2017-04-28 16:30 | カテゴリ:ミュージカル映画レポ

「美女と野獣」実写版を見た後、新曲旧曲の追加削除の事情が気になったので調べてみたら、作曲家アラン・メンケンのインタビュー記事が見つかりましたので、ご紹介します。

 

記事の紹介の前に、この作品の作詞家、作曲について軽くまとめます。

 

『美女と野獣』アニメ版の作詞のハワード・アッシュマンはゲイでエイズで公開年の1991年に亡くなっています。舞台版と実写版の新曲の歌詞はどちらもTim Rice。但しHuman Againはアッシュマンがアニメ用に作った未収録曲。作曲は一貫してアラン・メンケンとなっています。

 

●アラン・メンケンインタビュー記事 

 

美女と野獣実写化にあたっての、作曲家のアラン・メンケンのインタビュー。編曲の工夫、新旧曲の選択の理由、作品との関係、計画中の作品など、裏話満載の必読の記事。

 

'Beauty and the Beast' New Songs: Composer Alan Menken on Lost Lyrics, That Gay Character | Hollywood Reporter

 

できれば全部読んでほしいんだけど、少しだけ要約します。

 

・アニメ版から存続する6曲で変えた歌詞は、故ハワード・アッシュマンの未使用未発表の歌詞を「ガストン♪」と「美女と野獣♪」に加えた。Mob Songでは監督に頼まれ、ガストンとルフウの歌詞を変えたが、アッシュマンの歌詞を削るのは実に辛かった。

 

・新曲について。Days in the Sun(城キャラたちが過去を懐かしむ歌)は10年前にTim Riceと作曲した。How does a Moment ~はベルの過去に通じる歌。夫をなくしたばかりのセリーヌ・ディオンがエンドロールで歌うのは特別の意味があるように感じられる。Evermoreはビーストにソロが必要だから作った。


・削った舞台版の曲について。どうしても入れたい2曲があった。一つはアッシュマン作詞のHuman Again。しかし9分は長すぎて入れられなかった。代わりにSomethin Thereにみんなが二人の恋に期待している部分が入っているから、これで良しとした。

 

どうしても入れたかったもう1曲は、「愛せぬならば」。舞台では一幕最後のタイミングに相応しい歌だが、映画では休憩がないので、入れるのは難しかった。そしてHomeは歌としてはないが、フレーズがはっきりと登場する。

 

・この記事には、ほかにも自作品についてどう思っているか(実写化されたものに関しては結構自分と切り離してる。リメイクより新作が作りたい)、計画中の仕事(リトルマーメイドとアラジン実写化?)などとても興味深い。

 

●記事を読んで感じた事

 

これ読んでると、ミュージカルの世界では神みたいな人なのに、監督の方が色々決定権があって、あまりメンケン氏本人が表立って曲について決定していなかったという印象がある。というか、監督を信用して任せてて、言われたら編曲する、って感じで、どちらかというと職人的な印象を受けた。

 

実写版美女と野獣見て、何でこの曲削ったのー?とか、ここの歌詞なんで変えたの?とか思ったら、この記事ぜひ読んでみてほしい。全文通して読むと、彼の立ち位置や仕事の仕方なんかも読み取れて、いろんな事情があったんだろうなーと察せられるかも。

 

 

「美女と野獣(ディズニー実写版)」ドイツ語版サウンドトラックCD

 

アニメ映画「美女と野獣」(1991)英語版サウンドトラック Beauty and the Beast

 

アニメ映画「美女と野獣」(1991)ドイツ語&英語&トルコ語版DVD Die Schöne und das Biest

 

 

ウィーン・ミュージカル・ワールド」では、美女と野獣の各バージョン、各国語版CD絶賛お取り扱い中です! ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語、ロシア語など色々取り揃えてます♪

 

「美女と野獣」の各バージョンへのリンク:
アニメ映画版「美女と野獣」
ミュージカル舞台版「美女と野獣」
ディズニー実写映画版「美女と野獣」

 

応援クリック ありがとうございます!

 

2017-04-26 16:30 | カテゴリ:ミュージカル映画レポ

さて、実写版「美女と野獣」のレポ、今回はかなり前から話題になっている、同性愛と人種問題について考察してみました。

 

私の個人的な感想なので、こればっかりは人によって感じ方は違うと思いますが、まあ、同性愛も人種問題も比較的身近にある立場から書いてみました。

 

●同性愛問題ネタバレ考察

 

同性愛については、新設定ではあるけど、何が問題なのかわからないくらい、私的には自然だった。むしろこの方がいいよw ミュージカルの世界ではゲイが多いからそういう設定も多いし、ミュージカル王道だよ、この流れはw 私はこのキャラは新設定の方が深みが出て好き。

 

●人種問題ネタバレ考察

 

アンサンブルの人種がミックスで不自然。これは人種間恋愛がどうというより、普通に歴史モノとして不自然。それにミックスとか言ってもアジア系全然見なかった(日系のダンサーさんがいたらしいけどみつけられなかった。。)し、ミックスにした意味が作品から読み取れなかった。

 

意図があって歴史ものの王道から逸脱するなら、作中で理由が説明され然るべきだと思うんだけど、どうだろ?ファンタジーの理想郷の村だから?じゃなんで実在の地名が出てくるの?あの地名で一気にファンタジー感消えたよ。

 

言いたいことはわかるよ。寛容の世界。同性愛に関しては成功してたと私は思ったけど、人種問題はどうかな。。こうするなら設定を現代のフランスにして、魔法の鏡をスカイプにして欲しかったなw それなら、あの人種の割合も超納得どころか、良くやった!って思うかなw。

 

てかさ、美女と野獣のあの村を現代にして、城だけ魔法で時間が止まった世界ってことにしても、お話成り立つよね、きっと。もしかして、そこまで考えさせるのが、人種ミックスの意義だったのか?(いや私妄想しすぎだからw)

 

●マイノリティ要素についてさらに考察

 

人種やゲイ要素を取り込んだ実写版美女と野獣。寛容の精神を入れたかった気持ちはわかるよ。けど、ガストンが「異なる存在」である野獣を殺すよう、デマゴーグとして人々を焚きつける醜さを強調した方が、深みが出たのでは?今の世の中に蔓延する、よそ者vs扇動者の構図こそ風刺対象にすべきかと。

 

最近こういうテーマに敏感な私でも、ガストンがデマゴーグには見えなかった(ただの声のでかいハンサム兄ちゃんw)から、そういう風刺の意図はなかったと感じた。焚き付けられた民衆の怖さも感じなかったし。だってお城の戦いのあとの村人のめでたしめでたし感w さっきまで殺す言うてたやんw

 

あと、同性愛に嫌悪感を示したガストンは因果応報だけど、人種間恋愛は全然OKなんだ。野獣や同性愛が嫌いな人は、人種間恋愛はもっと違和感示すタイプかと思った。てか、三人娘あたりを人種混合にして欲しかった。で、みんなガストンとイチャイチャしたら人種天国徹底してるよね。

 

ウィーンミュージカルの世界では少なくとも、今の世界の排他的でデマゴーグ的風潮に疑問を呈する作品を作ってるし(ドンカミッロとかメサイヤロックスとか)、少なくともマイノリティを取り上げて違和感煽るなら、そこに意味や主張が欲しい。マイノリティキャラを沢山出した理由が読み取れないので、出しっぱなし感ある。

 

歴史モノで人種混合といえば、ウィーン再演版モーツァルト!の男爵夫人だけど、あれは全く違和感なかった。斬新な現代演出と、今でも着れるモダンなドレスの中に、細心の注意を払って配置してたのがよーく見て取れたから、逆に肌の色の違いは芸術には関係ない、というアピールになってた。

 

「異なるものvs扇動された民衆」、ってテーマで見ると、オペラ座の怪人の「怪人を捕まえろ♪」の所とか、日本版JCSの裁判の時に殺せと怒鳴る民衆とかあって、美女と野獣のMob Songもその代表的なものだと思ってたのに、実写版だと、ただの横恋慕に村人を巻き込んだけじゃんw

 

というわけで、マイノリティを出すからには、出しっぱなしではなく、そこに何らかの主張が欲しいと思った「美女と野獣」でした。それが、ルフウでは成功している(というか、ルフウの性格付け自体が物語を深くしている)と思ったけど、人種ミックスは宙ぶらりんだったなー、と感じたのでshチア。

 

「美女と野獣(ディズニー実写版)」ドイツ語版サウンドトラックCD

 

アニメ映画「美女と野獣」(1991)英語版サウンドトラック Beauty and the Beast

 

アニメ映画「美女と野獣」(1991)ドイツ語&英語&トルコ語版DVD Die Schöne und das Biest

 

ウィーン・ミュージカル・ワールド」では、美女と野獣の各バージョン、各国語版CD絶賛お取り扱い中です! ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語、ロシア語など色々取り揃えてます♪

 

「美女と野獣」の各バージョンへのリンク:
アニメ映画版「美女と野獣」
ミュージカル舞台版「美女と野獣」
ディズニー実写映画版「美女と野獣」

 

応援クリック ありがとうございます!

 

2017-04-24 16:30 | カテゴリ:ミュージカル映画レポ

ウィーンで一足先に、3/30に実写版「美女と野獣」見てきました。後ほどネタバレしまくりレポもアップしますが、とりあえず今回は、極力ネタバレ無しで行きます。けど、もしかしたらちょっとネタバレしちゃってるかもしれないので、まっさらな状態で見たい人は、映画見終わってから読んでくださいねー。

 

あ、それと、ちょっと宣伝になっちゃいますが、うちのショップ「ウィーン・ミュージカル・ワールド」で、美女と野獣の各バージョン、各国語版CD絶賛お取り扱い中です!

 

「美女と野獣」の各バージョンへのリンク:
アニメ映画版「美女と野獣」
ミュージカル舞台版「美女と野獣」
ディズニー実写映画版「美女と野獣」

 

ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語、ロシア語など色々取り揃えてます♪

 

●全体の感想

 

実写版美女と野獣、ざっくり感想を言うと、「前半舞台との違いが気になってヤキモキしたけど、後半新設定とか出てきて引き込まれた!」って感じ。最後は結末わかってても鉄板で泣かせに来るねー。作品に思い入れありすぎて、あれ?ってツッコみたいとこも結構あったけどw

 

しかしこの映画のメインターゲットは誰なんだ?アニメ版見て、舞台見てない人?完全初見の人?舞台も見た人?私の印象では、ライト層向けな気がするんだけど。舞台にどっぷりだと、前半そこでなぜそうなる?!って結構気になるよ。後半はおお!そう来たか!ってなるから不思議。

 

あと、3Dで見た方が良さげな演出が多々。逆に3Dじゃないと「うーこれ3Dならこう見えるだろうに!」ってなるw スタッフロールで協賛スワロフスキーって書いてて、すぐに絶対あそこだwって分かったよw だめだ、どこまで書くのがネタバレなんだろうw

 

 

●キャラ別感想

 

個人的にビーストはアップ少なめシルエット多めで、動物っぽい予期できない超人的動きで神秘性を出してほしいんだが、映画では直立&顔のアップ多めであまり怖くなかった。舞台では、遠くてよく見えないからこその、未知のものへの怖さが強調されてたな。舞台また見たいなー!!!愛せぬならば!!

 

ベルはなんていうか、思い入れありすぎて私には語れないw ハーマイオニw 設定がほんの少し違って(ビーストの設定もほんの少し違う)、ほんの些細な違いなんだけど、弱めの伏線的な感じにはなってるのかな。必要な設定かは分からないけど(個人的には削った設定の方が好き)。

 

ガストンやばい。好みすぎるww ずっとニヤニヤしてた。もっと見てたかったw 夢に出てきてほしいw 王子はなんか最後顔出た時、お客さん結構笑ってたwあれはファンの人かな?私は普通におーって思ったけど。

 

ルミエールがユアン・マクレガーで、コグスワースがイアン・マッケランで、ポット夫人がエマ・トンプソンで期待してる人!私はそんな人になんと声をかければいいのか。。疑わず、希望を捨てないで、って言えばいいのかなw ユアンくんのキラッキラの笑顔に癒された♪

 

映画見ながら「スーパー・ルフウタイム」と言う新語を思いつき、ルフウが何かする度に心の中でつぶやくと楽しいw 映画や舞台と一番キャラが違ったけど、これはこれで私はよかったと思う。監督なんでこんなにルフウに思い入れあるの?ルフウは完全にキャラとして救ってもらったね。

 

新キャラは、キャラの立つ脇役が増えて、旧来のキャラにとっても、よかった。舞台版が好きな人なら、新キャラたち作ってくれてありがとう!って感じかもw

 

あと英語版の歌声について。役者さん本人が歌ってるんだよね。独仏伊語はセリフと歌別の人が多いから気になった。エルサみたいに超上手い忘れられない歌声!みたいなのは、あったかなぁ。。みんな上手かったけど、うおーって感じにはならなかったから、本職のミュー歌手が吹き替えた方がいいのかも。

 

●新曲旧曲ネタバレ

 

曲新曲が入った代わりに、舞台版で増えた曲は全カット。これは個人的にマイナス。映画館から出てきて「わが家」と「愛せぬならば」をずっと歌って帰った。舞台版ファンからすると、歌飛ばしたら気持ちが宙に浮いてついて行かない。あんな名曲なのに削るなんて、権利関係の問題?

 

「わが家」はこの作品で一番好きな曲なので、ほんとこの気持ちをどうすれば。。けど、インストで出てくるので、その時はじっくり味わいましょう。新曲の印象はそこまで強くない。削った曲とものすごく似た曲があって、さらに意味不明w

 

●盛り上がったシーン

 

実写版美女と野獣で私が一番盛り上がったのは、ビーアワゲスト♪でもガストン♪でもなく、Mob Songだわw ガストンが超カッコよかったし、あの辺になってやっと話にエンジンかかってきたからかな。てか、この話で魅力的なキャラは、一位ガストン二位ルフウw (個人の意見ですw)

 

某最近の人気ディズニー映画にそっくりの新設定があって、これみんな似てるってわかるよね。。サウンド・オブ・ミュージックっぽい一シーンにニヤリw お城も中世も大好きなので、これでもかとお城や村が映るのは至福の時でした♪

 

美女と野獣のチップって何歳なんだろう?と思ってたら、実写版ではうちの5歳児と同じくらいに見えて、過去に感じたことのない感情が。。ってことは私はポット夫人と同世代?って気づいてビビったw 私はポット夫人みたいに落ち着いて大人っぽい母親ではないなーw


最後のシーン!私がまだドイツ語ゼロだったころ、ウィーンでロングランしてた伝説の「美女と野獣」見た時、最後の決めセリフだけは理解しなくては!と、見る直前にIch liebe dichだけ憶えて観劇したんだよね。その事思い出して泣いたよ!ウィーンで20年経ってまたこの作品見てるー!って。

 

●どのバージョンを見てる前提?

 

実写版美女と野獣のレビューをちゃんと読んでから見たい人は、IMDBの英語のレビューを読んでみてはいかがでしょう?アニメだけ見て舞台見てない人が書いたのがほとんどだけど、全体の感じはわかると思う。私の感じたこと、結構みんな書いてた。

 

実写版美女と野獣、レビューを読んで回ったけど、舞台版を見た人のレビューが少なすぎる。。世間的にはアニメ→実写の人が圧倒的に多い模様。これ舞台見た人と見てない人の感想は結構違うかも。方向性は似てるけど、度合いが違う感じかな。舞台版が名作すぎると再確認。

 

●まとめ

 

まだまだ言い出いことはいっぱいありますが、とりあえず極力ネタバレ無しのレポはここまでにしておきます。

 

映画見終わった方は、これから怒涛の勢いでアップされる、美女と野獣映画レポ(ガッツリネタバレ版)をお楽しみに!

 

 

「美女と野獣(ディズニー実写版)」ドイツ語版サウンドトラックCD

 

アニメ映画「美女と野獣」(1991)英語版サウンドトラック Beauty and the Beast

 

アニメ映画「美女と野獣」(1991)ドイツ語&英語&トルコ語版DVD Die Schöne und das Biest

 

応援クリック ありがとうございます!

 

2017-04-22 16:28 | カテゴリ:WMW ウィーン・ミュージカル・ワールド

ウィーンミュージカル専門店ウィーン・ミュージカル・ワールドでは「美女と野獣」実写化に伴い、実写版、舞台版、アニメ版の各国語版サントラやDVDのお取り扱いをスタートしました。

 

 

●実写版「美女と野獣」各国語版サントラ

 

まず、実写版からご紹介します。ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語版と、カラオケ版をお取り扱いしています。ご希望があれば、他の言語もお探ししてお取り寄せしますので、お気軽にWienmusical@gmail.comまでお問い合わせください。

 

 

「美女と野獣(ディズニー実写版)」ドイツ語版サウンドトラックCD

 

「美女と野獣(ディズニー実写版)」フランス語版サウンドトラックCD

 

「美女と野獣(ディズニー実写版)」イタリア語版サウンドトラックCD

 

「美女と野獣(ディズニー実写版)」スペイン語版サウンドトラックCD

 

「美女と野獣(ディズニー実写版)」カラオケCD

 

 

また、実写版「美女と野獣」の各国語版DVDは、夏ごろからお取り扱いを開始します。

 

●舞台版キャストアルバムCD

 

1994年にブロードウェーで初演されて以来、世界中の舞台で上演されてきたミュージカル版「美女と野獣」ですが、現在入手できるのは以下のバージョンのみとなっています。

 

うちいくつかは、廃盤のためコレクターズアイテムとなり、価格が高騰してしまっているものもあります。ミュージカルCDコレクターでファンとしては、大好きなCDがこんなに高額になってしまうのはとても残念なのですが、ご理解いただけますと幸いです。

 

定番の英語版2種類や、最近上演されたベルギー版やロシア版は、比較的お求めやすい感じになっています。

 

舞台版「美女と野獣」ブロードウェー版キャストアルバムCD(英語)

 

舞台版「美女と野獣」ロンドン版キャストアルバムCD(英語)

 

舞台版「美女と野獣」ウィーン版キャストアルバムCD(ドイツ語)

 

舞台版「美女と野獣」ドイツ・シュトットガルト版キャストアルバムCD(ドイツ語)

 

舞台版「美女と野獣」ベルギー・アントワープ 版キャストアルバムCD(フラマン語)

 

舞台版「美女と野獣」ロシア・モスクワ版キャストアルバムCD(ロシア語)

 

●アニメ版サントラ&DVD

 

最後に、1991年のアニメ版「美女と野獣」のサントラをお届けします!

 

CDは英語、ドイツ語、フランス語版、DVDはドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、トルコ語を取り揃えております。

 

個人的なことを言うと、このサントラは、私のミュージカル各国語版コレクションの原点なんですよね。。当時ヨーロッパを旅行しては、色んな町でCD屋に入り、各国語版サントラを買い集めていました。ネットショップなんてない時代でしたから、本当に貴重なCD達でした。

 

このサントラを現地で買い集めていた自分がいるから、今ミュージカルCDショップをやっているんだな―とか、感慨深く思い出しています。(やたら各国語取り扱いたがるのも、まさにこれが原点なんです。。)

 

しかし、当時イタリアやスペインの街角のCD屋で見つけたあのサントラたちは既に廃盤になり、かろうじてドイツ語版とフランス語版の入荷が可能になっただけとなりました。コレクターとしては、サントラの品ぞろえはもっと増やしたかったのですが、今回の実写化で、少しでもいいので再版してもらえるといいなーと期待しています。

 

サントラCDの種類は少なくなってしまいましたが、DVDはまだ健在です!色んな言語で聞き比べ、見比べてみてくださいね。

 

アニメ映画「美女と野獣」(1991)英語版サウンドトラック Beauty and the Beast

 

アニメ映画「美女と野獣」(1991)ドイツ語版サウンドトラック Die Schöne und das Biest

 

アニメ映画「美女と野獣」(1991)フランス語版サウンドトラック La Belle et la Bête

 

アニメ映画「美女と野獣」(1991)ドイツ語&英語&トルコ語版DVD Die Schöne und das Biest

 

アニメ映画「美女と野獣」(1991)フランス語版DVD La Belle et la Bête

 

アニメ映画「美女と野獣」(1991)イタリア語版DVD La bella e la Bestia

 

アニメ映画「美女と野獣」(1991)スペイン語&ポルトガル語&英語版DVD La bella y la Bestia

 

 

なんとなく、美女と野獣祭り!って感じで盛り上がってきましたね。映画もサントラもキャストアルバムも、目いっぱい楽しんでくださいね♪

 

 

応援クリック ありがとうございます!

 

2017-04-21 16:05 | カテゴリ:ウィーン

こないだ取材がてら調べたので、シュテファン大聖堂の有料エリアの入り方や価格などを、メモがてら記事にしてみます。


ネットをどこ探しても載ってなくて、たぶん直接現地で聞かないと教えてくれない情報です。ご参考までにどうぞー。

 

IMG_2561

シュテファン大聖堂

 

●無料エリア


シュテファン大聖堂に無料で入れるのは、入り口付近と左翼のみ。中央の会衆・主祭壇エリアと右翼、宝物殿、カタコンベ、北塔と南塔はそれぞれ有料。

 

IMG_1654

シュテファン大聖堂の主祭壇エリア

 

●中央の会衆・主祭壇エリアと右翼


このエリアに入るには、

 

①入場料を支払う(4.5ユーロ)

②オーディオガイド付き入場料を支払う(5.5ユーロ、日本語を含む20ヶ国語、9:00-10:45と13:00-15:45)

③ガイドツアー(5.5ユーロ、独語15時、英語10:30)

④ミサに参加する(無料だがチェック有り)

 

のうちのどれか。①と②は基本自由に歩き回れます。

 

無料で入れるのは、左翼のこの部分。この柵から右は有料です。

 

どの入り方をする場合でも、一旦大聖堂に入り、主祭壇に向かって左の方に歩いていったら、鉄柵の入り口にカウンターがありますので、そこでお金を払ったり、オーディオガイドを借りたりします。


ガイドツアーのスタート地点は、そのカウンターの少し後方の立て看板が立っているところです。


個人的には、時間制限はあるものの、オーディオガイドが一番手軽なのではないかな、と思います。もしオーディオガイドが使えない時間帯なら、①の自由に歩き回る、でもいいかもしれませんが、ちょっと4.5ユーロは高いですね。。以前無料で入れたエリアなので、せっかくならちゃんと歴史を学びたいものです。


ミサは誰でも入れますが、入り口で一応チェックがありますので、観光客がタダで中に入ろうとしている場合は、見破られることが多いと思います。逆に、ちゃんと座ってミサに参加する場合は、歴史的建造物でミサを受け、音楽も聞けて、素晴らしい体験ができると思いますよ。


ミサを受けるにはキリスト教徒である必要はありませんが、聖体拝領の時は並んでもパンをもらうことはできません。起立、着席などは周りを見ていればわかりますし、歌や詠唱は黙って聞いているだけで大丈夫です。周りの人と挨拶する儀式や、献金の儀式は、日本のミサと変わりませんが、タイミングなどは周りの人を見て合わせましょう。


●この有料内部見学以外の、4つの有料エリア

 

・宝物殿(入口近くの塔、5.5ユーロ)

・カタコンベ(30分~一時間ごとにガイドツアー。カタコンベ入り口で集合。5.5ユーロ)

・北塔(低い方の塔。エレベーター+自由見学、5.5ユーロ。大聖堂入って左翼)

・南塔(高い方の塔。階段+自由見学、4.5ユーロ。入り口は大聖堂の外)

 

内部見学のオーディオガイド、カタコンベ、2つの塔と宝物殿のセットで13.90ユーロ。

 

●おまけとかお勧めとか

 

無料エリアだけでも全体が見渡せ、あの空気感を感じることはできますが、主祭壇エリアはやはり入っておいたほうがいい気がします。主祭壇に近づけるかどうかで、かなり満足度が違うので。

 

例えば、顔を覗かせる有名な像があるこの螺旋階段は、無料エリアからだとこんなふうに見えて、肝心の顔は有料エリアからでないと見えません。

 

他の有料エリアとしては、個人的には、エレベーターのある方の塔(北塔)はお勧めです。南塔のほうが高いし、階段は上り甲斐がありますが、当時工事中だったからか、景色はあまり開けず、狭い穴から覗いてた感じでした。エレベーターの方は外に出ることができて、あの屋根を間近で見ることができて感動。見下ろすとフィアカーの駐車場もあり、見ごたえもあります。プンメルン(鐘)があるのもこちら側。

 

カタコンベは大昔行ったっきりだけど、かなり見ごたえあるので、こういう暗がりでちょっと怖いのが好きな人は、相当ゾクゾクすると思います。個人的には、年に何回か夜に入るチャンスがあるときに行くのが、もっと怖くてドキドキしそうですが、まだ実現してません。。

 

あと、シュテファン大聖堂にある像やステンドグラスの殆どがレプリカです。本物はウィーン博物館にありますので、こちらも見てみたい方は、とってもおすすめです♪

 

参考:【オーストリア】ウィーンの歴史と芸術を一石二鳥で楽しめるウィーン・ミュージアム・カールスプラッツ | 海外現地情報ブログ | 阪急交通社

 

●まとめ

 

というわけで、シュテファン大聖堂の有料エリアのご案内と、入場料でしたー。

 

この記事は、2017年3月時点で、シュテファン大聖堂のガイドツアーのデスクで聞き取り取材をした話をまとめたものです。

 

ちょっと前まで、主祭壇エリアは無料で入れたので、ここが結構な有料エリアになってしまったのはびっくりですね。入場料は年々上がっていますので、これからどんな風に上がっていくのか、ちょっと怖い気がしますが。。

 

 

エリザベートウィーン版DVD

 

モーツァルト!ウィーン新演出版 DVD

 

ロミオ&ジュリエット ウィーン版 スタジオ収録全曲CD<2枚組>

 

応援クリック ありがとうございます!

 

2017-04-18 16:27 | カテゴリ:季節モノ

イースターには、Osterlamm(イースターの子羊)と呼ばれる焼き菓子が食卓に並びます。なぜイースターに子羊を模ったお菓子を食べるのでしょう?

 

こちらが「オースターラーム」の焼き菓子。白く見えるよう粉砂糖が振ってあります。

 

復活祭の主人公であるキリストは子羊のイメージで語られることが多く、キリスト=子羊という図式は、キリスト教徒の間では何の疑問もなく信じられていることとなっています。

 

けど、なんでキリスト=子羊なの?その答えは、キリストが産まれる千年以上前のエジプトに遡ります。ミュージカルの「ヨセフと不思議なテクニカラーのドリームコート」にあるように、当時多くのユダヤ人はエジプトで奴隷にされていました。

 

このエジプト虜囚からユダヤ人を率いて、ユダヤの地に帰ろうとしたのがモーゼ。ユダヤ教の神は、モーゼを助けてエジプトに災いを起こします。そのうちの一つが「エジプトの全家族の最初の子供を殺す」というもの。ただし、家の扉に羊の血で印をしてある家は、災いが通り過ぎるという抜け道があります

 

それを知らされていたユダヤ人だけが、扉に印をつけて難を逃れた、というエピソードです。この時に殺されず、囚われていたエジプトを逃れることのできたユダヤ人たちは、この日を記念して「過越(すぎこし)の祭り」としました。

 

それから十数世紀後、ユダヤ教徒であるキリストがエルサレムで磔にされます。その日が偶然、ユダヤ教徒にとって重要な、過越の祭りの日だったのです。キリストが十字架上で亡くなるタイミングで、各家庭で夕食の食卓に上がる子羊を殺している時間帯であったと言われています。

 

そのため、キリストの死が、生け贄の子羊の死と象徴的にリンクすることとなります。自分が死ぬことで他の人たちを助ける、というイメージが重なり、その後キリスト教では、キリストの磔は自己犠牲の行為であることをわかりやすく表現するため「キリストは子羊だ」というようになったんですね。

 

過越の祭りやら、神は子羊やら、キリスト教知ってると普通に出て来る表現なんだけど、なんでイースターに子羊が出てくるの?って言われたら、35世紀くらい遡らないといけないんだね。。ヨセフもモーゼもジーザスもミュージカルになってるし、キリスト教知ってたらミュージカル見てても一段と楽しいよ!

 

関連記事:

舞台はウィーン! イースター、受難日、最後の晩餐に関する考察

舞台はウィーン! ジーザス・クライスト・スーパースター解釈目次

オーストリア/イースターの習慣 | 東欧・中欧海外現地情報ブログ | 阪急交通社

【オーストリア】春の訪れを祝う、シェーンブルン宮殿のイースターマーケット | 海外現地情報ブログ | 阪急交通社

オーストリア/ウィーン街中フライウングのイースターマーケット | 東欧・中欧海外現地情報ブログ | 阪急交通社

【オーストリア】手作り工芸品が魅力!アム・ホーフ広場のイースターマーケット | 海外現地情報ブログ | 阪急交通社

 

 

 

ジーザス・クライスト・スーパースター ウィーンコンサート2011年版ライブCD<2枚組>

 

ジーザス・クライスト・スーパースター ウィーンコンサート2005年版ライブCD

 

ジーザス・クライスト・スーパースター UKアリーナツアーライブDVD

 


 

応援クリック ありがとうございます!

 

2017-04-16 16:48 | カテゴリ:季節モノ

前回の記事で、イースターチョコをまとめてみましたが、今回はドイツの有名なグミHariboのイースター限定版をご紹介します。

 

ちなみにウィーンではHariboのクマのグミはグミベアリ(Gummibaerli)と呼びます。ドイツではどうなんだろ?

 

とツイートしたら、ドイツではGummibaerchenと言うそうです。やっぱり語尾がliなのはウィーンですねー。

 

ミュージカル的に言えば、Hedwig and the Angry Inchで、ベルリンにいたHedwigがアメリカ兵からハリボのGummibaerchenをもらうというシーンが有りましたねー。

 

それでは、イースターHariboご紹介します♪

 

 

スーパーのイースタースイーツ。みんな大好きHaribo!イースター限定袋詰めはこの二つ。右のはピンクのはイースターモチーフ詰め合わせで中身かわいいけど、左の黄色いのは中身「草」ww 

 

C7ndMj9XQAAOxh1_thumb[1]

 

C7ndPBhXkAEDUGu_thumb[1]

 

C7ndRY8XkAMBxFx_thumb

   

 

 

Hariboはこういう卵形の大きいのもある。家庭で食べきるのは厳しいから、パーティー用かな?

 C7nd2YmW4AAKcAk

 

●中身紹介

 

イースター限定Hariboの個包装版の中身を紹介しますー。一つの袋に組が9個くらい入ってて、ウサギ、ひよこ、タマゴ、鳥の巣、羊などのイースターのモチーフが。色合いも優しいピンクや黄色のイースターカラー。一つどうしても何かわからない形のがあったけどw

 

C7yk8QhW4AENaa9_thumb[1]_thumb_thumb

 

C7ylBRXWkAMZ0xx_thumb_thumb_thumb

 

●中身紹介

 

イースター限定Hariboの個包装版の中身を紹介しますー。一つの袋に組が9個くらい入ってて、ウサギ、ひよこ、タマゴ、鳥の巣、羊などのイースターのモチーフが。色合いも優しいピンクや黄色のイースターカラー。一つどうしても何かわからない形のがあったけどw

 

C7yk8QhW4AENaa9_thumb[1]_thumb_thumb[1]

 

C7ylBRXWkAMZ0xx_thumb_thumb_thumb[1]

 

 

●変わりHaribo番外編

 

なぜか我が家にあった、恐竜Haribo。ティラノサウルス、トリケラトプス、プテラノドン、ステゴザウルスなどのメジャーなフォルム。

 

C7yleiwX0AAIztc_thumb[1]_thumb[2]

 

  C7yljPoXQAEFaeV_thumb[1]_thumb[1]

 

芋虫型のハリボが自宅にあった。左が芋虫ハリボ(WUMMIS)で、右がスタンダード。また開封したら中身レポしますー。

 

C76s6SjX0AAKeJr_thumb_thumb[2]

 

 



エリザベートウィーン版DVD

 

モーツァルト!ウィーン新演出版 DVD

 

ロミオ&ジュリエット ウィーン版 スタジオ収録全曲CD<2枚組>

 

応援クリック ありがとうございます!

 

2017-04-15 16:36 | カテゴリ:季節モノ

オーストリアでイースターと言えば、子供達が「イースターネスト探し」をします。

 

家の中や庭の茂みに隠してある、鳥の巣の形をした入れ物を見つける、というイベントです。この鳥の巣の中には、普通イースターのモチーフのお菓子が入れてあることが多く、イースター前の時期は、そのためのチョコなどのお菓子が大量に売り出されます。

 

イースターネストはこんな形をしていたりします。

AT_20130402_5

 

今回は、この時期スーパーで繰り広げられる、イースターのお菓子商戦を覗いてみましょう。

 

(つぶやきまとめなので、以下はちょっと軽い感じで行きます)

 

近所のスーパーのイースターのお菓子コーナー。棚全部ww イタリアのスーパーで棚1面パスタだったのを思い出したw ディスカウントスーパーで、元々お菓子が多めの店なんだが、これはいくらなんでも多すぎるw

 

C76uc1pW0AAyXxy

 

 

●定番Lindt社

 

スーパーのイースターチョコ第一弾。定番のLindtのウサギ。ミニサイズとか、柄付きとか色々あります。この時期のお土産にピッタリ。

 

C7nZJ0dXgAEnVXu

 

C7nZHbqX0AAi8RN

 

 

●みんな大好きMilka

 

スーパーのイースターチョコ第二弾。Milkaのコーナー。ほんとの卵ケースみたいなのが地味にかわいい。ウサギの顔は怖い。

 

C7nZyFEXgAIcBNs

 

C7nZvyZXkAAIOcI

 

 

C7nZ0iAWsAAQdkr

 

●Ferrero社

 

スーパーのイースターチョコ第三弾。イタリアのFerrero社。ウサギ型のはないけど、卵もかわいい。

 

C7nbCAMX0AQHNTh

 

 

●Merci社

 

スーパーのイースターチョコ第四弾。Merci社。Lindtのとウサギの形は似てるけど、こっちの方が柔らかくてふんわりした顔つき。

 

C7nbf2ZWkAEKIcz 

 

C7nbh8FXUAMnWOH

 

●その他色々チョコ

 

スーパーのイースターチョコ第五弾。その他色々ー。メーカーがマイナーになると、ウサギの顔が怖くなるw

 

C7ncHvdWsAUNbeA

 

C7ncKAnXQAABFrX 

 

C7ncMPaXgAA94U1

 

C7ncOrvW4AADK-j

 

 

各社、趣向を凝らして色んな種類のイースターのチョコを作っているんですねー。今回はちょっといいスーパーとディスカウントスーパーの品揃えをご紹介しました。

 

 



エリザベートウィーン版DVD

 

モーツァルト!ウィーン新演出版 DVD

 

ロミオ&ジュリエット ウィーン版 スタジオ収録全曲CD<2枚組>

 

応援クリック ありがとうございます!

 

2017-04-13 16:27 | カテゴリ:公演情報

2017年秋にライムント劇場で初演予定の、ウィーンミュージカル新作、I am from Austriaの記者会見のニュースをまとめて、色々ツッコんでみました。(また、記者会見自体は結構前だったんですが、まとめるのが遅くなってしまって。。)

 

国民的大スターで、今回のジュークボックス・ミュージカルの原曲全てを作詞作曲したReinard Fendrich、VBW総監督のStruppeck氏、脚本担当のHoffmann氏の三人が記者会見の場に登場して、あらすじやスタッフについて語りました。

 

I am from Austriaは、オーストリアの第二の国歌(非公式国歌)と言われる名曲。今はアルプスの小国となってしまった昔の大国オーストリアの自然と人々を愛する、謙虚で誇りに満ちたオーストリアへの愛を歌ったこの歌は、この国や歴史を知っていると涙なしに聞くことはできない素晴らしい曲です。

 

この、オーストリア人なら絶対に知っている曲をタイトルにしたジュークボックス・ミュージカル。地元民なら全曲歌えて当然な舞台になるはずですが、その内容を垣間見つつ、予想してみました。

 

(以下ツイートまとめなので、ちょっと調子が軽い感じですが、お気になさらずw)

 

<あらすじ>

 

「ハリウッドスターがオペラ座舞踏会でウィーンに戻ってくる話」と言うあらすじに変わってる!公式サイトもそうなってる!オーディション要綱にあったアルゼンチン人サッカー選手の案は没かwせっかくぶっ飛んだストーリー考えたのになーw

 

以前のあらすじについてはこちら→舞台はウィーン! ウィーンでダンス・オブ・ヴァンパイヤ再々演!&2017年秋新作紹介(ちょっと古い情報ですが・・)

 

<ポスター>

 

こちらがポスター。脚本家の名前が以前とと代わって、Struppeck氏とHoffmann氏の二人になってる。。これは。。

 

C3nSLukWYAInKne.jpg

 

右のハリウッドスターは、オーストリア出身のハリウッドスター、クリストフ・ワルツがモデルとしか思えないw。このスターと、左のオーストリア国旗カラーを意識しまくりなの口元な女性のラブストーリーなんだろうなー。脚本にS氏が加わったことで、もうストーリーも結末も予想できてしまう。。

 

(ボヤキ&毒吐き)

 

てかさあ、、総監督がS氏になってから、S氏とGergen氏の組み合わせか、どちらかが関わってる作品しか作ってないではないか。そりゃどれ見ても似た感じになるわけだよ。お願いだからバリエーション作ってよ。。特に脚本なんとかしてくれ。。Gergen氏の演出も嫌いじゃないけどいつも同じ感じだし。。

 

<キャスティング予想>

 

これで、主役のハリウッドスターがドイツ人だったらずっこけるwけど多分そうなるwドイツ人が歌うI am from Austriaとかもうホントやめてほしい。けどきっとそうなる。S氏とGergen氏なら。オランダ人だったら爆笑するw そもそもこんな役できる墺人役者思い当たらないしなー。

 

墺人男性役者で主役張れるのなんて、ルカス・ペルマンとOliver Arnoくらいしかいないよね。。そしてそのどちらも、役のモデルと思われるクリストフ・ワルツに全然似てないし、ポスターの人にも似てない。てか、ポスターの人はただのイメージだよね?知らない人だし。。

 

ああ!オーストリア人でハリウッドスターと言えば、クリストフ・ワルツ以外にシュワルツネッガーがいたわ!こっちが主役のモデルかもwwそれなら、キューティーブロンドの宅配のムキムキさんが一番適役!!そして、ルカスもOliverもそこまでムキムキじゃない。まあ、ポスターはワルツ似だよねw 

 

<名曲の数々>

 

オーストリアの有名な歌で、私が聞いたら必ず泣く双璧は、Ich war noch niemals in New York(Udo Juergens)とI am from Austria(Reinhard Fendrich)で、どちらもそれ自体が作品のタイトルになったミュージカルがあるんだから、ファンとしては幸せなんだろうな、きっと。

 

公式によれば、作中曲は20曲以上。 „Es lebe der Sport“, „Blond“, „Strada del Sole“, „Tango Korrupti“, „Nix is Fix“, „Weu‘sd a Herz host wia a Bergwerk” „Macho, Macho“, „Haben Sie Wien schon bei Nacht gesehen?“, “I Am From Austria“など。楽しい曲やら名曲揃いですなぁ。

 

ああ、だから相手役はブロンドなのかwそして男はマッチョではないと推測できるw たぶん夜のデートシーンがあるんだろうな。舞踏会抜け出してwああ。。予想を裏切って欲しいけど。。

 

<まとめ>

 

なんやかんや言っても、大好きなFendrichのジュークボックス・ミュージカルなんだから、楽しみ!まあ、好きすぎて期待だけ膨らみまくり、情報が出てくるたびにヤキモキしてるんですが、それもこれも、この主題歌が大好きだからだし。

 

オーストリアの非公式国歌と皆が認めるI am from Austriaの大合唱を、野外コンサートで聞いたときほどの感動は、忘れられない。。私にとってだけじゃなくて、オーストリア人全員にとってとっても大切な歌なんです。いい作品作ってください。お願い。。

 

 



エリザベートウィーン版DVD

 

モーツァルト!ウィーン新演出版 DVD

 

ロミオ&ジュリエット ウィーン版 スタジオ収録全曲CD<2枚組>

 

応援クリック ありがとうございます!

 

2017-04-10 16:39 | カテゴリ:国際ニュースの報道比較

もうめちゃくちゃブーム過ぎ去ってますが、一応、オーストリア関連のニュースとして、これは後からでもまとめておいた方がよさそうかなーと思ったので、遅ればせながら記事にします。

 

トランプ大統領がアメリカ・ファーストとか言い出した辺りに、オランダで「オランダ・セカンド」と言う動画が作られ、一世を風靡しましたね。

 

オランダ・セカンドの動画

 

私はオランダに結構長くいたことがあり、オランダ人の友達も多いので、この手のオランダジョーク、すごい共感できます。オランダ人って独特のユーモアがあるんですが、それがいい意味で活かしきれたこのパロディビデオ。すばらしい出来ですよね。。

 

そして、このオランダ・セカンドに続いて、各国競うようにパロディ動画をアップロードしまくって、一時期Youtubeは大騒ぎになっていましたね。

 

オーストリアのは最初に出たのがちょっと笑えなかったため、なぜか二種類出ました。この記事では時系列に紹介しますが、一個だけ見たい人は、二つ目の動画の方がお勧めで、一般受けすると思います。

 

こちらが、ORF(オーストリア国営放送)作成した、オーストリア・セカンドの動画。

 

 

私はオーストリアの内輪ネタわかったから大体笑ったけど、オランダは内輪ネタわからなくても爆笑したのが、オーストリアはわかってもクスっと笑う連続で、爆笑ってことはなかったなー。それにオーストリアの方が品がない。。まあ、面白いけど。。

 

一応内輪ネタのネタバラシ。

 

・最初の二度のトルコ包囲は、オランダのVSスペインの更にパロディでかなり面白いw

・スキーできないとかw

・あと二度の世界大戦始めたのも確かにw

・難民ウェルカムはキツイわ。

・世界一の村にFxxxingは有名な話だから英語圏の人なら大体知ってるエピソード

・娘と付き合ったところで顔が映るのは、8年くらい前に娘を地下に閉じ込めて近親相姦しててニュースになったFritzl。多分墺人じゃないと顔覚えてない。

・世界一の美女コンチータはみんな知ってるね。

・モーツァルトの次に出て来るのは、イタリア人シュラーガー歌手アンドレアス・ガバリエー

・無謀なことをしているのは、冒険家バウムガートナー。こないだ宇宙から落ちてた人ね。

・レッドブルは有名。

・右翼ポピュリズムで映るのは、ハイダー(故人元BZOe党首)、シュトラッヘ(シュトラッチw、自由党党首)、ホーファー(大統領選でファンデアベレンに負けた自由党候補)

・世界一クールな外相クルツ

・燃えても死なないのはニキ・ラウダ。

・鍛えても死なないのはシュワルツネッガー

・元スキー選手の歌手はハンジ・ヒンターゼアー。髪型素敵w。

・最後は、オーストラリアじゃないよ!オーストリア・セカンドね、って。

 

やっぱり、オランダの方が面白いわ。。w 色んなバージョンが出てるみたいだけど、オランダを超える国はあるかw

 

まあ、ORFで流したんなら、オーストリア人向けで、国内で内輪ネタで笑うために作ったんだな。オランダのはもっと、アメリカ人や世界中に見られることを意識してた。同じ小国でも、海の国オランダと山の国オーストリアのメンタリティの違いが出てる気がする。

 

 

===

オーストリア・セカンドの第二段映像。こっちの方が断然面白いし、オーストリアを知らない人でも笑える。Plus4の番組が作ったんだね。第一弾よりこっちの方がお勧め。

 

 

・ナレーションがヘタクソすぎるw棒読みwそれ以外はかなりおもしろい。

・スロヴェニアの件触れてほしかったw

・壁<<<<アルプスっていうのもいいわーw

・ヒトラーの件を重ねてる!これぞオーストリアならではw国をグレートアゲインにすると約束したけど、ダメだったのところ上手いw

・音楽家コーナーも、モーツァルトクーゲルちゃんと二種類出て来てる。

・ベートヴェンはドイツ出身だけどオーストリアで有名に。ヒトラーはオーストリア出身だけど、ドイツで有名に。いいことはオーストリアの、悪い事はドイツのものにしちゃうんだ☆マーケティングパワーハウスw

・スキー映像までアホwこのスキー愛w。

・トランプタワーとルグナーシティ、私もめっちゃ思ってたwトランプとルグナーってなんか似てるwルグナーは大統領選挙一瞬で負けたけどw

・更に畳みかけるように、素敵なヘアスタイルはハンジ・ヒンターゼアー(やっぱり出たw)

・バウムガートナーもやっぱり出たw愛されてるわwレッドブルが翼を授けた唯一の人間wって。

・更に、私がブログでめちゃくちゃ書いてた、不在投票送付用封筒の糊のせいで大統領選挙がやり直しになった件!「我々は選挙の世界チャンピオンwwww」好きこのジョークwまさかの、ダメ押しの糊映像w

最後の人w笑い所が多すぎて解説wまずアクセントwロシア人にメリークリスマスを強調する謎発言wこの人はチロル極右自由党のお偉いさんで、大晦日の暴行事件について露の番組で発言した時の映像。この人大丈夫か?ってことで新聞記事にもなってた。https://kurier.at/politik/inland/fpoe-politiker-johann-ueberbacher-blamiert-sich-mit-russia-today-interview/240.102.176…

 

 

というわけで、オーストリア・セカンドの二つの動画を見比べたら、民法のPlus4が作った方が、国営放送ORFのものより面白かったという結果に終わりました。

 

まあ、二つ目作ってやっと名誉回復した感じか。。

 

ちなみに、ジャパン・セカンドもあります。後半結構下品だけど、前半は思ったより面白かったので、興味がある人は検索してみてください。

 

 



エリザベートウィーン版DVD

 

モーツァルト!ウィーン新演出版 DVD

 

ロミオ&ジュリエット ウィーン版 スタジオ収録全曲CD<2枚組>

 

応援クリック ありがとうございます!