、きっと。

 

公式によれば、作中曲は20曲以上。 „Es lebe der Sport“, „Blond“, „Strada del Sole“, „Tango Korrupti“, „Nix is Fix“, „Weu‘sd a Herz host wia a Bergwerk” „Macho, Macho“, „Haben Sie Wien schon bei Nacht gesehen?“, “I Am From Austria“など。楽しい曲やら名曲揃いですなぁ。

 

ああ、だから相手役はブロンドなのかwそして男はマッチョではないと推測できるw たぶん夜のデートシーンがあるんだろうな。舞踏会抜け出してwああ。。予想を裏切って欲しいけど。。

 

<まとめ>

 

なんやかんや言っても、大好きなFendrichのジュークボックス・ミュージカルなんだから、楽しみ!まあ、好きすぎて期待だけ膨らみまくり、情報が出てくるたびにヤキモキしてるんですが、それもこれも、この主題歌が大好きだからだし。

 

オーストリアの非公式国歌と皆が認めるI am from Austriaの大合唱を、野外コンサートで聞いたときほどの感動は、忘れられない。。私にとってだけじゃなくて、オーストリア人全員にとってとっても大切な歌なんです。いい作品作ってください。お願い。。

 

 



エリザベートウィーン版DVD

 

モーツァルト!ウィーン新演出版 DVD

 

ロミオ&ジュリエット ウィーン版 スタジオ収録全曲CD<2枚組>

 

応援クリック ありがとうございます!

 

2017-03-22 16:05 | カテゴリ:ミュージカル・ミーツ・オペラ

●シカネーダーと魔笛

 

今回のMMO8は、シカネーダーと魔笛の比較だったんだけど、去年モーツァルト!と魔笛の比較をやったので、内容かぶっちゃうのかな、とちょっと心配した。まあ、被った部分もあったけど(魔笛扱うなら、夜の女王は外せないし)、終わってみたら結構違う印象。

 

と言うのも、シカネーダーと言う作品自体がミュージカル・ミーツ・オペラを体現しているので、作品をハイライト的に時系列に歌って行くだけで、ミュージカル・ミーツ・オペラが成立してしまうという。

 

あとは、その流れに合わせて、「恋人の出会い」というテーマだと、エマヌエルとエレオノレの出会いの歌Traeum GrossVSパパゲーノがパパゲーナを想う歌とか、「父親」のテーマだとFranz MoserのOhne Sie(妻を亡くした老人の歌)VSサラストロだったり、「ラブソング」と言うテーマで結婚式VSタミーノとパミーナの歌だったり。

 

「女の悲しみ」のテーマでは、タミーノが試練で口が利けない時にパミーナが悲しむ歌VSエレオノレの悲しみの歌。この二曲は二人ともとてもよかった!!!

 

面白い比較として、魔笛は二人の恋人カップルが2組いるのが、シカネーダーは三角関係が2組だね、って話wここでは、「高貴な男性」がテーマで、エレオノレとヨハンの歌So jemand wie duとタミーノがパミーナの絵を見て歌う歌。

 

この辺りで一旦テーマから離れて、マリアアナが妊娠しあ歌とか、シカネーダーの魚の歌とか、一幕終わりの歌とかシカネーダータイム。

その後は三人の歌と言うテーマで、バーバラ、ベネディクト、ヨセファの三人の歌VS三人の童子。続いて悪役の歌ということで、夜の女王(これは結構イマイチ。。)とスポンサーのバウアーンフェルトのGeld und Glueck。

 

後は、Letzte Vorhang(シカネーダーが悲しむ高音の歌)をオペラ歌手二人+Ricardoで歌った三重唱、パパゲーノとパパゲーナの歌などを経て、恒例のこの公演のためだけに一回だけ歌われる、シカネーダー+魔笛メドレー(史上最長)で幕を閉じました。その後最後たしかLiebe Siegtを歌った気が。

 

●歴史に出会う感動の瞬間!

 

今回のMMOはインタビューやクロスオーバーが少な目で、結構サラッと進んでいったので、印象は薄めなんですが、そんな中でどうしても忘れられない感動があったので、書いておきます。

 

実はシカネーダープレビュー見てから、シカネーダー街歩きというガイドツアーに参加して、シカネーダーにゆかりのある場所を歩いて回って、色々と資料を見せてもらったんです(このことも絶対記事にします)。更に、演劇博物館に行って、当時の劇場機構の模型や、ロウソク立ての実物を間近で見たりして、かなり知識を身に着けた状態での、今回のコンサート。

 

この街歩きツアーで、私が10年以上探していた、魔笛初演劇場アウフ・デア・ヴィーデン劇場の本当の場所がわかり、今は道になってしまった当時の客席から、今はアパートになってしまった当時の舞台を見上げ、感動に打ち震えたものです。

 

そして、このライムント劇場で、当時のセットそのままのあの舞台装置が組まれ、その前で、魔笛の登場人物たちが歌う!!!もうその場は、疑似アウフ・デア・ヴィーデン劇場!!!

 

私の心は、あの様変わりした街角にあり、道路からアパートの壁を見上げたところで、巨大な木枠の真ん中で魔笛を歌う、シカネーダー一座のバーバラ・ゲアル(パパゲーナ役)やベネディクト・シャンク(タミーノ役)、そしてシカネーダー本人(パパゲーノ役)が、目の前にいるような気がして、なんだかそんな複雑な歴史の脳内復活に、思わず涙がこぼれてしまったんです。

 

って、今こうやって書いても、どんな複雑な脳回路で、この場面で泣けるのか客観的に理解できないと思うけど、私的には「魔笛が初演された劇場で魔笛を聞く」と言う、もう現代では絶対になしえることができない夢を、脳内でかなえてしまったんです。歴史、劇場、音楽、この三つがすべてそろって、あの舞台が再現されてしまったんです。そういう意味で、この作品はものすごく私にとって意味があるものでした。

 

C5BymBRWQAA07tr

客席の様子

 

●まとめ

 

というわけで、シカネーダーと魔笛のコラボのミュージカル・ミーツ・オペラ、今回も常連客の大満足のスタオベで幕を閉じました。

 

実はこのコンサートの運営に当たり、関係者の知人からちょっと驚きの暴露があったんですが、それにもかかわらず今年はもう一度、ドン・カミッロとのコラボイベントがあるようです。

 

裏事情がどうであれ、お客さんが大喜びする素敵なイベント。司会の方も素晴らしく、とても為になるプログラムですし、あとは出演者の方も楽しんでくれたらいいなと、心から思います。

 

(ちょっと思ったこと)

 

オペラ歌手はOpernsaenger、ミュー役者はMusicaldarstellerと表記されることが多いけど、歌手やダンサーをまとめて相手することが多い知人は、Kunstler(芸術家、アーティスト)と自然に呼んでるなぁ。舞台芸術家っていうと、ジャンルの垣根がなくなるね。

 

シカネーダー ウィーン版 スタジオ録音全曲CD<2枚組>

 

モーツァルト!ウィーン新演出版 全曲ライブCD<2枚組みCD>

 

モーツァルト!ウィーン新演出版 DVD

 

応援クリック ありがとうございます!

 

2017-03-19 16:05 | カテゴリ:ミュージカル・ミーツ・オペラ

ウィーンで上演中のミュージカルと有名オペラを一気に舞台に上げ、その共通点や相違点を楽しむミュージカル・ミーツ・オペラ。その8回目の公演に行ってきました。 

 

C5C7NiQXAAAQXIg

シカネーダー仕様のライムント劇場

 

ミュージカルもオペラも大好きなので、その両方がコラボしたこの一回限りのイベントは見逃すわけにはいかないのです。それも今回はシカネーダー。モーツァルトの「魔笛」のバックステージをミュージカル化したこの作品自体が、ミュージカル・ミーツ・オペラの世界。

 

とりあえず出演者から。

オペラ歌手
Alexander Grassauer(パパゲーノとタミーノ)
Georgina Melville (パパゲーナとパミーナ)
Svetlana Merzlova(夜の女王)
Martin Summer(サラストロ)
Jinxu Xiahou(忘れた・・何か有名な歌を一曲だけ堂々と歌ってたけど、タミーノだったかな。)

 

ミュージカル役者

Daniela Braun, Shane Dickson, Katie Hall(マリアアナ), Milica Jovanovic(エレオノレ), Katja Reichert, Franziska Schuster(バーバラ), Rebecca Soumagne, Livia Wrede, Oliver Floris(結婚式の神父), Ricardo Frenzel Baudisch(シカネーダーのセカンド), Jon Geoffrey Goldsworthy(フランツ・モーザーのセカンド。M!のアルコの人), Tobias Joch(ヨハン・フリーデルのセカンド), Reinwald Kranner(マリネッリ), Peter Kratochvil(たぶんベネディクト・シャンク), Ulrich Talle(バウアーンフェルトのセカンド) und Stef Van Gelder

 

●客席からの眺め

 

 C5C7zxzXUAEa4kd

 

シカネーダーの緞帳。二列目右端からの眺め。両脇のシャンデリアにはオーバーチュアでろうそくの火をつけ、上に上がっていく。オケピ手前のうさぎの耳みたいなのが並んでるのは、舞台照明用のロウソク。この緞帳だけでも、モーツァルト時代の劇場を再現する気合いが伝わってくる。

 

●MMOの良いところ

 

チケット代が全席20ユーロの格安なこともあって、今回は二列目端っこの席をゲット。シカネーダーをまともに見ようと思ったらこの値段じゃ無理だし、それでいてシカネーダーのいいとこどりハイライトが見られるので、本当にお得。

 

あとこの公演の一番の見どころは、司会のDaenemark氏。オペラとミュージカル両方にものすごい博識で、おまけにこの公演のコンセプトから企画、プログラム、キャスティングまで全部やってるすごい人。司会中もいろんな裏話をしてくれたり、インタビューでツッコんだ質問をしてくれたりして、ほんと好き。

 

司会進行的には、今回はいつもに増して時間が押してたので、のんびりトークは聞けなかったかな。巨大セットが乗った盆が回転しまくるので、キャストが舞台上に残って他の人が歌うのを聞くといういつものスタイルが取れず、ミュー役者とオペラ歌手同士の会話とかがなかったのが少し残念だったかもー。今までの公演からすると、インタビューが少なめでした。

 

●ミュージカル側の出演者

 

この公演はセカンドキャストが多いので、まとめて気になってたセカンドに当たる大きなチャンスでもある。

 

今回はシカネーダーのセカンドのRicardoがすごくよかった!最初マークじゃないのが体格的に違和感あったけど、二曲目から見た目全然違うのに違和感なくなってきて、すごく自信があって魅力的な人だった!

 

なんでこの人がマークのセカンドになったのか全然わからないくらい、顔も体格も声も正反対なのに、やっぱり話が成立してしまうのが不思議だ。。マークの方が口だけ達者でその場限りの勢いで生きてるシカネーダって感じで、Ricardoは色々計画練って考えてはいるけど、そっちに集中しすぎて周りが見えなくなっちゃうタイプに見えた。

 

この人を見ながら、「シカネーダー似の美男子」と言うフレーズが浮かんできて、ニヤニヤしてたwこのブログで、シカネーダーが美男子かどうか、本当の顔はどうだったのかをさんざん検証した結果、Ricardoは美男子モードのホンモノのシカネーダーに相当そっくりです。

 

他のセカンドキャストは、ヨハン・フリードル(さらっとした病弱秀才系イケメン)とベネディクト・シャンク(ちょっと記憶が。。)とフランツ・モーザー(突然アルコ出てきたからびっくりしたw超美声)と大富豪のバウアーンフェルト(特に印象はなし)。

 

ファーストはMiliica(エレオノレ)がほんとにいつもながら素敵だった。バーバラ・ゲアル役のFranziskaも一年前のM!に引き続いての素敵な出演者♪去年よりリラックスしててニコニコ楽しそう。

 

マリアアナ役のKatie Hallは、シカネーダーではあほな悪役で、オペラ的にいうとコロラトゥーラがミュージカルに出演する珍しいケース。イギリス人でウェストエンドでレミズとかスウィーニートッドとかオペラ座の怪人に出てた実力者。

 

シカネーダーだけで見てるとタダのあほな歌だけ上手い子って感じだけど、インタビューでしゃべってるの聞いたら見直した。。楽しい子の役をするのは初めてなので、この役はすっごい楽しい!と、ため息出そうに美しいイギリス英語で。。もうとろけそう。。。

 

マリネッリのReinwaldさん、そりゃあもう素晴らしい芸達者っぷりで、ライムント劇場の人気者wまさかメアリーポピンズであのパパやってたとは思えない面白さw

 

Josepha HoferのKatja Reichertもインタビューで好感度アップ。ちゃんと司会の人は、「あなたはコンスタンツェの姉で・・」って聞いてって、さすが博識!

 

通常公演よりセカンド率かなり高いけど、一気にこれだけ見られて、それもシカネーダーのセカンドがかなり良くて、ヨハンのセカンドもなかなかで、大満足です。

 

●オペラ側の出演者

 

いつもは何人かは国立オペラ座やフォルクスオーパーで主役張る人を連れて来るんだが、今回は若手ばっかりだった。

 

そんな中でも、Alexander GrassauerとGeorgina Melvilleが頑張りまくってたので、これからも応援しよう。

 

Alexanderの方はパパゲーノとタミーノ、Georginaの方はパパゲーナとパミーナ両方を歌ってしまい、違和感なし!とっても初々しくてGeorginaの方の演技力が素晴らしくて、安心してみていられました。

 

おまけにこの二人、最後の方のシカネーダーが悲しむ歌で、Ricardoの後ろに立って、ミュー+オペラの三重唱にしてくれた!これすごく良くて、おまけに唯一のクロスオーバーの歌で、感動した!ありがとう!!!

 

後、今回は初めてコーラス隊がいたり、三人の童子を女の子三人がやってくれたり、人海作戦的な感じではあった。

(続く)

 

シカネーダー ウィーン版 スタジオ録音全曲CD<2枚組>

 

モーツァルト!ウィーン新演出版 全曲ライブCD<2枚組みCD>

 

モーツァルト!ウィーン新演出版 DVD

 

応援クリック ありがとうございます!

 

2017-03-05 16:29 | カテゴリ:その他ウィーンミュージカルレポ

ミニミニ小劇場Brick 5でDrew主演のLast 5 Years見てきた!(観劇日:12/8)Drew怪演過ぎて後半怖かったわ。。80人くらいの部屋であの迫力は、全員吹っ飛ぶよ。。なんかすごい濃密でドロドロしてて救いようのない何かを感じたよ。。

 

"The Last Five Years" by Jason Robert Brown - vienna theatre project

 

Drewの奥さんのAnnさんと夫婦共演になるはずが、Annさん急病でCaroline Frankが飛び入り。Carolineは9年前(!)にRobと共演したの見てたので、実はめっちゃ嬉しい♪すごい上手い人なんだもん!期待通り素晴らしかった!

 

個人的には、前半はCarolineが、後半はDrewが良かったなー。普通ラブラブ期の方が楽しいはずなのに、どちらも恋愛的に後期の方が演技に力がこもってた。だから全体的にどよーんとした印象だったのかも。けど、なんか色々考えさせられた。

 

正直言うと、今の私は明るく笑える作品を求めてるので、先週同じ劇場(部屋w)で見た「ローマで起こった不思議な出来事」の方が、気持ち的には合ってたなぁ。明るい作品見たいなぁ、と思った。9年前とミュージカルの好みが変わっている。。

 

9年前にRobとCarolineで同じ作品見た時の私は、結婚もまだでバリバリ仕事してて、この作品の出会いから結婚直後辺りの気持ちがすごい理解出来たし、男ってこんなもんだ!って思ったなー。今見たら、結婚後の二人の関係って結構よくある気がするけど、乗り越えるかどうかは紙一重だなーと。

 

男がある程度身勝手で、女が男の秘密の部分を覗きたがるって、どのカップルでもある程度ある気がするんだけど、あとは頑固になるか、諦めて別のことで気を紛らわすかの違いな気がする。子供いたらまた違うしなー、なんて、9年前とは違う視点の自分がいたw

 

出会いから子供が大人になるまでの時間枠で、L5Yみたいなのがあればいいなー。Last 20 Yearsになるけどw 二人芝居で子供出てこなくていいから、出会い→ラブラブ→結婚→新婚&妊娠→出産&育児の中での戦友的夫婦関係→(私には未知の世界)。みたいな感じで。

 

話を公演に戻すと、会場は簡易椅子が80個ほど並んだ部屋。コの字型に舞台を囲む感じ。ピアノ、バイオリン、チェロがいて、こんな狭いのにマイクあり。しかし、マイクトラブルで一部生声(ラッキー♪)。とにかく近くて最後列(5列目)でも目が合いまくる。Drewすごいつば飛んでるw

 

Drewは前半の出会いからラブラブ期は、常にハイテンションで、観客にめっちゃ話しかけてて、血管切れそうw Robはここまでぶっ飛んでなくて、落ち着いた中での内省的喜びだったなー、と、Robが懐かしくなった。Drewは最初三曲くらいソロコンサート状態って感じ。

 

Carolineの前半(この話は男が時間軸前→後、女が後→前で進むので、女の前半は離婚後)は、とにかく、辛さの中でも明るさや希望を失うまいと、無理にスマイルしたり明るく振舞ったりするのが、健気で可愛かった!こんなイイコなのになんで別れるのさ!って、かわいそうになったよ。。

 

急病で出演キャンセルしたAnnさんだけでなく、Carolineものどをやられてたらしいんだけど、そんなこと感じさせない素晴らしい歌声で、プロのすごさを見せつけられた。日曜17時半に代役打診され、18時半からDrewと稽古したとのこと。9年前のセリフの3/4をおぼえてたって!

 

話の真ん中でプロポーズ(結婚)なんだけど、二人のイチャイチャは少し見てて微妙だった。。病気じゃなければ、ここは奥さんのAnnさんとの濃厚キスだったはずで、Carolineはほんと素晴らしかったけど、Drewの演技はAnnさんだったら変わったかな、とか思いながら見てただけにね。。

 

しかし正直、このシーン以降逆に、全くAnnさんのこともRobのことも考えずに見れたのは不思議。後半はDrewの怪演が続いて、前半より惹き付けられた。目が離せなかった。Drewって、ドロドロの悩める男演じさせたら泥沼っぷりがピカイチだわ。。

 

この作品で実は一番好きな、テンプテーションのシーン。Rob版と山本耕史版を前比較したことがあるけど(舞台はウィーン! The Last 5 Years日本版&ウィーン版を聴き比べ)、今回はセットがなくて、場所や状況はもっと象徴的。このシーンのDrewメチャ面白かったw しかし怒り出すの早いなw 小道具が9年前携帯電話だったのが、今回スマホだったのに衝撃w

 

次の女のオーディションのシーンの、Carolineの心の声の演技がスゴすぎ!9年前もこんなにすごかったっけ?そんなブランクあるとは感じさせない、早口&ノリノリっぷり!このシーンはとにかく呆気に取られて見てた。あまり知られてないけど、この人ホントすごいよ。。

 

この辺りから、Drewが喧嘩腰になるわけだけど、もう怖い怖い。プリーズ!って怒鳴るところ、ヒェー!って縮み上がったわ。私がDrewの子供だったら、パパ怖すぎて絶対泣いちゃう。すごい声だった。

 

あとは、悩み苦しむDrew、説得するDrew、絶望するDrew、別れを告げるDrewなど、ドロドロDrewオンパレード。濃密に、どよーんと、客席みんなが怒られたみたいに、息もできないほどシーンとなってた。Drewの世界だった。謎のパワーで完全に場を支配してた。

 

なんかその気持ちを引きずって帰宅したので、まだあの苦しむDrewの横顔が目に焼き付いてるんだが、相手役が奥さんのAnnさんだったら、もっと悲惨だっただろうと思うと、ほんとCarolineでよかった。なんていうか、最初から少し合わないところのあるカップルの方が、別れが納得できる。

 

そう言えば、Robの時はRobが人懐っこくて可愛げがあって、Carolineがツンとしたお嬢様っぽい冷たい感じだったけど、今回はDrewが亭主関白的で、Carolineは少し天然な可愛い感じだった。同じ相手で見比べられてよかった!

 

あと、Carolineはニュートラルなイギリス英語に近い英語だったのが、Drewはネイティブだからアメリカ英語で、最初違和感あったけど、後半慣れた。Robの時はまた違ったしね。あぁ、またRobで見たくなってきた。。

 

と言うわけで、DrewとRobが出てるJCSのCDとかご紹介!

 

ジーザス・クライスト・スーパースター ウィーンコンサート2011年版ライブCD<2枚組>

ジーザス・クライスト・スーパースター ウィーンコンサート2005年版ライブCD

 

あとは、悩むDrewと言えばルドルフかなー。

ルドルフ ウィーン版 全曲ライブ版CD<2枚組み>

 

DrewソロCD、最近新作が出てますー。

ドリュー・サリッチ Let Him Go

 

応援クリック ありがとうございます!